映画
アニメ映画『窓ぎわのトットちゃん』追加声優に役所広司・小栗旬・杏・滝沢カレン!

アニメ映画『窓ぎわのトットちゃん』追加声優に役所広司さん・小栗旬さん・杏さん・滝沢カレンさん決定、コメント公開!

女優、タレント、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使などあらゆる顔を持ち、博識でありながら愛らしい人柄が広い世代から支持を集め、今もなおその姿をテレビで見ない日はない黒柳徹子さん。

その黒柳さんの著作『窓ぎわのトットちゃん』が、初の劇場アニメ化! 2023年12月8日(金)公開。主人公・トットちゃんの声優は、大野りりあなさんが発表されています。

この度、トットちゃんを取り巻く重要なキャラクターの声優キャストに、役所広司さん・小栗旬さん・杏さん・滝沢カレンさんが決定しました!

『窓ぎわのトットちゃん』とは

そんな彼女が今から約80年前、第二次世界大戦が終わる少し前の激動の時代を背景に、自身の幼少期を自伝的に描いた『窓ぎわのトットちゃん』。1981年に出版され日本累計発行部数800万部を突破し、さらに世界各国でも中国語、英語、フランス語、ヘブライ語など20以上の言語で出版され、世界累計発行部数は2500万部を突破。

日本のみならず、海を越えて多くの国で愛される世界的ベストセラー作品が、「劇場版ドラえもん」シリーズで数々の大ヒット作品を世に送り出してきた八鍬新之介監督がメガホンを取り、この冬、アニメーションで初の映画化となります。

何事にも好奇心旺盛でお話好きな小学一年生のトットちゃん(=黒柳徹子)が、落ち着きがないことを理由に通っていた小学校を退学になってしまい、東京の自由が丘に実在した<トモエ学園>に転校することから物語が始まります。

大人の読者たちが驚くほど強烈なトットちゃんの個性と思わず笑ってしまうおちゃめな日常生活。まだ多様な個性が認められていない当時としては珍しい、子どもの自主性を重んじる教育を掲げた<トモエ学園>の、ユニークな校風と恩師となる小林校長先生や友人たちとの出会いに誰もが「こんな学校に通ってみたかった!」と思わずにはいられない数々のエピソード。

読者からは「読みどころが多すぎて話が尽きない」と言われるほど、読み返すたびに新たな発見がある物語です。

トットちゃんを取り巻く重要なキャラクターの声優キャストに役所広司さん・小栗旬さん・杏さん・滝沢カレンさん決定!

トットちゃんが通うトモエ学園の校長である小林先生(小林宗作)を演じるのは役所広司さん

転校前の学校では馴染むことができず「困った子」と言われ落ち込むトットちゃんに手を差し伸べ、<トモエ学園>の生徒として迎え入れます。

学園内に電車の教室を設置したり、お弁当の中身に「海のものと山のもの」を入れるように指示したりとその感性は当時では異色ではあったものの、豊かで自由な考えを生徒たちに教える独自の教育方針を持つ存在でした。

黒柳さんも「小林先生とのお話を、いつか伝えたいという想いがありました」と、自身の中で大きな存在で、原作を著す大きな要素であったことを語っています。先日、カンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞し、その確かな演技力で世界から注目を集める名優が、黒柳の恩師を奥行き深く演じます。

トットちゃんを語るうえで欠かせない人物は、両親の存在。今作ではパパを小栗旬さん、ママを杏さんが演じます。

パパ(=黒柳守綱)は当時、日本最高峰と呼び声が高かったヴァイオリン奏者。黒柳さんが自身の名前である<徹子>がうまく発音できず、<トット>と発音していたことから、パパは<トット助>と呼び愛情を注いでいました。一家の大黒柱として家族を守る優しさと力強さ、そしてヴァイオリン奏者としての矜持に葛藤する様を熱演しています。

ママ(=黒柳朝)は夫を愛し、トットちゃんの成長を誰よりも傍で見守る心優しき母。トットちゃんのお転婆な性格と行動力に心配事が絶えない日常を過ごしながらも、のびのびとした人生へと導くために寄り添います。

杏さんは、黒柳さんとは以前より交流があり、自身も3児の母。その杏さんが演じる、包み込むような大きな優しさを持ったママにご注目ください。

そして、トットちゃんの担任の大石先生を滝沢カレンさんが演じます。

公私共に黒柳と関係を築いており、自身はもちろん家族全員が黒柳のファンだと公言。個性豊かな生徒たちと一緒に自身も成長していく先生を、明るく愛情たっぷりに演じています。

トットちゃんの愉快な日常を通して見えてくる、日々のささやかな幸せ、個性の豊かさ、恩師からの教え、家族・友人への深い愛情。世代や国を問わず、世界中の人々の心を動かした不朽の名作「窓ぎわのトットちゃん」の温かく美しく、そしてちょっぴり切ない世界が、色彩豊かな世界観でアニメーション映画化。この冬、トットちゃんが日本中に感動と愛情を届けます!

キャラクター紹介&キャストコメント

小林先生(CV:役所広司)

<トモエ学園>の校長先生。学園内に電車の教室を設置するなど独自の教育方針を持ち、生徒たちを導く存在。

■役所広司さんコメント
声の仕事は本当に難しいので躊躇しましたが、台本を読ませて頂きとても感動しましたし、戦争というものを子どもたちがどう感じていくのかは普遍的なテーマでありますから、やはりこういったお話は沢山の方に観て頂きたいなと思い参加をしました。

妻の母親が小林先生にリトミック体操というのを教わった経験があり「素晴らしい先生だ」という話はよく聞いていました。

お会いしたことはありませんが、以前から小林先生を存じ上げていたので今回演じさせて頂くことを、非常に光栄に思っています。

この作品は戦争というものについてあらゆる痛みを伝えてくれる物語になっていると思います。子どもから大人まで皆さんが楽しめますし、本当にメッセージが伝わる素晴らしいアニメーションになっていると思います。是非、劇場で観てください。

トットちゃんのパパ(CV:小栗旬) 

トットちゃんの父でヴァイオリン奏者。一家の大黒柱として家族を守りながら、ヴァイオリン奏者として心血を注ぐ。

■小栗旬さんコメント
黒柳さんとお話した際に、「当時は日本で一番のヴァイオリニストだったと言われていた父です」と伺ったので、芸術家としての雰囲気を出せたらいいなと思い演じました。

僕もトットちゃんと同じように小学生の時に、厳しさの中にも優しさがあって、しっかり向き合ってくれる素敵な先生と出会いました。ご覧頂く方々にも「こういう出会いが起きたらいいな」と感じてもらえると嬉しいです。

黒柳さんは様々な経歴をお持ちで、人生を謳歌されているイメージがあります。黒柳さんの持つパワフルな部分であったり、エネルギッシュな部分であったり、好奇心旺盛な部分であったりがものすごく詰まった作品になっていると思います。想像しているよりも、より素敵なアニメーションの世界観で表現されていると思いますので、是非ご期待ください。

トットちゃんのママ(CV:杏)

トットちゃんの母。誰よりもトットちゃんを心配しながらも、傍で成長を見守る存在。

■杏さんコメント
黒柳さんとは家族ぐるみでお世話になっておりますので、オファーを頂いて嬉しかったです。トットちゃんのお転婆な姿や、ママ・パパの姿が映像になることが楽しみですし、何より自由が丘の街並みや電車の風景など、古き良き日本が表現されているので、当時にタイムスリップしたような気持ちになれるのではないかと思います。

原作はもちろん子どもの頃から読んでいました。大人になって、また親になってから読み返すことで周りの大人たちの姿が見えてきて、「この方たちのようなことを言える大人になりたい」という視点を持ちました。

世界中のベストセラーで恐らく読んだことがある方も相当多くいらっしゃると思います。もちろん原作を知らない方でも楽しんで頂けますし、原作を知っている私も「こんなことが本当にあったんだ!」と感じられました。

学校の中に電車を置くなど独特で最先端な考えをお持ちの小林先生の教育方針が映像化されることに感激しましたし、またどこかにトモエ学園が復活しないかなと思ってしまいました。子どもたちや子どもたちを囲む大人の方々には是非、観て頂きたいなと思います。

大石先生(CV:滝沢カレン)

トットちゃんの担任の先生。個性豊かな生徒たちと共に、自身も成長していく。

■滝沢カレンさんコメント
オファーを頂いた時は嘘かと思いましたし、私の人生の中で信じられない現実のひとつに入りました。すごく大好きで、家族全員が憧れている徹子さんが歩いてきた人生の物語の中に自分が入れることが本当に嬉しいです。

徹子さんの物語を最高のものにしたいという想いで大石先生を演じさせて頂きました。

映画の台本を読ませて頂いた際に最後のページは涙なく読めなくて辛くなってしまう部分もありましたが、明るいだけじゃないというところがまさに人生のようで、私にはすごく響きました。

徹子さんの歩んできた人生が1ページ1ページになっていて、それがアニメという目に見える形になって私たちの前に出てきてくれるスペシャル大サービスなお話だと思います。

観にいらっしゃる方々のご年齢や環境、自分が喜怒哀楽のどこの部分にいるのかで本当に全然違う物語になってくると思いますし、そこに徹子さんの喜怒哀楽も入ってくるので、映画館を出た後は自分が4つの感情で当てはめていたもの以上の色々な感情を持って帰ることができると思います。

私は生きる楽しさや生きているからこそできること、そして勇気をもらえました。みなさんにもこの作品をご覧になって、明日への楽しみや幸せと出会ってもらえたら私も幸せだなと思います。

ストーリー

落ち着きがないことを理由に、小学校を退学になってしまったトットちゃん。

新しく通うことになったトモエ学園の校長先生は、出会ったばかりのトットちゃんに優しく語りかけた。

「君は、ほうとうは、いい子なんだよ。」

トットちゃんの元気いっぱい、すべてが初めてだらけの日々が始まるー

原作「窓ぎわのトットちゃん」(黒柳徹子 著/講談社 刊)

1981年に発売され今なお日本のみならず世界中で愛されている黒柳徹子の子供時代を綴った自伝的物語。ハードカバー、文庫、新書、絵本がこれまで刊行され、表紙絵および挿絵には一貫していわさきちひろ氏の作品が使われている。「第5回路傍の石文学賞」、そしてポーランドの文学賞である「ヤヌシュ・コルチャック賞」を受賞。

<発行部数>
全世界累計:2500万部超

<言語数>
 日本語、中国語(簡体字版・繁体字版)、韓国語、タイ語、英語、フランス語、
ベトナム語、モンゴル語、ヒンディー語、ヘブライ語など
※20以上の言語で出版

映画『窓ぎわのトットちゃん』作品情報

2023年12月8日(金)全国東宝系ロードショー

監督・脚本:八鍬新之介
共同脚本:鈴木洋介
キャラクターデザイン:金子志津枝
出演:大野りりあな 小栗旬 杏 滝沢カレン / 役所広司 他
制作:シンエイ動画
原作:「窓ぎわのトットちゃん」(黒柳徹子 著/講談社 刊)

公式サイト
公式ツイッター(@tottochan_movie)
公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

窓ぎわのトットちゃんの関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング