アニメ
『異世界魔王』原作者がオススメする第1話のオススメポイントとは

『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』原作者・むらさきゆきやさんがオススメする第1話のオススメポイントとは【連載】

ついに第1話の放送がスタートしたTVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』。アニメイトタイムズでは、この作品の魅力を伝えるべく、スタッフ&キャストにインタビューを敢行。毎週放送後にインタビューをアップしていきます。第1話の放送直後となるVol.1では、前回に引き続き原作者のむらさきゆきやさんが登場。アニメ化されるまでのお話を伺いました。

 
アニメ第1話は原作者のお墨付き!草薙による背景美術にも注目
――ついにアニメが始まりましたが、原作者としてアニメにはどのように関わっていったのですか?

むらさきゆきやさん(以下、むらさき):各所でいろいろな話を聞く限り、原作者はアニメの制作サイドとぶつかることもあるのだろうと思っていたので、相当な覚悟をして会議に行ったんです。物語にどんな変更がされるのやらと(笑)。私、自著をアニメ化してもらうのは初めてなんですが、いろいろと噂話だけは、いっぱい聞いたことがありましたので……。

ところが、お会いして話を聞いてみたら、村野監督も(シリーズ構成の)筆安一幸さんも、他の方々も、とんでもなく作品を読み込んで、気に入っていただいていました。「この作品を映像化したい」と言ってくださったんです。私自身が忘れているような細かいところまで深く考えてくださっておりました。

――まったく逆の反応だったんですね。

むらさき:先輩作家さんたちから「アニメ化のときに監督や脚本家とぶつかった」という話を聞いておりまして、私もそういう話をするようになるのかな? と思っていたんですけどね。会議があまりにスムーズすぎて、ぶつかった体験談を話す仲間に入れなかったです(笑)。なかなか信じてもらえないんですけど、一度も口論した覚えがないんですよ。

自分のスタンスとしては、アニメはアニメ監督のものだから、誰が何を言おうとも監督の良いようにやってほしいと。だからそのぶん、良いものを作ろうと思って関わってもらえたら、うれしいなって。

まぁ、最初に会ったときに、そういう話をしたんですけど、そんなこと言う必要はまったくなかったですね。だから自分は「ちょっと原作に詳しい人」くらいのつもりで会議に出席しておりました。

――アニメとなると尺の問題があるので、そこは意見も求められたのではないですか?

むらさき:そうですね。尺の問題はどうしてもあるので、何を削っていくかというところで、「そこを削ってしまうと原作を好きな読者さんとしては残念かな」と思うようなところがあれば言いました。

――ただ、第1話と原作を比べると、コンパクトになっているんだけど、非常にうまくまとまっているんですよね。

むらさき:テンポが良くなっていますよね。小説は文章と少しの絵だけなので、何を伝えるにしてもエピソードを書かないといけないんです。

でもアニメだと背景も音もあるから、並行して情報が伝えられるんですよね。だから物語を進めつつ世界観もわかってテンポが良くなっているな、と思いました。

――あの……背景が草薙さんなんですよね。

むらさき:そうなんですよ! 何でこのスタジオに頼めたんだろう?って。はじめに資料をいただいたときに背景に草薙さんの名前が入っていたので、とても驚きました。背景にも、めちゃめちゃ期待しているんです。

アニメーション制作会社の亜細亜堂さんは、『終末のイゼッタ』を観させていただいていたので、キャラクターの作画についてはまったく心配はしていなかったのですが、背景はどこになるんだろうと思っていたら、まさかので。詳しい経緯は聞いていないんですけどね。ありがたいです。

――こういうファンタジー作品は背景が大事だと思うので、注目してほしいところですよね。あと、シェラとレムの衝突も原作に比べるといかがでしょうか。

むらさき:文章だとエピソードを重ねて伝えるようなことが、アニメだとキャラクターの表情や動きと、声優さんの声一発で伝えられちゃうんですよね。やっぱりアニメってすごいなって思いました。

あと、村野監督の絵コンテがすごかったです。私は絵コンテとか脚本を見る趣味があるんですが、村野監督の絵コンテはまるでアニメを観てるみたいに動きや音が伝わってくるようで、すごい方だと改めて思いました。


ディアヴロがこの作品の肝!
――アフレコはいかがでしたか?

むらさき:素晴らしいですよ! 皆さんキャラクターを作り込んできてくださっていて、演技が生き生きしていました。現場での調整にも、すぐ対応していて、さすがプロの声優さんだなって感動しました。すごいです。

自分はゲーム業界にいたので、一人ずつ収録していく現場が多かったんです。大勢の声優さんが掛け合いをしながら収録していくのも面白いな、と思いました。

――水中雅章さんのディアヴロもいかがでした?

むらさき:二面性のあるキャラクターなので、大変だろうと思ったんですが、とても演技の幅の広い方で、イメージどおりに演じていただけて、素晴らしいです。ディアヴロを演じてもらえたことに感謝しています。ディアヴロはこの作品の肝なので、注目していただければと思います。

――モノローグでのヘタレさと言葉を口にしたときの魔王っぽさの切り替えが難しそうですよね。

むらさき:セリフを明確に切り分けるのかと思ってたんですが、つながったセリフの中で、ちょっとヘタれて、でも魔王っぽくみたいなディレクションが多かったので、驚きました。すごく高いところを要求するんだなぁと。それに応える水中さんは、さすがだと思いました。

――ほかに製作面で驚いたことはありますか?

むらさき:「こんなに熱心に作ってもらえるんだ」というところが、アニメに関わって一番驚いたことです。
愛情を持って作ってもらえることは幸せですし、制作された映像のクオリティに、それが反映されてるので、これからの放映も楽しみです。


「誰が何と言おうと良い本文をあげる」それが作者の責任であり権利
――第1話が終わりましたが、むらさき先生的な見どころはどこでしたか?

むらさき:全て気に入っているので、見所を挙げるのが逆に難しいですね。曲も素晴らしいですし。でも第1話で、どうしても一ヵ所だけってことなら、レムの豹耳ですかね! のみこまれちゃうところですかね(笑)。

――間違いないですね(笑)。では最後に、作品を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

むらさき:原作やコミカライズを読んでいる方も、そうでない方も楽しめる作品になっていると思います。間違いなくアニメとしてのクオリティはめちゃめちゃ高いですから。もしも、このアニメが合わなかったら、それはもう原作が悪いとしか言いようがない(笑)。

そのくらい体制が良くて、恵まれた作品だと感謝しています。関わっている方々が良い作品を作ろう、と全力を尽くしていることが、アニメの映像にも現れていると思うので、ぜひこの先も観ていただければと思います。

そして、自分もアニメを楽しみつつ、負けないくらい面白い小説を書いていきたいと思っておりますので、原作小説のほうもよろしくお願いいたします!

[取材・文/塚越淳一]

(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集