映画
『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』福田己津央監督がシナリオ面で一番悩んだこととは【インタビュー後編】

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』福田己津央監督インタビュー後編|アスランの“あのシーン”は、「彼が完璧でカッコよすぎる」から生まれた!?

現在、全国の映画館で大ヒットを飛ばしている『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』。

本作は、2002年にTVアニメが放送され、新たな『ガンダム』ファンを多数獲得し、大きなムーブメントを巻き起こしたTVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』、そして2004年に放送された『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の約2年後を描いた「ガンダムSEEDシリーズ」の最新作です。

アニメイトタイムズでは、『SEED』及び『SEED DESTINY』、そして『SEED FREEDOM』でも監督を務めた、福田己津央氏へのインタビューを前後編に分け実施。

『SEED』の物語をともに作り上げてきた両澤千晶氏とのやり取りや、アスランの“あのシーン”のことなど、後編も盛りだくさんな内容となっていますので、是非ご一読ください。

※本インタビューには『SEED FREEDOM』のネタバレが含まれますので、ご了承ください。

関連記事
機動戦士ガンダムSEED FREEDOM
C.E.75、戦いはまだ続いていた。デュランダル議長の死により、デスティニープランは消滅したが、同時に大戦終結後の世界を安定させる指標は失われた。各地で独立運動が起こり、ブルーコスモスによる侵攻はくり返され、人々はさらなる戦乱と不安の最中にあった。事態を沈静化するべく、ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスが創設され、キラたちはその一員として、各地の戦闘に介入する。そんな折、ユーラシア連邦からの独立を果たした国・ファウンデーション王国から要請があった。ブルーコスモス本拠地へのコンパス出動を求めるものだ。要請を受け、キラたちはラクスを伴い、ファウンデーション王国へ向かう。作品名機動戦士ガンダムSEEDFREEDOM放送形態劇場版アニメシリーズ機動戦士ガンダムSEEDスケジュール2024年1月26日(金)キャストキラ・ヤマト:保志総一朗ラクス・クライン:田中理恵アスラン・ザラ:石田彰カガリ・ユラ・アスハ:森なな子シン・アスカ:鈴村健一ルナマリア・ホーク:坂本真綾メイリン・ホーク:折笠富美子マリュー・ラミアス:三石琴乃ムウ・ラ・フラガ:子安武人イザーク・ジュール:関智一ディアッカ・エルスマン:笹沼晃アグネス・ギーベンラート:桑島...

前回の記事

関連記事
『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』福田己津央監督インタビュー前編|恥ずかしくて誰も使わなくなった今だからこそ、「愛」というテーマに向き合った
現在、全国の映画館で大ヒットを飛ばしている『機動戦士ガンダムSEEDFREEDOM』。本作は、2002年にTVアニメが放送され、新たな『ガンダム』ファンを多数獲得し、大きなムーブメントを巻き起こしたTVアニメ『機動戦士ガンダムSEED』、そして2004年に放送された『機動戦士ガンダムSEEDDESTINY』の約2年後を描いた「ガンダムSEEDシリーズ」の最新作です。アニメイトタイムズでは、『SEED』及び『SEEDDESTINY』、そして『SEEDFREEDOM』でも監督を務めた、福田己津央氏へのインタビューを実施。前編となる今回は、現在の心境や、作品のテーマでもある「愛」について、気になるシーンの意図などについてお話を伺いました。公開後ならではの踏み込んだ質問にお答えいただいた内容となっていますので、是非ご一読ください。※本インタビューには『SEEDFREEDOM』のネタバレが含まれますので、ご了承ください。当初は、ストライクフリーダムがやられて新型が登場する予定だった!?――ついに劇場版が公開され、非常に大きな反響が起こっています。現在の心境をお聞かせください。福田己津央監督(以下、福田):とてもありがたいなと思っています。自分としては、やっぱり『ガンダムSEED』なので、あまり「新作を作...

 

時間を置いたことによって“本来のシン”を描くことができた

――本作はキラとラクスが軸ではあるのですが、シンにもすごく焦点が当たっていて、『DESTINY』からのドラマに決着がついたという印象を受けました。

福田:まぁ、今回は別にそんなに大きな話でもなくて、単純に本来のシンはああいうキャラクターだっていう風にずっと思っていたんですよね。

『DESTINY』を思い返せば、当時は僕も含め、制作側も演者も、全員が心に余裕がない状態でキャラクターを動かしていた感じがします。「シン・アスカってこうじゃないよな」と僕は言い続けていたんですが、あの時は第1話の家族が死んだところからスタートし、すぐオーブのちょっとポンコツな姫が来てブチ切れちゃうという流れに引っ張られて、怒りの部分が強くなりすぎちゃったんですよね。いつのまにか、それが彼のアイデンティティにもなってしまっていて。

――確かに、シンといえば“怒り”のイメージです。

福田:キラはどっちかというとボーっとした子なんですが、本来のシンは人懐っこくて優しい子なんです。それがちょっと時間を置いたことによって表現しやすくなったのかなと思っていますね。

正直に言ってしまうと、『DESTINY』の最初の段階で、「シンを主役で最後まで物語を進めるには難しいな」と思ってしまったんですよね。なので両澤は、早々にアスランに物語の軸を切り替えていましたし、僕は僕でキラに軸を切り替えていた。

――そこから時間が空いたことで、もう一回シンに目を向けられたと。

福田:さっきも言いましたが、本来はああいう感じの子なんですよ。カッとなった時は昔のあの怒りに満ちた瞳でぶつかってくるんですが、要は「爆発力が純粋」だっていうことなんです。それが今回のシンはよく描けたかなと思っていて、まぁ当初の人物設定に近い形で今回はもう一度やり直したということです。

――劇場版で個人的にすごく好きだったのが、最後にシンがレクイエムを自分の手で壊すというシーンなんです。あれが、『DESTINY』から続いてきたシンの物語の締めにもなっているなと。

福田:実は、あのシーンにはそこまでの意図はなかったんですよ(笑)。たまたまレクイエムを壊せる武器が、あの「ゼウスシルエット」という装備しかなかったので、シンがやるしかなかった。

あれを使えるのは、フリーダム、ジャスティス、デスティニーとあのクラスのMSだけで、フリーダムはまだ戦っていて、ジャスティスは片腕を損傷している状態だったので。元々、あれはデスティニー用の装備なんです。アカツキが一時的に借りていただけですね。

――劇伴もすごく印象的で、これまでのシリーズで流れた楽曲のメロディーがふんだんに盛り込まれていました。福田監督からはどのようなオーダーをされたのでしょうか。

福田:どのカットにどの曲を流す、みたいな選曲に関しては、音響監督の藤野(貞義)さんの仕事になるんですが、こちらとしては「とにかく長めに作ってください」という点は伝えていました。途中で音が切れるのはちょっと違うかなとなるので、音を切らないでと。

――それにはどういった意図があったのでしょうか。

福田:僕は、とにかく音楽がないと不安でしょうがないんです。使い方として、状況の盛り上がりに付けるのではなく、感情そのものに付けていく音楽なので、短いと感情がそこで切れちゃうんですね。どういう顔であろうが、どういう芝居をしていようが、ここでこの音楽がかかったら、こういう心情なんだというのが分かりやすく出ちゃうんです。

あとは大きいオーダーとしては、昔の曲は積極的に使いたいという話もしました。フリーダムやデスティニーが戦う時はあのいつものメロディが欲しいので、それは入れてくださいと。新曲については新しいメロディラインで、そっちは変えてくださいという言い方はしていましたね。

――個人的に印象的だったのが、デスティニーガンダムが出撃する時に、「出撃!インパルス」のアレンジ(※曲名は「出撃!デスティニー」)が流れたところでして、ついにデスティニーがヒロイックな雰囲気で出撃したなと。

福田:僕としては、また不穏な感じでもいいんじゃないかと思っていたんですけどね(笑)。そのシーンについては、藤野さんの方からその曲がいいという指定があったんです。大枠は僕が作っていますが、細かいことは各担当セクションのディレクターがいるので、その方に基本お任せしています。

――これは劇場版の話から離れるかもしれないのですが、『DESTINY』の時のキラは、まだフレイへの想いを引きずっている印象がありました。今作はキラがある程度フレイのことを割り切れるようになったタイミングというのはあったのでしょうか。

福田:『DESTINY』の時のキラは、フレイのことだけじゃなく、山程いた亡くなった人たちも含めて心が病んでいたんですね。

そもそも、あの二人の関係については、恋愛的な好き嫌いとは少し違うんです。キラはフレイを逃げ場にして、フレイもキラを利用しようとして、ひどいことをしてしまったとお互い思っている。よりを戻したかったわけではなく、ゼロから関係を再スタートさせたかったんです。一応、劇場版にもフレイは出ていますね。

――キラの部屋にある写真の一枚に、本当に小さく映っている……。

福田:そう、そこはこだわって入れるようにした部分です。昔の女というわけではないんですが、ラクスはフレイの顔を知っていますから、キラとしては堂々と置いておくわけにはいかないんです。なのでチラッとだけ映っている写真を飾っているんですが、まぁラクスは全部知っていて、しっかりバレていますけどね(笑)。

(C)創通・サンライズ
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング