menu
ゲーム・アプリ
『アイナナ』ŹOOĻ 1st Album発売記念|声優インタビュー

『アイドリッシュセブン』ŹOOĻ 1st Album “einatZ” 発売記念インタビュー|広瀬裕也さん、木村昴さん、西山宏太朗さん、近藤隆さん、4人で歌う意味が込められているAlbumに

アプリゲーム『アイドリッシュセブン』に登場するユニット、ŹOOĻ(ズール)の1st Album “einsatZ(アインザッツ)”が2020年11月25日(水)に発売となりました。

そこで今回、アニメイトタイムズではアルバム発売記念として、亥清 悠役の広瀬裕也さん、狗丸トウマ役の木村昴さん、棗 巳波役の西山宏太朗さん、御堂虎於役の近藤隆さんにインタビューを実施!

アルバム曲に込められた想い、それぞれが感じたキャラクターの成長、そして新たなŹOOĻとしての魅力……たっぷりと語っていただきました。

すでにアルバムを手に取られた方は、ぜひ曲を聴きながら、歌詞カードを読みながら最後までご覧ください。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

「einsatZ」はŹOOĻの初アルバムにぴったりのタイトル

──最初に、ŹOOĻ初のアルバムが発売されると聞いたときの気持ちをお聞かせください。

広瀬裕也さん(以下、広瀬):ほかのグループの方々もアルバムを出されていて、僕も『アイナナ』のファンですので羨ましさを感じつつ、“ŹOOĻももっと曲数が増えたら良いな〜”という気持ちがあったので、すごく嬉しかったです。嬉しさに加えて、“どんな歌を歌うんだろうなぁ”と妄想が膨らみました。

またグンッとレベルが上がった曲ばかりだな、と(笑)。それぞれが仕上げていったらすごく素敵な曲になるだろうな、と思いましたし、自分たちの歌い方や力量次第で全然変わってくるだろうなぁ、と。

こんなに素敵な楽曲を無駄にしてはいけない、“やっぱりŹOOĻは違うな”と思わせるためには気合いを入れていかないとな、といろいろな曲を聞いて思いました。

木村昴さん(以下、木村):まさに“キター!!!と。ŹOOĻの楽曲を余すことなく楽しめるアルバムは目標にしていたものでもあったので、すごく嬉しかったです。

西山宏太朗さん(以下、西山):僕自身は、またŹOOĻの新しい一面がたくさん見られるな、ワクワクだなぁという気持ちとどれくらい歌うんだろうなぁというドキドキの2つがありました(笑)。

ミニアルバムではなくフルアルバムなので、どのくらいの曲を歌うんだろうなとドキドキで。新曲が結構多かったですし、既存曲も歌う側として参加しているのでドキドキとワクワクの両方がきました。

近藤隆さん(以下、近藤):素直に嬉しかったですし、次回のLIVEが開催されたときには他の3組に負けないように曲数をもっと増やせるな、と思いました。

2nd LIVEも歌えることがすごく嬉しかったですが、当時は3曲しか持ち歌がなかったので、たくさん歌っている他のユニットが羨ましかったです。正直バテバテではありましたが(笑)。

一同:(笑)。

近藤:素晴らしいパフォーマンスを見て自分たちも並びたいと思っていたので、やっと肩を並べられるようになったという印象がありました。

──事前に曲を聞かせていただきましたが、本当に曲の系統がそれぞれ違っていて盛りだくさんですよね。

広瀬:そうですね。いろいろな楽曲というか、バラードチックな曲もあればデュエット曲もあったり、今までにはない曲がたくさん詰まっています。

木村:僕は最初、全体を聴いてカッコいい&難しそうという印象を受けました。難しい曲はカッコいいですし、ŹOOĻの楽曲は曲を歌うドキドキと歌い終えたときの達成感がすごいんです。

──難しさでもいろんな難しさがあると思いますが、ŹOOĻの楽曲はどういう難しさなんでしょう?

木村:何て言うんでしょう……日本のポップスにない節回しやメロディーラインの面白さもありますが、言葉のはめ方など、僕自身がかつて得意としていなかった曲の雰囲気があります。

感覚に近い難しさなので言葉でうまく伝えられませんが、拍子のとり方も難しくて。でも、やっていくうちにだんだんつかんでくると、フィットしてきて自由に歌えるようになってきます。

1番最初、「Poisonous Gangster」が難しそうという印象を受けて、そこからŹOOĻの色や雰囲気をつかんできてからは自分たちのものとして歌えるようになってきました。最初の頃に感じた歌の難しさは、「LOOK AT...」も非常に強く感じたのを覚えています。

なので、何が難しいのか分からない皆さんはぜひ歌ってみてください。マジで難しいのがわかると思います(笑)。そういう楽しみ方もおすすめです。

──また、アルバムのタイトルになっている「einsatZ」はドイツ語で音楽用語では「音の出だし」という意味があるとお伺いしましたが、タイトルを聞いてどのような印象を受けましたか?

広瀬:第3部からŹOOĻが登場し、いろいろなことを経験して、やっと今の4人の形になったスタートというか。“これから新たなŹOOĻがスタートするよ!”という意味も含まれていると思います。

木村:ドイツ語じゃん!ってテンションが上がりました。僕はドイツ出身なので、「einsatZ」と聞いてとても嬉しかったです。

ドイツ人の血が騒ぐのか、ドイツ語を聞くとテンションが上がります。ドイツ語がŹOOĻのアルバムタイトルになっていて気持ちが高まりましたし、“入口”や“序章”のような、本でいうところの“前書き”という意味もあるので、すごく良いですよね!

──まさに、ŹOOĻにぴったりなタイトルです!

木村:ここからまた新しいŹOOĻのストーリーや歴史が始まるのかなって思うと、また胸熱な1枚になっていると思います。

広瀬:ŹOOĻの頭文字である「Z」がついているという意味でも、「einsatZ」というタイトルは今回のアルバムにふさわしいタイトルになっていると感じます。

木村:「einsatZ」は入口という意味があるので、逆さまにすることで出口にもなっちゃうみたいな(笑)。無限ループのような感じですよね。また、帯になると「Z」が「N」になる……! これは、“NEW”アルバムの「N」という意味が含まれているんじゃないか!?

一同:(笑)。

木村:……と、こんな風にいろいろな捉え方や考え方ができると思うので、そこも楽しいです(笑)。

▲初回限定盤ジャケット写真

▲初回限定盤ジャケット写真


 
(C)アイドリッシュセブンCD:Arina Tanemura
おすすめタグ
あわせて読みたい

アイドリッシュセブンの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年 冬アニメ一覧 1月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021冬アニメおすすめランキングまとめ! 結果発表!
2021冬アニメも声優で観る!
2021冬アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング