【TGS2016】 『ポッピンQ』劇中のCGモデルがVRで踊る!

【TGS2016】劇中と同じ小湊伊純、日岡蒼、友立小夏、大道あさひ、都久井沙紀のCGモデルが目の前で踊る! 『ポッピンQ』VR体験レポート

幕張メッセにて9月15日から開催されている東京ゲームショウ2016。VR元年と呼ばれている今年のゲームショウでは“VRエリア”が設けられ、多くのVR作品が出展されていました。

本稿ではシーエスレポーターズブースの『ポッピンQ』のVR出展レポートをお届けします!

■ハイクオリティな3Dモデルが目の前でダンス!!

▲横には『キンプリ』のVR体験ブースがあります。

▲横には『キンプリ』のVR体験ブースがあります。

VRデバイスを装着すると、眼前には『ポッピンQ』のメインキャラクターである小湊伊純、日岡蒼、友立小夏、大道あさひ、都久井沙紀が登場! 円柱型のステージの中で楽曲に乗せてキャラクターが踊る様子を間近で観ることができます。お気に入りのキャラクターをじっくり眺めるも良し、全体を見渡しながらダンスを楽しんだりと、色々な見方が出来ますよ!

また、ここで使われているCGモデルは東映アニメーションから提供されたもので、劇中と同じものとのこと。まさにCGキャラクターの世界に飛び込んだような体験でした。

『プリキュア』シリーズのエンディングを手がけた宮原直樹さんが監督を務める作品というだけあって、CGモデリングの出来や、キャラクターの挙動も完成度が高い印象を受けました。

そんな、『ポッピンQ』のVR映像は、VRエリアにあるシーエスレポーターズブースに出展されています。映画を楽しみにしている方は、是非キャラクターたちに会いに行ってみてください!

◆『ポッピンQ』概要
●「ポッピンQ」
12月23日 全国ロードショー



<STORY>
「別々の方向を見ていた、その時までは―。」
卒業式間近の中学生が、突然世界の運命を託された!
時空を超えて出会った5人の少女たちの冒険と、心の成長を描く青春ストーリー

15歳。悩み、コンプレックス、未来への不安、そして別れ
自分を変えたいのに変えられない、乗り越えたいのに乗り越えられないものばかり
「今日は中学校の卒業式、でもこのままじゃ何を卒業するかわからない!」
そんな想いを胸に、海へと向かった中学三年生の伊純(いすみ)は、美しく輝くカケラ
(「時のカケラ」)を拾うと、その力により不思議な世界へ迷い込む。そこで同じカケラを持つ同い年の少女、蒼(あおい)、小夏(こなつ)、あさひと出逢う。

そして現れた謎の生命体。彼らはポッピン族と名乗り、この不思議な世界が「時の谷」と呼ばれ、「全ての世界の時間」を制御している重要な場所だという。そして今その「時間」が重大な危機に瀕していることを知らされる。
 
ポッピン族の長老いわく、世界の危機を救う方法は、「時のカケラ」に導かれた少女たちが協力し合って、ダンスで心をひとつにすること。ついさっき出逢ったばかり、もちろんダンスなんか経験のない彼女たちにそんなことができるのか?半信半疑にダンスの真似事を始める4人。だが、時間崩壊のタイムリミットも迫る。そんな中、5人目の少女、唯一のダンス経験者の沙紀(さき)が現れるがーーー。
突然、世界の運命を託されてしまった5人の少女。果たして5人の心はひとつになるのか!?
ダンスで世界を救えるのか?そして、卒業式には間に合うのか?

―彼女たちの運命の糸が突然に絡み合い、新たな時が動きはじめる。

★「時の谷」
全ての世界の時間軸に通じているハブスポット「時の谷」。この谷にはポッピン族という住民種族が暮らしており、「時の種」と呼ばれる制御装置で「世界の時間」を管理・運営している。「時の種」が異常をきたすと、人間の世界を含む、全ての世界の時間軸に狂いが生じ、崩壊してしまう危険性を秘めている。

★「ポッピン族」
「時の種」に踊り(ダンス)と祈りをささげ、この世の“時間”を守っている聖なる種族。彼らはダンスを踊ることでエネルギーを生み出し、全ての世界の時間を一定の法則で動かしている。さらに彼らは、人間界の一人に一体ずつ、一心同体で繋がっているパートナーがいる。パートナーは「同位体」と呼ばれる。

★「時のカケラ」
劇中で5人の少女が手に入れる水晶のような扇型のカケラ。実はこれが様々な世界の時間を司る制御装置・「時の種」の一片。6つに分かれた一片が「時のカケラ」と呼ばれ、運命の少女たちを「時の谷」に導いた。

<STAFF>
監督:宮原 直樹
企画・プロデュース:松井俊之/プロデューサー:金丸裕/原作:東堂 いづみ
キャラクター原案:黒星 紅白/脚本:荒井 修子/キャラクターデザイン・総作画監督:浦上 貴之
CGディレクター:中沢大樹/色彩設計:永井留美子/美術設定:坂本 信人/美術監督:大西 穣
音楽:水谷 広実( Team-MAX )、片山 修志( Team-MAX )
オープニングソング:「ティーンエイジ・ブルース」(P.IDL)
配給:東映
アニメーション制作:東映アニメーション
製作:「ポッピンQ」Partners

<CAST>
瀬戸麻沙美、井澤詩織、種﨑敦美、小澤亜李、黒沢ともよ
田上真里奈、石原夏織、本渡 楓、M・A・O、新井里美
石塚運昇、山崎エリイ、田所あずさ、戸田めぐみ

>>劇場アニメ「ポッピンQ」公式サイト

>>東京ゲームショウ2016(TGS2016)の全記事一覧まとめ


■アニメイトタイムズの人気記事!

「ゆうきとつばさのひよこ」公開録音イベントの一般チケットが発売中

熱い青春に思わず涙… 野球の魅力がぎゅっと詰まったおすすめ野球アニメ9選

『傷物語』神谷浩史さんが語る、絶対羽川が好きになっちゃう話

山寺宏一さん花江夏樹さんの師弟コンビへロングインタビュー【前編】

ミスター平成ライダー高岩成二さん「仮面ライダーは“僕”そのものです」

(C)東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集