menu
声優

アーティスト活動5周年を迎えたNewあやちがお披露目に!感極まっての涙も見せた「竹達彩奈 LIVE 2016-2017 “Lyrical Concerto”」レポート

2017年1月15日、東京・中野サンプラザにて、“あやち”こと竹達彩奈さんのライブツアー「竹達彩奈 LIVE 2016-2017 “Lyrical Concerto”」が開催されました。声優、アーティストとして積極的な活動を見せている竹達さんは、今回のツアーでも多くの感動を巻き起こしました。

久々のライブツアーということもあり、ファンも大いに沸いた東京講演。こちらではその模様をレポートでお届けしていきます! まさかの曲も披露され、新たな伝説が作られました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

 久しぶりのワンマンライブは、「不思議の国のアリス」風のストーリー仕立て!

2016年11月2日に発売された3rdアルバム「Lyrical Concerto」の楽曲を引っさげ、久しぶりのワンマンライブとして、大阪・東京の2箇所で開催された今回のライブイベント。悠木碧さんとのユニット「petit milady」(プチミレディ)としても精力的な音楽活動を行っているあやち(親愛の意味を込めて、あやちと表記させていただきます)ですが、単独のライブイベントとしては実に2014年以来の開催ということもあり、開演を待ちわびるファンたちの熱気も十分。

今回のライブは童話「不思議の国のアリス」をモチーフとしたストーリー仕立てとなっており、童話でのアリス役にあたるあやちが、うさぎを追いかけていく内に不思議な国へと迷い込むという導入が行われることに。『JUMP AND DASH!!!』のレトロゲーム風のイントロと共に、懐かしのドット調のキャラクターになったあやちがスクリーンへと映し出されるという非常に凝った演出の中、ライブの幕は上がることになります。

ステージに姿を現したあやちは、ライブタイトルとなっている「Lyrical Concerto」の名前にもピッタリな、お姫様のようなキラキラでフリフリのドレス衣装での登壇。聞いているとお腹が空いてきそうな、実にあやちらしい楽曲でもある「SWEETS is CIRCUS」を甘く歌い上げと、続くセカンドシングル「♪の国のアリス」では、アリスをイメージしたかわいらしい白のワンピース姿にもチェンジ。色とりどりのサイリウムを振るファンたちとの共同作業によって、不思議なおとぎ話の世界は彩られていきます。


2017年に入っての初ライブということで、あやちからは「2017年の“Newあやち”を感じてもらえたら」との挨拶も。お正月は実家で過ごしたというあやちですが、その時に食べたお雑煮に入っていた大根と三つ葉の量が多すぎたあまり、下にあるお餅が一切見えないというラーメン二郎のような状態になってしまっていたのだとか。
そんなお正月エピソードも披露されたトークで客席の笑いを誘った後には、明るくノリの良いナンバーであるTVアニメ『ランス・アンド・マスクス』のEDテーマ「LittleLionHeart」がそれに続くと、会場のボルテージもみるみる内に上昇していきます!

一方、「AWARENESS」ではそれまでのポップな雰囲気とは一変し、激しく情熱的な楽曲を堂々と歌い上げる凛々しい姿も披露。女の子らしい、かわいらしい楽曲のイメージが強いあやちですが、3rdアルバムの楽曲を決める際には、『カッコイイ曲も歌ってみたい』と希望したところ、予想以上に難しい曲が来て度肝を抜かれたという経緯もあったようです。

一方で「こんなに長くできるとは思わなかった、なんて言ったら怒られちゃうかもしれないけど、5年間続けてこられて良かった」と、5周年を迎えた自身のアーティスト活動をしみじみと振り返りながら、新たなジャンルの楽曲に挑めるようになったことへの喜びも語られていました。

さらに切なく、しっとりとしたバラードである「キミイロ モノローグ」でその可憐な美声を響かせた後、「ナナイロ⇔モノクロ」では、あやちの分身である「なないろちゃん」とステージ上で入れ替わるという、新しい演出にも挑戦。息ピッタリで繰り広げられる二人のパフォーマンスは、まさにあやちが鏡写しに増えたかのような幻想的な光景で、ちょっとしたイリュージョンといった様相でした。終演後には、見事に分身の大役を果たしたなないろちゃんに対しても温かい拍手が送られます。

これまで封印されてきた、あのじゃじゃ馬な後輩の楽曲も!?

その後に行われたカバータイムでは、「声優になりたいという背中を押してくれた、自分にとっての希望のような曲。ずっといつか歌いたいと思っていた」という、TVアニメ『シスタープリンセス』のエンディング「翼」を熱唱。あやちが尊敬してやまない存在である、堀江由衣さんの楽曲に対する思いが溢れるあまり、涙で声が途切れてしまう一幕も。それでもあやちは最後まで特別な意味をもつ楽曲を堂々と歌いきり、割れんばかりの拍手喝采に包まれます。

既にこの時点で、『シスタープリンセス』直撃世代でもある筆者の涙腺もボロボロになっていたのですが、ここで畳み掛けるように、『けいおん!!』中野梓のキャラクターソングである「じゃじゃ馬 Way To Go」が続きます。本曲はこれまでのライブなどでは長らく歌われる機会のなかった楽曲であり、あやちの出世作とも言える『けいおん!!』は、多くのファンにとっても特別な作品。この日を待ちわびていたという様子は、あやちが曲名を言い終わるよりも先に、客席が“あずにゃん”のイメージカラーでもある緑一色に瞬く間に染め上げられていたことからも伝わってきたほどです。中野梓を演じていた当時より大人らしくなったあやちの成長した歌声にうっとりと聴き入りながら、会場の熱気も最高潮に!

そんなライブの盛り上がりとシンクロするように、不思議の国を巡るストーリーも佳境へと突入。ライブを楽しむ人々から力を奪おうとする「影」と呼ばれる怪物に対抗するため、あやちは歌の力で人の心の光を取り戻すための戦いに挑むことに。キュートで儚げなラブソング「君に恋シテル。」に始まり、「Starline」、「Miss. Revolutionist」といった情熱や疾走感に溢れたナンバーが続き、バリエーション豊かな、様々なあやちの表情を覗かせてくれます。

そして「朝焼けと約束の歌」では、サビへと差し掛かったところで、曲のタイトルにも合った美しい朝焼けの街の映像がスクリーンに映し出されるという小粋な演出も加わり、客席の誰もがその世界の美しさに魅入られていく中、ついに「影」もその力を失っていき、ライブ会場にも平穏が訪れることになるのでした。

最後には「Hey!カロリーQueen」、「ライスとぅミートゅー」といった、あやちらしい定番曲で会場が一つに

ストーリーの余韻を受け継ぐように、ファンへの感謝のメッセージを伝えるかのように大切に歌われた「パルス通信」では、お姫さまのようなティアラを頭に、美しい赤と白のレースのドレスに身を包んだあやちが再登場。キラキラとした正統派ナンバーである「ユメイロソレイユ」では、耳元で囁くようなウィスパーボイスも披露し、来場したファンを大喜びさせます。

ここまで、過去最多となる楽曲を歌い上げてきたという今回のライブ。実は前日には、大好きなご飯も食べられないくらい憂鬱になっていたそうなのですが、「いざライブがスタートすると『楽しい!』という気持ちでいっぱいになった」と、その喜びも語られます。

また今回もバックバンドとしてライブも盛り上げてくれた「チーム竹達」のメンバーですが、そのチーム竹達内で行われた新年会のプレゼント交換では、「毛玉取り」をゲットしたというあやち。みるみるうちに毛玉が集まっていく様子を見るのはかなり気持ちいいのだそうで、最近は毛玉取りが趣味となりつつあるとも明かし、客席の笑いを誘っていました。なお、あやち本人の選んだプレゼントはというと、あの食べられる「カニ」だったという、実にあやちらしいチョイスとなっていました。

そんな熱狂を沸き起こしたライブも、いよいよ大詰めに。現在のあやちを象徴する代表曲といっても過言ではない、TVアニメ『だがしかし』のエンディング「Hey!カロリーQueen」や、客席も一緒になって歌詞の一部を熱唱する、ライブのために作られた楽曲「らっきーちゅーん♪」など、テンションを最高潮に盛り上げるナンバーが続いていきます。

そしてライブを締めくくるのは、エンディングにピッタリな明るい別れと、「これから」の未来を歌うナンバーである「Happy Future」。Bye-Byeの歌詞と共に、あやちもステージから去っていくというにくい演出とともにステージの幕は閉じられる……かに思えたのですが、ここで拍手喝采と共に地鳴りのように沸き起こるのは、盛大な「あやち!」コール。その熱いアンコールに答える形で、「齧りかけの林檎」を熱唱しながら、姫君が再びステージへと舞い戻ります!


本当のラストの楽曲としてチョイスされたのは、「CANDY LOVE」と「ライスとぅミートゅー」という、共に客席からのコールが何度も要求されることになるライブの人気曲たち。特に「ライスとぅミートゅー」では、「アイラブ ビーフ!」「アイラブ ポーク!」の大合唱で会場全体が一体となるという熱い盛り上がりで、ライブの幕は閉じられました。

3rdアルバムの新楽曲に始まり、声優アーティストとしての出発点でもある「翼」「じゃじゃ馬 Way To Go」、「Hey!カロリーQueen」などの人気曲といった、未来・過去・現在のそれぞれを象徴する楽曲の数々が歌われた、アーティスト・竹達彩奈の集大成とも言える構成となっていた“Lyrical Concerto”。 泣いたり、笑ったり、喜んだりと様々な表情・姿を惜しみなく見せてくれるあやちに、来場したファンの誰もが絶え間ない声援を送っていた様子が印象的でした。

2017年4月からは新公式ファンクラブ「あやな公国」が設立されることも決定しており、あやちはこれからもその可憐な歌声と演技で、我々を魅了していってくれることは間違いありません。

[取材・文/米澤崇史]

<セットリスト>

OC. JUMP AND DASH!!!
01. SWEETS is CIRCUS
02. ♪の国のアリス
03. LittleLionHeart
04. AWARENESS
05. キミイロ モノローグ
06. ナナイロ⇔モノクロ
07. 翼
08. じゃじゃ馬Way To Go
09. 君に恋シテル。
10. Starline
11. Miss. Revolutionist
12. 朝焼けと約束の歌
13. パルス通信
14. ユメイロソレイユ
15. Hey! カロリーQueen
16. らっきーちゅーん♪
17. Happy Future
EN1. 齧りかけの林檎
EN2. CANDY LOVE
EN3. ライスとぅミートゅー

オフィシャルモバイルファンクラブ 『あやな公国』仮会員の登録を受付中!

★登録の受付の詳細はコチラ!
http://ayanakoukoku.com/

竹達彩奈 公式ツイッター(@Ayana_take)

おすすめタグ
あわせて読みたい

竹達彩奈の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022秋アニメ何観る
2022秋アニメ最速放送日
2022秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング