声優
『イケラブ』植田圭輔さんが「好きになってもらえる」と自信を見せる!

植田圭輔さんが「好きになってもらえる」と自信を見せる『イケメンシリーズ』、新作キャストインタビュー第10弾

大人気アプリゲーム『イケメンシリーズ』の5周年記念アプリ第2弾として発表された『イケメンライブ 恋の歌をキミに』(通称、イケラブ)。本作の2018年夏リリースを記念して、主人公(あなた)との恋のお相手を演じる豪華声優陣12人のインタビューを毎週木曜日にお届けします!

イケラブは、自由なメロディと想いがこもった歌詞による『歌』が政府に規制されている近未来の日本が舞台。規制対象の『歌』をこっそり創っていたあなたは、個性豊かで無謀なアーティストたちと出会い恋に落ちる時、世界にたった1つのラブソングが生まれる、“音楽”ד恋愛”シミュレーションゲームとなっています。

今回は、『歌』を規制する政府機関・音楽統制局(通称「竜胆」)の監視課(通称「烏」)に所属する銀波弓弦役・植田圭輔さんをピックアップ。過去に、家族に降りかかった不幸により『楽しい』以外の感情が欠落した弓弦は、歌に固執する人間に対して異常なほど冷酷で、「竜胆」に入庁するなり頭角を現し「烏」の課長となります。自由な『歌』に心震わせ、隠れて『歌』を創るあなたとは敵対する立場の弓弦を演じる植田さんに、キャラクターの印象や役作り、収録で意識したことなどについて伺いました。

キャラクターとの違いは「ハキハキとエロい言葉をいう」ところ!
――まず、キャラクターイラストを見た印象はいかがでしたか?

銀波弓弦役・植田圭輔さん(以降、植田):「こんなに、カッコかわいらしくて良かったな」という安心感がありました。同時に、イラストがとても素敵な分プレッシャーも感じましたね。たくさんの方が愛してくれるでしょうし、「責任持ってやらんとなぁ」という気持ちになりました。

――役作りや収録で意識した部分があれば教えてください。

植田:イラストからは爽やかなイメージを受けましたが、資料を読み進めるうちに、一筋縄ではいかないキャラクターだなと。過去の出来事や他のキャラクターによって、しゃべり方や態度がはっきり違うと感じたので、演じ分けというか、しっかり表現しないと「関係性が分からなくなっちゃうなぁ」と思いました。

植田圭輔さん演じる、『歌』を規制する政府機関・音楽統制局(通称「竜胆」)の監視課(通称「烏」)に所属する銀波弓弦

植田圭輔さん演じる、『歌』を規制する政府機関・音楽統制局(通称「竜胆」)の監視課(通称「烏」)に所属する銀波弓弦

ストーリーに沿ったセリフだけでなく、イベントでのセリフや『イケメンシリーズ』として当然“甘いセリフ”もあるということで、いかに「このキャラクターで表現できるか」というところを意識しました。好きな人に対して普段の自分と全然違う分、表現しやすくもあり、見落とすとお客さんにきちんと伝わらないなと思って演じましたね。

――普段のご自身と、キャラクターが似ていない部分で苦労したり悩んだりした点はありますか?

植田:苦労したというか、「こんなにハキハキとエロい言葉を言うことないな」と思いました。僕が年をとっても「一生言うことないやろな」っていうくらい、甘さをたっぷり閉じ込めましたので、新しい“植田”の表現が見ていただけるかと(笑)。

――アニメの収録は経験されていますが、ゲームの収録はいかがでしたか?

植田:ちょうど、ゲームでの声のお仕事をさせていただく機会も増えてきたんですけど、セリフの下に「こういう感情で。こういうニュアンスで」って書いてあって、1~2行読んだら別のシーンや違う感情でセリフを読むっていうのは難しかったです。もちろん勉強はしていくんですけど、自分で理解してないとなかなか進まないんだなと。

仲間内でゲームのアフレコについて話を聞いていたので「こんな感じかな」とイメージしていましたが、キャラクター性を掴むということとはまた違って、収録のやり方に体を慣らすことが難しくて……。キャラクターを演じることと収録することは「別件やな」と思いましたし、自分のスキルアップにもつながりました!

――まだキャラクターを知らない方に分かりやすく、キャラクターを表現したテーマ曲を決めるとしたら、どんな曲をイメージしますか?

植田:バイオリンが得意なキャラクターなので、クラシックバレエとかで踊るような暗い雰囲気のバイオリンのソロから始まって、途中で激しい曲に転調したらカッコいいですね。実は、いろいろな感情で忙しいキャラクターなので、曲の中でもいろんな表情があるとキャラクターらしくて“グッと”くるんじゃないでしょうか。

「好きになってもらえる」と自信作の主題歌に!
――今回、主題歌もキャラクター12人で担当されたということで、歌っての感想や聴きどころなどがあれば教えてください。

植田:曲がすごくキャッチーで、覚えやすかったです。突き抜けるような爽やかさがあって、「これは好きになってもらえるな」という自信がありますね。デモを聴いて、いざ自分が歌ってみて、他の方々の声が加われば作品の世界観も広がるだろうし、『イケメンライブ』の世界そのものが「この歌に全て集約されてるな」と感じながら収録に臨みました。

音楽が規制された世界で、歌や音楽が好きな人たちにスポットが当たっていて、その一方で取り締まろうとする人たちもいるゲームということで、普通よりも歌や音楽に対する思いが強いキャラクターたちが歌っているからこそ、歌詞にも熱いパッションが込もっていると思います。もう、この主題歌で「掴みはOK」だと良いですね。聴いた方が「これは(思わず、ゲーム)進めるわ!」という仕上がりになっているかと思います。

――主題歌の中で、ご自身のキャラクターを感じられる部分はありましたか?

植田:ストーリーを進めていくうちに、いろんな人と関わって、自分が演じるキャラクターも元々の性格から少しずつ変化していくので、その先にたどり着いた気持ちも込めて歌っています。「歌に対して、あまり良い感情を抱いていない彼が歌っているってことは……!?」みたいなことを考えると、「始まりの曲だけど、彼にとっては世界が変わった後なのかな?」と自分なりに解釈していて、始まりであり終わりも感じさせる曲になっていると思います。

――作品にちなみ、ご自身の“心が震えた音楽や瞬間”があれば教えてください。

植田:ラップが好きで、ワードが強かったり強気な言葉が多かったりするので、思いの強い歌詞に“グッと”きますね。「だから俺がここにいる」とか「俺が」といった個人的なワードとか、その人の実体験で、自分は体験してなくても「あるよね!」とリアルに伝わる感じが好きで、どストレートな言葉の方が心に刺さります。

――最後に、ファンの方へメッセージをお願いします。

植田:僕はよくゲームをするんですが、いろんなゲームがあって意外と息抜きや生きる糧になっていると思うんです。なので、みんなも1つはアプリを使っていると思いますし、このゲームはそんなに難しい攻略チャートでもないですし、ユーザーさんが思うままに好きなキャラクターをたくさん愛していただければ、展開もどんどん進んでいきます。『イケメンライブ』というアプリが、その人に対して素敵な時間になると思います。

また、ライブということで歌もきっとたくさんあると思うので、登場人物との恋愛だけじゃなく歌や世界観も好きになっていただけると、もっとゲームの世界観が広がったりいろんな人に伝わっていったりするんじゃないかと思います。それは、たくさんの方にプレイしていただくことでもあるので、たくさんの方に楽しんでいただきたいです。

ゲーム内アイテムの“うさパン”にちなんだうさみみショット!

ゲーム内アイテムの“うさパン”にちなんだうさみみショット!

なお、植田さんら出演キャスト全メンバーが歌う主題歌「最愛PHRASE」のほか、ゲーム内でキャラクターたちが所属するバンド【HOUNDS】や【SilverVine】の公式PVも公開中。4週に渡って毎週金曜日解禁中の新曲MVは、新たに【HOUNDS】のプロピアニスト・銀波律(CV:蒼井翔太さん)が歌うソロソング「雨が終わる場所」が発表されました。

ある事件をきっかけに、弓弦の弟である律は、音楽への愛と憎しみで板挟みの状態に。「雨が終わる場所」は、あなたと出会い、歌に気持ちを込めることで、歌を好きだったことを思い出した律を表現した、切なく優しいピアノの旋律が美しい曲です。

また、『イケメンライブ 恋の歌をキミに』の、公式サイト、公式Twitter、公式 LINE@にて、事前登録も実施中。すでに『イケメンシリーズ』のタイトルをプレイ済の方も、まだプレイしたことのない方も、彼らが紡ぐ音楽と物語に触れてみてください!

おすすめタグ
あわせて読みたい

イケメンライブ◆恋の歌をキミにの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集