声優
『WLW』中村悠一、井上喜久子、小倉唯ドラマCD第3弾インタビュー

『Wonderland Wars』中村悠一さん、井上喜久子さん、小倉唯さんドラマCD第3弾インタビュー

世界の童話などのおとぎ話をモチーフにしたセガのオンライン協力対戦ゲーム『Wonderland Wars(ワンダーランドウォーズ)』のドラマCD第3弾『「Wonderland Wars」 Side Story 第3章』が2018年7月25日(水)に発売!

シグルドリーヴァ(CV.小倉唯)、大聖(CV.中村悠一)、ツクヨミ(CV.井上喜久子)を中心としたエピソードを描く「戦乙女、神々と対談す」ほか、全4編を収録。期間限定生産特典として実際にゲームで使えるデジタルアイテムコードも同梱されます。

この度、中村悠一さん、井上喜久子さん、小倉唯さんに収録直後の感想や聴きどころなどをお聞きしました!

中村さんが『WLW』をロングタイトルにするための秘訣を語る!?

――まずは収録を終えた感想からお願いします。

美猴/大聖役・中村悠一さん(以下、中村):ゲーム内での大聖はキャラクター性とアナウンス込みのセリフが多いので、全体的にテンションや言い方が一緒になるんです。ドラマCDでは、攻撃・やられなどのパターン台詞じゃなく、他のキャラクターとの掛け合いがあるなど、いつもと違った面が見れたので新鮮な気持ちになれました。

――大聖はドラマCD初登場ということでしたが、改めてキャラクターの印象を聞かせてください。

中村:大聖は悟りを開いてしまっているので(笑)。立場が独特というか、慈悲の心があって、人の話を親身になって聞いてくれるのではないかと思って、寄り添って話を聞くようなニュアンスにしています。

根本的には他人に肩入れをしてやり取りをするタイプだと思って、役をやらせていただきました。でも、声に加工が入るので、些細な変化は伝わらないのかもしれませんが(笑)。

――大聖のエピソードを演じられた感想を教えてください。

中村:大聖は聞き手の役割を演じていて、別のキャラクターが軸となって話が展開しています。ゲームでは描かれなかった他のキャラクターとの横の繋がりを楽しむことができました。大聖は他のキャラクターに対して特に何かを言うというわけではなく、神父さんみたいに懺悔(ざんげ)を聞いていく、という感じですね。次回はもうちょっと対等な会話をするような関係性だったらどうなるか、ひとつの可能性を感じることができました。

「この人たちはどういう風に話をしているんだろう?」と、絵面を想像しながら聴くのもドラマCDの面白さだと思います。そういうところは楽しんでもらえたらいいかなと思ったり。大聖のビジュアルとかだと、何をやってもおかしな感じなんですよね(笑)。

――確かに、“拳法着を着用している猿”といった出で立ちの大聖が、街に溶け込む姿は想像できないですよね(笑)。

中村:そういうのも含めて楽しんでもらえると(笑)。

――大聖には厳格なイメージがあったんですけど、他のキャラクターとのやり取りを見ていて、意外と温かみがあるような印象がありましたね。

中村:神様ってどういう会話をするか分からないので、想像の域を出ないんですけど。一定の距離を置くタイプなんじゃないかな、というのは思いましたね。あまり歩み寄らないというか、肩入れはし過ぎないというか。

――神としての威厳を保ちつつ、他人との関わりを最低限に収めるということですね。次に、美猴のエピソードについてお聞きしたいのですが、前回のお話と比べてコメディチックな仕上がりにできているという印象がありました

中村:そうですね。今回は出演するキャラクターが多く、様々なキャラクターとの交流ができたので、そこも面白かったですね。前回は相手に対して気を遣いながら接する部分があった気がするんですよ。他のキャラクターを、自分より弱い存在として扱っているというニュアンスがあったりして。

でも、今回のキャラクター達はそういう関係性はまだないので。そのぶん、コメディな感じになっていたり、会話のテンポが良くなったりとか、そういう面白さはありますね。

――美猴は逆にコメディー向けのキャラなんだなという印象もありました。

中村:まあそうですね。あんまり真面目にやってくれと言われても、ちょっと難しい感じがあります(笑)。ゲームの最初の役作りの時にも、カッコいいというよりは、ちょっと人を食ったようなキャラクターなのかなと思っていたので。そういうところが、より日常パートで顕著に出ている気がします。

――戦闘のボイスはたくましくてカッコいいのに、日常だとあんなにいじられキャラになるんだという(笑)。今回のドラマCDで大聖は他のキャラクターから相談を受けるというシーンがあったのですが、中村さんは人から相談を受けるタイプだったりしますか?

中村:みんな相談するくせに、答えなんか求めてなんてないんですよ(笑)。結局みんな自分で決めてるよね、みたいな。

――(笑)。

中村:例えば「AとBどっちを買ったらいいと思いますか?」という質問に対して、自分はBがいいと思うと言っても、「でもAがですね……」みたいな話になって。その話を始めたら、もう俺必要無いよね、みたいな思いはするので(笑)。相手の考えを尊重しつつ、返事をすることが多い気はしますね。

――後輩から役作りについて質問されたりとか……。

中村:そんなことを質問する後輩は存在しないですよ(笑)。

――美猴のエピソードには、美猴が子どもと遊ぶシーンがありました。中村さんは子どもはお好きですか?

中村:知らない子は好きじゃないですよ(笑)。もちろん、知っているところの子とかは、それなりに可愛いがりますけど。ちゃんとお母さんの言うことを聞いている場面とかを見ると、「真面目な子でいい子なんだ」とか「俺は違ったな」とか、いろいろ思ったり。素直そうな子どもを見ると、やっぱり微笑ましくはなりますね。

――アフレコ現場にも、最近幼い役者さんが増えてきましたよね。

中村:そうですね。僕も『甘々と稲妻』(2016)で遠藤璃菜さん(犬塚つむぎ役)と共演しましたけど。でも、ああいう現場になると、子どもと一緒にいるというよりは共演者だという気持ちがあるので。あんまり子どもだからって扱ったりはしないで、僕としては一応同じ目線で話をしているつもりでしたね。

――なるほど。

中村:ただ、その年代特有の行動とか考えを知りたいから、研究として話を聞くことはありましたね。僕はゲーム好きだけど、今の小学生たちはどういうゲームをしているんだろうと聞いたら、今のほとんどの子はゲームをしないと言っていて。

――そうなんですか!?

中村:友達と遊ぶか、帰ったらYouTubeを観るって言うんです。収録現場の関さん(関智一さん)とか必死に『妖怪ウォッチ』のキャラ(ウィスパー役などで出演)や『ドラえもん』のスネ夫を演じてみせるんですが、子どもたちは特に感動もなく(笑)。「本当だ、スネ夫だ」ぐらいの、サラッとした感じで。

でもその後にHIKAKINの名前が出た瞬間、「HIKAKINと会ったことがあるんですか!?」と、急にテンションが爆上がりするんですよ。

――子どもながらですよね(笑)。

中村:そういうのは見ていて面白いですね。ただゲームになると、ビッグタイトルの作品名を知らない子がいるくらいですから。例えば5歳ぐらいの時に1本出て、続編が出る頃はというと5・6年は間が開くじゃないですか。

ロングタイトルを目指すんだったら、続編を絶えず出し続けないと、子どもの成長に置いてかれるんだなと。だから、『WLW』もずっと遊んでもらえるタイトルにしないとダメですね(笑)。

――最後に、ドラマCDをの発売を楽しみにしているファンの皆様にメッセージお願いします。

中村:元々がアーケードゲームですから、遊んでもらうためのハードルがちょっと高いのかなとは思うんですね。でも、ドラマCDを聞いてもらう機会があれば、そこから作品の世界観に興味を持ってもらえるんじゃないかとも思っています。

見た目でもキャラクター性でもいいんですけど、きっと好きになってもらえるキャラがいると思うし、世界観にハマってもらえるとドラマCDとか派生の展開をした時に面白く聞いてもらえるのかなと思うので。

『WLW』第1弾から手に取ってくださっているファンの方には、引き続き応援していただけると、ドラマCDも第4弾・第5弾と続いていくんじゃないかなと思っています。今回はそのひとつの形なので、ぜひ楽しんでいただければ嬉しいです。

――ありがとうございました。

[インタビュー・編集・撮影/鳥谷部宏平 文/島中一郎]

「かぐやとツクヨミの物語について、もっと知りたくなりました」

――井上さんは本作のドラマCDの初めての出演となりますが、まずは収録を終えた感想をお願いいたします。

ツクヨミ/かぐや役・井上喜久子さん(以下、井上):童話ってみんな大好きだと思うし、私も大好きなんですよ。私の大好きな作品である『かぐや姫』(『竹取物語』)をモチーフにした役をやらせていただけて、すごく嬉しかったです。

――井上さんは童話がお好きなんですね。

井上:本当に子どもの頃から童話が大好きで、とにかくたくさんの本を読んでいました。1回読んだら丸を付けたり日付を本に書き込んだりして、その印がたくさんたまっていくのを楽しんでいたという思い出もあります(笑)。

――印象に残っている童話はありますか?

井上:つい最近、グリム童話の『オオカミと七匹の子ヤギ』を改めて読む機会があって……。いや〜、恐ろしい話ですよね(笑)。お母さんヤギがオオカミのお腹を切って、子どもたちを助け出した後は石ころを入れて縫い合わせるっていう。オオカミを井戸に突き落とすっていうくだりは、読んでいて「ぎゃー!」と思って(笑)。

童話って子どもの頃は楽しく読めましたけど、大人になって読むとひどい話もありますよね(笑)。『かちかち山』なんか、復讐に燃えたウサギが悪さをしたタヌキに対して、とんでもない復讐劇を行うという(笑)。

――結構とんでもないことをしますよね(笑)。

井上:昔話って奥が深いな〜と思って(笑)。私は久しぶりに『かちかち山』を読んで、逆にそんな復讐をするウサギさんの将来が心配でなりませんでした(笑)。

――ウサギさんはこのままで大丈夫なのかという(笑)。

井上:いろいろ考えさせてくれますし、童話って本当に面白いと思います。子ども達はこうやって色んなことを学ぶんだなということを、改めて実感できました。

――『WLW』で井上さんはかぐや役だけでなく、ツクヨミ役も担当されていますよね。

井上:ツクヨミの方はアーケードゲームの中では描ききれていなかった部分も、ドラマCDでは表現されていて。ツクヨミって実はこういう部分があったんだ、というシーンが隠されていたり、ちょっとしたツボをついてくるようなお話がとても面白かったです。普段はキツい性格をしているツクヨミについて、新しい発見があったのが嬉しかったですね。

かぐやも普段は大人しいというか正統派なイメージですけれども、今回のドラマCDの中では、珍しくはしゃいでいる姿を見ることができました(笑)。演じていて、すごく楽しかったです。

――今までかぐやには厳かなイメージがありましたが、今回のシナリオを読んで意外と砕けた人物なんだなという印象を受けました。

井上:かぐやの温かい人柄や、ツクヨミの神様らしい部分も表現できたので、嬉しかったですね。

――そもそも、アーケードゲームのドラマCDというのも珍しいですよね。

井上:そうですね。普段は戦闘シーンがメインなので、ゲームとはまた違った切り口で表現することができましたし、キャラクター同士の掛け合いも演じることができて楽しかったです。かぐやとツクヨミの物語について、もっと知りたくなりましたね。

――そんなツクヨミとかぐやを演じられる上で、どういったところを意識していましたか?

井上:ドラマCDのかぐやはどちらかというと、普段の自分をわりと遠目で見ている感じというか……、私は全然お姫様じゃないですけど(笑)。わりと素のままで演じることができるキャラクターではあります。

逆に、ツクヨミの方はクールなタイプなので、二人のキャラクターを自分の中で演じ分けるという意味では、とてもやりやすかったですね。自分の中の白い部分・黒い部分といった演じ分けができる二人なので、すごくやりがいがあったキャラクターでもあります。

――総じて今回のドラマCDについて、聴きどころを教えて下さい

井上:ツクヨミの方は、こんな風にかぐやのことを思っていたのかっていう、キュンとさせてくれるポイントが隠されているので、ぜひそのくだりを聞いていただきたいです。あと、童話のキャラクターたちが現代の飲み物を飲むと、こんな風になっちゃうんだっていうシチュエーションがツボでした(笑)。

――最後に、ドラマCDの発売を楽しみにしているファンの皆様にメッセージをお願いします。

井上:いつもゲームで『WLW』を楽しんでくださっている皆さん、本当にありがとうございます! 今回のドラマCDでは、ゲームの中とはちょっと違った一面を楽しんでいただけると思います。ぜひゲームとドラマCDの両方を楽しんでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

――ありがとうございました。

[インタビュー・編集・撮影/鳥谷部宏平 文/島中一郎]

ドラマCD初登場のシグとシュネーのデートシーンは必見!?

――今回、シグルドリーヴァがドラマCD初登場となりますが、収録を終えてみていかがでしょうか?

シグルドリーヴァ/シュネーヴィッツェン役・小倉唯さん(以下、小倉):最初にシグ(※シグルドリーヴァ)を収録したのは2,3年前になるので、最初に台本をいただいたときは「当初の声を出せるのか」という不安があったんですけど、当時に収録した音声を聞いたら少しずつ記憶が戻ってきました。彼女自身はアンドロイド口調と言いますか、あまり気持ちが言葉に表れないので改めて難しく感じました。

ゲームの音声だと短いセリフが多いのですがドラマCDだと会話劇なので、長いセリフでキャラクターをずっと維持しないといけないところは、実は今までやってこなかったんです。そこで今回、シグを演じてみて「こういう難しさがあるキャラクターなんだ」と痛感させられました(笑)。

――今回のエピソードを通してシグの印象は変わりましたか?

小倉:今回のお話ではシグの生い立ちと言いますか、改めてバックボーンにあたるエピソードを彼女が淡々と説明しています。口調には感情があまり入らず喋ってはいますが、心に人が宿っているなと感じられましたし、シュネー(※シュネーヴィッツェン)に対しては「こういう思いがあってここまでやってきたんだな」という場面も見られて、初めて身近に感じられました。実は人間らしい女の子なんだなと実感できましたね。

――エピソードを通して彼女の人間味が感じられますよね。

小倉:意外でした! 一見、冷徹に見えそうですけど、意外に心は温かい女の子でした。

――また、エピソード内でシュネーとシグとして掛け合いをする場面がありました。

小倉:さすがにドラマCDで自分同士の掛け合いをすることは初めての体験です(笑)。ただ、キャラクター性がどちらも反していると言いますか、静と動のように対称的な性格となっているので、そこは聞き分けていただければ嬉しいです。

また、シグがどれだけシュネーのことを思ってそこまで来たのか、色々と悩みや鬱憤を晴らした末にデートのようなシーンが見られます。口には乗らないけど心は楽しんでいる気持ちで、そのシーンは演じさせていただきました。

――改めて「戦乙女、神々と対談す」の魅力は?

小倉:やっぱりシグのシーンは聞きどころになると思います。初登場させていただきましたし、コンピュータのような彼女だからこそ理解できないところを彼女なりに解決しようと奮闘する部分は注目してほしいです。

ただ、それも理論的にと言いますか、周りが正しいことに対して裏取りをして、決定打をとなる材料を揃えてから自分の最終的な判断を下すところは面白いキャラクターだと思いますし、改めて彼女のキャラクター性が垣間見えると思います。また、周りで巻き込まれた人たちもなんやかんや付き合ってくれているのが優しいなと思いつつ、収録させていただきました(笑)。

――今回、シグが神々に相談するわけですが、小倉さんは人から相談を受けるタイプですか? それとも相談するタイプ?

小倉:どっちもあります! 友達が社会人になりたての子が多いので、職場での愚痴に近い相談とか、人間関係での話を聞いたりしますね。同業の方だとお芝居の相談だったり、色々と機会はあります。

――ちなみに、そういった相談をするようになった際、気分転換をするためのリフレッシュ方法はありますか?

小倉:お散歩をするのが好きなんです。現場と現場の間で微妙な時間が空いたときは、早めに行って周りを探索したり、一駅分歩いたりしています。歩くとスッキリする気がしていて、トコトコと知らない土地を踏んでみることも面白くて、たまにやっています。

あとは買い物ですね。好きな物を買って気持ちを高めています。最近買ったものだと新作のコスメで、夏に向けた新作コスメがいっぱい出てきているので追えないくらい忙しいです(笑)。夏だと限定のコスメが出るので、それを見たり買ったりすることが楽しいですね。

――前のイベントでお話していたスライムは……。

小倉:スライムブームは……過ぎ去りつつあります(笑)。

▼関連記事


――(笑)。では最後に発売を楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

小倉:いつも『WLW』を応援してくださってありがとうございます。どうやら私は『WLW』のドラマCDシリーズにおいて皆勤賞らしいので、ぜひこのまま次回も呼んでいただけると嬉しいです(笑)。

また、今回はシグルドリーヴァというドラマCDでは初登場となるキャラクターを演じさせていただきました。より、新しいキャラクターの個性や、そこから広がる世界観をドラマCDを通して楽しんでいただけるきっかけになるんじゃないかなと思います。

みなさんも一緒に皆勤賞を目指して、この先ドラマCDが続く際にはお手にとっていただければ嬉しいです。

――ありがとうございました。

[取材・文・撮影/鳥谷部宏平]

商品情報

大好評につきドラマCDシリーズ第3弾が発売決定!本作もキャストの素顔?を余すところ無く収録!! 笑いあり涙ありの聴きどころ満載な全4話をお贈りします♪

■収録トラック
01 糸の切れた人形と時を渡る少年
02 戦乙女、神々と対談す
03 道化師の素顔?
04 アナザーワンダーランドウォーズ

※予定となり変更の可能性があります

■あらすじ

『糸の切れた人形と時を渡る少年』
かつて闇に囚われていたジュゼ。ヴィルヘルム、シェハラザード、マメールが集まる中、ジュゼがキャストとして新たな物語を歩み始めるまでに起こった出来事が火遠理から語られる…。

『戦乙女、神々と対談す』
父たる神々の命に背き天界を追放されたシグルドリーヴァ。果たして父神の考えは本当に正しかったのか。疑問に考えたシグルドリーヴァは神である大聖とツクヨミに心の内を打ち明ける……。

『道化師の素顔?』
謎多きキャスト、マグス・クラウン。マグスを怪しむシュネーヴィッツェン、美猴、闇吉備津に彼が語る自らの物語とは…。

『アナザーワンダーランドウォーズ』
現実世界に出現してしまった禁書を回収するためにドロシィ、リン、かぐや、吉備津彦が向かったのはテーマパーク。ハロウィンで賑わうテーマパークの中で無事に任務を遂行することはできるのか?

■出演キャスト
ジュゼ(CV.水瀬いのり)
火遠理(CV.梶裕貴)
マメール・ロワ(CV.磯村知美)
ヴィルヘルム(CV.杉田智和)
シェハラザード&オト(CV.沼倉愛美)
シュネーヴィッツェン&シグルドリーヴァ(CV.小倉唯)
美猴&大聖(CV.中村悠一)
かぐや&ツクヨミ(CV.井上喜久子)
マグス・クラウン(CV.鈴村健一)
吉備津彦&闇吉備津(CV.江口拓也)
ドロシィ・ゲイル(CV.M・A・O)
リン(CV.五十嵐裕美)

※予定となり変更の可能性があります

■ジャケットイラスト
前嶋重機

■商品概要
発売日:2018年7月25日(水)
品番:FFCG-0105
定価本体:2,800円+税
発売元・販売元:株式会社フロンティアワークス

【期間限定生産特典】
デジタルアイテムコード
・WRアシストカード(ソウル)「銀靴の精霊 ネッサ」×11枚
・カスタムチャット(ジュゼ、火遠理、ドロシィ・ゲイル)

WRアシストカード(ソウル)「銀靴の精霊 ネッサ」

【アシスト】使用可能レベルに達すると、以下の効果を発動する。
〔(小)/中/大/特大〕 ▲最大HPが上がる
〔(小)/中/大/特大〕 ▲スピードが上がる
〔特殊〕 ▲装備しているマスタースキルのカテゴリが移動の場合帰城にかかる時間が減少する
【ソウル】巨人召喚 回復唱
 周囲を一定時間ごとに回復しながら、敵拠点へ向かう巨人を召喚する。

カスタムチャット

「綴ろう、ボクたちの物語を!」(ジュゼ)
「綴ろう、儂らの物語を!」(火遠理)
「綴るで、うちらの物語を!」(ドロシィ・ゲイル)
※1つのアイテムコードで上記カスタムチャットが全て手に入ります

※発売日より1年間を経過した時点で、特典付パッケージの生産を終了します(予定)
※アイテムコードの有効期限は2019年12月31日までとなります。

■店舗特典
▼セガストア
ジャケットイラスト柄 クリアファイル
セガストア商品ページ

※数量限定のため、無くなり次第終了いたします

▼アニメイト
ジャケットイラスト絵柄 ブロマイド 2種同封
1)火遠理&オト
2)ジュゼ

※数量限定のため、無くなり次第終了いたします

作品公式サイト
ワンダー部

(C)SEGA
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集