声優
『2.5次元てれび』小岩井ことりさん出演のVol.16回レポート

『2.5次元てれび』に『じょしらく』メンバー最後のゲスト・小岩井ことりさんが登場

 毎月第2/第4木曜日の21:00からインターネットで配信している生放送番組『2.5次元てれび』。声優やアニメ、オタクカルチャーなどを扱ったバラエティー番組だ。司会は声優の岩田光央さんと南條愛乃さん。番組リポーター兼アシスタントは、新人声優の持月玲依さんと村川梨衣さん、綾瀬有さん。そして、番組キャラクター「てれび子(仮)」に声をあてるのは、冨岡美沙子さんだ。

 2月14日のバレンタインデーに配信された番組では、『じょしらく』の「波浪浮亭木胡桃」を演じた声優・小岩井ことりさんが登場。番組の司会である南條愛乃さんが『じょしらく』の「空琉美遊亭丸京」を演じていたつながりで、これまでに後藤沙緒里さんと佐倉綾音さん、山本希望さんが番組に出演している。今回、小岩井ことりさんが出演したことで、すべての『じょしらく』メンバーがゲストに訪れたこととなる。

 オープニングトークの後、スタジオに登場した小岩井ことりさんは「チョコレート、なにそれおいしいの?」と挨拶。それにかぶせるように、南條愛乃さんも「バレンタインデーの過ごし方がわからない」などと浮かばない女子トークを展開。そんな会話を聞いていた岩田光央さんは、「今日のナンジョルノはテンションが低い。今日、会って一言目がコレですよ!」と叫びながらコメントし、スタジオの笑いを誘っていた。

●『2.5次元てれび』番組企画「ご当地大戦」に寄せられたイラストを紹介

 イラスト投稿サイト「pixiv」との連動企画『ご当地大戦』の紹介コーナーでは、これまでに投稿されたすばらしい作品を紹介。岩田光央さんがイチオシする企画とあって、出演者一同、身を乗り出してモニターに映る作品をチェックしていた。

 このコーナーの途中、京都出身の小岩井ことりさんにちなんで、京都名物の「せんまいづけ」が運ばれてきた。それを見た岩田光央さんはおおはしゃぎ。岩田さんは「最近京都に行ったんだけど、懐石料理の最後に食べるせんまいづけは格別!」とエピソードを語りながらおいしそうに試食。とても満足した様子で、「ごはんお願いします!」と暴走していた。

●冨岡美沙子さんがトラブルに? ワンフェスレポート

 特集のコーナーは、2月10日に開催された「ワンダーフェスティバル2013[冬]」のレポート。担当はてれび子(仮)のなかの人・冨岡美沙子さんだ。イベント当日はてれび子(仮)のコスプレがファンのみなさんに名刺を配る予定だった。

 しかしトラブルで衣装が会場に届かず、やむなくスーツ姿で名刺を配ることに。予定外の出来事に番組では謝罪をし、そのお詫びとしてスタジオにてれび子(仮)のコスプレを招いた。存在感溢れるリアルてれび子(仮)の登場に出演者は困惑しつつも、コスプレの完成度の高さに驚いていた。どんなコスプレかは、公式サイトの番組アーカイブをチェックしてほしい。

●次回の放送は本日、2月28日の21:00から!

 なお、次回の放送は2月28日(木)21:00スタート。ゲストはアニメ『ガールズ&パンツァー』で「ブリザードのノンナ」を演じている人気声優・上坂すみれさんだ。軍事マニアな彼女のために用意された企画があるらしいのだが、果たしてどんな内容になるのか? 期待してください!

★☆★『2.5次元てれび』アーカイブページ★☆★

●ゲスト声優の小岩井ことりさんへのインタビュー

 番組終了後、番組の感想や今後の活動など、いろいろ伺ってきたのでレポートします。小岩井ことりさんのファンは、4月から始まる新アニメ『断裁分離のクライムエッジ』もお楽しみに!!

――生放送お疲れ様でした。とても楽しんでいるようでしたが、いかがでしたか?

小岩井ことりさん(以下、小岩井):私は顔を出すお仕事はそれほどたくさんしてないので緊張しました。ですが岩田さんや南條さんなど、出演者のみなさんが盛り上げてくださったおかげで、番組を楽しめました。

――南條さんとは『じょしらく』でご一緒でしたよね? お会いしたのは久しぶりですか?

小岩井:いえ、たまたま先日『じょしらく』メンバーで食事に行ったので、そのときお会いしました。

――番組中にバレンタインについて、なにも楽しそうなエピソードがないというのに驚きました。

小岩井:あはははは! そうなんですよ~、ずっと引きこもっていたので特になにもなかったんです。

――小岩井さんは声優業の他に、音楽の制作もされていますよね?

小岩井:ものを作るのはとても好きで、凝り性なんです。始めちゃうとのめり込んでしまうタイプです。曲はお仕事として作曲させていただいています。田中理恵さんの曲を作らせていただきました。いまのところ、作曲のときは名前を出していないのですが、他にもいくつかお仕事させていただいています。

――音楽まで作るなんて、すごいですね! 音楽を作るのは楽しいですか?

小岩井:楽しいです。曲によるのですが、時間がかかるときもあります。仕事が空いてるときは、ついつい徹夜で作ってしまうこともあります。

――音楽以外にも、小岩井さんはイラストも描きますね。番組の最後に披露された「スタッフ八木さん」の似顔絵、とてもかわいかったです。

小岩井:ありがとうございます! 「イケメンデザイナー」と伺ったのであのイラストを描きましたが、実際にお会いしたら、ちょっと違うタイプのステキな方でした(笑)。

――それでは声優業について伺います。PSP用ゲーム『とある魔術と科学の群奏活劇』の「桜坂風雅」や、2013年4月から放送されるテレビアニメ『断裁分離のクライムエッジ』の「武者小路祝」、おめでとうございます。どんな方々に聞いていただきたいですか?

小岩井:すばらしい役をいただけたのは、応援してくださるみなさんのおかげです。PSPの『とある魔術と科学の群奏活劇』は、とても有名な作品でファンも多いです。私のやっているキャラクターの「桜坂風雅」はネタバレになってしまうので、なにも言えないのです。すごく重要な役なので、ぜひ最後まで遊んで楽しんでほしいです。言えないのが歯がゆいのですが、やっていただければわかりますので、遊んでほしい……としか言えないんです。

――そしてもうひとつ『断裁分離のクライムエッジ』のほうは?

小岩井:簡単に言うと、男の子と女の子が出会ってボーイ・ミーツ・ガールで、自分の宿命に立ち向かっていくというお話です。ラブとかバトル、アクションとか、いろいろな要素を楽しめる作品なので、普段あまりアニメを見ない方々にも気に入っていただけると思います。楽しみにしてほしいです。

――『じょしらく』とはガラッと変わってますね。

小岩井:そうですね、まったく違うタイプです。

――それでは今後の活動について伺いたいのですが、小岩井さんは、どのようなキャラクターを演じてみたいですか?

小岩井:私は大谷育江さんのピカチューの声を聞いて声優を目指したんです。言葉じゃない鳴き声だけで感情を伝えるって、究極だと思うんです。言葉じゃないので、国籍問わず世界中の人間に感情を伝えられます。私もそんな役者になりたいです。なので、とても難しいですが、言葉を使わないキャラクターを演じてみたいです。これからがんばりますので、応援よろしくお願いします。

>>『2.5次元てれび』公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集