声優
『わたしに××しなさい』時雨役・逢坂良太インタビュー

『わたしに××しなさい』北見時雨役・逢坂良太さんインタビュー━━全部が見どころ! “疑似恋愛”から始まるストーリーが面白い!

2009年~2015年まで『なかよし』連載されていた遠山えま先生原作の少女漫画『わたしに××しなさい!』。玉城ティナさん×小関裕太さんのW主演で実写映画化とドラマ化が決定し、このたび、ムービーコミックでの展開も決まりました!

本作は、人気ケータイ小説家として活躍する女子中学生・氷室雪菜が、ラブストーリーを書くために学校一の人気者である北見時雨と疑似恋愛を始めるストーリーです。

ムービーコミックでは、氷室雪菜役を赤﨑千夏さん、北見時雨役を逢坂良太さん、雪菜の従弟・晶役を市川太一さん、時雨の幼馴染・マミ役を田中あいみさんが演じられます。

そこで、主人公・雪菜の疑似恋愛相手となる北見時雨役・逢坂良太さんにインタビューを実施! 学校一の人気者ですが、「腹黒キャラ」という一面がある時雨を、どのように演じられたのでしょうか。本作の魅力や見どころなども語っていただきましたので、ぜひご覧ください!

▲北見時雨(左)・逢坂良太さん(右)

▲北見時雨(左)・逢坂良太さん(右)

 

腹黒い部分を持っている時雨は、人間味あふれるキャラクター

──映画化&ドラマ化が決定している本作ですが、逢坂さんから見てどんな作品に映りましたか?

北見時雨役・逢坂良太さん(以下、逢坂):原作を読ませていただいて、すごく分かりやすい内容だと感じました。難しいことを言っているわけじゃないけれど、新鮮なシチュエーションがあったりして、どんどん読み進められる作品だと思います。

赤﨑さんと一緒に収録したときも、「すごく面白いよね」と盛り上がりました(笑) すごく分かりやすい内容だけど、心の葛藤やモヤモヤした気持ちもちゃんと表現されているので、中学生のちょっと“背伸びをしてみた感じ”が表現されていると思います。

 

──確かに。背伸びをしてみたけれど、その気持ちが何なのか分かっていない部分にやきもきしつつも、展開が気になっちゃいます!

逢坂:ハッキリ言っているんだけども、いまいちその気持ちに気づいていないという部分はありますよね。キャラクターの鈍いところを見ていると、「あ~この年齢だとそう感じるかもね」と納得する部分もあったり。でも、普通の年齢よりもちょっと大人なのかな、と思う部分もあります。なので、小学生の高学年の子や現役中学生が見ると、憧れの対象になるのではないでしょうか。特に、雪菜はクールビューティーだけど、ちょっと女の子らしさがあるという要素に惹かれると思います。

──逢坂さん自身、そのギャップに惹かれますか?

逢坂:僕は、男でも女でもギャップがある人が好きです。良い意味でも悪い意味でも、違った一面を見せられると「おおっ」と思いますね。

──逢坂さんが演じられる北見時雨も学校で見せる姿とは違う“ブラックな面”を隠し持っています。そんなギャップのある時雨に、どのような印象を持ちましたか?

逢坂:普段はやさしいけれど“ブラックな面”を持っている時雨は、とても人間味のあるキャラクターだなと思いました。変な完璧人間よりも、隙のある人のほうが好きなので。そういう意味では、時雨と雪菜は良い相性なんだな、と思います。

──そんな時雨をどんな気持ちで演じられましたか?

逢坂:その場で感じた気持ちや“流れ”に合わせて演じさせていただきました。彼は学園内で見せる「やさしい部分」と「腹黒い部分」を持ち合わせているので、その落差をすごく大きくしてみようかなと。

 

恋愛に興味のない雪菜、逢坂さんにはどう見える?

──本作は、“胸キュンセリフ”が魅力ポイントですが、印象的なシーンがあれば教えてください!

逢坂:僕としては“シーン”よりも“流れ”に注目してほしいと思います。3~5巻あたりになると、雪菜と時雨が男女としてすごく意識し始めるんです。逆に、最初の1~2巻は「悪友同士」が試し合っている感じで、そこにちょっとドキッとする部分がある。よく分かっていないふたりが“とりあえずやってみる”という最初のところが、僕はすごく好きなんです。

そこから“恋心”が生まれてくるんですが、その気持ちにお互い気づかない(笑) 時雨は、気づいていないこともないんですけど、あえて意識しないようにしているというか。

今まで時雨は“惚れられる側”でしたので、“惚れる側”になって変なプライドが邪魔するんです。雪菜は小説のネタのために疑似恋愛をするので、時雨にとっては利用されている感が強く、納得いかないんだと思います。弱味も握られていますし(笑)

 

──そうでした(笑) 雪菜は、時雨の生徒手帖から「黒い秘密」をにぎり“キョーハク”して、時雨と疑似恋愛を始めるんですよね。

逢坂:なので、ある意味、雪菜が時雨を成長させてくれているんだと思うんです。雪菜自身は言わないですけど、「普段の時雨にも魅力があるから、もっとありのままの姿を表に出してもいいんだよ」という気持ちが、少しずつ時雨に伝わっていくところがいいなと思います。

──恋愛に興味のない雪菜だからこそ、時雨と真正面から向き合えるのかも……。

逢坂:基本的に、恋愛に対して興味のない主人公(雪菜)は珍しいですよね。男の子の行動に女の子がドキッとするシーンが少女漫画でよくありますけど、雪菜はそこがわからないから(笑)

──(笑)。疑似恋愛で変わるふたりの気持ちにも注目ですね! そんな雪菜を担当された赤﨑千夏さんの演技はいかがでしたか?

逢坂:赤﨑さんが今まで演じられたキャラクターとは少し違う役でしたので、どんな感じなんだろうな、と楽しみにしていたんです。上から目線になっちゃいますけど、実際にセリフを聴いて「すごく雪菜だな」と感じました。

実は、僕が初めて名前ありのキャラクターを担当したときに、赤﨑さんも同じクラスメイトの役でいらっしゃって、そのときに初めてお会いしたんです。

僕がアニメで主役をやらせていただいたときは(註)、ヒロインとして赤﨑さんがいらっしゃって。なので、昔から一緒に演じさせていただいた方ということもあり、すんなり役に入り込み気負わずに演じることができました。来たセリフにスッと返すことができたので、息は合っていたのかなと思います。

編集部註:『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』(2013年)と思われる。

 

──ズバリ、本作の“見どころ”はどこでしょうか?

逢坂:全部です! 流れを知っていただかないと面白さがわからないと思うので、1話からちゃんと見ていただけたら嬉しいです。年齢関係なく、女性はもちろん男性でも読むことができる作品ですし、僕も原作を読んですごくハマりました。「子供向けでしょ?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、読んでいただけると想像とは違う“ギャップ”を感じるはずです。そのギャップで、さらに面白く感じると思います。

──本当に、良い意味で期待を裏切る作品です! 最後に、読者の方へメッセージをお願い致します!

逢坂:少女漫画で役を演じさせていただくことがあまりないので、今回、すごく楽しく演じさせていただきました。

アニメ化しても人気が出る作品だと思いますが、映画化とドラマ化が待っていますので、まずはそちらのほうを楽しんでいただけたらと思います。そして、興味が湧いたら原作も手に取っていただいて、ぜひアニメ化を(笑)。

キャスト変更されなければ、続けて演じさせていただきたいと思っておりますので、応援をよろしくお願い致します。

──ありがとうございました! ムービーコミックは2018年2月下旬~6月下旬にかけて配信され、2018年春にドラマ放送、2018年夏に映画公開となります。ぜひお楽しみに!

 
[取材・文:福室美綺]

 

ムービーコミック『わたしに××しなさい』配信概要

更新日:毎週月曜日0:00
配信期間:2018年2月下旬~2018年6月下旬
配信話数:1~20話
キャスト:雪菜役/赤﨑千夏、時雨役/逢坂良太、昌役/市川太一、マミ役/田中あいみ

dtv

(C)遠山えま/講談社/BeeTV

 

福岡出身。触れた作品にすぐハマる、ちょろさNo.1ライター。好きな作品は『Free!』『NO.6』『十二国記』『ギヴン』『新世界より』など。好きな声優さんは保志総一朗さんと坂本真綾さん。ハッピーエンドよりも意義のあるトゥルーエンドや両片想いが大好物な関係性オタクで、主にイベントレポートやインタビューを担当しています。最近はVTuberがマイブーム。

この記事をかいた人

福室美綺
福岡出身。触れた作品にすぐハマる、ちょろさNo.1ライター。親友であり敵のような複雑な関係性が大好物です。

担当記事

関連記事
アニメファンなら高確率でハマる!? 美しいビジュアル、華やかな世界……『宝塚歌劇団』の4つの魅力ポイントをご紹介!
“清く、正しく、美しく”をモットーにしている「宝塚歌劇団」をみなさんはご存知でしょうか?宝塚歌劇団は、大正3年(1914年)に創立された格式ある女性だけの歌劇団です。花組・月組・雪組・星組・宙組の5組といずれの組にも所属しない専科に分かれており、団員はタカラジェンヌの愛称で親しまれています。近年では、アニメや漫画作品が宝塚歌劇団で上演されることが多くなり、名前だけ知っているという方も多いかもしれません。しかし、「敷居が高そう」「アニメファンの私には向かなさそう」「興味はあるけど……」と、足を踏み入れるにはなかなかの勇気がいるのも事実。だけどちょっと待ってください! “宝塚歌劇団はアニメ好きこそハマる”ということを、アニメライター6年、ヅカファン(宝塚歌劇団のファンの総称)歴10年の私が保証します!「夢とは見るものではなく、叶えるものです。でも、たとえ叶えられなくても、叶えるために努力する道のりが、私は夢だと思っています。」これは現在でも舞台を中心に活躍されている元男役トップスター・安蘭けいさんの言葉。トップスター就任まで長い道のりを歩んできたからこそ重みがある言葉で、宝塚劇団を知らない方でも自然と胸を打たれるのではないで...
関連記事
映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』緋村剣心と雪代縁の熱いアクションシーンを撮影レポート! 大友啓史監督のインタビューもお届け
日本映画の歴史を変えたエンターテインメント作品の頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。その最新作『るろうに剣心 最終章TheFinal/TheBeginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国公開となります。“最終章”と題し、今回剣心の前に立ち塞がるのはシリーズ最恐の敵・雪代縁。縁は剣心が人斬り抜刀斎だった頃に繋がる因縁の相手でもあります。そんな注目の映画『るろうに剣心最終章』の撮影現場に潜入!剣心と縁の熱いアクションシーンが繰り広げられる現場にお邪魔し、その様子をたっぷりとレポートしていきます。また、撮影現場の見学後に行われた大友啓史監督のインタビューも併せてお届け。これまでの映画『るろうに剣心』とはまったく違ったテイストになっているという“最終章”について語っていただきましたので、ぜひご覧ください。※取材は新型コロナウイルス感染症が流行する前に行われました。クライマックスシーンの撮影現場に潜入!今回お邪魔した現場は、剣心と縁が熱い戦いを繰り広げるアクションシーン。クライマックスのシーンということもあり、撮影現場に入ると熱気がすごく、その場の空気感だけで圧倒されます。...
関連記事
映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』緋村剣心と雪代縁の熱いアクションシーンを撮影レポート! 大友啓史監督のインタビューもお届け
日本映画の歴史を変えたエンターテインメント作品の頂点として君臨し続ける、アクション感動大作『るろうに剣心』シリーズ。その最新作『るろうに剣心 最終章TheFinal/TheBeginning』が、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国公開となります。“最終章”と題し、今回剣心の前に立ち塞がるのはシリーズ最恐の敵・雪代縁。縁は剣心が人斬り抜刀斎だった頃に繋がる因縁の相手でもあります。そんな注目の映画『るろうに剣心最終章』の撮影現場に潜入!剣心と縁の熱いアクションシーンが繰り広げられる現場にお邪魔し、その様子をたっぷりとレポートしていきます。また、撮影現場の見学後に行われた大友啓史監督のインタビューも併せてお届け。これまでの映画『るろうに剣心』とはまったく違ったテイストになっているという“最終章”について語っていただきましたので、ぜひご覧ください。※取材は新型コロナウイルス感染症が流行する前に行われました。クライマックスシーンの撮影現場に潜入!今回お邪魔した現場は、剣心と縁が熱い戦いを繰り広げるアクションシーン。クライマックスのシーンということもあり、撮影現場に入ると熱気がすごく、その場の空気感だけで圧倒されます。...
もっと見る
関連記事
キャラソンメドレーやシークレットゲストで沸いた!保志総一朗さん25周年アニバーサリーライブレポート
2018年8月19日(日)、豊洲PITにて保志総一朗さんの声優活動25周年アニバーサリーライブ「VoiceandHarmony」が開催されました。保志さんがライブを行うのは、2016年5月に行われた2ndLIVE以来の約2年ぶり。5月30日にアニバーサリーアルバムの発売を記念して行われた今回のライブでは、待ちに待ったファンたちで大いに賑わいました。本稿では、シークレットゲストの登場やキャラクターソングメドレーなど、約3時間半にも及んだライブの模様をたっぷりとお届けします!最初から全力疾走!声優活動25年の歴史を感じる楽曲のオンパレード青色の光で埋め尽くされる会場内で、今か今かと待ちわびるたくさんのファンたち。「アニバーサリーライブの始まりだーっ!」と、スパンコールがあしらわれた黒のジャケットに紫色のパンツというフォーマルな衣装で保志さんが登場!記念すべき1曲目は、アニバーサリーアルバムの1曲目に収録されている「Harmony〜夢のチカラ〜」。保志さん自身が作曲した楽曲でアニバーサリーライブのスタートです!続いて披露した「CrystalBlaze」は保志さんが作曲・作詞を手がけた楽曲。「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」とステージ上を移動しては、会場のファンたちを煽り、最初から全力投球の...
関連記事
『アイドリッシュセブン』ŹOOĻ 1st Album “einatZ” 発売記念インタビュー|広瀬裕也さん、木村昴さん、西山宏太朗さん、近藤隆さん、4人で歌う意味が込められているAlbumに
アプリゲーム『アイドリッシュセブン』に登場するユニット、ŹOOĻ(ズール)の1stAlbum“einsatZ(アインザッツ)”が2020年11月25日(水)に発売となりました。そこで今回、アニメイトタイムズではアルバム発売記念として、亥清悠役の広瀬裕也さん、狗丸トウマ役の木村昴さん、棗巳波役の西山宏太朗さん、御堂虎於役の近藤隆さんにインタビューを実施!アルバム曲に込められた想い、それぞれが感じたキャラクターの成長、そして新たなŹOOĻとしての魅力……たっぷりと語っていただきました。すでにアルバムを手に取られた方は、ぜひ曲を聴きながら、歌詞カードを読みながら最後までご覧ください。【アルバム】アイドリッシュセブンZOOL1stAlbum「einsatZ」豪華盤完全限定生産 「einsatZ」はŹOOĻの初アルバムにぴったりのタイトル──最初に、ŹOOĻ初のアルバムが発売されると聞いたときの気持ちをお聞かせください。広瀬裕也さん(以下、広瀬):ほかのグループの方々もアルバムを出されていて、僕も『アイナナ』のファンですので羨ましさを感じつつ、“ŹOOĻももっと曲数が増えたら良いな〜”という気持ちがあったので、すごく嬉しかったです。嬉しさに加えて、“どんな歌を歌うんだろうなぁ”と妄想が膨らみま...
おすすめタグ
あわせて読みたい

わたしに××しなさい!の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング