menu
アニメ

しわくちゃ派・喜多村英梨さん、ツルツル派・大原さやかさんでカッパ論争勃発!?『奇異太郎少年の妖怪絵日記』声優対談

 マイクロマガジン社のWEBコミックサイト「マンガごっちゃ」で好評連載中の『奇異太郎少年の妖怪絵日記』(原作・影山理一)のTVアニメが、2016年10月より放送スタート! 本作は、主人公の奇異太郎と、妖怪たちによる“怖くない怪異コメディ”。メインキャストに五十嵐裕美さん、仲田ありささん、長縄まりあさん、喜多村英梨さん、大原さやかさんが起用され、原作とはひと味違う妖怪絵日記を彩ります。

 そしてこの度、狐面の女役の喜多村英梨さん&雪母役の大原さんにインタビューを実施! 仲のいいお二人だからこそできる掛け合いや喜多村さんの恐怖体験、大原さんの思い描く妖怪観など、たっぷりとお伺いしました!

アニメイトタイムズからのおすすめ
信頼関係から生まれる息ピッタリな掛け合いは要チェック!
――原作を読んだ際の第一印象を教えてください。

狐面の女役・喜多村英梨さん(以下、喜多村):私はオーディションでこの作品を知ったときに原作を読ませていただいたんですけど、日記風のタッチをアニメにして動かすテーマ自体に新鮮な気持ちを覚えました。アニメ慣れをしているご時世に“絵日記”という大枠をアニメーションにしていくことにおいて、どんなアニメになるのかなと想像を掻き立てられるテーマだったので。

また妖怪絵日記ということもありますので、ギャグやシュール、ニヒルな笑いと言いますか。主人公の奇異太郎自体、ニヒルな表情が絵日記で見受けられますし、他のキャラクターも可愛かったり、おどろおどろしい感じだったんですけど、これを絵日記からアニメーションにする面白み、どうなっていくんだろうというワクワクが第一印象にありました。

雪母役・大原さやかさん(以下、大原):喜多村さんが仰ってくれましたけど、原作の一ページ一コマという形が斬新で初めて見たので、これがアニメでどういう風に動いていくのか本当に興味深かったですね。また本作は“少年が主人公で妖怪たちが取り巻くドラマ”ですが、普通に想像する内容と逆転している点が面白いと思いました。

奇異太郎自身は人間なんですけど、むしろ一番人間離れしていると言いますか。妖怪を見慣れていて物怖じせず冷静に対処する奇異太郎に対して、すずや雪娘は妖怪にもかかわらず人間らしいイキイキとした表情を見せてくれる対比が面白いなと思いました。奇異太郎がいることによって、出てくる妖怪たちがより身近に愛おしい存在になると感じていたので「アニメになったらもっと面白くなるかもしれない」という期待を感じつつ読ませていただきました。

 
――それぞれ演じられるキャラクターの紹介と魅力を教えてください。

喜多村:キャラデザ的にも私が大好きなキャラクターで、多分お面をとっても美人で綺麗な女性だと思います。いわゆる“エロおっぱいお姉さん”と言いますか(笑)。動じない奇異太郎をはじめ、すずや雪娘などデレたり慌てたり受け身に徹する女の子が多い中、数少ない攻めキャラクターですね。自分から“おっぱい裸締め”と進んでやったり、ある意味でムードメーカーの一人だと思います。

わりとゆったりラフだったり可愛かったりする中で、この作品の一つの味付けとしてギャグ性やコミカル性が人一倍多いイメージがありました。アフレコでは、どのキャラクターよりもボリューム多めにテンション高く出そうと思っていて、そのお茶目でハイテンションなところが彼女の良いところだと思います。また、しっとりお姉さんの成分を持つ方が別にいらっしゃるのでね。

大原:住み分けてるよね。

喜多村:そうそう。そんな狐のアイデンティティを見出しまして、そこを意識しながら演じています。

大原:現場での存在感も似たところがあるよね。ムードメーカー的な部分とかね。

喜多村:いやいや、私は金を積まれればやりますよ……!(笑)

▲狐面の女(CV:喜多村英梨)

▲狐面の女(CV:喜多村英梨)

 
大原:雪母は見た目通りクールで感情をあまり出すキャラクターではないんですけど、大きな特徴として罵詈雑言を息をするように出すキャラクターです。原作を読んでいるとかなり酷いことを言っているので、アフレコでどれだけ言えるかワクワクしながら臨んでいましたが、意外とソフトだなと思いました。ピー音が入るくらいの台詞があるのかなと思いきや、あまりそうでもなかったのが心残りではあります(笑)。

一同:(笑)。

大原:心の中では「もっといっぱい言っているんだぞ」という気持ちを込めてマイクには向かっていました(笑)。でも決して冷たいわけではなく、情がないわけでもないので、雪娘の母としての温かさや包容力を保つ点を意識していました。

▲雪母(CV:大原さやか)

▲雪母(CV:大原さやか)

 
――口では罵詈雑言を言い放っていますけど、行動には温かさが見え隠れしますよね。

大原:そうですよね。言葉や表情には出ないんですけど、存在感的に「母なんだなやっぱり」と感じられる内容になっているので、上手いなぁと思いました。あ、私じゃなくて、原作の作りの方です。

喜多村:上手いよっ。もう「CV:大原さやか」以外、考えられないですからね(笑)。

大原:違うの違うの!(笑)

 
――演じられているキャラクターとの共通点を教えてください。

喜多村:私は脳内声優も大原さやかだし、キャスト発表のときからバッチリ脳内再生が余裕でね。逆に雪母がさあや(※大原さん)だって聞いて、私は小物感出ちゃうなと……(笑)。

大原:いやいや、そんなことないでしょ!?(笑)

喜多村:この2人はステータス的に上位にいるし、アニメを見ていただいて分かる通り、締めるところを締めると言いますか、カッコいいシーンはめちゃくちゃカッコいいんです。そんな“やるときはやる”という部分は、逆に狐にあやかって私も頑張らないといけないなと思いました。

でも茶化す部分だったり、皆で楽しみたいのは狐と同じく私も努めているところで、狐に関しては持ち前のポテンシャルでナチュラルに演じているので、そこら辺は似てるというより現場でこうありたいという理想が含まれていますね。実はステータス高いけどヘラっとしている……勉強できるヤンキーみたいな(笑)。そこは彼女の良さであって自分もそうなれたらいいなと思いました。

大原:でも現場でそんな感じだったよ、すごく似てるとは思った! 狐は出てくるとシーンの空気が変わるじゃない? その感じがキタエリ(※喜多村さん)と似てて。アフレコでキタエリが駆け付けのときがあって、バッとスタジオに入ってきた瞬間「来たよ! 俺来たよ!」みたいに、第一声だけで現場の雰囲気が一転したんです。

喜多村:みんな真面目なので、私だけぶっ飛んでるんです(笑)。

大原:いやいや、でも現場が明るくなる非常にありがたい存在なんです。現場がシーンとしてるなぁ、喋っていいのかなぁ……みたいなときに来てくれたから!

喜多村:お、寂しかったんだな!(笑)

大原:寂しかった~。来てくれてすごく嬉しかった~(笑)。という感じで、狐とキタエリはすごいピッタリだと思いました。

喜多村:良かった~。あ、ここ太字でお願いしますね!(笑)

 
――承知しました(笑)。では実際に演じられていかがでしたか?

喜多村:ギャグに徹している場面や他の妖怪たちが笑わせてくれる場面、自分たちで笑いを引っ張ってくる場面や映像美的に息を呑むような場面などは、話数によって印象をつけている作品だと思いました。そこはテストやアフレコで作っていく息の間があると感じましたね。物理的な別録りもありますけど、居てくれると「こう来るから、このテンションで演じよう」とか、狐なので「1人は突き抜けて演じないとな」というさじ加減を確認できるので、そこが強みだったと思いました。

練習で想像していたことよりも自分の中でスイッチが入りやすいので、そこは皆が居てくれて良かったと思う安心感があります。また雪母の安定感と言いますか……親父とは言わないんだけど、このキャストの中だとブレない大黒柱っぽい安定があるんです。

大原:え、年寄り扱い?(笑)

喜多村:そういうことじゃないんだよ! もー、だから日本語って難しいんだよね!(笑)

大原:言い方って難しいよね(笑)。褒めてるんだよね、嬉しいよ! ありがとう!

 
喜多村:そうそう! 皆のギャグの中に入ってはくれるけど冷静さを保ちつつ……というところで、最後の砦みたいな部分があるからこそ、私もノリきれるんです。あとは2人でユニゾンして、冷静な雪母とあっけらかんとする狐でツッコミを入れる掛け合いの場面が楽しかったですね。

大原:あの場面すごい考えた! 1人だとあんな言い方をしないんだけど、狐と一緒だと思うと温度感を擦り寄せつつ、保ちつつみたいなところが出来たと思うの。

喜多村:先輩の巧みの技ですよ(笑)。

大原:いやいやいや(笑)。でも他の現場での共演があるからこそ「キタエリなら信頼できる!」と思っているので、私がどう出てもきっと狐として合わせてくれる安心感がありました。

喜多村:2人とも寄っかかりながらやってましたね。それがすごく大事だなと思いましたし、逆に他のキャラクターは何かあったことに対してツッコミを入れているんです。こちらはイニシアチブをとっているさじ加減が、実際に掛け合いをする現場でないとできない作業かなと思います。

大原:事前に想像はつくけど、皆で「せーの!」で掛け合うと想像を超えるものが必ず出来るので、そこでまた自分が変わっていく感覚はやっぱり楽しいなって思いますね。私は五十嵐ちゃんの男の子を初めて見たんです。他の現場ではしっとり女性だったり、超可愛い女の子の演技しか知らなかったので、こういった側面が見られて面白かったですね。

すずちゃんに至っては、新人の仲田(ありさ)さんがこんなに大きな役を演じるのが初めてだと聞いていたんです。少し個人的な話になるんですけど、彼女は那覇の専門学校出身なんです。私は那覇に特別講師という形で、その専門学校に行って彼女に実際に教えたことがあるらしく、現場でそれを聞いてすごいご縁があるんだなと思って(笑)。そんなキャスト陣の中にはキタエリも居るので、このチームでできることが楽しく思い、しみじみと感じながら現場にいました。

 
喜多村さんが体験した恐怖体験と大原さんが思い描くカッパの正体とは!?
――お二人が過去に体験した妖怪もしくは心霊現象などありますか?

喜多村:さあや体験してそうな雰囲気ある!

大原:ないない! というか雰囲気だけでしょ?(笑)


――五十嵐さんはレコーディングの際、録音したものを確認したら猫の鳴き声が入っていたらしいですよ。

喜多村:それはあいつの幻想・妄想ですよ(笑)。でも私も否定はしないんですけど肯定すると怖くなっちゃうし、そういう話をしていると寄ってくるから、極力しないようにしています。お仕事でホラー物を題材にしていると、事前にお祓いや厄払いやヒット祈願をするんですけど、その後に起こる機材トラブルがそういった話に入るのかどうかですね。

大原:でも絶対あるんだよね、そういう作品での機材トラブルとか。

喜多村:そうなんだよね。そういうテーマ性の作品のときは少し止まることもあるんだけどね。私も肯定してしまうと本当かもしれないし、空耳だと言われるかもしれないんですけど、そういった経験があるんです。“そういう土地柄”のラジオ局で収録をしていると、ずっと私のイヤホンやヘッドホンにだけ街の雑踏ガヤみたいなノイズ、男性の小さい声が片耳だけ聞こえるんです。機材を変えても鳴り止まないし、「ラジオチャンネルが間違って入っているのかな?」……という体にしてあるから、突き詰めてないんですけど。

大原:番組のオンエアでは乗ってない音?

喜多村:乗ってないよ……。だからそういう存在はいるかもしれないですけど、渦中には居たくないですね。だから“知らない”という体にしています。

 
――たしかに、意識してしまうと恐怖感がつきまといますよね。

大原:でもそれが幽霊なのか妖怪の仕業なのか、意識だけでだいぶ変わらない?

喜多村:うーん……例えばカッパって妖怪の分類でしょ? カッパもリアルで考えると怖くない?(笑)

大原:えっ、可愛くない?

喜多村:どこかの寺に展示してあるカッパのミイラってしわくちゃだし、すごい怖いじゃん。

大原:しわくちゃだから怖いんだよ! みずみずしかったら絶対に可愛いよ!

喜多村:だってツルッツルのヌメッヌメのぷるっぷるのカッパってリアルに考えたら怖くない!?(笑) 私たちは普段から二次元慣れしてるから、デフォルメしてる部分はあるよ絶対! あんなに鮮やかな緑じゃないもん! もっと濁った色だよ!

大原:それはイヤだな~! でも足がなくて透けている霊よりか、まだ実体があった方が対処できるじゃん! コミュニケーションとれるかもしれないじゃん!

喜多村:じゃあゴキブリと幽霊だったら?

大原:ゴキブリは違うじゃん! 超リアルじゃん!(笑)

喜多村:目に見えると怖い気がするなぁ。

大原:例えばポルターガイスト現象だと怖いけど、家鳴という妖怪がいたずらしていると思うと怖くないわけ。

喜多村:でもその妖怪が出てきて「やぁ、さあや!」と言ってくるのも怖くないかな(笑)。じゃあ座敷わらしは?

大原:座敷わらしはすごく会いたい!

 
――すずみたいに可愛い座敷わらしならいいかもしれませんね。

喜多村:でもすずのフォルムじゃないかもしれない!(笑)

大原:どんなフォルムを想像してるの(笑)。

喜多村:もっと髪の毛が伸びる人形みたいな(笑)。


――雛人形や日本人形みたいな感じですかね。

喜多村:そう、目が合うと怖いからトイレに行けなくなるし、ひな祭りも飾れなかったもん。急に五人囃子が出てきたら怖くない?

大原:想像するイメージの違いだよね(笑)。

喜多村:キャラデザが良ければ考えます!

 
――それでは後半の見どころを教えてください。

大原:本作に登場する様々な妖怪にリアクションや台詞をあてる役者さんがいらっしゃるんですけど、明確なキャラ付けがない分、如何に膨らませて演じるかが勝負になってくるので、それを工夫してアフレコされているのが勉強になります! 見ていて面白いですし後半に向けて増えていくので、そこは見どころの一つだと思いますね。

 
喜多村:第1話の劇場版クラスのシリアスな大戦争からおっぱい裸締めに始まり、チャキチャキのエロ姉さんとして狐が出てきます。雪母が出るまで、すずとのトライアングルでゴタゴタやっているところは、飛び抜けて茶目っ気があってすごく面白かったです。あとは毎話出てくる個性が強い妖怪に負けたくないと思いつつ、やきもきしながらやっていたらべっぴんさん(雪母)が登場しちゃったので、雪母と対を成す形で人気が出たいと思ってまーす(笑)。

なので良い意味で不真面目さ担当かつ、皆さんの琴線に触れるニュアンスをつけていくのが後半にかけてのお芝居だったと思います。また登場時にもあった狐の雄叫びを、キャラクター作りのときに何パターンか用意しておいたんです。デフォルメしたアニメーションならではの声質の他に、リアルだったり獣寄りな声にするか迷ったりもしました。でも5,6話からキャラクターが増えていく分、周りで「き~い♪」と奇異太郎のことを呼んでいるだけで、妙に自信満々になってくるんですね(笑)。

また、メインキャラクター故に兼役がなくて良かったと思うくらい、妖怪の人たちが凄いんです! 多くの妖怪が登場しますが、中の人達は兼役で頑張られています。

大原:わりと少人数で演じられていたので、そこは勉強になりますし魅力の一つだと思います。あとは狐と雪母の絡みをもっと見たかったですね。このボリュームだから仕方ないんですけど、2人の関係性も原作には描かれていてるので、その繋がりとかもね。

喜多村:それはこれからのお楽しみよ! 我々も奇異太郎以外のキャラクターにスポットライトがあたる話を見てみたいので、皆さんの応援次第ですね!

 
――最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

大原:妖怪って知っているようで意外と知らないものがたくさんあるので、本作では非常に勉強になります。よくよく調べると、日本の昔ながらの文化や暮らしに根ざして寄り添ってきた存在でもあるので、それに本作のような形で向き合えるのは面白いと思います。子供も大人もとっつきやすいテーマになっているので、世代を問わずに見ていただきたいです。

また妖怪の数だけ話数を重ねられるので、逆に5分という尺は「もう終わり!?」という飢餓感を煽っていると思うんですね。煽って煽って、1クール終えた先を私たちは目指しているので、そのために皆さまの応援が必要です。ぜひ楽しんでいただければと思います。

喜多村:右に同じく!……という部分もありつつ(笑)。このアニメ班は描く女子がめちゃめちゃ可愛いくて。自分のキャラクターの一つ一つのリアクションに声をあてますが、アフレコしながらも本当に可愛いなと思っています。大人チームも狐の場合はプリケツとパイのツヤとハイライト、線画の時点できっちり入って綺麗に仕上げてくださっているので、原作ファンの方もアニメから入った方も、動きの良さや私達の声を入れている部分など、視覚的にも聴覚的にも楽しんでいただければと思います。ご期待に添えるような作品になると思いますので、ぜひ楽しんでください。よろしくお願いします。


――ありがとうございました。

[取材・文/鳥谷部宏平]

 
作品情報
<STORY>
立ち入り禁止の蔵に入ったことから本宅を追い出され、離れに住むように命じられた「奇異太郎」。そこで座敷童子の「すず」と出会い、同棲生活?がスタート。妖狐、雪女、雪娘など、離れには様々な怪異がやってくる。奇異太郎とすずを、時には笑わせ、時には困らせ、時には絆を深める手伝いを。怖くない怪異たちとの日常が、今はじまる。

<STAFF>
原作:影山理一『奇異太郎少年の妖怪絵日記』(マイクロマガジン社)
総監督:ひらさわひさよし
シナリオ:WORDS in STEREO
キャラクターデザイン: 今岡律之
アニメーション制作:Creators in Pack
「OZMAFIA!!」「おじさんとマシュマロ」「だんちがい」「ハッカドール」など

<CAST>
奇異太郎:五十嵐裕美
すず:仲田ありさ
雪娘:長縄まりあ
狐面の女:喜多村英梨
雪母:大原さやか

◆原作情報
マイクロマガジン社のWEBコミックサイト「マンガごっちゃ」(http://mangag.com/)にて、好評連載中。
原作コミックスは、1巻?7巻が好評発売中!!
最新8巻は、9月30日発売!
さらに、キャラお守り付限定版も予約受け付け中!
http://micromagazine.net/shop/goods/zz001_066/
※発売日は地域によって前後する場合があります

>>TVアニメ『奇異太郎少年の妖怪絵日記』公式サイト
>>TVアニメ『奇異太郎少年の妖怪絵日記』公式Twitter

(C)影山理一 / マイクロマガジン社・奇異太郎少年の妖怪絵日記制作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

ディズニープラス アニメ特集 イッキ見できるアニメ一覧
ディズニープラス見放題夏アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング