menu
アニメ
TVアニメ『マギアレコード』リレーインタビュー:二葉さな 役 小倉 唯

TVアニメ『マギアレコード』リレーインタビュー:二葉さな 役 小倉 唯 「二葉さなは私の分身、彼女の変化が、わが子のように嬉しかった」

ドッペル、ウワサ、そして新しい魔法少女たち……次々と謎が深まっていくアニメ『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』。第8話からは、内気な魔法少女・二葉さなが登場します。彼女を演じるのは小倉 唯さん。幅広い活動で知られる彼女が、内気なキャラクターを演じることはどんな経験だったのでしょうか。『マギアレコード』の収録を通して、彼女の心情の変化を伺いました。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

自分の経験をキャラクターに活かすということ

――『マギアレコード』のアニメ化が決まって、楽しみにしていたことがあればお聞かせください。

小倉 唯さん(以下、小倉)アニメ化で一番楽しみにしていたことはアフレコでした。ゲームの収録は基本ひとりでするものなので。ゲーム収録の時は、みんなのセリフを想像しながら声を出していたんですが、アニメの収録ではみかづき荘のみんなといっしょに声を当てられるのかなと思うと、とても楽しみでした。

みんなでキャッチボールしながら声を当てられるというのは、アフレコならではの感覚です。キャラクターたちが動くのも、ゲームで素敵な映像を見ていたからこそ、これがアニメーションになったときにどんな迫力が生まれるんだろうとますます楽しみになりました。

――『マギアレコード』のルーツでもあるアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』は2011年に放送された作品です。こちらの作品にはどんな印象を抱かれていましたか?

小倉:もう9年前なんですね。つい最近のことだと思っていました。一世を風靡した作品という印象が強かったです。

タイトルに「魔法少女」や「☆」がついているので、ポップでキャッチーでかわいい作品なのかなと思いきや、蓋を開けたらかなりシリアス。今まで見たことのないような独特の世界観が繰り広げられていて、ひと目見ただけでこれが『魔法少女まどか☆マギカ』なんだ、という説得力がありました。

これだけ強い魅力を持った作品は、近年珍しいんじゃないかなと思っています。少女たちが、大切なもののために戦う姿は、かわいさだけではなく強さもあり、ファンの人たちが応援したくなる気持ちがわかるような気がしました。

――『マギアレコード』に参加するときは、『魔法少女まどか☆マギカ』を意識しましたか?

小倉:『マギアレコード』のタイトルには『魔法少女まどか☆マギカ外伝』というサブタイトルが付いていますが、最初に作品に参加するとき、スタッフさんから「あまり意識しなくても大丈夫です」という説明があったんです。

ただ、世界観も登場人物もリンクしているところがあるので「少女の葛藤」や「心の中にある闇深さ」というものは、常に意識しながら臨んでいました。

――「二葉さな」というキャラクターの印象をお聞かせください。

小倉:さなは過去にトラウマがあって「透明人間になりたい」という気持ちに至ってしまった女の子なんですが、そういう心の裡に籠ってしまう女の子を演じるのが、実はすごく好きで。さなの体験も、私の実体験と少しリンクするところがあるんです。

彼女の心の引っ掛かりや、もやもや。辛い想いや哀しさ……。まったくわからない世界ではなかったんですよね。自分も似たような経験をしているからこそ表現できるものがあるのかなと。自分の苦い経験が、このキャラクターを演じることに結びつけられたのは、偶然だったのかな、何なのだろうと、ふと考えてしまいましたね。

――じゃあ、ご自身とさなが近い印象があったんですね。

小倉:そうかもしれないです。自然、という言葉は変かもしれないですけど。私の中では、自然と、さなの苦い経験がお芝居に昇華できた気がするし、そこから、みかづき荘のみんなに出会って、打ち解けていくのが、自分のことのように嬉しくて。新しい家族ができたことの温かさを感じられました。素敵なストーリーだなぁと。

――さなと自分が最も似ているなと感じているところはどんなところでしたか。

小倉:彼女(さな)は「他人が怖い」というか、いつもまわりの様子を伺っていて、自分がいることで周りの人に迷惑をかけるんじゃないか。だったら、自分が消えてしまえば良いんだ、と周りより自分を責めてしまうタイプの女の子。そういう背景には、彼女の辛い経験があるんですよね。

実は私も小学生や中学生のころ、さなみたいな辛い経験を味わったことがあって。まわりの人の様子を伺ってしまったり、言葉が出てこなかったりしたことがあったんです。それはまさに、さなに通じる部分だなと思っています。まわりの人の機嫌とか、視線を伺ってしまう気持ちがよくわかるんです。

私も常に「自分のせいで、周りに迷惑をかけてしまったらどうしよう」と考えこんでしまうタイプなので、「さなは私の分身なのかな?」と思えるほど共感ができるキャラクターでした。

――そうだったんですね。小倉さんというと元気なイメージがあったので、意外でした。

小倉:そうですか?(笑) 私としては、自分の苦い経験をさなのお芝居に活かせたのがとても嬉しかったです。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners
おすすめタグ
あわせて読みたい

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(結果発表)
冬アニメ声優で観る
2020年冬アニメ声優インタビュー特集
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
平成アニメランキング