声優
『イケラブ』深町寿成さん「僕自身も楽しみ」と楽曲に期待!!

深町寿成さん「僕自身も楽しみ」と楽曲に期待!! 『イケメンシリーズ』新作キャストインタビュー第5弾

大人気アプリゲーム『イケメンシリーズ』の5周年記念アプリ第2弾として発表された『イケメンライブ 恋の歌をキミに』(通称、イケラブ)。本作の2018年夏リリースを記念して、主人公(あなた)との恋のお相手を演じる豪華声優陣12人のインタビューを毎週木曜日にお届けします!

イケラブは、自由なメロディと想いがこもった歌詞による『歌』が政府に規制されている近未来の日本が舞台。規制対象の『歌』をこっそり創っていたあなたは、個性豊かで無謀なアーティストたちと出会い恋に落ちる時、世界にたった1つのラブソングが生まれる、“音楽”ד恋愛”シミュレーションゲームとなっています。

今回は、自由な音楽活動を支援する秘密の会員制ライブ「Own The Night(オウン・ザ・ナイト)」で活動するバンド【SilverVine】のギター&ヴォーカリスト・眞白奏役の深町寿成さんをピックアップ。奏は、その歌声・演奏技術・美貌で、ライブに足を運んだすべての人を虜にするカリスマですが、自分の歌を歌えないなら、死んだほうがマシ、という極端な考え方を持っています。唯我独尊の王様系カリスマで、あなたと同じシェアハウスで生活する奏役の深町さんに、役作りや収録で意識したこと、主題歌の感想などについて伺いました。

「神っぽくなりすぎない」演技とは……
――まず、キャラクターイラストを見た印象はいかがでしたか?

眞白奏役・深町寿成さん(以降、深町):キャラクターイラストを見せていただいて「すごいな」というか、「こんな美しい、カッコいい人を自分がやるのか!」とすごくうれしかったのと、頑張らなきゃというようなプレッシャーがありました。

イラストの時点で、人間離れというか「こういう人、あまり日常にいないな」という印象を受けたので、それは自分が演技するにあたっても大事にしました。同じ空間でしゃべっているという気がしないというか、ファンタジー感みたいなものを意識してやらせていただきましたね。

深町寿成さん演じる【SilverVine】のギター&ヴォーカリスト・眞白奏

深町寿成さん演じる【SilverVine】のギター&ヴォーカリスト・眞白奏

――では、役作りや収録で意識したのはその部分ですか?

深町:現実離れしているということで、貴族っぽい神みたいな要素もありつつ、“唯我独尊”というワードが強調されていたので、俺様みたいな結構グイグイくる感じのキャラクターでもあります。「神っぽくなりすぎない」というディレクションもいただいたので、自分を貫き通すといいますか、俺様感や嫌な感じじゃない上から目線も意識しました。

――「あまり日常にいない」ということですが、役作りの参考にされた方はいますか?

深町:奏は、芸術家肌といいますか、自分の好きな音楽のことになると食べることも寝ることも忘れてしまう、かなりストイックな性格です。たぶん世界的な芸術家の方やミュージシャンの方はそういう気質の方が多いと思うので、“ザ・アーティスト”というタイプだと思います。

まず最初に、脳裏に浮かんだ方もいましたが、このキャラクターにもこのキャラクターなりの個性があると思うので、そのまま真似しようというよりも、自分の中で解釈して作り上げたということの方が大きいかなと思います。

収録で何パターンかやってみて、スタッフの皆さんとの協議の上「このラインでいこう」みたいに定まって。そこからセリフを重ねていく上で、キャラクターがなじんできてきたというか、定着してきたと思います。始めは「どうやろうか……」と、ちょっと自分でもどこに定めたらいいかわからない状態でスタートしたので、やっていく中で出来上がっていきました。今までに演じたことのない、ちょっと不思議な雰囲気のキャラクターかなぁと思います。

――まだ、キャラクターをよく知らない方に、分かりやすいようキャラクターを表現したテーマ曲を決めるとしたら、どんな曲をイメージしますか?

深町:奏の基本的な雰囲気から、クラシックでしょうか。奏とパッと目が合った瞬間にベートーヴェンの『交響曲第9番』のような重厚な音楽が流れて、後ろから後光が差しているみたいな、そういうイメージです。クラシックであればフルオーケストラとか、派手めな音楽。あとは、ショパンのピアノ曲みたいに優雅な音楽が流れる中、お風呂に入っているみたいな感じですかね。お風呂に入っているシチュエーションが衝撃的だったので(笑)。そのシーンは、ちょっと驚きました。

「2つのバンドの楽曲は、全然違うテイストになると思います」と深町さんも期待!
――今回、主題歌もキャラクター12人で担当されたということで、歌っての感想や聴きどころなどがあれば教えてください

深町:奏として初めて主題歌を歌ったので、セリフと同じで「どのラインで歌おうか?」と。普段のしゃべり方が静かな感じなだけに、しゃべっている時のトーンから歌声が想像しにくいキャラクターだと思い、どういう風に歌おうかと少し迷いました。

そこを何とか収録しながら探っていって、最終的に収録した歌声に落ち着いた感じです。そこでやっと、「奏ってこういう歌声なんだ」と僕自身も見えるようになったといいますか、キャラクターのイメージがまた1つ増えたなと思いました。

聴きどころとしては、たくさんのキャラクターがそれぞれ各フレーズを歌っているので、みんなの歌声が楽しめるオールスター感があると思います。別のバンドのメンバーとも歌っているで、オールスターマッチみたいなものを楽しんでいただきたいです。奏としては、ラストサビの前にソロパートのようなものを担当させていただいていて、そこが見せ場かなと思うので注目していただきたいです。

――たくさんいるメンバーの中で、ご自身のキャラクターらしさが感じられる部分や意識した部分はありますか?

深町:主題歌は、熱くて前のめりみたいな“がむしゃら感”があって、高めのキーも強く出したくなるんですけど、奏自体はクールに歌うイメージだったので、熱くなりすぎないように抑えて、引いて歌うことを意識しました。

熱さを出す時も、静かな炎みたいな方向での熱さを出せたらなと思いながら臨みました。曲調に対して、キャラクター性をどのようにアプローチするかが難しかったです。リードボーカル&ギター担当なので、自分がギターを弾きながら歌うとしたら「これ、ギター弾きながら歌えるかな」と思いました。

――実際に、ギターを弾きながら歌った経験は?

深町:バンドとかをやっていた訳ではないですが、子供の頃ギターを弾いていたことがあって。父がロック好きの友達の家に、ビートルズやレッドツェッペリンなどの古いレコードや、ギターもたくさんあったので、その影響で10代になってからエレキギターやアコースティックギターを弾いていました。アコギで弾きながらちょっと歌うくらいはしましたが、エレキギターを弾きながら歌うことはあまりないですね。

――作品にちなみ、ご自身の“心が震えた音楽や瞬間”があれば教えてください。

深町:『マイティ・ソー』の新作映画を見に行ったんですけれども、レッドツェッペリンの『Immigrant Song』という、バラエティーなんかでも使われている誰もがちょっと聞いたことあるような曲が使われていたんです。映画の中で聴くと「こんなかっこいい曲だったんだ!」と改めて実感して、それがすごく感動しました。

シーンと相まってカッコよすぎて涙が出そうになるみたいな経験をしたので、僕が選ぶ2017年泣ける映画第1位は『マイティ・ソー バトルロイヤル』って、映画の宣伝みたいになっちゃったんですけど(笑)。その映画の時にシーンによって、使われ方によって、知っている曲がこんなに変わるんだと感動しました。ロックも聞きますし、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)や今どきの音楽みたいな楽曲も好きなんですけども、音楽を好きになるきっかけになったのはロックかもしれないですね。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

深町:『イケメンライブ』……歌が禁止された世界で、あえて歌を歌う最高にロックな野郎たち、そんな男くさい話じゃないかもしれないですけど(笑)。そんなイケメンたちが歌を禁止されていてもなお、あなたのために歌を歌ってくれるので、その歌をぜひプレイヤーとなって受け止めてくれたらなと思います。

また、このメンバーでバンドをやることで生まれるものがどういった形になるのか、奏たちの【SilverVine】ともう一方のバンドで全然違ったテイストの楽曲になると思うので、どんな曲がどのように提供されていくのか僕自身も楽しみです。ぜひ、皆様にも楽しみに待っていていただけたらと思います。奏は一見、音楽しか興味なさそうなんですけども、皆さんが頑張ればちょっとくらいは振り向いてくれるかもしれないので、音楽のことしか考えられない奏の心をぜひ開いてあげてください!

ゲーム内アイテムの“うさパン”にちなんだうさみみショット!

ゲーム内アイテムの“うさパン”にちなんだうさみみショット!

なお、深町さん演じる奏が所属する3人組バンド【SilverVine】の楽曲「Even if」のミュージックビデオが現在公開中。バンドメンバーのCVを務める深町さん、伊東さん、大河さんが歌う「Even if」は、本作の“歌”が規制されている世界を表現した、退廃的な世界観の歌詞に、美しいメロディが絡み合い、心奪われ撃ち抜かれるような恍惚感あふれる、ライブでの盛り上がり間違いなしの楽曲に仕上がっています。

また、『イケメンライブ 恋の歌をキミに』の、公式サイト、公式Twitter、公式 LINE@にて、事前登録も実施中。すでに『イケメンシリーズ』のタイトルをプレイ済の方も、まだプレイしたことのない方も、彼らが紡ぐ音楽と物語に触れてみてください!

おすすめタグ
あわせて読みたい

イケメンライブ◆恋の歌をキミにの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集