音楽
水瀬いのりライブツアー2023「SCRAP ART」ファイナル公演公式レポート

声優・水瀬いのりさんによる『Inori Minase LIVE TOUR 2023 SCRAP ART』ファイナル公演オフィシャルライブレポートが到着!

2023年10月28日(土)、29日(日)に、神奈川・ぴあアリーナMMで開催された声優アーティストの水瀬いのりさんによる『Inori Minase LIVE TOUR 2023 SCRAP ART』。

このたび、ライブツアーファイナル公演のオフィシャルライブレポートが到着しました!

自身最大規模となった本ライブツアーでは、それぞれの楽曲が持つ世界観をアートに見立てたコンセプチュアルなステージに挑戦しています。

『Inori Minase LIVE TOUR 2023 SCRAP ART』ファイナル公演オフィシャルライブレポート

オーディエンスをライブの世界へと誘うオープニングムービーでは、薄暗いスクラップ工場に佇む水瀬の姿が映し出された。スクラップで作られた猫のT2(テツ)を追いかけ、工場の外へと飛び出していく。その映像とリンクする形で、夜の街を表現したステージに出現した水瀬。ツアータイトルにもなっている、9月13日にリリースされた12thシングル『スクラップアート』からライブはスタートした。

楽曲の世界観に合わせ、感情を抑えたようなボーカル。曲の途中で、深く被っていたフードをはずし、リミッターを解除するような歌声を響かせると、会場のボルテージが一気に上がった。2曲目の『identity』は夜の街に黎明が射し込み、夜明けとともに走り出す…。そんな疾走感のあるナンバーだ。バンドサウンドのパワフルな音に支えられ、オープニングから飛ばしていく水瀬。『brave climber』ではイントロから拳を振り上げ、力強いメッセージを1フレーズ毎に噛みしめるように歌い上げた。

大きな拍手と約4年ぶりの大歓声を受けながら、笑顔で挨拶をする水瀬。今回のツアーでは、みんなを驚かせるようなことをしたかったという。「自分にとって実りのあるツアーになっていると感じています。今日はその集大成として、みなさんと一緒にこの時間を楽しみたいと思います。みなさんも自分らしく、この場所にいることを楽しんでください!」と呼びかけた。

ツアーのテーマは、廃材芸術。不要な物から作り出されたアートという意味だが、水瀬はそれを日常の暮らしに置き換えたという。諦めたり立ち止まったりしても、その経験が再生へとつながる…。そんな思いを込めたツアーだということを、真摯に伝えた。

また、4年ぶりの声出し解禁ツアーということもあり、拍手だけでなく歓声でもコミュニケーションが取れるように。アットホームな空間に包まれながら、「泣いても笑っても最終日、ツアーファイナル、神奈川スタート!」という合図で始まったのは、『僕らだけの鼓動』だ。リメイクデニムの衣装にチェンジした水瀬は、会えた喜びを1人1人に伝えるよう、ステージを端から端へと移動。スペイシーなデジタルサウンドが特徴的な『クリスタライズ』では、クラップしたり声を出したり、一緒にライブを作っていく楽しみを思い出させてくれた。

ライブを支える“いのりバンド”の紹介を挟み、カラフルな水玉がアクセントになっているキュートなフワフワ衣装に着替えると、恋のときめきや戸惑いを描いた楽曲を2曲続けて披露。『アイマイモコ』では軽やかなステップと共に恋心をポップに、『運命の赤い糸』では大好きな人に向けた想いをメルティーボイスで歌い紡いでいった。

『くらりのうた』は、水瀬自身がデザインした公式キャラクター“くらりちゃん”のテーマソング。「リラックスしながら、ゆらりゆらりと聴いてください」と紹介されたように、クラゲがモチーフとなっているくらりちゃんに合わせて、ふわふわと浮遊するような世界が会場全体に広がっていく。ファンも公式グッズの“くらりライトチャーム”を揺らして、ゆらゆら…。じつは水瀬の衣装もくらりちゃんイメージで作られたもの。目から耳から癒しを感じられた1曲だ。

ドラマティックな『あの日の空へ』で再び芯の通った歌声を聴かせた後は、水瀬が様々なアートに挑戦する様子を記録したムービーが会場に流れた。会場ごとに異なるアートを完成させてきたそうで、この日は巨大絵画にチャレンジ。真っ白なキャンバスにブルーの絵の具を広げ、伸び伸びと筆を走らせる水瀬画伯。くらりちゃんを中心に不思議な生き物(?)が生息する「くらりの仲間たち」を完成させた。ファイナルということで、全会場のアートの頭の文字をつなげると「スクラップアート」という文字になる…という伏線回収もあり、客席からは拍手が湧き上がった。

ライブ後半戦は『アイオライト』からスタート。アーティスティックな映像が投影された紗幕の向こうに、ハイチェアに腰掛けた水瀬の姿が。艶めいた歌声とアイオライト色のタイトなミニのドレスが、楽曲の持つ妖しさをより際立たせる。

『クータスタ』ではギターのカッティングに重なる歯切れの良いボーカルと、私小説のような歌詞にドキリ。独特の世界観を持つ2曲で酔わせた後は、エモーショナルな『TRUST IN ETERNITY』でライブの熱を一気に上げていく。

MCでも「次は皆さんとコール&レスポンスしたい1曲になっています。ここらで“ブチ上がるぞスイッチ”を入れてください!」と煽り、『約束のアステリズム』へ突入。力強いイントロに呼応するよう、強く拳を突き上げるオーディエンスたち。マイクを向けると、♪WOW WOW〜と声が返ってくる。いのりバンドとともに中央に集まり、歓声に込められたパワーを一身に受け止める水瀬。そのパワーを、すぐに自身のボーカルへと注ぎ込んでいく。

『Million Futures』で「せーの!」と呼びかければ、ライブの定番である観客からの「Million Futures」コールが! 力一杯の応援に「ありがとう!」と声を上げた。

まるでクライマックスのような熱気を帯びた会場。だが彼女のアートはまだまだ終わらない。オルゴールのネジを巻くような音が聴こえると、絵本に出てくるウィンター・ホリデーのようなイラストがステージに映し出された。そこから飛び出してきたのは、真っ赤なジャケットにネクタイ、花のプリントがあしらわれたスカート姿の水瀬だ。楽曲の頭文字から「WWWシリーズ」と呼ばれ、親しまれてきた『Well Wishing Word』、『While We Walk』、『Winter Wonder Wander』の三部作を、ついに連続披露!

絵本のページをめくるたび、季節が変わっていく…。まるでミュージカルを見ているようなファンタジックな演出に、三部作の完成を心から喜ぶように歌う、伸びやかな水瀬のボーカルがステージを彩っていく。気づけば空からは白い雪が降り、会場は幸せな空気で満ちていった。

WWWシリーズ三部作を始め、数々の楽曲たちをみんなの前で歌える喜びを、噛み締めながら歌ってきた水瀬。「皆さんにも想いが届いているでしょうか?」と問いかけると、大きな拍手が帰ってきた。「私自身、音楽に支えられて今日もこうして歌えています。これからもそんな想いを胸にライブをしていきたいと思えるのは、紛れもなく皆さんのおかげです」と感謝を伝えた。「最後の曲は皆さんと一緒に完成させたい1曲です。最後の力、声を振り絞って、一緒にひとつになりましょう」と語り終えると、スタンドマイクを握り締め『僕らは今』を歌い出した。

祈りをこめた声は、やがてオーディエンスの歓声と一体化。今夜一番のコール&レスポンスが湧き上がり、最後はスクリーンに映し出された歌詞を全員で大合唱! 水瀬は両手を広げ、みんなの声を全身で受け止めた。

「いのりん!」というファンの熱いコールに応え、 “くらりちゃんフロート”に乗って再登場した水瀬。ツアーTシャツに着替え、アリーナ通路を滑走し『Morning Prism』『ココロはMerry-Go-Round』を歌いながら、ハンドサインでファンとコミュニケーションを楽しんだ。

ステージに戻った水瀬は、「みんなの笑顔に私も癒されました!」とニッコリ。今夜のライブが11月25日(土)からオンライン配信されるという嬉しいお知らせを挟み、「今日という日を『最高だったね!』と締めくくりましょう!」と『Ready Steady Go!』を熱唱。ファンはタオルを力一杯回し、水瀬もタオル片手にステージを自由に飛び回った。

そしてツアーファイナルを惜しむファンたちの「もう1回!」というラブコールに応え、Wアンコールも実現! ツアーを振り返り、チームいのりへの感謝の想いを語ろうとするのだが、瞳を潤ませて言葉に詰まってしまう。チームいのりの前では弱音を吐けると呟いた水瀬に、温かい拍手と声援が飛ぶと、さらに涙…。

「弱音を吐くことも勇気だからね。でもライブを楽しい場所することができたのは、みなさんのおかげです!」と気合を入れ直し、『Catch the Rainbow!』を披露。虹色カラーに光る照明とペンライトが、会場中の笑顔を輝かせた。止まない大歓声に、すっかりパワーチャージ完了の水瀬。「みんな、大好きだよー!」と、とびきりの笑顔を見せた。

[Photo by加藤アラタ(Kato Arata)/三浦一喜(Miura Kazuki)]

『Inori Minase LIVE TOUR 2023 SCRAP ART』2023.10.29 ぴあアリーナMM公演セットリス

-OPENING MOVIE-
M1 スクラップアート
M2 identity
M3 brave climber

-MC-

M4 僕らだけの鼓動
M5 クリスタライズ
-バンドメンバー紹介-
M6 アイマイモコ
M7 運命の赤い糸

-MC-

M8 くらりのうた
M9 あの日の空へ
-BRIDGE MOVIE-
M10 アイオライト
M11 クータスタ
M12 TRUST IN ETERNITY

-MC-

M13 約束のアステリズム
M14 Million Futures
M15 Well Wishing Word
M16 While We Walk
M17 Winter Wonder Wader

-MC-

M18 僕らは今

【アンコール】
EN1 Morning Prism
EN2 ココロはMerry-Go-Round
-MC-
EN3 Ready Steady Go!

【Wアンコール】
EN4 Catch the Rainbow!

オンライン配信はこちら
10月29日(日)ぴあアリーナMMセトリプレイリストはこちら

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング