menu
アニメ
『刀ミュ〜真剣乱舞祭2017〜』初日観劇レポート!歌にダンスに動きに声に! 魅力で溢れる刀ミュの世界に酔いしれる!

歌にダンスに動きに声に! 魅力で溢れる刀ミュの世界に酔いしれる!『真剣乱舞祭2017』初日観劇レポート

ミュージカル『刀剣乱舞』〜真剣乱舞祭2017〜が2017年12月8日(金)を皮切りに東京、大阪、埼玉、さらに中国・広州で開催されています。

「阿津賀志山異聞」、「幕末天狼傳」、「三百年の子守唄」、「つはものどもがゆめのあと」の4公演に出演した総勢16振りの刀剣男士が集結。たくさんの主たちを、普段のミュージカル公演とは一味違った本丸へと導きます。



今回は、12月8日(金)に東京・日本武道館で行われた初日公演の模様をレポートします!

アニメイトタイムズからのおすすめ
真冬の本丸で百物語⁉ お芝居パートには笑える要素も盛りだくさん
W竹千代による前節から始まった真剣乱舞祭2017。会場に集まった審神者たちは、2人の竹千代の姿に「かわいい!」と声援を送ります。“真剣乱舞法度”という名の公演の諸注意を約束し、これから始まるお祭りにそわそわとペンライトを光らせました。

公演は真剣乱舞祭2017の新曲から幕を開けました。ろうそくを持ち次々と登場する16振りの刀剣男士に主たちの歓声が響きます。

前半はお芝居が組み込まれたミュージカルらしい構成。寒い冬の日の本丸の様子を描きます。

寒さに凍える加州清光(佐藤流司)の元に長曽祢虎徹(伊万里有)、千子村正(太田基裕)、蜻蛉切(spi)が集まりますが、その姿にさらに凍える加州清光。

物吉貞宗(横田龍儀)と今剣(大平峻也)はあたたまるためにかけっこやおしくらまんじゅうでステージ上を駆け回ります。

三日月宗近(黒羽麻璃央)や蜂須賀虎徹(高橋健介)、和泉守兼定(有澤樟太郎)に岩融(佐伯大地)と、刀剣男士たちが続々と集まっていきます。そんな賑やかな本丸で、にっかり青江(荒木宏文)の提案で“真冬の百物語“をすることに。

盛り上がる刀剣男士たちに向かって「断る」と言い放つ大倶利伽羅(財木琢磨)をなだめ、まんじゅうを“あーん”する加州清光の姿に、主たちから喜びの悲鳴があがります。

そんなこんなで、百物語であたためあうことになった16振りの刀剣男士。1番手を担うのは石切丸(崎山つばさ)。小狐丸(北園涼)も登場し、『あどうつ聲』(つはものどもがゆめのあと)を披露し、三条宗近と小狐丸の不思議な話を語り、ロウソクの火を吹き消しました。

続いて登場したのは三日月宗近。三条大橋での話に近藤勇、土方歳三、沖田総司が登場。加州清光、和泉守兼定、長曽禰虎徹、蜂須賀虎徹が『ユメひとつ』(幕末天狼傳)を歌いあげ、池田屋事件の後の不思議な話を語りました。

そこに『千本目のちぎり』(つはものどもがゆめのあと)を歌いながら岩融と今剣が登場。五条大橋の話と間違えた2振りに笑いが起こります。

千子村正の番になると、蜻蛉切も一緒にステージに。「怪談とは怪しい話。妖しいといえば千子村正。妖しい私は存在自体が怪談。私が語れば挨拶ですら怪談になるのです」と観客の笑いを誘い、『脱いで魅せまショウ』(三百年の子守唄)を妖艶に披露しました。

髭切(三浦宏規)と膝丸(高野洸)は、渡辺綱が髭切で鬼を切った話で『双つの軌跡〜となり〜』(つはものどもがゆめのあと)を披露。髭切ではなく膝丸が語るお約束の展開に笑いが起こりました。

ここで三日月宗近が再び登場。間(はざま)の時、「手元のろうそくを灯す時だ! 共に舞い、歌おうか」とライブパートへと導きます。

ノンストップで駆け抜ける! かっこよさと美しさとが炸裂するライブパート
ライブ衣装に着替え、トップバッターで登場したのは石切丸、にっかり青江、千子村正、蜻蛉切、物吉貞宗、大倶利伽羅の6振り。

「三百年の子守唄」から『Can you guess what?』でキレのあるダンスナンバーで観客を一気に沸かせます。千子村正の「脱ぎましょうか」の合図で上着を脱ぎ捨て、続けて披露した『Jackal』では、ラストの千子村正と蜻蛉切の絡みにはあちこちから歓声が上がりました。

審神者たちへ声をかけ、にっかり青江と大倶利伽羅が『Nameless Fighter』を歌い始めると、会場内を青と赤のペンライトが鮮やかに灯しました。

休みなくステージ上に飛び出したのは加州清光、和泉守兼定、長曽祢虎徹、蜂須賀虎徹の4振り。

黒の片マントを身にまとい、「幕末天狼傳」より『Signalize』を披露。MCでは単騎出陣を行なった加州清光をいじる場面も。「なんで知っているの? 来てたの?」と、キャストの仲の良さも垣間見えました。

『Get your Dream』ではそんな4振りのピタリと揃ったダンスに、会場はさらに盛り上がります。

三日月宗近、小狐丸、岩融、今剣、髭切、膝丸に入れ替わり、「つはものどもがゆめのあと」の新曲を優美に歌い上げると、今剣が真剣乱舞祭に初参戦の髭切、膝丸に声をかけます。

そのまま上着を脱ぎ捨て次の曲へ。ポップな曲調の中、センターステージでぎゅっと抱き合う刀剣男士の姿に歓声も。手拍子を促し跳ね回る今剣の姿には癒される主が続出しました。

蜻蛉切はソロで『Real Love』(三百年の子守唄)を色気たっぷりに歌い上げます。投げキッスを残してステージから姿を消すと、あちらこちらから主の悲鳴が響きました。

ジャケットを身にまとった三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光、髭切、膝丸が披露したのは「阿津賀志山異聞」より『mistake』。サイエンスチックなかっこいい曲では髭切と膝丸2振りのアクロバティックなダンスと加州清光の美しい腰づかいに釘付け。

トライアル公演より『サヨナラ』を披露した石切丸と和泉守兼定。2振りの、歌いながらも美しく伸ばす腕に、曲も相まって見事に魅了されました。

『美しい悲劇』(幕末天狼傳)は曲が流れ出した途端に絶叫にも似た歓声が。広がるスモークの中で、三日月宗近と加州清光が美しく歌い上げました。

ここで16振りの刀剣男士がステージ上に揃い、真剣乱舞祭2017の新曲を披露。大倶利伽羅の歌うソロのフレーズに、ここ一番の歓声が上がります。炎の演出と、加州清光、大倶利伽羅、髭切、膝丸によるグラフィックポイでのパフォーマンスには審神者たちも大喜びの1曲となりました。

MCには徳川家康、松平信康、吾兵が登場。武蔵坊弁慶、源義経、源頼朝、藤原泰衡、近藤勇、土方歳三、沖田総司と、各公演に登場したキャラクターたちが集結し、審神者たちを沸かせます。

そのまま「三百年の子守唄」より『勝利の凱歌』を、殺陣を交えたパフォーマンスで披露すると、会場はさらに盛り上がります。

間も無く内番衣装に身を包んだ刀剣男士たちが揃うと、今剣の「ぼくたちといっしょにあそんでください!」の合図で『えおえおあ』(阿津賀志山異聞)が始まります。

今剣と物吉貞宗がステージ上を飛び回り、客席に降りた刀剣男士たちと一緒に手振りを踊る審神者たちの顔は満面の笑みが溢れます。手振りを小さく踊る大倶利伽羅を見つけると、ここでも審神者たちから歓声が沸き起こりました。

和泉守兼定が「いいか主たち! 手ぬぐいを持つんだ! そして、回すんだ!」と声高らかに叫ぶと、16振りの刀剣男士たちが客席で手ぬぐいを回し歩き、『KEY MAN』(幕末天狼傳)で会場を盛り上げます。

今剣が「あるじさま! つぎはおにごっこですよ!」と叫ぶと、休む間も無く刀剣男士たちは曲に合わせて客席やステージを駆け回り、いくつ目があっても追いきれません。

再びMCに武蔵坊弁慶、源義経、源頼朝、藤原泰衡が登場。ここでも徳川家康、松平信康、吾兵と近藤勇、土方歳三、沖田総司が集結し、審神者たちと共に“勝どき”を掲げました。

勇ましい太鼓を披露するとそのまま『歓喜の華』へ。義経たちがぐるぐると位置を入れ替えながら太鼓を叩き、そこに刀剣男士たちも続々登場し、会場の熱気をさらに高めていきます。

ライブは勢いそのままに『漢道』へ。扇子やリボン、綱を使って踊る刀剣男士に、太鼓や大きな旗も加勢して、ステージ上は華やかに彩られます。曲を歌い切るとスクリーンには大きな“誉”が。休みなく駆け抜けたライブパートを締めくくりました。

「必ずまた会おう」 今年もまた、刀剣男士と約束を
ライブパートが終わると、再び物語の本丸の中へと導かれます。

ステージ中央からにっかり青江がろうそくを手に登場し、にっかり笑う女の幽霊とその子供の幽霊との、最後の百物語を語り始めます。

そこに「払いたまえ、清めたまえ」と登場する石切丸。「百物語は九十九話目でやめていいんだよ。本物の妖が現れてしまうからね」とにっかり青江の話を止めます。

「いっしょにかえりましょう」と今剣に手を差し出され、にっかり青江と石切丸は歌いながら優しい光の中に消えていきます。

クライマックスは、『かざぐるま』(三百年の子守唄)を16振りの刀剣男士で歌い上げて盛り上げます。「うちに帰るまでが百物語だからね」とにっかり青江の一言で物語が終結すると、会場は大きな拍手で包まれました。

真剣乱舞祭2017のラストを締めくくるのは、メインテーマ曲の『刀剣乱舞2017』。加州清光の「じゃあ、おっぱじめるぜ!」の掛け声でステージ上に刀剣男士が揃います。殺陣を交えたかっこいいダンスとキャラクター紹介のVTRとが、最後まで主たちを歓喜の渦に巻き込みました。

締めくくりの挨拶では、1振り1振りが丁寧に主たちへ感謝の言葉をかけていきました。1振りずつ、刀剣男士として紡がれる言葉に、主たちはあたたかい拍手で答えます。

最後に三日月宗近と「必ずまた会おう」と約束をかわすと、大喝采の中刀剣男士たちははけていきます。

鳴り止まないカーテンコールに16振りが再びステージに。加州清光が代表して挨拶をすると、16振りみんなで客席をぐるりと回り、最後に丁寧に主たちに声をかけていきます。大倶利伽羅が物吉貞宗に無理矢理に手をつながされると、最後の歓声が起こり、審神者たちの優しい拍手に包まれながら真剣乱舞祭2017の幕は下されました。


[取材・文/菊地真由]

公演概要
●タイトル
ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭2017~

●公演期間・劇場
【東京】2017年12月8日(金)~12月9日(土)日本武道館
【大阪】2017年12月12日(火)~12月13日(水)大阪城ホール
【埼玉】2017年12月19日(火)~12月20日(水)さいたまスーパーアリーナ
【中国・広州】2017年12月23日(土)~12月24日(日)広州体育館

●原案
「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)

●総合演出
茅野イサム

●脚本
御笠ノ忠次

●振付・ステージング
本山新之助

●振付
TETSUHARU

●出演
三日月宗近役:黒羽麻璃央
小狐丸役:北園涼
石切丸役:崎山つばさ
岩融役:佐伯大地
今剣役:大平峻也
加州清光役:佐藤流司
和泉守兼定役:有澤樟太郎
蜂須賀虎徹役:高橋健介
長曽祢虎徹役:伊万里 有
にっかり青江役:荒木宏文
千子村正役:太田基裕
蜻蛉切役:spi
物吉貞宗役:横田龍儀
大倶利伽羅役:財木琢磨
髭切役:三浦宏規
膝丸役:高野洸
武蔵坊弁慶役:田中しげ美
源義経役:荒木健太朗
源頼朝役:冨田昌則
藤原泰衡役:加古臨王
近藤勇役:郷本直也
土方歳三役:高木トモユキ
沖田総司役:栩原楽人
徳川家康役:鷲尾昇
松平信康役:大野瑞生
竹千代役:阿由葉朱凌/小島幸士(Wキャスト)
吾兵役:高根正樹


●主催
ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会
(ネルケプランニング ニトロプラス DMM.com ユークリッド・エージェンシー)


>>ミュージカル『刀剣乱舞』公式サイト
>>ミュージカル『刀剣乱舞』公式Twitter(@musical_touken)

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング