menu
ブルーロック
声優

“ありがとう”で溢れた宮田幸季さんのリサイタル-1st-「公演 3 trois ~finale~」様々な人たちとの出会いが生んだ宝物たちに感謝を……

2014年の「白鳥ブリコラージュ」でのアーティストデビューから3年。声優・宮田幸季さん初のリサイタルが、2017年10月7日(土)、8日(日)の2日間3公演にわたって開催されました。本稿ではその3回目となる「公演 3 trois ~finale~」の模様をレポート!

1回目、2回目とこのリサイタルでしか見ることができない試みに挑戦した宮田さん。3回目ではそのアーティスト活動を支えた日本コロムビアの井上Pがステージに現れ、あるサプライズが……!?

アニメイトタイムズからのおすすめ


「βエンドルフィン」は初めて聴いた時から惚れ込んだ楽曲
3回目の公演は、「白鳥ブリコラージュ」からスタート! これまでの総決算だからかステージが1回目の白と2回目の赤の垂れ幕で彩られていました。歌い終わると2回目から参戦していたと思われるお客さんたちからの「幸さまー!」コールで包まれ、そのまま恒例の「こんばんわんこそば」での声出しを行うことに。

衣装についても原田さんお手製の王子様風のものが遂に完成形になっていました! ネイビーのスカーフに金のコサージュが光り、会場から「王子様」「プリンス」と呼ばれた宮田さんは大喜び! ギターの浅井真さんとキーボードの杉本バッハさんのニックネームに関しては、この3回目の公演で変更することになりました。

浅井さんが“セクシー”、バッハさんが“スマイル”に決定したところで、2曲目は「Carnaval」となりました。1面が赤のサイリウムの光に染め上げられたほか、前回同様ニックネームを叫ぶ一幕が上手い具合に盛り上がりを演出。

続いて3曲目「雲を読む」を歌った後の1回目のMCでは、この曲のサイリウムの色が宮田さんから何かを提案せずとも、青空を思わせる“ブルー”で揃っていたことに言及。宮田さんもこの色をイメージしていたのか、何を言わずとも意思の疎通をしていた会場のみなさんを「すごい!」としきりに褒めていました。

4曲目のサイリウムの色は“ヴァイオレット”に決定! 演奏するのは「βエンドルフィン」となりました。この曲のCD音源のギター演奏はなんと、セクシーこと浅井さんが担当しているそうで、宮田さんはこの曲を初めて聴いた時から惚れ込んだことを明かしました。

井上Pとサプライズで宮田さんの誕生日を祝う!
浅井さんのギターの軽やかな旋律に乗せてこの曲を宮田さんは熱唱!! 続けざまに「笑顔の魔法」を歌ったところで、一度「宮田幸季の世界にようこそ」の映像を挟み衣装チェンジ!

お馴染みの黒を基調としたナウいヤング衣装に身を包んだ宮田さんがステージに舞い戻ると、ここでそのアーティスト活動を支えた日本コロムビアの井上Pがバースデーケーキと共に登場。このイベントの翌日に誕生日を迎える宮田さんの誕生日を祝うため「みんなで宮田さんの誕生日を祝うよ!」と会場を煽り、バースデーソングをプレゼントしました。

このサプライズは事前に伝えていなかったようで、宮田さんはプレゼントを「家宝にします」というくらいの喜びようを見せてくれました。

そうして7段重ねのバースデーケーキと記念撮影を行ったところで、来年3月で設定年齢17歳にしてデビュー25年を迎えられることをファンのみなさんに感謝。アーティストデビューの立役者である井上Pにも感謝を述べ、宮田さんの煽りからみんなで「サンキューベリー近藤マッチ、井上さん!」とありがとうを伝えました。

この他にも井上さんのニックネームを“ハンサム”に決めたり、ラジオ「宮田幸季です」リスナーのおたよりから背が高くなる&美肌効果があるとして、定番のマシュマロを食べたりしたところで再び演奏へ!

6曲目に歌ったのはバッハさんの指定でサイリウムの色が“オレンジ”に決定した「悲しみのLOVE AFFAIR」! 叶うことのない願いを抱いた人を歌うこの曲の後は、別れといつかの再会を願う「またね」となり、2曲続けて情感溢れる切ない歌声で会場を魅了しました。

このリサイタルも残すところ3曲となったところで、再びMCに。座ったままで楽しんで貰っていた会場のみなさんがエコノミークラス症候群を気にして、立ち上がることを要請。次の曲のサイリウムの色を決める一幕では、浅井さんの洗練された所作から楽器の演奏できる男性はモテるという話が飛び出し、ギターができる人がモテるのか、ピアノができる人がモテるのかアンケートを実施。

一通り盛り上がったところで「1秒後の未来」を歌唱。会場のみなさんが疲れないように再び座ってもらったところで、自分の歌声を届けられる機会を得たことを改めて感謝していました。また、アニメイトのイベントツアーでの思い出話も飛び出し、くまモンリスペクトの熊本お渡し会は特に印象深かったと語りました。

特にビジネスホテルに宿泊した際に、外の駐車場で5、6人の若者が明け方まで騒いでいて眠れなかったエピソードは大いに盛り上がり、宮田さんは「ずっとこの悶々とした気持ちを誰かに伝えたかった」と当時の心境を語りました。ちなみにうるさかったのは宮田さんの部屋だけで、同行したスタッフさんの部屋は静かだったそうです。

宮田さんからも会場からも溢れる“ありがとう”
ラストは9曲目「マスカレード」、10曲目「色彩なきパエザッジョ」と情熱的な愛を歌う楽曲が続くことに。会場のみなさんもこれで最後だけあって宮田さんの応援に熱が入っているようで、演奏後も宮田さんを呼ぶ声と拍手が止まる様子がありませんでした。

そのままアンコールを求める声が会場に響くと、しっとりとした曲調の「色づくScene」のイントロと共に宮田さんが再登場! それぞれ思い思いの多彩な色のサイリウムが交差する会場は、まさにこの曲を演出しているかのようで、3公演のなかでも特に一体感を感じられるひと時だったのではないでしょうか。

MCでは「白鳥ブリコラージュ」と「色彩なきパエザッジョ」を生み出すことができたのは、ファンのみなさんのおかげだとして改めて感謝を述べました。このふたつのアルバムを宝物だとも評し、自身の初めての仕事“1993年3月2日のラジオCD新譜紹介”を振り返ると、その当時の自分にこんな素敵な景色が広がっていると教えてあげたいとしました。

また、保育園の卒園文集に将来の夢を“歌手”と書いていたそうで、その夢が叶ったことに感慨を感じている様子。そしてこういった場所に立たせてくれたスタッフさん、そしてファンのみなさんへ感謝しているとして、このリサイタルを締めくくる曲「感謝を…」を熱唱。言葉でも歌でも自分に関わってくれた人への“ありがとう”を伝え、宮田さんのファーストリサイタルは3公演全ての幕を閉じました。

「感謝を…」を受けて会場からも宮田さんへ溢れんばかりの“ありがとう”が届けられ、全公演通じて温かい空気に包まれたファーストリサイタル。このような機会をもう一度設けるためにも、いつまでも宮田さんを応援していきましょう!!

【セットリスト】
01.白鳥ブリコラージュ
02.Carnaval
03.雲を読む
04.βエンドルフィン
05.笑顔の魔法
06.悲しみのLOVE AFFAIE
07.またね
08.1秒後の未来
09.マスカレード
10.色彩なきパエザッジョ
EN1.色づくScene
EN2.感謝を…

[取材・文/胃の上心臓]

>>宮田幸季 Official Music Information Site
>>宮田幸季ですTwitterアカウント(@MiyataK_staff)



拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ガンダムシリーズをはじめとするロボットアニメやTYPE-MOONを主に追いかけている。そして、10代からゲームセンター通いを続ける「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」おじ勢。 ライトノベル原作や美少女ゲーム、格闘ゲームなども大好物。最近だと『ダイの大冒険』、『うたわれるもの』、劇場版『G-レコ』、劇場版『ピンドラ』がイチオシです。

この記事をかいた人

胃の上心臓
拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ロボットアニメ作品やTYPE-MOONの作品を主に追いかけている。

担当記事

関連記事
TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』シリーズディレクター・唐澤和也さん&プロデューサー・内藤圭祐さんが語る、ダイたちと走り抜けた1年間と2年目への意気込み/インタビュー
日本が誇る国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズを基に、1989年~1996年にかけ「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画『ドラゴンクエストダイの大冒険』(原作:三条陸・作画:稲田浩司)。本作の新アニメ化作品として2020年10月から放送されているTVアニメが2年目へ突入し、いよいよ物語も佳境に差し掛かりました。そんな今が熱い『ダイの大冒険』ですが、アニメイトタイムズではこの機会にシリーズディレクターを務める唐澤和也さんと、東映アニメーションのプロデューサー・内藤圭祐さんへのインタビューを実施。おふたりには『ダイの大冒険』という作品との出会いから制作の上での苦労、一部ファンの間で話題になったネタや、アフレコ時の声優さん方とのエピソードまで根掘り葉掘り様々な事を伺いました。往年のファンから今後に期待しているアニメ初見の方々まで、必見の内容です。ぜひダイやポップらアバンの使徒たちのこれまでの冒険を本インタビューで振り返り、これから先の物語に想いを馳せてみてくださいね! 『ダイの大冒険』が大好きな人たちの、こだわりと熱意が柱に――アニメイトタイムズでは『ダイの大冒険』に関するインタビューは初めてになりますので、まずは再アニメ化が決まっ...
関連記事
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』安野希世乃さん、大西沙織さん、茅野愛衣さんインタビュー|ついに完結を迎えるアニメ『冴えカノ』と演じるキャラクターへの想いとは
2度のTVアニメ化を果たした人気作『冴えない彼女の育てかた(以下、冴えカノ)』が、2019年10月26日より公開される劇場版『冴えない彼女の育てかたFine』で、ついにクライマックスを迎えます。TVアニメ第2期『冴えない彼女の育てかた♭』では、主人公・安芸倫也のゲーム制作サークル“blessingsoftware”の別れと再出発が描かれ、新たな希望と非常にもどかしい気持ちで終了しました。劇場版は、その物語の続き。原作が刊行されたのが2012年、TVアニメがスタートしたのが2015年ということで、感慨深い想いをいだいているファンのみなさんも多いことでしょう。それはキャラクターを演じたキャスト陣も同じ。アニメイトタイムズでは、加藤恵役の安野希世乃さん、澤村・スペンサー・英梨々役の大西沙織さん、霞ヶ丘詩羽役の茅野愛衣さんらヒロイン声優陣にインタビューを実施しました。劇場版で少し関係性の変わったキャラクター同士の掛け合いについてや、それを演じてみた感想、そして作品の完結まで関わっての思い出話など、気になるポイントを余すところなく伺いました。大西さんと茅野さんが語る劇場版での英梨々と詩羽の関係性や、安野さんが演じたかったシーンと一番見たかったシーンとは……?『冴え...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』オシュトル(ハク)役・利根健太朗さんインタビュー|藤原啓治さんから引き継いだ大役にプレッシャー。研究を重ねた末に見出した“ハクらしさ”とは
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、オシュトル(ハク)役の声優・利根健太朗さんへのインタビューを実施!利根さんが今作で演じるハクは、2020年に逝去された藤原啓治さんから引き継いだキャラクター。本稿では、役を引き継ぐまでの経緯や演じる際に気を付けていることなどを伺いました。オシュトル/ウコン役もオーディション時から藤原さんに寄せるというオーダーが!?――遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。オシュトル(ハク)役・利根健太朗さん(以下、利根):やると決まった時は驚きましたね。やはり前作『偽りの仮面』から月日が経ってしまいましたし、ここまでにたくさんの困難に見舞われたので、本当にアニメ化するのだろうか?と不安がありました。だから、今回から僕がハクを演じることになってプレッシャーを感じることや、素直に喜べない複雑な思いがあるのは間違いないのですが、満を持してのアニメ化なので非常に嬉しい気持ちです。 ――前作であるアニメ『偽りの仮面...
関連記事
「TVアニメ『からかい上手の高木さん』クリスマスイヴイヴイヴライブ ~あたため上手の高木サンタ~」【夜の部】レポート|高橋李依さんと大原ゆい子さんがこの時期にピッタリな楽曲をお届け!
山本崇一朗先生の漫画を原作として、第2期まで放送されたTVアニメ『からかい上手の高木さん』。本作のライブイベント「クリスマスイヴイヴイヴライブ~あたため上手の高木サンタ~」が、2019年12月22日(日)によみうりランド日テレらんらんホールで行われました。イベントには本作のヒロインである高木さんを演じる声優の高橋李依さんに加え、シリーズ主題歌アーティスト・大原ゆい子さんが登壇。第1期&2期のオープニング主題歌はもちろんのこと、“エンディングで高木さんが歌うJ-POPカバー曲”も披露。また今回は“クリスマスイヴイヴイヴ”ということで、この時期にピッタリなクリスマスソングも聴くことができました。本稿ではこのイベントの模様をお届けします。  「手を繋いだら勝ちでいい」このイベントで西片はその条件を満たせるか!?ライブのオープニング映像が流れると、観客のみなさんに立ってもらうようスクリーンに“standup”の指示が。もちろんこれを受けて会場に集まったファンのみなさんは立ち上がり、手拍子で盛り上げていきます。そうして1曲目は高橋さんが登場すると、いきものがかりの名曲「気まぐれロマンティック」を披露! この楽曲ではキーボードを大原さんが担当しており...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』クオン役・種田梨沙さんインタビュー|「ファンのみなさんが見たかった部分は全て大切に描いています」
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、クオン役の声優・種田梨沙さんへのインタビューを実施!今作では、主人公のハク役を亡くなられた藤原啓治さんから利根健太朗さんが引き継いで演じられます。種田さんには、そんな利根さん演じるハクと掛け合ってみた感想や収録時のエピソードも伺いました。ゲームからの『うたわれるもの』ファンのみなさんはもちろん、アニメ『偽りの仮面』の再放送から注目している方もぜひアニメ『二人の白皇』の魅力の一端をチェックしてみてくださいね! クオンを演じる上で大切にしているのは芯の強さ――前作『偽りの仮面』のアニメから7年、ゲーム『二人の白皇』からも6年が経ちました。遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。クオン役・種田梨沙さん(以下、種田):ありがたいことに、アニメ『偽りの仮面』やゲーム『二人の白皇』以降も本編以外のゲームなどでクオンを演じさせていただく機会は多かったので、そんなに『うたわれるもの』という作品から離れて...
もっと見る

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング