menu
声優
映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」配信記念宮野真守さんインタビュー

想いを伝えるには勇気が必要「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」配信記念宮野真守さんインタビュー

世界的大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」魔法ワールド新シリーズ「ファンタスティック・ビースト」。

その最新作となる「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が、日本の銀幕で封切られたのは、2018年11月23日のことだった。

平成最後の「ハリー・ポッター」シリーズという見方もある同作は、幻の動物たちや仲間たちとの時間、闇の魔法使いとの戦いを見事に描き切り、日本国内では圧倒的な支持を得た。

イギリスを抜き、世界2位を記録。日本国内だけで330万人を超える動員人数を魅せ、大ヒット映画という言葉がピッタリな実績を残した。

今回、アニメイトタイムズでは主人公であるニュート・スキャマンダーの吹き替えを務めた宮野真守さんにインタビューを実施した。

アニメイトタイムズからのおすすめ

世界観が更に広がった

――「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」について改めてお聞かせください。

宮野真守さん(以下、宮野):1作目である「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」から更に世界観が広がりましたよね。明かされていく事柄もありつつ、深まる謎もあったり。

「ファンタスティック・ビースト」は単独でも十分楽しめる作品ですけど、「ハリー・ポッター」シリーズのファンであればたまらないワードも飛び出したり。シリーズを知っていても、知らなくても両方の方が楽しめる作品になっていると思いますね。

――ニュート・スキャマンダーの吹き替えを担当した上で、宮野さんが感じたことはありましたか?

宮野:今回の作品においてニュートは一つの決断をします。自分の研究や目的に対して、突き詰めていた彼が、グリンデルバルドに対抗する道をしっかりと決めていくのは彼にとって大きなものだったと思いますね。

――ニュートは非常に正義感が強い印象です。演じる上で意識していたことなどはありますか?

宮野:物事の本質を知って動こうとするニュート。そこが正義感につながると思うんです。誰しもが持てる感情ではなくて。ニュートは特別な存在なのかなって。

物語の終盤、リタ・レストレンジとのシーンで「あなたはどんな怪物でも愛せるのね」って言われたシーンがあるんですけど。彼の愛情の深さや信じるものに対しての考え方。そういったところは特別なところがあると思って、僕は演じています。

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧