アニメ
4月4日スタート!『真マジンガー 衝撃!Z編 on tele..

今回は正に衝撃の面白さだ!永井氏も絶賛のTVアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』 4月4日のスタートに先駆けキャストからコメント到着!

 『デビルマン』『キューティーハニー』など、往年のヒット作を生み出してきた永井豪氏の代表作の1つ『マジンガーZ』が『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』としてこの春TVアニメ化。4月4日より毎週土曜日夜11:20より、テレビ東京系で放送が開始される。

 出演は、兜甲児(かぶと こうじ)役の赤羽根健治さん、兜シロー役の藤村歩さん、弓さやか役の本多陽子さん、Dr.ヘル役の岸野一彦さん、あしゅら男爵役の石飛幸冶さん 、山像かおりさんほか。

 放送開始へ向けて着々と進行しているアフレコ。その収録スタジオで、メインキャストによるコメント取材が実施された。あしゅら男爵の声が完璧に揃っていたことを記憶に留めている方には、その収録秘話は必見! キャストそれぞれが捉える『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』の見どころ、演じるキャラクターの魅力について紹介していこう。

<STORY>
 ジャパニウム鉱石から採取されるスーパーエネルギー・光子力。世界征服を企むDr.ヘルはその秘められし力を狙い、光子力研究所に攻め寄せてきた。主人公・兜甲児は、祖父・十蔵のつくったスーパーロボット“マジンガーZ”に乗り彼らと対峙。Dr.ヘルと配下のあしゅら男爵、ブロッケン伯爵らが繰り出す、バードス島より発掘された機械の獣“機械獣”との激闘に身を投じていく。だがこの戦いには、兜一族とDr.ヘルとの過去の因縁が関係をしていた。その因縁とはいったい何か? そしてバードス島に隠されし過去の文明の謎、さらには最強の金属“超合金Z”でつくられしマジンガーZの秘密を求めて、いま物語は動き始める!!


●アフレコ終了後の出演者のコメント

赤羽根健治さん(兜甲児 役):とにもかくにも熱いキャラクターなので、自分が果たしてついていけるだろうか?と不安もありつつ、本作では悪役をはじめ、周りのキャラクターが立っているので、喰われてしまわないようにと頑張っています。見どころは必殺技ですね。ぜひ堪能してください。

藤村歩さん(兜シロー 役):いわゆる悪ガキというべき男の子は初めて経験する役。自分の中での挑戦であるとともに、緊張感の中で“男の子”を意識して取り組んでいます。ただ、演じていてたいへんノリのいい子なのでとても楽しいです。シリアスな展開の場面の中にもコミカルで、クスッと笑ってしまうようなシローのセリフ、動きには一服の清涼剤のようなものを感じます。
 『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』のもう1つの楽しみとして、シローがいてくれると思って見ていただければ嬉しいです。

本多陽子さん(弓さやか 役):さやかは、自分にとって初めて強い女性を演じさせていただく役となります。とっても嬉しい反面、最初は不安もありました。
この作品には悪い人だったり、強い人たちがたくさん登場する戦いのお話なのですが、そんな中でもさやかはヒロイン役なので、女性らしさも見せていかなくてはいけないと思っています。印象的には強い、キツイ女の子に見えるかもしれませんが、だんだんと甲児くんへの想いが芽生えてきた時に、女の子らしい部分も見えてきますので、楽しみにしていてください。

岸野一彦さん(Dr.ヘル 役):私、こう見えても悪役を演じるのは初めての経験になります。そのためか、最初のDr.ヘルは悪人度が足りなかったようで、「裏の黒幕的なもっと悪いヤツに」と指示を受けて、もう一度演じ直しました。
 とにかくよく喋っているので、このまま26話もつのか不安はありますが、あしゅら男爵たちが戦っている裏にはいつもDr.ヘルがいることをイメージしていただけるように演じていきたいと思っています。

石飛幸治さん(あしゅら男爵/男 役):アニメの声優は本作が初めてになります。あしゅら男爵はリアルに見ていた世代なので、演じると決まった時には「まさか!」「何かの間違いではないか」と思い驚きました。
 相方には、よくご一緒させていただいている山像かおりさんが、一緒に演じてくれることになり、さらに感動!!いつもいつも助けていただいています。
 昔は何気なく見ていたあしゅら男爵ですが、やってみるとタイヘン!どう演じていいのか分からないところがたくさんあるんです。いろいろと相談しつつ、教えてもらいながら合わせるところに挑戦しています。

山像かおりさん(あしゅら男爵/女 役):細かいところまでリードしてくれているのは石飛さんの方なんですよ(笑)。あしゅら男爵は、1本のマイクで同時に喋っているのですが、2人でただ同じセリフを言うのではなく、同じ口から発せられる言葉なので、息づかいも一緒にしなければいけないことを、意識させられる役なのです。これがズレてしまうと違う口になってしまうため、毎回セリフを言う前にはどこで息継ぎするのか打ち合わせをします。
 中でも笑うシーンは大変で、笑い声を合わせる時は、指で数えて合わせてやらなくては合いません。でもそこがあしゅら男爵を演じる上で楽しいと感じる点となっています。
 私の知っているあしゅら男爵はただ悪いというイメージがあったのですが、今回『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』では、悩み苦しみ、Dr.ヘルに怯える小市民みたいなところがあります。また悪役もすごい人たちばかりが揃っていて、その中であしゅら男爵にはむしろピュアさを感じさせられます。
 戦いが激しく、スピード感もあり、それぞれのキャラクターが立っている。きっと面白いと思って見ていただけるシリーズになっていくと思いますので、ぜひご期待ください。

 取材の締めには、「新人からベテランまで、キャスト陣がとにかく豪華。真マジンガーになったZを見てほしい」と赤羽根さんがメッセージを寄せてくれた。新たな世界観で描かれるTVアニメ『真マジンガー 衝撃!Z編 on television』。ロボットアニメの金字塔たる一作にぜひとも注目してほしい。


●原作者の永井豪氏からもコメントが!

――「少年ジャンプ」版がアニメ化されることについての感想をお聞かせ下さい

永井氏:“とてもウレシイ”『ハレンチ学園』をやってた「週刊少年ジャンプ」への連載なので、TVよりハチャメチャをやっていた。そのテイストが出ればと思う。


――実際にARに立ち会ってみてどのように感じられましたでしょうか?

永井氏:新人、ベテランとバラエティに富んだキャストで、盛りだくさんの感じだ。マニアも喜ぶ出来ではないかと思う。作者も大喜びです。


――アニメをごらんになるお客様へ一言お願いいたします

永井氏:今回のマジンガーは、正に衝撃の面白さだ!昔のファンも、初めての人も、“真”に楽しめるマジンガーの登場だ!!見逃せば、一生の損だと言っておこう!


<STAFF>
原作:永井 豪
監督・脚本:今川泰宏
キャラクターデザイン:竹内進二
マジンガー&機械獣デザイン:野中 剛(バンダイ)
音楽:宮川彬良
音響監督:本山哲
美術監督:武藤正敏
色彩設計:菊池和子・井上あきこ
撮影監督:桑良人
編集:松原理恵
アニメーション制作:BEEMEDIA・Code

<CAST>
兜 甲児:赤羽根健治
兜 シロー:藤村 歩
兜 十蔵:鈴木泰明
弓さやか:本多陽子
弓弥之助:中 博史
暗黒時刑事:伊丸岡篤
錦織つばさ:一城みゆ希
Dr.ヘル:岸野一彦
あしゅら男爵:石飛幸冶(男) 山像かおり(女)
ブロッケン伯爵:稲葉実
ナレーション&クロス:玄田哲章

(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

(C)2009永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
おすすめタグ
あわせて読みたい

真マジンガー 衝撃! Z編の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング