2016/9/23 22:30

TVアニメ『リゼロ』最終回を観てスバル役・小林裕介さん、エミリア役・高橋李依さんが思ったコトとは

 TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)の声優陣やテーマソング担当アーティストの特別インタビューを連続で掲載していく「Re:ゼロから始める取材生活」。アニメも先日、最終回を終えましたが、興奮冷めやらぬ中でお送りする本企画も今回で最終回目前。ご登場いただくのは、ナツキ・スバル役の小林裕介さんエミリア役の高橋李依さんです。

 主人公&ヒロイン、かつ本企画に最多登場のお二人を迎えてのインタビューは前後編に分けてお届けします。前編の今回は感動の最終回、25話を振り返りつつ、自身が演じたキャラの変化や印象深いシーンを語っていただきました。

 
■ 最終回はタイトル通りの内容で終わり方にも納得の小林さん。高橋さんは……

――まず先日放送された最終回を振り返ってみての感想をお聞かせください。

ナツキ・スバル役 小林裕介さん(以下 小林):最高の終わり方だったなと思います。「ただそれだけの物語」というタイトルで、原作でも「ひとりの自信のない少年が、ひとりの自信のない少女に想いを伝える。ただそれだけのために頑張った――それだけの物語。」という言葉で締めていますが、1クール目のエミリアとの出会いから始まって、2クール目で決別があり、それでも彼女を助けようと、終始エミリアのために走った25話だったと思うので、エミリアと和解し、かつ想いを伝えることができて報われた気分になりました。

エミリア役 高橋李依さん(以下 高橋):私はエミリアを演じたからかもしれないけど、「これで終わっていいのかな?」と。スバルが1話から25話までエミリアのために駆け抜けてくれたけど、皆さんはこの終わり方で満足してくれるのか、不安でしょうがなくて。

――レムがスバルのために一生懸命に頑張った姿が印象的だったので「ヒロインはレム」みたいな声もありましたが、ここにいる小林さんや渡邊監督は、ヒロインはエミリアと最初からずっとおっしゃっていて。終盤にエミリアが再登場した時に待ち望んでいたという声も多かったと思います。

高橋:レムがヒロインと言いたくなる気持ちもわかるし……スバルのそばにいて守るために命がけで戦ったり、辛い時に手を差し伸べたり、ずっと支えていて。男性が見て魅力的だと思う気持ちもわかるし、女の子目線でも共感できるし、素敵だなと思えるし。だからこそ、25話がオンエアされるのが怖くて怖くて。


■ 小林さんが思うスバルにとってのエミリアとレムの存在

――でもスバルがエミリア一筋で頑張ってきて、2人のラストシーンの会話で報われることで、よかったと思えたのでは?

高橋:スバルにとって報われる形になるのかな? 自分の何とも言えない気持ちを吐露したら、スバルが受け入れてくれたけど……。

小林:僕は、スバルにとってエミリアは頑張る理由で、レムは頑張れる理由だと思ってるんです。

高橋:なるほど……。

小林:エミリアがいないと何のためにこの世界で頑張るのかわからない。けど一人だけでは守れないからレムの力を借りたり、心強さを感じたりすることで頑張れる。どちらも欠かすことはできないけどやっぱり一番は頑張る理由で、そこにたどり着いた時はよかったなと。正直、25話を演じるまでは「何でレムじゃないんだろう?」と思っていましたけど、25話の収録が始まったら「やっぱりエミリアだな」と納得しました。

高橋:ゆっけ氏がそうなら、少し安心できました。


■ 収録を終えた瞬間の感想

――収録を終えた瞬間はどんな気持ちや感情になりましたか?

小林:メンタル的に大変な作品でしたので終わった瞬間、清々しさがあった反面、心に大きな穴が空いたようで想像以上のダメージもあって、複雑な心境で。でもとりあえずは終わってホッとしています。


高橋:スタッフさんたちの制作作業はまだ残っているのに、私たちはこの先は関われないのか……というもどかしさもありましたが、私たちができることは全力でやったので、後はオンエアを楽しみにしようと。収録がゴールって雰囲気よりは、アンカーにバトンを託して、最終話オンエアというゴールの瞬間を応援し続けるイメージでした。


■ 収録前から終わった後での作品の印象の変化

――収録前と収録中、そして全話収録後に作品について感じたことや印象の変化はありましたか?

小林:僕は原作を読み進めず、台本の部分だけをその場で読むというスタンスでやっていたので、1話の時から「この先どうなるんだろう?」と、観てくださった皆さんと同じ気持ちで。毎回毎回終わり方が絶妙で、オンエアを観たら絵もきれいで、音楽も素晴らしくて、様々な要素やこだわりが詰め込まれていて。どんな作品でも思うことではあるけど、この作品では特にそう感じるし、毎回驚かされるばかりでした。印象は右肩上がりに良くなっていくんですけど、演じる身としてはどんどん気分が落ちていって(笑)そのバランスの取れ方が面白かったです。

高橋:私も収録に臨む方法はゆっけ氏と同じです。異世界もののヒロインって、よく主人公を導く存在であるイメージなのですが、エミリアはそうではない存在で。彼女も、初めての事ばかりで知らない事ばかりの、誰かが導いてあげなきゃいけない存在だと思うんです。

そんな彼女自身でもよくわかっていない性格を演じるのは何度も悩みましたが、スタッフさん方とお話したり、オンエアで背景や音楽、空気感など情報をたくさんいただき、第2章、第3章でもどんどん情報を得ることで、私もイメージを明確に膨らませていくことができました。2クールあったからこそ、スタッフさんと一緒にじっくり作ることができたキャラクターだなと思います。


■ たくさんの人を熱くさせたのは原作の力とスバルの人間臭さ

――ネット上などで話題になって、オンエア中や終了後にはたくさん感想が書き込みされるなど、視聴者的にも盛り上がった作品だと思います。観る人を熱くさせた要因とは?

小林:一番は原作の力だと思います。原作の情報量がすごいのでアニメではどうしても削らなくてはいけなくて、台本を読んだ時点では僕も「ここなくなっちゃったんだ。悔しいな」と思うこともありましたが、そこをうまく補いつつ、原作の良さを落とさず魅せるところは素晴らしくて。原作ファンの方も「そうなるんだ!?」と驚かせたり、納得させたり。そこは今度は制作に関わる皆さんの力だと思います。

あとスバルが人間臭過ぎるし、彼に対して振りかかる状況はどれも厳しいものばかりなので、「こんな主人公でお客さんが離れていかないかな」と心配でした。でも皆さんの反響が「自分と同じ」とか「自分を見ているようです」という声が多いのを見て、アニメのキャラクターというより1人のリアルな人間として描かれているからこそ、この世界でスバルがすごく活きているし、皆さんにも受け入れられたんだろうなと。皆さんの言葉で僕も自信を持てました。

高橋:ここまで人間臭いキャラって珍しいですよね。でもそこが魅力的だし、知らず知らずのうちに引きこまれてしまうんですよね。それは作品中でも彼の周りにどんどん仲間が集まってくるところにも現れていると思います。


――小林さんもおっしゃっていた毎回がサプライズで、特に終わり方が衝撃的でした。誰かに語りたくなっちゃうから終了後のネットでの感想も熱くなるんでしょうね。

小林:そうですよね。何も考えずに「ああ、よかった」って終われたのはたぶん11話だけだと思うんです。

高橋:エルザとの対決を乗り越えた第1章のラストである3話でもラインハルトが不穏な感じでしたからね。

小林:11話はスバルとエミリアの笑顔で終われて。あそこで終われてたらよかったのにと心の底から思いました(笑)。

高橋:確かに。王選が開始しないままだけど(笑)。


■ スバルの生きる意味はエミリア、成長させたのはレム

――1話から最終話までで、ご自身が演じるキャラの変化や成長について感じることはありますか?

小林:言葉にするのは難しいんですよね。

高橋:1話の中でも変化はいっぱいありますしね。

小林:何もない状態でここに来て。スマホとコンビニで買い物したものがあるだけで(笑)。そんな状況の中、この世界で彼が生きる理由は、そこにいる人たちとの人間関係でしかないと思うんです。1番はエミリアだし、話が進んでいくうちにレムとラム、ベア子などと出会うけど、その人たちとの人間関係もが崩壊していって。

僕らが思っている以上にスバルの苦痛は大きかったはずです。引きこもろうにも場所はないし、常に誰かと接しないと生きていけないし。でも、自分の周りにいる、大好きな人たちと生きていきたいと思えるようになることで絶望の中でも強くなっていって。成長していることははっきり見えてきました。


――人とのふれ合いや困難を克服して、喜びや痛みを感じていく中で強くなっていきましたね。

小林:一番の心の成長を感じたのは18話のレムとのシーンです。7話は落ち込んだところから元のところに戻る、言うなればゼロからのリスタートでしたが、18話はベクトルを変えて、新たな人生を歩むという転機になるお話で。そこからは言葉遣いが変わったり、今まで安っぽく言っていた言葉も少なくなって、覚悟が見えたようで感慨深いものがありました。その後のクルシュとの交渉や駆け引きや白鯨戦でも「変わってやろう」という決意が見えて、1話と最終回ではまったくの別人のようだし、最後のエミリアとのシーンでもスバルのほうが大人になって接しているのかなって。

高橋:私もそれは思った!

小林:だからこそ、最後は納得できるシーンになったと思います。

高橋:頼もしかったです。13話でケンカした時は、スバルにもエミリアにも幼さがあって、17話で再会した時にエミリアを逃がすために涙ながらに必死に説得しようとするシーンでも、スバルはまだ感情的で幼いイメージでした。

エミリアとスバルは、同い年の雰囲気だったりエミリアがお姉さんな時もあるけど、最終回のスバルはまぶしく引っ張ってくれて、カッコよかったです。


■ 終盤のスバルはカッコイイけど悔しさもありby高橋さん

――エミリアも1話では頼れるのはパックしかいなくて、スバルと出会った後も王選への責任感やハーフエルフであることを負い目に感じることで、なかなか心を開きませんでした。

高橋:エミリアはそれまで心を開いたことがないはずだから、こじ開けられた時、どんな感じ方をするのかなって。1話で突っぱねるシーンもあったけど、それ自体も初めてだと思うし、スバルと出会ってから起きたこと、特に人との交流は初めて尽くしだったはずです。だから最後にスバルに心を開いたシーンで、それが彼女にとって初めてのことであり、いかに大きな出来事だったのかというのが、観てくださる皆さんに届いたらいいなと思って演じました。


――13話で決別した後、18話でのレムとの会話からエミリアへの想いを再確認したスバルですが、24話で姿を隠してエミリアに助言したり、村人を説得したりする姿はカッコよかったですよね。

高橋:24話でフードをかぶったまま、ペトラに話しかけるシーンのスバルはすごく声が優しくて。でも手のひらで踊らされている感じが悔しくもありました。

一同: (爆笑)

高橋:認識阻害ローブをかぶっているからエミリアは誰だかわかっていないけれど。そのまま、エミリアを転がしちゃえとも思っちゃいました(笑)。

――スバルの成長といえば、女性への接し方もどんどん上手になっていきましたね。髪をなでたり、レムで女性をオトす術を身に付けていって……。

小林:別にレムは転がしてないですよ! 何をしても好きになってくれちゃうだけで。スバルは何もやってないのに。

高橋:さすがです。

小林:そんなふうに言わないで! 風当たりがまた強くなるから!


■ 松岡さんから高橋さんへの質問?

――ここで唐突ですがリレーインタビュー企画です。前回登場の松岡禎丞さんから質問をいただきました。「高橋さんはラジオに出演させていただいた時に思ったんですけれど、テンパっているようで、すごく周りが見えているなと。あれは演技なんですか? と聞きたいですね。それとも勢いで乗り切ろうと思っているのか」。

高橋:全然、演技じゃないですよ(笑)!


――松岡さんの発言を続けます(笑)。「僕がゲスト出演させていただいた回で、告知を僕が読まなきゃいけないのに、ちょっと言い遅れてしまって。その瞬間に高橋さんが「はい! 松岡さん、よろしくお願いします!」と言ってくれて。でも一生懸命なんでしょうね」

小林:質問というよりほめてますよね。

高橋:これってほめているんですか!? こちらこそ、たくさんの話題に全て勤勉に対応してくださって、本当にありがとうございました!


■ 読者が選ぶ印象深いシーンのトップは?

――ではご自身のキャラ的な印象深いシーンを教えてください。まず当サイトで印象的なシーンを募集したところ、1番多かったのは23話のペテルギウスがスバルに乗り移られたシーンでした。

小林:そこなんだ!?

高橋:スバルギウスですね。

小林:ナツキ・コンティ(笑)。

――あと15話も。

高橋:すごいですね。ペテルギウス人気は。


――そしてそれぞれのヒロインとの名シーンがあった18話と8話ですね。

小林:8話はエミリアたんのひざ枕ですね。

高橋:あのシーンが印象深いと言ってくださる方がいらっしゃるのはうれしいです。

小林:本当にひざ枕の頃が懐かしい(笑)。

――ひざ枕のシーンを挙げられた方はすべて男性でした(笑)。

高橋:うれしい!

宣伝担当:あの頃はE・M・T(エミリアたん・マジ・天使)で盛り上がったのに、その後いろいろあり過ぎて。

高橋:すごく、いいシーンなのになぁ(笑)。

小林:ペテルギウスにかき消されてしまったね。23話に関して言わせてもらうと、最後のシーンは感動的だけど苦しくて。スバルギウスを演じるにあたっては勢いで演じてやってしまった部分がありました。もちろん研究はいろいろしたけど。それが認めてもらえたのはうれしいです。僕的には人間ドラマが濃かった回が印象深いですね。最新だと25話もそうだし、18話に15話に、13話も捨てがたいし、7話もヤバいし、8話も……。ああ、選べない!



■ 小林さんの心が病んだ15話は1番の見せ場?

――15話ではいろいろなシーンが挙がりました。ペテルギウスの初登場だけでなく、レムが瀕死になりながらスバルに生きてというシーンや、ラストでスバルが死んだまま雪が積もるシーンとか。

小林:僕にとって15話は1番心が病んだ回です。あの回はいいことが一つもなかったし、スバルにとって得るものもなく、ただ闇しかなくて。まともなセリフも少なかったし。もちろんペテルギウスのお芝居に度肝を抜かれたこともあって、これに負けたら終わりだと思って、スバルのあらん限りの憎しみを込めて叫びました。

あそこで何かが自分の中で生まれた気がします。演じる上での感情の変化というか、1つのきっかけになった回ですね。そう考えると一番は15話になっちゃうのかな? ある意味、『リゼロ』という作品の一番の見せ場だった気がします。


■ 高橋さんが明かすエミリアのセリフの意図に小林さんも驚き!?

――エミリア的に印象深いシーンと言えば?

高橋:やっぱり13話ですね。最終回だと思って演じたので。この回で想いを吐露して、ふたりの関係性に区切りを付けたくらいの感じで、そこから「『リゼロ』って2クール作品なんだ」って思い直してもいいくらいに。好きなシーンは23話でスバルがペテルギウスの指先に襲われそうになった時、「そこまでよ、悪党!」と言えたのがすごくうれしかったです。

一同: (爆笑)

高橋:1話でトン・チン・カンからスバルを助けた時と同じセリフだけど、死に戻りしているのでこの世界では言っていないんですよね。本編でエミリアが初めて発した言葉なので、彼女自身、まったく軸は変わっていないんだなと思えたのがうれしくて、胸がアツかったです。

小林:あっ! 確かにそうだよね! 

高橋:最終話の「ありがとう、スバル。私を助けてくれて」はこの世界でも言ったことがあって。言ってあるセリフと言ってないセリフを意識したり、注目する点を変えると更におもしろくなる作品だなあと。

小林:僕も気付かなかった! おもしろい話が聞けた。


■ ヴィルヘルムのような男になりたいと思った

――自分のキャラに関係なく印象深いシーンは?

小林:21話のヴィルヘルムの最後の「愛している」は何回観ても泣きます。

高橋:あれ、すごくよかった!

小林:他のキャラでいえば、ヴィルヘルムが1番感動的なところを持っていきましたね。また過去と現在を行き来する演出とあの音楽! あの音楽はどこで流れても泣きますよね。ヴィルヘルムはカッコいいな、こんな男になりたいなと思うキャラです。

高橋:ヴィルヘルムの過去のシーンを観て、原作の外伝を読みたいと思った方もたくさんいるでしょうね。私は、ベアトリスの背景をもっと知りたいなと気になります。最後に屋敷に残ることを選択するわけですが、その時のセリフも意味深で。

小林: (小声で)第4章になったら色々分かるらしいよ。

高橋:第2章で本当に辛い時に助けてもらったことを忘れないで!と思っちゃいます。いつも変わらぬベアトリスでいてくれたことが救いでしたもんね。第2章のメンバーはおうちに帰ってきたような安心感があるんです。


■ 話題になったスバルとロズワールの入浴シーン。見たい入浴シーンは?

――この取材でもロズワールが濃いと皆さん、言っていたのに、ペテルギウスが出たら……。

小林:第3章になってからロズワールはほとんど出てこなかったね。

高橋:13話の王選候補が集まったところに出てきたのが最後になるとは。


――ちなみに5話のスバルとロズワールのお風呂シーンが好きというメールもありました。小林さんはどのキャラとお風呂に入りたいですか? という質問も。

小林:言えないです。


――女性キャラですか?

小林:そうですね。

高橋:むしろそうあってほしい(笑)。

小林:でもラインハルトみたいなたくましい体を見せてもらうのも男として純粋に「いい体してんな」と思える。

高橋:ヴィル爺と入って人生相談するのもいいかも。

小林:ロム爺だったらとんでもない波のプールに。どっか~んと。

高橋:お湯少なっ! みたいな(笑)。

小林:どのキャラと入っても楽しそう。

高橋:私、パックと入りたい。背中洗ってくれそう。

小林:凍らせられそうで怖い。ベアトリスと入ったらおもしろいかも。「髪の毛洗ってやるよ」「いいのよ!いいのよ!」みたいな(笑)。

――ありがとうございます。せっかくなので次回も続けてお話をうかがいますのでよろしくお願いします。

小林・高橋:よろしくお願いしま~す!

 次回、「Re:ゼロから始める取材生活」第25回では、引き続き主人公・スバル役の小林裕介さんとエミリア役の高橋李依さんが登場。本編で一番幸せだったシーンや収録時のおもしろエピソードなどを中心にトークを展開! どうぞお楽しみに!!

■『Re:ゼロから始める取材生活』はこちら

『リゼロ』小林裕介さん、高橋李依さん、内山夕実さん、第2話までを観ての感想は?

小林裕介さんも気になる伏線の数々――そして第4話では初EMTにも注目……!?

水瀬いのりさん&村川梨衣さんが提案する『Re:ゼロから始める異世界生活』の楽しみ方

水瀬いのりさん、村川梨衣さんが語る、主人公・スバルに対しての印象と魅力

鈴木このみさんが歌う『リゼロ』OPテーマに込められたメッセージとは

『リゼロ』MYTH & ROID歌うEDテーマ、難易度が高い発注に独特の取り組みで挑戦!

小林裕介さん&高橋李依さんが考える「E・M・T」なキャラや声優は?

『リゼロ』スタッフが語る、小林裕介さん&高橋李依さんら声優陣のキャスティング理由

■ 作品情報

【放送情報】
テレビ東京:毎週日曜日 深夜1:05~
テレビ大阪:毎週火曜日 深夜1:35~
テレビ愛知:毎週木曜日 深夜2:05~
AT-X :毎週金曜日 夜10:00~
[AT-X リピート放送]
毎週日曜日 夜11:00~
毎週月曜日 午後2:00~
毎週木曜日 朝6:00~
※放送日時は予定となります。予告無く変更になる可能性がございます。

【ストーリー】
コンビニからの帰り道、気が付くと異世界へとやってきてしまった普通の高校生、菜月昴。右も左も分からない異世界に放り出され、途方に暮れていたスバルに手を差し伸べたのは美しい銀髪の少女だった。絶望から救ってくれた少女に何かお返しがしたいスバルは、少女の探しものを一緒に探すことになるのだが……。



【スタッフ】
原作:長月達平(MF文庫J「Re:ゼロから始める異世界生活」/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:大塚真一郎
監督:渡邊政治
シリーズ構成:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太
プロップデザイン:鈴木典孝、岩畑剛一
美術設定:金城沙綾(美峰)
美術監督:高峯義人(美峰)
色彩設計:坂本いづみ
撮影監督:峰岸健太郎(T2studio)
3Dディレクター:軽部 優(T2studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:明田川 仁
音響効果:古谷友二(スワラ・プロ)
音楽:末廣健一郎
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

【キャスト】
ナツキ・スバル:小林裕介
エミリア:高橋李依
パック:内山夕実
フェルト:赤﨑千夏
レム:水瀬いのり
ラム:村川梨衣
ベアトリス:新井里美
ラインハルト:中村悠一
エルザ:能登麻美子
ロズワール・L・メイザース:子安武人
プリシラ・バーリエル:田村ゆかり
アルデバラン:藤原啓治
クルシュ・カルステン:井口裕香
フェリックス・アーガイル:堀江由衣
ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア:堀内賢雄
アナスタシア・ホーシン:植田佳奈
ユリウス・ユークリウス:江口拓也
ペテルギウス・ロマネコンティ:松岡禎丞
ほか

【楽曲情報】
[第1クール]
・オープニングテーマ
 鈴木このみ 「Redo」
・エンディングテーマ
 MYTH & ROID 「STYX HELIX」

[第2クール]
・オープニングテーマ
 MYTH & ROID 「Paradisus-Paradoxum」
・エンディングテーマ
 エミリア(CV:高橋李依)「Stay Alive」


>>TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式サイト
>>TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』公式Twitter(@Rezero_official)
>>Re:ゼロから始める異世界ラジオ生活





(C) 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

関連コンテンツ

『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定
『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定2017/02/22 18:05
『艦これ』『ペルソナ』など人気アニメを歌で彩ったアーティスト達が集結! 「APTEMI∑ FES‐アルテミスフェス‐」3月14日開催決定
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】2017/02/19 21:26
『艦これ』『ラブライブ』『リゼロ』などから美少女が大集合! ディーラーブース渾身のフィギュアたちをご紹介! その1【2017冬】
『けものフレンズ』『幼女戦記』など、コミケ91KADOKAWAブースにて完売した原作イラストグッズ通販開始!
『けものフレンズ』『幼女戦記』など、コミケ91KADOKAWAブースにて完売した原作イラストグッズ通販開始!2017/02/15 19:30
『けものフレンズ』『幼女戦記』など、コミケ91KADOKAWAブースにて完売した原作イラストグッズ通販開始!
『リゼロ』レムの誕生日を祝うSPイベント、来場者数5千人突破! 豪華賞品が当たるツイッターキャンペーンも開催決定
『リゼロ』レムの誕生日を祝うSPイベント、来場者数5千人突破! 豪華賞品が当たるツイッターキャンペーンも開催決定2017/02/07 18:50
『リゼロ』レムの誕生日を祝うSPイベント、来場者数5千人突破! 豪華賞品が当たるツイッターキャンペーンも開催決定
『リゼロ』×『18パズル』コラボ開催中! レムの誕生日を記念してSPキャンペーンもスタート
『リゼロ』×『18パズル』コラボ開催中! レムの誕生日を記念してSPキャンペーンもスタート2017/02/02 10:40
『リゼロ』×『18パズル』コラボ開催中! レムの誕生日を記念してSPキャンペーンもスタート

注目の商品

【グッズ-マウスパット】Re:ゼロから始める異世界生活 マウスパッド エミリアaos2017年03月 下旬 発売予定【グッズ-マウスパット】Re:ゼロから始める異世界生活 マウスパッド エミリア¥648【グッズ-マウスパット】Re:ゼロから始める異世界生活 マウスパッド エミリア
【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 02 レムaos2017年03月 下旬 発売予定【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 02 レム¥4,536【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 02 レム
【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 01 エミリアaos2017年03月 下旬 発売予定【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 01 エミリア¥4,536【グッズ-カバーホルダー】Re:ゼロから始める異世界生活 デザジャケット iPhone7Plus ケース&保護シート 01 エミリア

記事ランキングRANKING

  • デイリー
  • ウィークリー
1 梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン
梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン 梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン
2 『あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル』DVD&Blu-rayの店舗特典画像を一挙公開!
『あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル』DVD&Blu-rayの店舗特典画像を一挙公開! 『あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル』DVD&Blu-rayの店舗特典画像を一挙公開!
3 カーテン魂より、『ガールズ&パンツァー 劇場版』まほやエリカたち5名の描き下ろし抱き枕カバーなど、イベントで販売する新商品5種を期間限定で先行受注開始!
カーテン魂より、『ガールズ&パンツァー 劇場版』まほやエリカたち5名の描き下ろし抱き枕カバーなど、イベントで販売する新商品5種を期間限定で先行受注開始! カーテン魂より、『ガールズ&パンツァー 劇場版』まほやエリカたち5名の描き下ろし抱き枕カバーなど、イベントで販売する新商品5種を期間限定で先行受注開始!
4
『夜は短し歩けよ乙女』星野源さん・花澤香菜さん・神谷浩史さんらのボイス入り予告編公開! 星野さんのアフレコ風景も到着 『夜は短し歩けよ乙女』星野源さん・花澤香菜さん・神谷浩史さんらのボイス入り予告編公開! 星野さんのアフレコ風景も到着
5
実写版『鋼の錬金術師』公開日が決定! アルフォンスの全貌が明らかとなった場面写真も解禁! 実写版『鋼の錬金術師』公開日が決定! アルフォンスの全貌が明らかとなった場面写真も解禁!
6
LiSAさんがAR空間でユナとバトンタッチ!『オーディナル・スケール』が実現する未来は遠くない!?『劇場版 SAO』ARライブ&ARトークショーをレポート LiSAさんがAR空間でユナとバトンタッチ!『オーディナル・スケール』が実現する未来は遠くない!?『劇場版 SAO』ARライブ&ARトークショーをレポート
7
海外ドラマ『タイムレス』日本語吹き替えを担当する中村悠一さん、加藤有生子さん、高木渉さんのインタビューを公開! 海外ドラマ『タイムレス』日本語吹き替えを担当する中村悠一さん、加藤有生子さん、高木渉さんのインタビューを公開!
8
『弱虫ペダル』第3期、『このすば2』が上位にランクイン! 「GYAO!」2017年冬アニメ第1話の視聴回数ランキングTOP10を発表 『弱虫ペダル』第3期、『このすば2』が上位にランクイン! 「GYAO!」2017年冬アニメ第1話の視聴回数ランキングTOP10を発表
9
TVアニメ『喧嘩番長 乙女』イベントにて、声優・山村響さんが主人公役を演じることが発表! 放送日も決定! TVアニメ『喧嘩番長 乙女』イベントにて、声優・山村響さんが主人公役を演じることが発表! 放送日も決定!
10
『刀剣乱舞-ONLINE-』コラボバッグに新モデル登場! 今回は大和守安定、和泉守兼定、堀川国広、陸奥守吉行の4モデル! 『刀剣乱舞-ONLINE-』コラボバッグに新モデル登場! 今回は大和守安定、和泉守兼定、堀川国広、陸奥守吉行の4モデル!
1 『監獄学園』の緑川花や『このすば』バニー姿のアクア&めぐみんほか、美少女フィギュア勢ぞろいのワンホビブース・その1【ワンフェス2017】
『監獄学園』の緑川花や『このすば』バニー姿のアクア&めぐみんほか、美少女フィギュア勢ぞろいのワンホビブース・その1【ワンフェス2017】 『監獄学園』の緑川花や『このすば』バニー姿のアクア&めぐみんほか、美少女フィギュア勢ぞろいのワンホビブース・その1【ワンフェス2017】
2 TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』の放送日が決定! 放送情報や公式サイトなども公開
TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』の放送日が決定! 放送情報や公式サイトなども公開 TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』の放送日が決定! 放送情報や公式サイトなども公開
3 梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン
梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン 梅原裕一郎さん、保志総一朗さん、諏訪部順一さんのオリジナルボイスが1日1回限りで聞ける! 「大正製薬」期間限定サイトがオープン
4
TVアニメ『sin 七つの大罪』魔王・アスタロトが歌う最新ミュージックビデオ公開! キャラクターソング14曲の情報も解禁 TVアニメ『sin 七つの大罪』魔王・アスタロトが歌う最新ミュージックビデオ公開! キャラクターソング14曲の情報も解禁
5
『冴えない彼女の育てかた』のヒロインたちがまぶしい水着姿に!! 美少女フィギュア勢ぞろいのワンホビブース・その3【ワンフェス2017冬】 『冴えない彼女の育てかた』のヒロインたちがまぶしい水着姿に!! 美少女フィギュア勢ぞろいのワンホビブース・その3【ワンフェス2017冬】
6
TVアニメ『遊戯王』シリーズ最新作は『遊☆戯☆王VRAINS』! ビジュアル&キャラクター設定画が解禁に! さらに特番も放送決定 TVアニメ『遊戯王』シリーズ最新作は『遊☆戯☆王VRAINS』! ビジュアル&キャラクター設定画が解禁に! さらに特番も放送決定
7
『あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル』DVD&Blu-rayの店舗特典画像を一挙公開! 『あんさんぶるスターズ!私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル』DVD&Blu-rayの店舗特典画像を一挙公開!
8
声優・上坂すみれさんがロシア文学の権威と本気で対談!東洋文庫「わが心のロシア♡」トークショーレポート 声優・上坂すみれさんがロシア文学の権威と本気で対談!東洋文庫「わが心のロシア♡」トークショーレポート
9
『劇場版 ソードアート・オンライン』動員&興収ランキング第1位を獲得! 劇場アニメとしては『君の名は。』以来の快挙 『劇場版 ソードアート・オンライン』動員&興収ランキング第1位を獲得! 劇場アニメとしては『君の名は。』以来の快挙
10
『ツキウタ。』のゲーム『ツキトモ。』から新や葵らアイドル4人のゲームオリジナル私服ほか、ゲームの詳細情報が一部公開! 『ツキウタ。』のゲーム『ツキトモ。』から新や葵らアイドル4人のゲームオリジナル私服ほか、ゲームの詳細情報が一部公開!
Twitter
Facebook
animate Times Channel
animate Times
アニメイトタイムズ ラジオ
アニメイトタイムズ チケット