menu
アニメ
『踏切時間』駒形友梨さんインタビュー│子供の頃からの夢だったアニメ主題歌についても熱弁

『踏切時間』真島エリコ役の駒形友梨さんにインタビュー! 林原めぐみさんに憧れて目指してきた念願のアニメ主題歌についても熱弁

2018年4月より放送中のTVアニメ『踏切時間』。双葉社・月刊アクションにて連載中の本作は、踏切の待ち時間で繰り広げられる甘酸っぱい青春を描いた日常系オムニバスストーリー。

この度、第2話に登場した真島エリコ役・駒形友梨さんにインタビューを実施! 作品や役どころについてはもちろん、ご自身が担当する主題歌についてもお伺いしました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

自然体の色っぽさが男子高校生の心をくすぐる!?

――最初に作品をご覧になった印象をお聞かせください。

真島エリコ役・駒形友梨さん(以下、駒形):学生生活の一瞬を切り取った作品ですが、その一瞬の中でも個性的なキャラクターによって様々なドラマが展開していくんだなと感じました。

それは本作に限ったことではなくて、私たちの日常生活でもそうなのかなと思います。自分が過ごしてきた学生生活のなんでもないことは、実は他の人からすれば面白く映っていたりするのかなと考えて、作品と自分をリンクさせながら読ませていただきました。

――駒形さんが演じられる真島エリコはどのような印象を受けましたか?

駒形:私が演じる真島エリコさんは、とてもエロいとクラスで評判の女の子なんです(笑)。たしかに私が学生時代のときも、クラスにひとりはそういう同級生が居た気がするんですよね! みんな同い年のはずなのに、ひとりだけ大人びていてミステリアスで何を考えているのか分からなくて、でも誰に対しても別け隔てなく話しかける子。

自分が学生だったら、そういう子とはグループも違うし、話すのも緊張するなあと思っていたかもしれませんが、真島さんはそういうグループとかは関係なくだれとでも平等に接していて、もしかしたらそういった部分が大人びたように見られる要因なのかなと思いました。

▲真島エリコ

▲真島エリコ

――演じるうえで大事にされているキャラクターのポイントをお聞かせください。

駒形:多分、本人は「私ってエロいでしょ?」と思って生活をしているわけではないんですね。男子にとっても彼女が自然に生活している姿が刺さると思ったので、演じる上でもお色気の方に演技を振るのではなく、女子高生としての等身大の生活を表現するところは大切にしていました。

また、大人っぽい雰囲気も醸し出しているため、あまりキャピキャピし過ぎずに、ちょっとしたところで学生らしさを残しながら演じさせていただきました。

――スタッフの方からディレクションはありましたか?

駒形:スタッフのみなさんと同じことを考えられていたみたいで、彼女の自然体が周りから色っぽく見られてしまうという方向性のお話でした。

ただ、演じている中でところどころで大人っぽくなり過ぎてしまうところがあったので、そこは女子高生を意識してお願いしますとディレクションをいただきました。

――真島さんにあてられた田西君の妄想も暴走していましたね(笑)。

駒形:男子高校生ってこんなにもいろんなことを考えているんだと驚きました。お年頃ですね~!(笑)

――駒形さんからご覧になった作品の魅力はどういった点でしょう?

駒形:フィクションではあるんですけど、自分の学生生活とリンクさせて振り返ることができる点が個人的に楽しめるポイントだと思っています。

「こんなキャラクター自分の学校に居た!」と見つけられるようなバラエティに富んだ登場人物ばかりで、そんなキャラクターの魅力をそれぞれ感じていただければ、より面白く見ることができると思います。

――それこそ通学路に踏切があった人もいると思いますし、ノスタルジーのようなものも感じられるのかなと。

駒形:そうですね! ちなみに原作では実在する踏切をモデルにして描かれているので、「この踏切、学生時代に通った!」という方もいるかもしれません! そこもひとつの楽しみとして、「いつ自分の近所の踏切が登場するんだろう」とワクワクしながら見ていただけると思います。

――今回、駒形さんは主題歌も担当されます。どういった楽曲になっているのでしょう?

駒形:『踏切時間』が青春を描いた物語となっているので、楽曲も青春を感じられる爽やかさを大事にした内容になります。また、私の好きな楽曲の雰囲気も考慮していただいて、最終的に疾走感がありつつ若さでどこまでも行けそうなメロディラインになっています。

また、歌詞も『踏切時間』というタイトルにちなんで、“止まること”と“進むこと”に関しての歌詞になっています。一般的に止まることは悪いこと、止まらずに進むことが大事という認識を持っているかもしれませんが、“進むためにはあえて一度止まってみてもいいかもしれない”といった内容になっていて。

次に進むために踏み切る時間ということで、今までにない斬新な内容の歌詞に仕上げていただきました。「前に進みたいけど進めない、止まっている時間もいいことなんだ!」という葛藤のような内容からも、青春の甘酸っぱい雰囲気を感じつつ歌わせていただきました。

あとはストリングスや私のコーラスも厚めに入っていて、全体を包み込むような雰囲気の楽曲になっています。作品に寄り添う形で、みなさんに興味を持っていただけるようなテーマソングだと思います。

念願叶ったアーティストデビュー、その先は?

――学生時代の甘酸っぱい青春が描かれている本作ですが、駒形さんが学生時代に体験してみたかった青春はありますか?

駒形:私は万年文化部だったんです。学生時代はアコースティックギターを弾きながら歌うフォークソング部や美術部に入っていたので、運動にまったく縁がありませんでした。

だから来世でもし自分の運動神経が良ければ、生徒があまり歩いていない通学路を歩いて朝練に行ってみたり、遅くまでチームメイトと練習した帰りにめっちゃご飯を食べたりと、何かしらの運動部に入って汗くさい青春を送りつつ活躍したいです!

そして球技大会や体育祭でキャーキャー言われたいです!(笑) 私は応援する専門で率先して補欠になったり、全体リレーも足が速くないため周りのみんなに気を遣わせてしまうこともあって心苦しかったので、運動でクラスを盛り上げられるようなポジションになれたらいいなと思います。

――あまり運動全般が得意ではない?

駒形:全っ然ダメですね! どんなに上手にできても中の下だったんです。ただ、代わりに高校の部活では初めて人前で歌う機会を手に入れたので、学生の遊びではありますが今に繋がる何かを培った気がしますね。

もちろん体験できなかった青春もありますが、個人的には充実した高校生活を送ることができたと思います!

――入ってみたかった部活はありますか?

駒形:バスケ部です! 私の仲のいい女の子がバスケ部の部長だったんですよね。何をやってもセンスが良くて、体育の授業のどの種目でも「さすが!」と思っていました。

男女どちらからも別け隔てなく、気軽に色々な人と挨拶できるところもいいなと思います。

――やっぱり近くで見てきたからこそ憧れるものが?

駒形:そうですね、球技大会で応援するだけじゃなくて、カッコよくゴールを決めて応援される方になりたいです! もう本当にキラキラしているんですよね! 足が速くなりたかった……! 来世に期待します(笑)。

――(笑)。また、『踏切時間』というタイトルにちなんで、踏切に関するエピソードがあればお聞かせください。

駒形:アルバイトをしていた頃、職場に向かう途中に踏切があったんですよ。私は結構ギリギリに家を出ちゃうので、その踏切に引っかかるか否かで身支度の余裕が決まってしまいます。

でも踏切が閉まるタイミングが分からないですし、いつもドキドキしながら「開いてろ……開いてろ……!」って念じながら毎週通っていた思い出があります。

ただ、当時は引っかかりたくないとは思っていましたけど、本作を見てからは「引っかかることも楽しいのかな?」と思うようになりました。一緒に待っている人によっては全然印象が違うんだなと感じました。

――それこそ第2話では、ちょっと気になる人との待ち時間でドキドキしていますからね。

駒形:むしろ「開くな!」って思いますよね!

――これからアーティストとして様々な活動をされていくと思いますが、今後の目標をお聞かせください。

駒形:今まで歌わせていただく機会はありましたが、ワンマンライブをしたことはないので、ぜひ実現できるように頑張りたいと思います。

自分の曲だけでひとつのライブを作れるくらい曲数を増やすことや、私の名前をたくさんの方に知っていただくこと、またパフォーマンス面でももっと成長して、いつかひとりでお客さんに楽しんでいただけるよう、ワンマンライブを目指して頑張りたいと思います!

――それでは最後に本作や主題歌を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

駒形:本当に歌が大好きで、ずっと前からいつかソロデビューがしたいと夢を掲げてきました。だからこの度、記念すべき最初のシングルで自分の一曲目を『踏切時間』のOPにしていただけて本当に嬉しく思います! 小学校の頃の私に「やっと曲をリリースすることができたよ!」と報告してあげたいです。本当に素敵な曲になっているので、ひとりでもたくさんの方に聞いていただければと思います。

また、本編にも出演させていただいています。私が声優を目指すきっかけになったのは、アニメ本編の声優とその主題歌をどちらも担当されていた林原めぐみさんなんです。歌もアニメも好きだったので、「どっちもできる方がこの世の中にいるんだ! 私もそんなお仕事をやってみたい!」と思ったことがこの職業を目指したきっかけでした。

そして、そんな小さい頃から憧れていたお仕事を実際にさせていただくことができて、曲への愛も作品への愛もひとしおですし、これからも大事にしていきたいと思います。

内容としても日常的なアニメで、疲れているときにパッと見れるような作品です。見る人の日常に寄り添えるような内容なので、たくさんの方に楽しんでいただければと思います。

――ありがとうございました。

[取材・文/鳥谷部宏平]

作品情報

●TVアニメ「踏切時間」Information
「カンカンカンカン......!」今日もどこかで『踏切』が降り、誰かが足止めされている。『踏切』の待ち時間に繰り広げられる青春、エロス、芸術、初恋......etc。 オール踏切の、日常系オムニバスショートストーリー!

●放送局
TOKYO MX 他

●スタッフ
原作:里好(双葉社・月刊アクション連載中)
監督:鈴木吉男
シリーズ構成・脚本:千葉美鈴
キャラクターデザイン:篁馨
アニメーション制作:EKACHI EPILKA

●キャスト
アイ:千本木 彩花
トモ:小倉 唯
真島さん:駒形 友梨
田西:松永 一輝
駒場みさき:木下 鈴奈
駒場たかし:市来 光弘
詩子:綾瀬 有
黒部:本多 真梨子
先生:間宮 康弘
あけみ:荒浪 和沙
はっさくおじさん:若本 規夫
雪子:田村 ゆかり
斉木:成田 剣

アニメ公式サイト
Twitter公式アカウント (@fumikiri_anime)

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー