menu
アニメ
監督&シリーズ構成が語るアニメ『アンジュ・ヴィエルジュ』への愛!

TVアニメ『アンジュ・ヴィエルジュ』に愛を!監督・田村正文さん&シリーズ構成・高山カツヒコさんインタビュー

 トレーディング・カードゲームやスマートフォン向けアプリゲームなど、様々なメディアミックスで多くのファンを魅了している『アンジュ・ヴィエルジュ』が、ついにTVアニメ化され2016年7月より放送スタート! 個性豊かなキャラクターたちは、アニメでどのような活躍を見せてくれるのでしょうか? 多くの方々が気になっていることでしょう。

 そこで本稿では、本作の監督・キャラクターデザインの田村正文さんとシリーズ構成・脚本の高山カツヒコさんへ行ったインタビューの模様をお届けしていきます。作品に込める情熱や愛を現在公開できるギリギリの範囲でたっぷりと語っていただきました。お二人が語るアニメへの想いが垣間見えた瞬間にも注目です。



■ 「俺はこの子が好きだ!」と素直に思える作品になればいいな!と思っています

──まずは、『アンジュ・ヴィエルジュ』のアニメ化の経緯からお聞かせください。

田村正文さん(以下、田村):『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』で絵コンテと作画監督、演出をいくつか担当させていただいたご縁で、シルバーリンクの金子社長から「こういう作品あるんだけど、田村くん女の子キャラクター好きだよね?」と言われて(笑)。僕も「女の子だったらバンバンやる気あります!」と答えました。この作品が初監督になるのですが、思い切って踏み込みました。

どこまでできるのか自分にとっての挑戦でもあります。制作の状況が一番わかる「監督」という立場を知ることで、アニメを作る上で得るものは大きいのかなと思いました。


──今回のオファーを受けたときの心境はいかがでしたか?

高山カツヒコさん(以下、高山):僕はいつものように金子社長から「高山さん、次これ」ってバーンと言われて、「はい!」みたいなわかりやすい感じで(笑)。蓋を開けてみたら「なんだこのキャラクターの多さは……!」と思いました。スタートの時は苦労しました。

田村:ひとりひとりのストーリーが大事になるんです。なので、脚本家さんの力がないと物語の組み立てができなくなります。「こんな話を作りたい」というぼんやりとした素材は作れるのですが、それを売り物として串を指して味付けをするのは、高山さんがいなければできなかったんじゃないかなと思います。

▲蒼月紗夜設定画(全身)

▲蒼月紗夜設定画(全身)

▲蒼月紗夜設定画(表情)

▲蒼月紗夜設定画(表情)

──今話せる段階までで、どんなストーリーになっているのかお聞かせいただけますか?

田村:大きく言うと、主人公がどうやって大人になっていくかというストーリーです。就職したばかりの人たちが抱えているような気持ちに似ているのかなという印象があります。「自分もこうすれば変われるんじゃないか」と思えるような作品を作りたかったんですよ。

高山:キャラクターたちの成長を本作では描いています。ただ成長するだけではつまらないので、その中に仕掛けをいくつか考えています。


──仕掛けといいますと……?

高山:何かを目指して頑張っている、何かを目指すために頑張っている、何かを目指す前、目指して到達した後、どの段階でもそれぞれの場所にそれぞれの焦燥感があると思います。その答えって他人には出せないもので、自分で見つけるしかないし、答えも本人なりのものでなくてはならない。そして、答えが人それぞれで違うのは、自分自身と、その置かれている環境が違うからですよね。

答えを探して悩んでいるときには、フッと誰かが助けてくれることもあるんですが、その助けを助けとは気づかないこともあります。後になって自分が助ける側になってから、それが助けだと気づく。今回のアニメはそんな話になっています。


──アニメを見終わった後にこのインタビューを読むと「なるほど!」となりそうですね。

田村:そうかもしれません。自分の立場に当てはまるキャラクターが誰かしらいるので、きっと共感できると思います。でも可愛い女の子たちを軸にしているので、そんなに小難しい話ではありません。世界観をすっ飛ばしても、女の子が可愛いし、成長が見れるし、「俺はこの子が好きだ!」と素直に思える作品になっていればいいなと思います。脚本を読み進めていてもこっちがニヤニヤしてしまうくらいです。

▲アルマリア設定画(全身)

▲アルマリア設定画(全身)

▲アルマリア設定画(表情)

▲アルマリア設定画(表情)

 
■ 作品を愛するみんなの愛が分け隔てなく出ればいいですね(笑)

──新キャラクターも登場するそうですね。

高山:そうですね。原作のキャラクターももちろん登場しますが、今回新ビジュアルとして公開されている5人が新キャラクターです。既存のキャラクターたちがこの子たちとどう関わっていくのかはお楽しみにしていただければと。

田村:5色の世界の少女たちなので、少し異色な雰囲気はあると思います。

高山:『アンジュ・ヴィエルジュ」キャラクターはどれも人気なのですが、その中でも、特に今回のアニメでは、ストーリーとドラマにあったキャラクターたちを選んでいます。

田村:人気キャラクターがいてこそ物語が強くなると思います。

▲エルエル設定画(全身)

▲エルエル設定画(全身)

▲エルエル設定画(表情)

▲エルエル設定画(表情)

──アニメ化で特に気を付けている点や、こだわったところはありますか?

田村:美術関係はこだわっています。アニメではありますが、12話で1本の映画を作るような感覚で挑戦しています。

高山:どの作品でも同じなんですが、キャラクターが背負っているドラマと、キャラクターが背負っているものに対してどう向き合っているか、そういったキャラクターどうしがぶつかり合ったときの魂が揺れる感じは、こだわっていると思います。こだわるというか、今までそれしかやっていないんですよね。

田村:僕も同じくいつもキャラクターが演技しているというよりも、その子たちが生きている世界を切り抜いて映像にしているということをモチベーションにしています。カメラワークや演技を考えてしまうと、一度自分のフィルターを通しての動きになってしまうので、その子たちが考えて動いている絵じゃない気がするんです。「その子たちがどうしたいのか」という問いかけで作品を作っていますね。他人が入らない普通の状態。でも普通が一番難しいんです。

高山:そうなっちゃうんですよね、自動的に。あとは描きすぎないことですね。描きすぎるとキャラクターが死んじゃうんですよ。僕たちが作っているものって、映像になったらそれが完成品で、そこに描かれているものがキャラクターの全てだと思われがちです。でも、本当に完成されたキャラクターは映像の中にはいないんです。それを見た視聴者の心の中に生まれるんですよ。映像を見てもらったときに、初めて視聴者の中でキャラクターに命が芽生えて息づくんです。しかし、描きすぎるとその先がなくなって、ただの記録になってしまう。

田村:だから僕たちは日常の一部を切り取るんです。そこ以外の部分も感じ取ってもらえるように作りこんでいます。

▲コードΩ77ステラ設定画(全身)

▲コードΩ77ステラ設定画(全身)

▲コードΩ77ステラ設定画(表情)

▲コードΩ77ステラ設定画(表情)

──なるほど……。勉強になります。その他、「これだけは言っておきたい!」ことなどはありますか?

高山:恐らくですが、1話を見ただけではわからないと思います。たぶん2話まででもわからない。3話までいったらもしかしたらわかるかもしれない(笑)。でも、4話までいったらわかるかもしれません。そこから先はきっと期待通りです。

田村:自分の好きなキャラクターを探すだけでもいいと思うんです。1話を見てその子を追っかけていくのもいいですね。

高山:1話を見て想像した通りにはならないし、2話から想像した3話にはならない。3話を見たらもしかしたら想像通りの4話になるかもしれませんが、わかりません(笑)。


──そこまで聞くと、従来にないような作品のような感じもしますが。

田村:非常に単純ですよ。無理はせず普通にしっかりと作っています。セリフを読むだけでも好きなキャラクターがきっと見つかると思います。

高山:最初「なんだよコイツ」と思ったキャラクターは、結果、最終的にカワイクなって好きになってたりするかもしれません。

田村:監督をさせていただいたチャンスでもあるので、かっこ悪いことを平気でかっこよくやる。愛を入れ込むのもいいかも、とは思っています。ここは画作りが濃いなと思ったら、「この監督はここが好きなのか」と思ってください(笑)。

高山:現段階では言えませんが、小ネタをいくつか仕込んでいるので楽しみにしてもらいたいです。

▲ナイア・ラピュセア設定画(全身)

▲ナイア・ラピュセア設定画(全身)

▲ナイア・ラピュセア設定画(表情)

▲ナイア・ラピュセア設定画(表情)

──では最後にアニメの放送を楽しみにしている読者の皆さんへメッセージをお願いします

田村:初監督ですが、僕も楽しいですし、『アンジュ・ヴィエルジュ』を知っている方にも、知らない方にも思い出に残るような作品になるように頑張りますので、よろしくお願いします。

高山:同じく!(笑)


アニメイトタイムズからのおすすめ
■ 作品情報
【放送情報】
2016年7月9日より
TOKYO MX他にて TVアニメ放送開始!

【キャスト】
蒼月紗夜: 寿美菜子
アルマリア : 原 由実
エルエル : 豊崎愛生
コードΩ77ステラ : 立花理香
ナイア・ラピュセア : ブリドカット セーラ 恵美

彩城天音:田村ゆかり

日向美海 : 相坂優歌
ソフィーナ : 石原 舞
ルビー : 生田善子
コードΩ00ユーフィリア : 高橋李依
マユカ・サナギ : 山本希望

御影 葵 : 伊藤 静
レミエル : 悠木 碧
コードΩ33カレン : 茅原実里
コードΩ46セニア : 花澤香菜
アインス・エクスアウラ : 佐倉綾音
アゲハ・サナギ : 上坂すみれ

アウロラ : 早見沙織
Dr.ミハイル : 相沢 舞
クララ : 佐藤沙耶

【スタッフ】
原作 : KADOKAWA / セガ
監督・キャラクターデザイン : 田村正文
シリーズ構成・脚本 : 高山カツヒコ
キャラクター原案 : 涼香、ぽよよん▼ろっく、三嶋くろね、つなこ、トモセシュンサク、ササギコウシ

総作画監督:滝本祥子、原 友樹
アクション監修 : 丹羽信礼
美術監督:諸熊倫子
色彩設計:岡 亮子
撮影監督:佐藤 敦
3D監督:須藤 悠
編集:坪根健太郎

音響監督: 長崎行男
音響効果: 川田清貴
録音調整: 星野賢爾
音響制作: グルーヴ

音楽 : 若林タカツグ
音楽制作 : KADOKAWA
OPテーマ:「Love is MY RAIL」 鈴木このみ
EDテーマ:「Link with U」 L.I.N.K.s
アニメーション制作 : SILVER LINK.
製作 : アンジュ・ヴィエルジュ・フィルムパートナーズ

>>TVアニメ『アンジュ・ヴィエルジュ』公式サイト
>>TVアニメ『アンジュ・ヴィエルジュ』公式Twitter

■アニメイトタイムズの人気記事!

「Rayちゃんゼミ 5周年に向けて成長したい!」配信開始!

『ジョーカー・ゲーム』EDテーマ歌うアーティストに迫る

「永遠にみんなとライブハウスで遊んでいたい」LISAさんが語る、これまでとこれから

『リゼロ』水瀬いのりさんが明かす、6・7話のレムを演じたときの想い

緑川光さんがマニアックに愛を語りつくす!

(C)KADOKAWA・SEGA/アンジュ・ヴィエルジュ・フィルムパートナーズ
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング