Kalafinaが2016年をウェディングドレス姿で振り返る!

Kalafinaが2016年の振り返りを鮮やかなウェディングドレス姿で語る! 2017年ツアー情報も明らかに

 劇場版『空の境界』シリーズを皮切りに、『魔法少女まどか☆マギカ』や『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』など、数多くの名作の主題歌を務めてきた女性3人組ボーカルユニット・Kalafina(カラフィナ)。2016年12月2日(金)の富山公演を皮切りに、全国9都市11公演にわたって行われた「Kalafina with Strings” Christmas Premium LIVE TOUR 2016」ですが、12月23日(金・祝日)・24日(土)のオーチャードホール公演で堂々のフィナーレを迎えました。

 また公演では、神田うのさんによるブランド「シェーナ・ドゥーノ」の華々しいウェディングドレス姿も披露されました。さらにユニット結成9周年を迎える2017年のツアー情報が早くも公開! なんと4月15日(土)よりライブツアー「Kalafina“9+ONE”」がスタートとなります。千秋楽公演前に行われた記者会見では、華やかなドレスに身を包んでみての感想や、来るべき2017年へ向けた抱負を語っていただきました。

●Kalafinaとは
『僕だけがいない街』や『魔法少女まどか☆マギカ』、『ソードアート・オンライン』シリーズなど、数多くのアニメの劇伴を手がけてきた作曲家・梶浦由記さんのプロデュースによって構成されたボーカルユニット。メンバーはWakana(ワカナ)さん、Keiko(ケイコ)さん、Hikaru(ヒカル)さんの3人。日本内外問わず人気が非常に高く、海外で行なわれたアニメイベントにも度々出演しています。


10周年に込めたこれまでとこれからの思い
 12月2日から始まり、24日までの間に9都市11公演という濃密なツアーをこなしたKalafinaの3人。2016年を振り返りつつ、この1ヶ月の感想を伺いました。

Wakana:11公演というのは初めての経験でしたけど、全国のいろんな場所でいろんな人とお会いすることが出来て、とても意味のある時間を過ごせたと思っています。これまでのバンドスタイルとは異なるストリング・カルテットとピアノの編成ということもあって、年配の方にも見ていただけました。毎日が凄く楽しい日々でした。

Keiko:この1ヶ月のスケジュールは自分たちにとって挑戦で、短期間でクラシックホールや多目的ホールなど、さまざまな場所でライブをやらせていただきました。そんな密集したスケジュールだったからこそ、各会場の響きの違いを感じることができました。残響の一つ一つが人の性格みたいに違っていて、それぞれの土地にある温かさや空気の全てを歌に込めることのできた1ヶ月だったと思っています。

Hikaru:この1ヶ月もですが、2016年はいろんな形でライブをやらせていただけた1年でした。会場もそうですし、今回はこんなにステキな衣装を着させていただけましたから。今回はみなさんの表情をじっくり見ながら歌うことができたので、とくに近い距離でみなさんと歌を感じあえた、そんなツアーにすることができました。


 ツアーのラストを飾る23日、24日のオーチャードホール公演では、レッド、グリーン、ボルドーという艶やかなウェディングドレスに身を包んだ3人。女性にとって永遠の憧れである衣装を着ることができた、その感想を語っていただきました。

Wakana:本当に素晴らしいドレスで、どの角度からでも常にエレガントに自分を魅せてくれるデザインだなと思いました。緑というのもとても落ち着く色合いで美しいですし、いろんな人にオススメしたいですね。ウェディングドレスって、いつの時代でも女の子にとっては永遠の憧れだと思いますから。

Keiko:私は神田うのさんのブランドのファンなんですよ。毎年のように“いつか自分も着れたらな”と思ってチェックしていたので、今回のツアーで夢を一つ叶えることができて嬉しいです。自分で着てみて、やっぱり女性は着るもの一つで表情や仕草が違って見えるんだなって思いました。

Hikaru:もともとがウェディングドレスという、いろんな人にお祝いしてもらうときに着る衣装ですから、とてもステージ映えしますよね。照明が当たるとラメが綺麗に輝くので、そんな華やかな姿をお客さんに見てもらえたと思うと嬉しいです。

 記者会見の締め括りは、9周年を迎える2017年へ向けた抱負です。4月15日(土)よりスタートするツアー「Kalafina“9+ONE”」は、いったいどんな想いで臨むのでしょうか。

Wakana:2016年はいろんなことに挑戦させてもらえる、勉強の多い1年でした。2017年ではそんな経験を踏まえて、よりステップアップした私たちの姿を届けたく思っています。

Keiko:「Kalafina“9+ONE”」には、これまで私たちが歩んできた9年と、10周年に向けた想いが込められています。より大勢の方に歌を届けられる1年を目指して、そのスタートとなる春のツアーにしていきたいです。

Hikaru:春のツアーに始まり、来年もまた新しい場所でライブをできるということで、どんな音になるのか、どんな方に出会えるのかワクワクしています。みなさんと一緒に笑顔になれる時間をたくさん作りたい、そんな1年になったらいいなと思っています。


9周年を迎えるKalafinaの全国ホールツアー開催決定!
ツアータイトル:Kalafina“9+ONE”

[Schedule]
2017年
4月15日(土)・16日(日)@千葉・森のホール21
4月23日(日)@北海道・わくわくホリデーホール
4月30日(日)@愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
5月2日(火)・3日(水)@大阪・フェスティバルホール
5月7日(日)@神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
5月13日(土)@埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
5月14日(日)@富山・オーバード・ホール
6月3日(土)・4日(日)@東京・東京国際フォーラム ホールA
6月10日(土)@宮城・仙台サンプラザホール
6月17日(土)@福岡・アルモニーサンク北九州 ソレイユホール

>>Kalafina公式サイト

おすすめタグ
あわせて読みたい

Kalafinaの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集