アニメ
春アニメ『黒執事 -寄宿学校編-』セバスチャンの演技の変化を小野大輔が語る/インタビュー

「『黒執事』を一生の仕事 とする」という覚悟ができた――春アニメ『黒執事 -寄宿学校編-』セバスチャン・ミカエリス役 小野大輔さんインタビュー|新シリーズでの新たなセバスチャンの演技とは

セバスチャンの「イエス、マイロード」再び! アニメ『黒執事』の新TVシリーズ『黒執事 -寄宿学校編-』が4月13日(土)より放送開始となります。

名門貴族のシエルの元に、英国女王から名門寄宿学校・ウェストン校に通う親族・デリックほか複数の生徒が音信普通になっているという手紙が届き、その原因を究明するため、シエルと執事のセバスチャンはウェストン校に潜入することに。果たして事件の真相とは――?

TVアニメ新シリーズのスタートを祝して、セバスチャンを演じる小野大輔さんにインタビューを実施! 自身にとって“ご褒美”と語る新シリーズへの想いや、演技の変化、新たに登場するキャラクターたち「P4」についてなど、さまざまな見どころを語っていただきました。

 

関連記事
黒執事 -寄宿学校編-
19世紀英国――名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスは13歳の主人シエル・ファントムハイヴとともに“女王の番犬”として裏社会の汚れ仕事を請け負っていた。ある日、シエルの元に女王から、英国屈指の名門寄宿学校・ウェストン校に通う親族・デリックほか複数人の生徒が音信不通になっているという手紙が届く。かくしてセバスチャンとシエルは、事件を調査するためにウェストン校に潜入する。事件の真相とは…?作品名黒執事-寄宿学校編-放送形態TVアニメシリーズ黒執事スケジュール2024年4月13日(土)~TOKYOMX・BS11ほかキャストセバスチャン・ミカエリス:小野大輔シエル・ファントムハイヴ:坂本真綾エドガー・レドモンド:渡部俊樹ロレンス・ブルーアー:榎木淳弥ハーマン・グリーンヒル:武内駿輔グレゴリー・バイオレット:橘龍丸モーリス・コール:堀江瞬クレイトン:石毛翔弥チェスロック:戸谷菊之介ヨハン・アガレス:速水奨マクミラン:白石晴香スタッフ原作:枢やな(掲載月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)監督:岡田堅二朗シリーズ構成:吉野弘幸キャラクターデザイン:清水祐実サブキャラクターデザイン:髙田晃総作画監督:清水祐実 髙田晃 清...

 

「寄宿学校編」にはミステリーや少女マンガの王道など様々な要素が詰め込まれている印象

――アニメ『黒執事』の新シリーズの制作決定と収録が決まった時の感想をお聞かせください。

セバスチャン・ミカエリス役・小野大輔さん(以下、小野):劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」で『黒執事』としてのアニメを演じ切った想いがありました。そこから約7年経って、改めてTVシリーズになるということは、僕にとってご褒美みたいなものです。

原作はまだ続いていますし、たくさんの方が愛し続けてくださっている作品なので、演者としては原作の枢(とぼそ)やな先生をはじめ、スタッフの皆さんから「もっと演じてもいいんだよ」と言っていただけたようで、嬉しかったです。

――新シリーズ制作が発表された時の反響はいかがでしたか?

小野:ファンの皆さんの熱量は日に日に増していくようで、いろいろな人や方面からうかがっていました。それを伝えてくれる方々も「またやるんですね!」とか「楽しみにしています」と言ってくださって。スタッフさんからも言われることがあって、かつて『黒執事』に触れた人たちが今、アニメ業界に入ってきて、業界を支える存在になっているということが感じられて、とても嬉しかったです。

 

 

――『黒執事 -寄宿学校編-』の台本を読まれたり、演じてみて感じた印象は?

小野:少女漫画のようにイケメンばかり出てくるし、寄宿学校という一種のクローズド・サークルの中で事件が起きるのもミステリーものの王道なので、様々な要素が詰め込まれていると僕は感じました。

ギャグシーンなども他のエピソードより多いので

――寄宿学校の中の絶対的な存在である「P4(プリーフェクト・フォー)」の存在も印象的ですよね

小野:いいですよね。ある種少女マンガの王道みたいな、学校において、それぞれの分野の一番上にいる美少年たちがグループを組んで、憧れの存在になっていて。僕が女の子だったら「そういうのが見たいんだよ!」と思いますから。でもまさかそれを『黒執事』でやるとは。ちゃんと期待に応えてくれるなと思いました。男の僕が読んでも、ちょっとトキメキますからね。

またP4だけでなく、マクミランのようなかわいくて純真無垢な後輩キャラがいたり、あといじめっ子が暗躍していて、それをこらしめるとか、王道中の王道を行っていますよね。好きです(笑)。

 

 

15年間セバスチャンを演じてきた中で、初めて「感情を乗せていい」と言われた

――久々にセバスチャンを演じることになって、いかがでしたか?

小野:劇場版「黒執事 Book of the Atlantic」で演じ切った感覚があったので、新シリーズが決まって、どう演じようかと思いました。でも「何か新たなものを」ではなく、「セバスチャンを守ること、変わらないでいること」を意識しました。

そういう意気込みで初回収録に臨んだところ、『黒執事』のアニメを15年やっていて初めて「感情を乗せていいです」とディレクションがありました。それこそが僕にとってのご褒美で。

2008年のTVシリーズ第1期の第1話から、「もっと低く、もっと淡々と、もっと感情を込めずに」と、ずっと引き算でやってきて。お芝居においては足し算のほうがやりやすくて、逆に引くことは、ともすれば表現していないようにも聞こえるのでものすごく勇気がいるんです。悩んで、考えて、試行錯誤しながら積み重ねてきた15年でした。

そこを経て、今回「小野さんが思うセバスチャンをもっと表現していいです」とおっしゃっていただいたと、僕はとらえていて、ご褒美をいただいたような気持ちで。なので今回のセバスチャンは、感情の起伏がこれまで以上についているし、期せずして新しいセバスチャンを演じている感覚があります。

 

 

――今回セバスチャンは、シエルと共に潜入したウェストン校で寮監を務めることになり、先生としても生徒に教える役割を演じています。

小野:劇中劇を演じているような感覚ですね。セバスチャンはそういう、持って回った言い方をしたり、慇懃無礼に立ち振る舞ったり、ことさら所作を美しく見せるといったことが得意中の得意なので、やっていて楽しかったです。寮監でいる時が一番、慇懃無礼さが出るので。

自分との対比で言うと、シエルはずっとむずがゆくて、「こんなことしたくない!」と思いながら演じているんですが、それを(坂本)真綾ちゃんが一生懸命やっていて。原作にもありますが、シエルが猫をかぶって先輩に「了解です」と敬礼するシーンとか「ああ、恥ずかしい!」と言いながらやっていて、それを僕はニヤニヤしながら見ていました(笑)。「ああ今、セバスチャンとシエルっぽいな」って思っていました(笑)。

――シエル役の坂本さんとは一緒に収録できたのでしょうか?

小野:今回のアニメは新しい座組で臨んでいますが、大切にすべき事柄は絶対に外さないんですよね。セバスチャンとシエルは一緒の収録スケジュールになるよう合わせてくださって、こんなにありがたいことはありません。主人がいないと従者や執事は成り立ちませんから。

僕は真綾ちゃんの声を聞くと、本当の意味でセバスチャンになれるし、この話を真綾ちゃんにしたら真綾ちゃんも同じだったようで、「小野さんの声を聞くと、私もシエルになれるんです」と。それを聞いて僕も「一緒に録れて本当に良かったね」って。このご時世、分散収録は当たり前になっているし、ましてや真綾ちゃんのスケジュールを押さえるなんて、スタッフさんも相当苦労されたと思うんです。でも必ず一緒に収録させていただいて、感謝しています。

 

 

――収録中の裏話や印象的な出来事があれば教えてください。

小野:今回、真綾ちゃんの隣りに座りました。よくネタにしていましたが、これまでのシリーズでは、1個間隔を空けて座っていたんです。坂本真綾という人はある種、人を寄せ付けないくらいの凛としたオーラがあるんですよね。歌手としても声優としても、すごい表現者になられた証だと思うんです。シエルを演じている時は、特に人を寄せ付けないオーラがありました。それがまたシエルっぽくて。

今回新しいシーズンをやるにあたって、一緒に録れることも嬉しいし、 真綾ちゃんのそばにもっと寄り添っていいんだと思えて、本当の意味の主従関係になれたらいいなと、自然と近くに座っていましたね。

あと他愛もない話をしたりして。例えば「昔のリハVはVHSのテープでもらっていたけど、返し忘れてまだ家にあるんだよね」とか。「まだ再生できるんですか?」と尋ねられて、「できないんだけどね」と返答する、どうでもいい話とか(笑)。

でも真綾ちゃん自身も、昔は周りを寄せ付けない空気があったという自覚をたぶん持っていたんじゃないかなと。シエルとして凛と一人で立つという矜持があったのではと思います。そういう彼女を見て、僕も背筋が伸びるし、自然とセバスチャンになれる感覚がありました。

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング