menu

彩音初の東名阪ツアーが渋谷でファイナル!「Ayane Live Tour 2009」@duo music exchange レポート!

4月に最新シングル『GRAVITY ERROR』を発売したばかりの彩音が、初の東名阪ツアー「Ayane Live Tour 2009」を実施。そのファイナルの地となった、東京は渋谷にあるライブハウスduo music exchangeでのステージへ足を運んだ。何時もは椅子やテーブルを用意している会場だが、この日は完全スタンディング。

 しかも客席の隅まで人が押し入ってるギュウギュウ満員状態。天井も高く、会場も広いため、普段はあまり熱気の溜まらない場だが、この日は2階で観ていた我々取材陣のところにも、1階から沸き起こる熱気が押し寄せていたほどだ。まさに熱狂産み出したライブの模様を、さっそくお届けしよう。


●“こだわり”選曲が生み出す彩音ワールドの真骨頂

 場内が暗くなり、ステージ後方へ用意されたスクリーンに気になるキャラクターが映し出された。今回より新たに誕生したマスコット“ちび彩音”だ。「今日も最後までフルスロットルでいきます!!」など、吹き出し文字で今日の意気込みを述べたあと、最後に“大声”(大文字)で「開演」と宣言。その言葉と同時に、大きな爆発音が鳴り、ステージが幕を開けた。

 1曲目に用意したのは、スケール感あふれる幻影ファンタジックな装いを持ったナンバー「Lunatic Tears...」だ。“美しくも影を持った衝動歌”に身を預けた満員の観客たちが、一斉に真っ赤なサイリウムを振りかざしながら、その妖艶な世界観へ想いを浸していく。

「前のライブの最後の曲が『Lunatic Tears...』でした。あの日のライブを体験した人は、その続きを覚えるような。今回が初めての方は、出会いを持った歌として、この曲を持ってきました」と後のMCでも語っていたが、選曲にもいろんな深い想いを込めているのが“こだわり派”な彩音らしさ。

「この会場にいるみなさんが笑顔でいられるよう、最後まで楽しんでいってください」

一転、艶めいた空気が流れ出した。一斉に点滅し出したブルーのサイリウム。彩音の人気ナンバー「嘆きノ森」の登場だ。悲哀を持った嘆きの物語を語るよう、妖しげな雰囲気を醸しながら歌いかけてきた彩音。その幻夢な世界は、まさに“嘆きのシンフォニア”!!


●注目の東京公演限定ソングは「ARCHIVE LOVERS」!

それまでの感情の内側をえぐり出した世界から一転、『あの空の果てまで』をきっかけに、一気に、“軽快に青空駆けめぐる”に相応しい開放的な楽曲が次々登場。青い空へ吸い込まれそうになった「あの空の果てまで」に、心晴れやかに導いたステップ&ビート作「プリミディア」。さらにここで東京公演限定披露歌として、ダンサー2人を従えたエレクトリックロマン・ナンバー「ARCHIVE LOVERS」を演奏。この手の“電脳アンドロイド・ロック”もまた、彩音を語るうえで欠かせない魅力放つ楽曲だ。


●季節ソングで四季を巡る──

 次のブロックからは、一気に四季を巡る旅へ突入。まずは、季節を先取るような“思いきり夏気分満載”なスプラッシュ・ナンバー「DOLPHIN☆JET」が登場。場内中で光り始めたウルトラオレンジの輝き。会場中の人たちが「Hay×4」と何度も絶叫を繰り返しながら、全身振り絞った想いを、ステージ上の彩音へぶつけていく。続く「その先にある、誰かの笑顔の為に」を通し、放たれた熱気はさらにスパークしてゆく。

一転、彩音のデビュー曲「KIZUNA~絆」では、ゆったりとした晴れやかな表情を描きながら、その優しい音色の上で彼女が力強く歌いあげていた。

そして季節は、秋に。アコギのスパニッシュな旋律に乗せ、秘めた情熱をメラメラと身体から発するよう、情熱歌謡風楽曲「Wish ON TRUTH」を演奏。続く「龍刻の彼方へ」では、悲哀な物語を語るよう歌いあげてゆく彩音の姿が登場。その哀切な歌声は、確かにステージ上へ白い雪が舞い降りさせていた。それが、たとえ幻影だとしても…。

 ふたたび、季節は秋に。穏やかな風を感じ心揺らめいた、哀愁ナンバー「カカシ」。さらに「Close your Eyes」では、雄大な景観描きながら、ゆったりおおらかにバラード・ソングを歌いあげていった。


●大きな盛り上がりにダブルアンコールで応えた!

「歌が大好きという気持ちから始まった彩音ですが、何時しか、“この歌声がみんなの勇気や力になりたい”と思うようになりました。“夢は想い続けていれば叶う”そうです。ここからは最後まで、彩音の代表曲が続くから、みんな楽しんでください!!」

まるで爆発寸前のマグマのよう、あふれんばかりの感情の昂りを誘発させていった「永遠のメモリーズ」。「ORANGE!!」のかけ声とともに、会場中が無数のウルトラオレンジの輝きに包まれた「ORANGE」では、満員の観客たちが思いきり笑顔で飛び跳ねていった。

 さらに本編ラストを飾った雄大な歌「Endless Tears...」では、パワフルで可憐な声を届けてゆく彩音の歌に合わせ熱狂していく観客たちによって、会場中が暴れ祭のような雰囲気にさえなっていた。

最初のアンコールでは、彩音のワイルド&セクシーな歌声を味わえる最新ナンバー「GRAVITY ERROR」を演奏。♪僕は瞳をそらさずに 傷も涙も真実も...♪と、大きな合唱に会場中が包まれていった「コンプレックス・イマージュ」。そして、キュートに胸キュンさせた「ロマンシングストーリー」を披露。

本当なら、ここでライブは終わるはずだったが、感情が融解し、熱狂が止まらなくなった満員の観客たちはもちろん、彩音もまた昂る興奮を抑えきれず、ふたたびステージへ。

ここでは、名古屋と大阪限定で歌ってきた楽曲を披露。爽やかな風を運んでくれた「After Rain」。そして最後は「Private place」を演奏し、思いきりロックな興奮の舞台を作りあげ、2時間半に渡るライブを締めくくっていった。

この興奮は、絶対に病み付きになる。早くまた、笑顔あふれる彩音のステージに逢いたい……!!

関連タグ
おすすめタグ
あわせて読みたい

レポートの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

dアニメストア秋アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023秋アニメ何観る
2023年秋アニメ最速放送日
2023秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング