menu
アニメ
『ゆるキャン△』TVアニメをもっと楽しむための5つのポイント

キャンプのゆるーく楽しい魅力満載!『ゆるキャン△』TVアニメをもっと楽しむための5つのポイント

みなさんはキャンプをしたことがありますか? アウトドアな趣味の筆頭ともいえるキャンプ。「興味はあるけれども、始めるにはハードルが高い」「そもそもキャンプに興味がない」という方も2018年冬、1月から放送となるTVアニメ『ゆるキャン△』(原作:あfろ)を見れば、行ってみたいと思えるかもしれません。

「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中の本作。ひょんなことから知り合った各務原なでしこ(CV: 花守ゆみり)と志摩リン(CV: 東山奈央)、部活動としてキャンプを行う「野外活動サークル」(通称:野クル)のメンバーが、キャンプの計画を立て、準備し、実際に目的地でのんびり、まったりキャンプを楽しむ様子が描かれています。

そんな『ゆるキャン△』のTVアニメが、1月4日より毎週木曜23:00からAT-Xほかにて放送開始! 本稿ではTVアニメ『ゆるキャン△』の5つのみどころをご紹介。どのような作品なのか、そして作品の魅力を知っていただければ幸いです。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ
1. 夏だけではない、冬キャンプの魅力
キャンプといえば夏! 太陽の光をたっぷり浴びた自然のきらめき、ひんやりと冷たい川遊びの気持ちよさ、カブトムシやクワガタを捕まえてみたり、川で冷やしたスイカをみんなで食べたりするのは楽しいものです。

しかし、『ゆるキャン△』内での季節は冬。言うなればシーズンオフですが、その分キャンプ場内の人は少なく、貸し切り状態が楽しめます。それ以外に、寒い外で食べるからこそ、いつも以上に美味しく感じられる温かいキャンプ飯、冷たくなった身体を芯まで温めてくれる温泉、澄み切った空気で一層映える夕焼け、朝焼け。そんな冬に楽しむキャンプの魅力を存分に感じられるのが『ゆるキャン△』の見どころの一つと言えるでしょう。

 
2. 一人で行きたくなる!? ソロキャンプの魅力
キャンプといえば、大人数でワイワイと楽しむイメージ。野クルメンバ―でのキャンプも賑やかで、見ているだけでも楽しい気持ちに。

けれども、主人公の一人の志摩リンが愛するのは、一人でキャンプに臨む“ソロキャンプ”です。気になる場所があれば、一人でブラブラと散歩し、写真を撮って、SNSで友人と共有。後は温かい飲み物と片手にのんびりと読書を満喫するなど、ソロだからこその楽しみが描かれています。

時には近くのキャンプ場に自転車で訪れ、時には原付にまたがり、キャンプ遠征を楽しむ。そんなリンの姿に「ソロキャンプっていいかも…」と感じるかもしれませんね。

 
3. 実在するキャンプ場やグッズが登場
『ゆるキャン△』のキャラクターたちは様々なキャンプ場に訪れます。そして、そのいずれもモデルとなったキャンプ場が実在します。アニメを楽しんだ後は、なでしこやリンが訪れた場所でキャンプする“聖地キャンプ”をするのも面白そうですね。

また、彼女たちが使うキャンプグッズも実際に販売されているものが多く描かれています。テントやたき火台、シュラフ(寝袋)など、「こんな便利な道具があるんだ」という発見も。同じ道具を買って、聖地キャンプを楽しめば、より一層楽しめるかもしれません。ちなみに、なでしこたちは、まだ女子高生なので、お手頃価格のものが多いようです。

 

4. ところどころにキャンプで役に立つ豆知識も
BBQなどで火起こし経験がある方はわかるかもしれませんが、着火剤がないと薪に火を着けるのは、なかなか難しいもの。もし着火剤を忘れてしまったら、なんと、松ぼっくりが着火剤代わりとなるのです。これはソロキャンプを楽しむ志摩リンが、作中で披露する豆知識。

こんなキャンプにまつわる役立つ豆知識が『ゆるキャン△』に登場します。松ぼっくり以外にも、様々な種類があるテント・シュラフの特徴やキャンプ場のルールなども。

 
5. 女子高生たちのゆる~い姿にほっこり
なんと言っても、この作品は可愛らしいキャラクターがゆる~く、マイペースにキャンプを楽しむ姿が最大の魅力ではないでしょうか。時に、様々なハプニングに見舞われる一向。しかし、最終的にキャンプを満喫して、「次はどこに行こうか」とにこやかに話すなでしこたちに癒されてしまうはず!

以上が5つの見どころとなります。『ゆるキャン△』を見れば、キャンプについて学ぶことができるという面もありますが、なでしこやリン、野クルメンバーが純粋にキャンプを楽しむ姿、一緒に行かないメンバーとも、SNSのメッセージや写真の交換で交わされる、つい笑っちゃうゆるい会話は必見です。是非、ぜひ、1月からは『ゆるキャン△』をご覧になってください!


[文・冴島友貴]

 
作品情報
新・日常系ガールズストーリー開幕。
彼女たちが過ごす時間は、ちょっぴり手が届きそうな非日常。

【イントロダクション】
新・日常系ガールズストーリー開幕。

彼女たちが過ごす時間は、ちょっぴり手が届きそうな非日常。

『ハナヤマタ』『がっこうぐらし!』など、数多くの話題作を世に送り出してきた芳文社・まんがタイムきららフォワード。
同誌にて2015年5月から連載開始した『ゆるキャン△』は、山梨県を舞台に女子高校生たちがキャンプをしたり日常生活を送る様子をゆるやかに描く人気作。
原作者のあfろは『月曜日の空飛ぶオレンジ。』で漫画家デビュー。
『シロクマと不明局』『魔法少女ほむら☆たむら~平行世界がいつも平行であるとは限らないのだ。~』などを執筆したのち、本作を上梓する。
原作者本人のアウトドア経験や取材を元に作品内に織り込まれたキャンプノウハウ、山梨・長野・静岡を中心とした日本の自然の美しさが話題となり、NHK・Eテレ『Rの法則』やバイク・キャンプ雑誌でも取り上げられるなど、新たなファン層を徐々に拡大している。
そんな“女の子×アウトドア”をテーマにした本作の映像化に挑むのは、気鋭のクリエイター陣。
監督の京極義昭は、『黒子のバスケ』『東京喰種』『終わりのセラフ』『ヤマノススメ』といった話題作の演出を担当し、『ゆるキャン△』で初監督として抜擢。
シリーズ構成と脚本には、『Go!プリンセスプリキュア』や『キラキラ☆プリキュアアラモード』の田中仁を起用。きららフォワードのアニメ作品は『あんハピ♪』(16年)に続く2本目であり、本作でも確かな筆致で物語を紡いでいる。
キャラクターデザインを務めるのは佐々木睦美。『ゆるキャン△』独特の、等身大の女子高校生像を瑞々しく描き出す。
アニメーション制作はC-Stationが担当。スタッフ陣は数回に渡るロケハンを敢行し、
アウトドア・日常・風景の描写を徹底して作り上げていく。

2018年の冬は、一緒にキャンプにいこう。

【ストーリー】
これは、ある冬の日の物語。
静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。
富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。
目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。
心細さに怯えるなでしこを救ったのは、1人キャンプ好きの女の子・リンだった。
冷えた身体を温めるために焚き火にあたる2人。ぱちぱちと薪の爆ぜる音が、湖畔の静寂に沁み込んでいく。
焚き火を囲み、カレー麺をすすりながら会話するなでしことリン。
やがて2人が待ちに待った瞬間が訪れる。

「見えた……ふじさん……」

なでしことリン、2人の出会いから始まるアウトドア系ガールズストーリー。

【スタッフ】
原作:あfろ(まんがタイムきららフォワード/芳文社刊)
監督:京極義昭
シリーズ構成:田中仁
キャラクターデザイン:佐々木睦美
色彩設計:水野多恵子
美術監督:海野よしみ
撮影監督:田中博章
音響監督:高寺たけし
音楽:立山秋航
アニメーション制作:C-Station

【キャスト】
各務原 なでしこ(かがみはらなでしこ)花守ゆみり
志摩 リン(しまりん)東山奈央
大垣 千明(おおがきちあき)原紗友里
犬山 あおい(いぬやまあおい)豊崎愛生
斉藤 恵那(さいとうえな)高橋李依
各務原 さくら(かがみはらさくら)井上麻里奈
ナレーション 大塚明夫
ほか

【主題歌】
・オープニングテーマ
「SHINY DAYS」亜咲花(5pb.)

・エンディングテーマ
「ふゆびより」佐々木恵梨(5pb.)

>>公式HP
>>公式Twitter(@yurucamp_anime)

(C)あfろ・芳文社/野外活動サークル
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019夏アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
2019夏アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー