menu
アニメ
『ザ・リフレクション』三木眞一郎さん&伊瀬茉莉也さんインタビュー

初めて買ったレコードが……初出演作が…… 不思議な縁が生む『ザ・リフレクション』三木眞一郎さん&伊瀬茉莉也さん声優インタビュー

「スタン・リー×長濵博史×トレヴァー・ホーン」世紀のクリエイターたちが贈る、新たなアメリカンコミックヒーローが日本で誕生します。2017年7月22日よりNHK総合にて放送されるTVアニメ『THE REFLECTION (ザ・リフレクション)』。

 マーベル・コミックの巨匠・スタン・リーと、日本を代表するアニメ監督・長濵監督はどのようなヒーローを描き出すのでしょうか。

 今回、その中枢を担うエクスオン役の三木眞一郎さん、エレノア・エヴァーツ役の伊瀬茉莉也さんにインタビューを行うことができました。お二人も本作を見てかなりの衝撃を受けた様子。まだまだ語れない内容が多い中、熱いお気持ちをお伺いしました。

アニメイトタイムズからのおすすめ
僕は一体なにを見せられているんだろう?
──「スタン・リー×長濵博史×トレヴァー・ホーン」と銘打たれていますが、本作に出演することが決まったときの心境をお聞かせください。

三木眞一郎さん(以下、三木):「ブエー」ってなりましたよ(笑)。

このような作品に参加できるなんて、まずありえないじゃないですか。最初にお声かけいただいたときは、全容がまだわからなかったんですよ。それがこんな大きなプロジェクトだったので、ちょっと信じられなかったですね。「俺でいいの!?」と思いつつ、とにかくビックリしました。


──三木さんのキャリアでも「俺でいいの!?」みたいなことってあるんですね。

三木:それはもう毎回ですよ。しかも、僕が小学生のころに自分で一番最初に買った洋楽のシングルレコードが、トレヴァー・ホーンさんがプロデュースした『ラジオスターの悲劇』(※1)なんですよ。トレヴァー・ホーンさんの曲を聞いて育って、まさかその人の音楽が流れるアニメに参加するっていうのは、不思議な縁を感じてしまいました。

※1:1979年にリリースされたイギリスのニュー・ウェイブ・グループ、バグルスのシングル。CMなどでよく使用される楽曲でもあり、日本でも馴染みの深い曲でもある。

伊瀬茉莉也さん(以下、伊瀬):私は長濵監督がアメコミ好きだということを知っていたんですよ。今回、スタン・リーさんと長濵監督がタッグを組んでアニメを作るということで、「いよいよ来たか」という思いがありましたね。まさかその作品に携わらせていただけるとは思ってなかったので、すごく嬉しかったです。


──7月5日に開催された試写会でも熱い思いが伝わってきましたが、思い入れが深かったようですね。

伊瀬:私のデビュー作は『蟲師』(※2)という作品で、長濵監督も初めての監督作品が『蟲師』なんですよ。お互いに初めての状態の12年前から、今回までいろんな作品でご一緒をさせていただいています。近年だと『惡の華』(※3)でもご一緒させていただいたので、「また今回もご一緒させていただけるんだ」という思いで嬉しかったですね。

※2:漆原友紀氏原作の漫画作品。2005年にアニメ化。伊瀬さんは、廉子 役で第1話「緑の座」に出演。
※3:押見修造氏原作の漫画作品。2013年にアニメ化。伊瀬さんは、仲村佐和 役で出演。

──これもなにかの縁かもしれませんね。アメコミにどういうイメージを持たれていましたか?

三木:僕は視聴者のみなさんの印象と変わらないかな。

伊瀬:アクションのときに英語で「BOMB」って出たりしますよね。第1話でも壁のプロジェクションマッピングに文字が出ていました。「アメコミってこういうイメージだよね」って思いましたね。

三木:そうそう! そういうのもあるよね。

──今回、作品に関わってみて「やっぱりこれだよね」とイメージが合致した瞬間や、逆に想像していたイメージと違ったということはありましたか?

三木:僕は、見たときに「すごく斜め上をいってるな」と思いましたね。ポスターや資料をいただいたときには、自分の想像しうる範囲のアメコミのアニメーションかなと思ってたんですけど、いざ動いたのを見たときに、「一体なにを見せられているんだろう」って感じでした。良い意味で期待を裏切られてしまいましたね。そこからもう怒涛のように引き寄せられてオープニングに入った瞬間、鳥肌が立ちました。

伊瀬:オープニングが「ザ・アメコミ」みたいな。

三木:あそこは鳥肌が立ちますよ。今も立ってるもん

伊瀬:オープニングの曲の入りと映像の感じが、今まで見てきたマーベル作品を映画館で見ているような感じの興奮を味わえましたね。逆に、長濵監督や制作しているチームが日本の会社なので、すごく日本らしい感性もふんだんに盛り込まれているんです。色彩とか、線の太さとか、切り絵みたいな日本らしさも感じました。どこか和を感じさせるんですよ。

──マーベル作品はダイバーシティ=多様性がテーマになっていますが、本作で多様性を感じた瞬間はありましたか?

三木:エンディングテーマを歌っている9nineさんも声優で参加していますしね。そういう意味では、いろんなスタッフやキャストのこだわりが入っているのに、監督自身もおっしゃってましたけど、「できることをやりきらない」(※4)っていうことに繋がるのかもしれません。手を抜いているわけではなく、動いているときはめちゃめちゃ動いてるんですよ。敵のビルに引っ付いて。

そういう細かいところもあって、アメコミと日本の感性のハイブリッドな作品だと思います。

※4:7月5日に行われた会見で、長濵監督は「今の最新技術でできることをあえて使わずに描いている」と語っていた。

伊瀬:エクスオンの存在や、リフレクティッド(能力者)の能力をコピーできる能力自体も可能性を感じます。覆面をしていて顔が見えないということは、見る人によっていろんな想像ができるわけじゃないですか。もしかしたら女かもしれないし、日本人なのかアメリカ人なのかイタリア、イギリス……みたいに人種も分からないし、年齢も分からない。想像できるのも多様性なんじゃないかなって。あの覆面の下には、夢とロマンといろんなものが隠れていますね。

三木:分かんないじゃない。覆面じゃなくてああいう人なのかもしれない。

一同:(笑)。

伊瀬:タトゥーみたいな(笑)。多様性というか、作品の広がり、想像の余地というものが感じられますね。

三木:アニメができて100年経っても、まだアニメで夢が見られるところはすごく素敵ですよね。僕らも良い意味で裏切られてるし。可能性であり、夢であり、この作品にはいろんなものが詰まっています。

エクスオンの謎に切り込む
──お二人が演じているキャラクターはどんなキャラクターですか?

三木:エクスオンは言えないことが多すぎて……。長濵さんに聞いてください(笑)。


──リフレクティッドの能力をコピーできるということは現在わかっていますね。

三木:それぐらいしか言えないのが辛いところです……。


──今後すごいものが待っている可能性はあるんでしょうか?

三木:事前にエクスオンの履歴書みたいなものはいただいたんですが、僕が知っていることがこの先作品に出てくるかは分からないんですよ。今は長濵監督とスタンさんの頭の中にしか答えがない状態ですね。言えることが少なくて申し訳ないですが……。

──いえいえ。そこまでの情報でも大変貴重です。対する伊瀬さんはいかがでしょう?

伊瀬:エレノアは、そんなエクスオンを探し続けていた、カメラ好きの16歳の女の子です。彼女もリフレクティッドで、外見からすると自分の意志で動く、アクティブな子に見えるんですが、自分の能力をどう使ったらいいのか悩んでいます。エレノア自身はリフレクションのときに光に貫かれたのか、煙に貫かれたのかすらも分かっていません。

だから自分が存在する意味や価値を自分で決めることができなくて、自分の力を正しく使っているように見えたエクスオンに救いの手を求めるんです。だから、意外と常に自信のない女の子でもあるんですよ。


──この先、物語を引っ張ってくれるキャラクターなのかなと感じました。

伊瀬:物語の中心にはもちろんいるのですが、ポスターにも描かれているリサ・リビングストン、CV:花村怜美さんっていう車椅子の女の子との出会いによって、彼女の中の内面の変化も出てくるし、逆にリサの内面にも変化が出てきます。多分、エクスオン、エレノア、リサ、アイガイ/イアン・イゼット(CV:三上哲さん)のみんなで物語を引っ張っていくんじゃないかなと思います。

──他に、本作でお二人が気になったところはどこでしょうか?

三木:僕はやっぱり、トレヴァー・ホーンさんですね。ビックリですよ。楽曲が最高にかっこいいんですよね。あの絵にはまる。劇伴がトレヴァー・ホーンですよ!? ファンという立場からしても「トレヴァー・ホーンが日本のアニメの劇伴書くの!?」って感じです。しかも、エンディングテーマは、「作詞作曲トレヴァー・ホーン、歌9nine」ですからね


──(笑)。

伊瀬:羨ましいですよね。

三木:監督にトレヴァーさんが日本のアーティストに作詞作曲で書き下ろしたことあるのか尋ねてみたら、「“ないん”です」と言われてました。

一同:(笑)。

──個人的には、アイガイの「悪い。地元はLAなんだ」というセリフなどがアメリカらしくていいなと思いました。

伊瀬:私は第1話の最後にエクスオンが急にエレノアの部屋に立ってて「俺、君に何かしたかな」というセリフがすごい好きですね。三木さんの声色も醸し出すオーラも全部好きです。

三木:……僕もエレノア、全部好きですよ。

一同:(笑)。

伊瀬:すみません、ありがとうございます!  合わせていただいて(笑)。

三木:(笑)。そういう意味で言うと座組がしっかりしていますよね。あと、背景を見ていても国や地域が明確に描き分けられているところもステキです。最初のアイガイが活躍するシーンは、本当のアメリカの街だなと感じましたから。国旗がいっぱいあるところなんて、正にアメリカですよね。

そういう空気感がちゃんと描かれているから素敵なんだと思います。

──では最後に『ザ・リフレクション』を楽しみにしている方々に向けて一言ずつメッセージをお願いします。

三木:トレヴァーさんだったり、スタン・リーさんだったり、大人でも知っているクリエイターやアーティストが集結しました。随所にアメコミの要素があり、日本の要素があり、長濵監督の思いがあって、みんなの思いが詰まっています。そんな『ザ・リフレクション』は、“商品”ではなく、血と肉で作った熱い“作品”としてみなさんに届けられることが、本当にありがたいことです。ぜひぜひ多くの人に“商品”ではないこの“作品”を見ていただければなと思います。

伊瀬:『ザ・リフレクション』は、「ハートフルドキドキ学園コメディ」とか「熱血ドラマ」とか、そういった今までにあったジャンルに当てはまらない作品だと思います。単純に「アメコミです」という作品でもないですし、いろんなものが合わさった新しいエンターテイメントなので、いろんな方面から楽しめると思うんです。スタン・リーさんのファンの方々にも楽しんでいただけると思うし、音楽面でもトレヴァー・ホーンさんだったり、9nineさんからも楽しめる。それこそ多様性のある作品になっていると思います。第3話までとりあえず見ていただければハマると思いますよ。もう見ずにはいられなくなるような気がするので、ぜひともお付き合いのほどをよろしくお願いします


──本日はありがとうございました。

[インタビュー/石橋悠]

最新PV公開!


WEB配信情報
2017年7月23日(日)より 毎週日曜深夜1時30分〜 順次 最新話配信予定

■都度課金配信
Amazonビデオ/GYAO!ストア/J:COMオンデマンド/TSUTAYA TV/DMM.com/ニコニコ動画/バンダイチャンネル/ひかりTV/ビデオパス/PlayStationTMVideo/milplus/U-NEXT/楽天ショウタイム/ビデオマーケット

■月額見放題配信
アニメ放題/J:COMオンデマンド/dアニメストア/TSUTAYA TV/バンダイチャンネル/ひかりTV/ビデオパス/プレミアムGYAO!/メガパック
※販売開始日程・配信期間・配信価格は配信サービスによって異なる場合があります。詳しくは取扱いの配信サービスにてご確認ください。

作品情報
TVアニメ『THE REFLECTION(ザ・リフレクション)』

●放送情報
2017年7月22日(土)よりNHK総合テレビにて
毎週土曜日午後11:00~11:25放送!! (全12回)
※放送日時は予告なく変更になる場合がございます

●STORY〈あらすじ〉
全世界を襲った謎の大災害。『リフレクション』と名づけられたこの現象は、おびただしい数の命を奪ったが、生き残った者たちに、ある特別な『力』を与えた――

あれから3年。ニューヨークで行われた追悼セレモニーで、その『力』がテロという形で人類の前に突きつけられた。闇に染まった能力者たちに立ちはだかったのは、正体不明のマスクの男エクスオン、メタリックスーツを身に纏ったアイガイ、エクスオンを追って自ら戦いに身を投じてゆく少女エレノア。何故、リフレクションは起こったのか? なぜ、彼らは人類に牙を剥いたのか? その謎が今明かされる――

●KEY WORDS〈用語解説〉
【リフレクション(現象)】
ある日、地球全土で同時に観測された現象。緑色の光線が空を不規則に反射しつつ覆いつくしていく現象で、光線はしばしば地表にまで到達した。光は、同時に現れた黒い煙状の物質が地上に到達するのを防ぐような軌道を取っていたのだが、それがあたかも空中に反射しているように見えていた。この現象は時差の為、観測された時間が地域ごとに異なるのだが、夜に観測することになった地域では、地上に迫る煙の様子が視認しづらく、まさに闇夜の空に光が乱反射する様子が、より印象深く記憶された。

【リフレクティッド(能力者)】
リフレクション時、地上に到達した光や煙に貫かれ、異能を得た人間。貫かれた人間は大抵が死亡したが、生き残った者には異能が宿った。光に貫かれたか、煙に貫かれたかによって、宿る能力の方向性が異なる。

光:瞬間移動や比較的人の姿のままで発動できる能力が多い。
煙:獣化や液状化など、人の形を保てなくなってしまう能力が多い。

彼らの能力は、発現タイミングにも個人差があり、リフレクティッド(能力者)の存在は世間一般が認知しているものではない。しかし、不思議な力や不可解な生き物の目撃情報はあり、人々は異能の者が存在するのではないか、と緩やかな不安感や不信感を持ち始めている。

●CAST〈キャスト〉
エクスオン:三木眞一郎
イアン・イゼット/アイガイ:三上 哲
エレノア・エヴァーツ:伊瀬茉莉也
リサ・リビングストン:花村怜美
カナ:吉井香奈恵(9nine)
ヒロ:村田寛奈(9nine)
ウキ:佐武宇綺(9nine)
サヤ:西脇彩華(9nine)
デッド・ウィング:樫井笙人
フレイミング・フューリー:三瓶由布子
スティール・ルーラー:日笠陽子
ミスターミスティック:西村知道
レイス:宮田幸季

●STAFF
原作:スタン・リー/長濱博史
監督:長濱博史
脚本:鈴木やすゆき
音楽:トレヴァー・ホーン
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
EDテーマ:9nine
アニメーション制作:スタジオディーン
制作・著作:THE REFLECTION製作委員会

●音楽情報
■エンディングテーマ『SunSunSunrise』8月16日(水)発売!!
9nineによる「THE REFLECTION」のエンディングテーマ『SunSunSunrise』が8月16日(水)NEWシングルとして発売!(発売元:SME)

■サウンドトラック8月16日(水)発売!!
トレヴァー・ホーン全面プロデュースの『THE REFLECTION』のサウンドトラックが、トレヴァー本人歌唱による劇中歌である「Sky Show」や挿入曲、インタビュー映像なども収録する初回限定盤と、通常盤の2形態で8月16日(水)にリリース予定。(発売元:UMAA)

>>TVアニメ「THE REFLECTION」公式サイト
>>TVアニメ「THE REFLECTION」公式ツイッター(@RFLC_anime)

(C)スタン・リー, 長濵博史/THE REFLECTION製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

THE REFLECTION(ザ・リフレクション)の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング