menu
映画
『グリザイア:ファントムトリガー』内田真礼×佐倉綾音インタビュー

『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』内田真礼×佐倉綾音インタビュー

3月15日(金)から劇場上映がスタートする『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』。

フロントウイングの最新作アニメとなる本作は、国防の名のもとに特殊任務を遂行する超法規的組織・SORD(ソード)のメンバーとなった少女たちを描く物語。

アニメイトタイムズでは本作の劇場上映を記念し、レナ役の内田真礼さんと、トーカ役の佐倉綾音さんにインタビューを実施。それぞれが演じるキャラクターの魅力や、作品の見どころについて語っていただきました。

『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』のあらすじ

“国の組織CIRS(サーズ)”によって新たに作られた、特殊技能訓練校「美浜学園」…様々な理由で行き場を失くした少女たちに与えられたのは、銃と実弾。

拳銃を使用するレナ、狙撃を得意とするトーカ、爆弾と情報処理のクリス、諜報活動担当の忍者ムラサキ。彼女たちは、日々、SORD(ソード)のメンバーとして、警察や自衛隊には解決できない事件にあたり、危険な活動を繰り返す。

K県U港――。入国予定だった要人が突如として姿を消した。

SORDのメンバーは失踪事件の捜索を開始するが、消えた“荷物”を捉えようとする度に、もう少しの所で逃げていく。

姉妹校『京船桜が丘』のSORDメンバーである、双子姉妹との協力、および確執。そして――夜の街を疾走する謎の女ライダー「ソウルスピード」・マキの噂――。追跡はやがて壮絶な死闘となり、心身ともに引き裂かれてゆく。

…しかしそれは、レナたちの出逢いにまで遡る過去への旅でもあった。

渡辺明夫が描く魅力的なキャラクターたち

ーークラウドファウンディングによるファンの皆さんからの支援もあってアニメ化された本作ですが、決定した際はどんなお気持ちでしたか?

内田真礼:私たちはゲームのオーディション段階から「アニメ化を見越した作品」とお伺いしていて、早くファンの皆さんにもお伝えしたかったので、「ついにきた!」という思いでした。

佐倉綾音:現場でも真礼ちゃんと「いつアニメになるんだろうね?」と話をしていて。

内田:ゲームの方はずっと収録していたからね。

ーーキャラクターデザインを『物語シリーズ』などでも有名な渡辺明夫さんが担当されているのも本作の魅力の一つですよね。

佐倉:それがパッと目に飛び込んできたときに魅力的すぎて。オーディションのときにはキャラ絵ができあがっていて、「これはみんなが好きなやつだ!」と思いました。

絵にすごくオーラがあって、まずパッケージイラストを見るだけでも興味をそそられますし、ゲームの中身を見てみると、現実では体験できない世界観にワクワクを煽られて。

「アンダーグラウンドな世界に憧れた若き日を思い出す…」という感覚になれる人が多い作品なのではないかと思います。

内田:ゲーム内でキャラクターが一枚絵で登場しても綺麗ですし、それを見ているだけでストーリーを進められるくらいに感情が高まる部分だなと。

その綺麗で可愛いキャラクター+とても専門的な銃の設定も盛り込まれていて。台詞を喋っていても難しい言葉がたくさん出てくるんですけど、たとえ知っていなくてもじわじわくるというか。

掘れば掘るほど深くのめり込んでしまうようなシナリオも相まって、色んな魅力が光る作品だと思います。

ーーお二人が演じるキャラクターの印象、好きな一面を教えてください。

内田:レナは二面性があるキャラクターなんですけど、何をやってもうまくいかない“ポンコツ可愛い感”で周りをホッとさせてくれるような一面があります。

裏で人がただ死んでいく現実味のない殺伐とした世界の中で、登場する女の子たちが学校や宿舎に戻ってきたときに笑えるような役割を担っているのかなと。

割とクールなキャラクターが多い作品の中で、レナのそんな一面を皆さんにも良いと感じてもらえたらと思います。

佐倉:私はオーディションの原稿を見たときに、「こんな典型的なツンデレ台詞を吐くキャラクターがこのご時世に居てもいいのかな…」と思ったんですよ。

アニメの第1話でも「勘違いしないでよね!」というベタベタなツンデレ台詞が出てくるんですけど、2019年に言っていいものなのかと…(笑)。

でも彼女のことを知っていくと、興味のあるものを勉強したり、自分の知らないことを把握しようと色んな文献に目を通したりというインテリな一面が見えてきて。

そう考えると、彼女のツンデレ台詞は漫画や本の知識から仕入れてきたものなのかな?と納得のいく部分があって。

そんな健気さや素直さが彼女の根っこにはあるんだろうなと思うと、可愛らしく思えてきますね。

役者としての安心感と信頼

ーーアニメーションになって印象が変わったキャラクターはいますか?

内田:今回のアニメから声が付いたハルト(CV:代永翼)は印象が変わりましたね。

佐倉:良い意味で?

内田:良い意味かどうかは…ちょっとわからないけど(笑)。ゲームの中では触れてこられなかった部分なので、こういう感じの温度感なのかと。ハルトはちょっと距離を感じる存在なんですよね。

佐倉:“ヤバいやつらを引っ張っていくに値するヤバいやつ”というか。そこに代永さんの演技が加わって、“ナルシスト・サイコパス”な感じに仕上がっていて(笑)。

内田:「大丈夫だよ、レナ」という台詞を代永さんの声で聴くと、「ふぁ〜」って気持ちになる(笑)。

ハルトが持つアンバランス感は、ある意味でレナたち暗殺者4人をまとめるのにぴったりな存在なのかなと思いますね。

佐倉:「レナはどうしてこんなやつのことを好きなのか?」ということも含めて、レナに対して「狂気じみてるな」という印象がプラスされたかも(笑)。

ーー(笑)。内田さんと佐倉さんはお互いの演技についてどのような印象を持たれていますか?

佐倉:レナは真礼ちゃんの声が加わることで、狂気が増された部分もあれば、まろやかになった部分もあって。絶妙なバランス感になっているなと。

内田:ちょっと自律神経が変になっている感じはあるよね(笑)。

佐倉:ボタンを掛け違えている感というか。

内田:確かにレナには少しそういうところがあるかな。トーカに関しては、“居てくれる安心感”のようなものがあって。

レナが「ぽや〜」としていても、綾音ちゃんの声で「こらっ!」としっかり締めてくれるであろうという(笑)。

私自身、役者として綾音ちゃんの声を聴く機会が多いこともあって、そこからくる安心感や信頼もありますし、思いっきりやってもそれをまとめてくれる懐の深さが綾音ちゃんにはあるんです。

佐倉:私にとって真礼ちゃんは予測不能なお芝居をする人というイメージなので、意外とまとめにかかるのも大変なんですよ(笑)。

結構稀有なお芝居の質だなと思っていて。そういう意味では、レナとトーカの立ち位置はしっくりくるかなという気がします。

内田:私もこのキャラクターの立ち位置はすごく楽なんだよね。

佐倉:私は真礼ちゃんの後ろで支える役というか。

内田:もしかしたら、役者の中身とキャラクター性が近いのかな?

佐倉:そうかもしれないね。

絶妙なバランスで仕上がった狂気に満ちた世界

ーー今回劇場上映される第1話、第2話の見どころを教えてください。

内田:今回のアニメでは、レナがどのような体験を経てハルトのもとへやってきたのかや、子供時代からのレナとマキのやり取りが描かれていて、物語の導入としてこれまで「グリザイア」シリーズに触れてこなかったという方でも入りやすくなっています。

一本筋の通ったストーリーがしっかりとあり、キャラクターの一人一人が大事に描かれている作品ですので、これからも続いていったらいいなと思います。

佐倉:すごく軽率に人が死ぬ作品で、銃声などの音の重さにとてもリアリティーがあるのですが、私たちキャストの声も相まって、おどろおどろしいという感じではなく、少しライトな仕上がりになっています。

それがこの世界の狂気であり、良い意味で感情移入できない、アニメーションだからこそのエンターテインメント感だなと。

原作ゲームをプレイされている方がより楽しめるのはもちろん、「グリザイア」シリーズ初心者の方でも比較的見やすい内容だと思います。

ーー最後に上映を楽しみにしているファンの皆さんへメッセージをお願いします。

内田:例えば銃に興味があったり、キャラクターデザインに惹かれたりと気になるポイントが一つでもあれば、ぜひ劇場に足を運んでいただければと思います。彼女たちの活躍を見ていただければ、きっと好きになってもらえると思うので、『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』をよろしくお願いします!

佐倉:個性的で可愛らしい彼女たちが、ある意味簡単に人が死ぬような歪んだ世界の中で懸命に生きる様を、あるときはコミカルに、あるときはシリアスにと絶妙なバランスで描いた作品となっています。ぜひ良い音響と大きなスクリーンでご覧ください!

ーー素敵なお話をありがとうございました!

インタビュー・文・撮影:吉野庫之介

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION

2019年3月15日(金)より劇場上映

【上映劇場】
北海道・ユナイテッド・シネマ札幌、東京・EJアニメシアター新宿、大阪・梅田ブルク7、福岡T・ジョイ博多 ほか

【スタッフ】
原作:フロントウイング
監督:天衝
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫
制作:バイブリーアニメーションスタジオ

【キャスト】
レナ:内田真礼
トーカ:佐倉綾音
クリス:名塚佳織
ムラサキ:種崎敦美
マキ:南條愛乃
ハルト:代永翼
有坂秋桜里:井澤美香子

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧