声優
井上喜久子さんと田中敦子さんが冬コミにサークル参加する真意とは!?

井上喜久子さんと田中敦子さんが冬コミに「お姉ちゃんと少佐」のサークル名で参加!その真意はお二人らしく気高いものでした

2017年12月29日(金)から31日(日)まで、東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて開催される「コミックマーケット93」。その1日目の29日に井上喜久子さんと田中敦子さんが、「お姉ちゃんと少佐」(東A63a)というサークル名で参加するというので注目が集まっています。

芸能人・著名人のサークル参加といえば、今年の夏コミに続いて冬コミにもサークル参加する叶姉妹、2016年の夏コミにサークル参加し、記録的な大行列を生んだT.M.Revolutionの西川貴教さんなどが話題になりました。しかし井上さんと田中さんほどのベテラン声優が、はたして時流に乗るような形でサークル参加するものでしょうか。そこには相応の理由があるはずです。

というわけで、コミケ準備で普段以上にご多忙なお二人に、今回の参加の理由を伺ってきました!

▲田中敦子さんの胸に光るのは、タチコマのペンダント!

▲田中敦子さんの胸に光るのは、タチコマのペンダント!

井上喜久子(いのうえ きくこ)
9月25日生まれ。神奈川県出身。血液型O型。「お姉ちゃん」の愛称で長年親しまれる永遠の17才(おいおい)。ちなみに娘は来年2月に成人する。かなりのコスプレ好きで、持ち役の衣装やメイド服などで事務所のクロークは溢れるほど。オフィスアネモネ所属

田中敦子(たなか あつこ)
11月14日生まれ。群馬県出身。血液型O型。知的でクールな大人の女性役に定評があり、中でも『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役には絶大な支持がある。その素子の劇中での呼称である「少佐」が、本人の愛称にもなっている。マウスプロモーション所属

『文芸あねもねR』の活動を知っていただくためのコミケ参加
――まずは今回、コミケへのサークル参加を決めた経緯を教えてください。

井上喜久子さん(以下、井上):私たちは『文芸あねもねR』という朗読チャリティー活動を、2013年3月からずっと続けているんですけど、みなさんに知っていただく場所が少ないなっていうのが悩みだったんですね。

チャリティーって本当は大きな声で「やっていますので、みなさんよろしくね!」って言うべきものなのに、なんとなく私もあっちゃんも、その辺りの宣伝とかがあまり得意ではないんですよ。「チャリティーやってまーす!」ってなかなか言えない性質で。

でも、たくさんの声優仲間の力も借りてやっていることなので、「どうやったらたくさんのみなさんにチャリティーに参加していただけるかな?」っていう悩みはずっとあったんです。それがあるとき「そうだ、コミケがある!」って。そのきっかけとなったのは、叶姉妹さんのコミケ参加の素敵な記事を読んだことだったんです。

だいぶ前からずっと、コミケとかに参加できたらいいねっていう話はしていたんですよ。ただ、やっぱりそこまでは勇気がないねって諦めるっていう繰り返しだったんです。それが叶姉妹さんのおかげもあって、今回は勇気を持って参加してみようってことになりました。

――田中さんはそれを井上さんから相談されたときに、どう思われましたか?

田中敦子さん(以下、田中):きっちゃんらしいなって。実は今年は『文芸あねもねR』の活動が、あまり顕著ではなかったんですよ。今まで毎年朗読CDを出したり、配信したりとかの活動を積み上げてきて、みなさんからいただいた寄付を被災地3県に振り込んでいたんです。

それが今年は新作を作ったり、イベントなどの活動ができなかったので、井上さんがそれをずっと気にしていて。それで9月くらいに相談を受けたときに、「やってみるべきだね」って話して、一緒にやろうと思いました。

――コミケ自体への印象というのは、どのようなものでしたか?

田中:私、実は参加したことがあるんですよ。7、8年前ですかね。ただ、当時は今みたいにツイッターもまだ一般的ではなくて、情報が広まりにくい時代でした。

井上:今回参加を決めたときも、「でも受かるかどうかわからないから」ってずっと話していたんですよ。コミケのどなたかへの伝手みたいなものもまったくないし、普通に応募したので。だから「受からないかもしれないね」って言いながら待っていたら、ありがたいことに受かってしまって「ひゃああっ、びっくりしたぁ!」みたいな。そんな感覚なんですよ。

――それが今回、いきなり壁サークルですよね。しかも出入り口の横という、壁の中でもトップクラスの人気サークルが配置される場所で。

井上:それもよくわからないんですよ。でも周りから「壁サークルなの!? すごいね!」って言われて……。

田中:コミケに参加されている方にとっての「いつかはそこに辿り着きたい!」っていう場所に、「初めてなのに配置されたんですよ!!」って周りから聞いて。

井上:「す、すみません! あの……本当にがんばらないと!」っていう気持ちでいっぱいです。

▲コミケといえばコスプレ。コスプレ好きの井上さんだけに、今回コスプレをされるのか伺ったところ、「まだ本とCD作りでいっぱいいっぱいで、そこまで考えが回っていないんですよ。当日なにを着るかとか、まだノープランです(笑)」とのことでした

▲コミケといえばコスプレ。コスプレ好きの井上さんだけに、今回コスプレをされるのか伺ったところ、「まだ本とCD作りでいっぱいいっぱいで、そこまで考えが回っていないんですよ。当日なにを着るかとか、まだノープランです(笑)」とのことでした

本に導かれて始めたチャリティー、本で伝えられるなら幸せ!
――今回こういう形を取ろうと思われたのも、『文芸あねもねR』というチャリティー活動への強い想いがあってのことだと思います。その辺りについてお聞かせください。

井上:最初に『文芸あねもね』という本を手にしたとき、そしてあっちゃんに相談して、こういう活動をやろうと思ったとき、本の中に書いてあった「被災地への橋になりたい」っていう想いに共感したことをきっかけとして、始めたことなんですよ。

今回こういう形でコミケに参加させていただくことになったのは、自分でも半分驚いている気持ちがあって。でももう半分はなにか使命的な、「始めたことだから、がんばってやり通しなさい!」って言われているような、そんな想いもあるんです。

コミケのルールだったりマナーだったりとかも、まだわからないこともいっぱいあって不安な部分もあるんですけど、そこを乗り越えてみんなが笑顔になれる、そんな素敵な冬コミへの参加ができたらいいなって思います。

田中:『文芸あねもね』という文庫本を井上さんが手に取って、「こういう本があるんだ」というところからすべてがスタートしているわけです。

その本をきっちゃんが書店で手に取ったという奇跡がまずあって、本に導かれて始めたチャリティー活動を知っていただくために、今度はコミケという同人誌を扱う場で、私たちが作った本を頒布させていただくことになりました。

本の中には、私たちが『文芸あねもねR』を始めた経緯やこれまでの活動の軌跡が、ルポマンガで描かれているんですね。その本をみなさんに手に取っていただくことで、『文芸あねもね』および『文芸あねもねR』の活動をみなさんに知ってもらえるチャンスが出来たということに、奇跡的なものを感じます。

コミケで本を通じてみなさんに私たちの気持ちをお届けできたら、チャリティーのことをみなさんに知っていただけるとしたら、本当に素晴らしいなと思うんです。本に導かれて始めたチャリティーですので、本でみなさんにお伝えできるのであれば、これ以上幸せなことはありません。

至って真面目な参加理由からの、お姫様グラビア撮影でお姉ちゃんも少佐もノリノリ!?
いかがでしたか。今回のサークル参加の目的は、以前から井上喜久子さんと田中敦子さんが主催している朗読チャリティー『文芸あねもねR』の活動周知のためであり、単に同人誌を作ってコミケに参加してみたかったというような興味本位ではありません。

また現在販売中の朗読チャリティーCD『文芸あねもねR』はコミケの性質上、一般スペースで扱うことができません。そこで小冊子を作って『文芸あねもねR』の活動を説明したり、「ARIAKE 2017」と題した、トークやドラマのスペシャルCDの頒布を考えているそうです。もちろん、こちらの売り上げの一部も『文芸あねもねR』から被災地へ寄付されるとのことです。

気になる小冊子の中身ですが、お二人の撮り下ろしグラビアやプライベート写真、『文芸あねもねR』を説明するマンガなどが載っているとか。特にグラビアではドレスをお召しになられるそうで、こちらは井上さん以上に田中さんがノリノリな様子!?

冬コミで「お姉ちゃんと少佐」に会いに行って活動を応援するのはもちろん、東日本大震災復興支援・チャリティー小説同人誌からスタートした『文芸あねもね』および『文芸あねもねR』のことを、改めてみなさんの心に留めてみませんか?

なお、お二人とも体力的な問題があるため、コミケには閉会時間まではいられそうにないとのこと。サークル「お姉ちゃんと少佐」(1日目/東A63a)に行かれる際は、時間は早めが良さそうです。

[取材・文/設楽英一]

>>文芸あねもね 公式ブログ
>>朗読チャリティー企画「文芸あねもねR」
>>井上喜久子 オフィシャルサイト @manbow
>>田中敦子 Twitter (@atuwosyousa)

おすすめタグ
あわせて読みたい

井上喜久子の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集