menu
アニメ
春アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』田中敦子&大塚明夫&山寺宏一インタビュー

春アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』田中敦子さん&大塚明夫さん&山寺宏一さんインタビュー|『攻殻機動隊』を語る上で外せない声優陣が再び集結! 今回の『攻殻機動隊』はどうだった?

ついに4月23日(木)よりNetflixオリジナルアニメシリーズとして配信がスタートする『攻殻機動隊 SAC_2045(以下、2045)』。神山健治監督と荒牧伸志監督が描く新たな『攻殻機動隊』はどうなるのか、期待していることも多いことでしょう。

そこで今回は『攻殻機動隊』を語る上で外せない、公安9課のメンバーを演じる声優陣のインタビューをお届け! 対象キャストは草薙素子役の田中敦子さん、バトー役の大塚明夫さん、トグサ役の山寺宏一さんの3名です。

3人は旧知の仲ということで、終始楽しげに取材に受け答えしてくださっていたのが印象的でした。新たな『攻殻機動隊』についてだけでなく、それぞれが演じるキャラクターについてもお聞きしましたので、ファンの方はお見逃しなく!

アニメイトタイムズからのおすすめ

阿吽の呼吸の9課メンバー

――まず最初に『2045』の台本を読んだときはどう思われましたか?

田中敦子さん(以下、田中):台本とリハーサル用DVDが一緒に来たんです。

山寺宏一さん(以下、山寺):ある程度出来上がったやつを。

大塚明夫さん(以下、大塚):うん。

田中: 2Dのアニメーションから3DCGになると印象や作品の雰囲気が随分変わりますね。キャラクターデザインもイリヤ(・クブシノブ)さんになりましたし。

大塚:元々、タチコマなんかは3Dで撮っていたわけでしょ。そこら辺の親和性みたいなものはそんなに悪くないんじゃないかと。

山寺:台本の内容はどうだった?

大塚:やっぱり「これだから、攻殻機動隊なんだよ!」っていう感じ……。非常に分かりにくい説明で申し訳ないんだけど(笑)。

田中:最初からね。

山寺:僕はトグサはまた別行動なんだって思いました(笑)。

田中&大塚:(笑)。

山寺:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』でもそうでしたけどね。別のところから9課のメンバーが一つになった時の感動が。

大塚:みんな揃った時のね。

山寺:ね! それは荒巻さんも含めてですけど。そういうストーリーなんだと思って、読みながらドキドキワクワクしました!

大塚:ジェット機から荒巻さんが降りてきて、ヘルメットを外すときにカツラがズレたみたいな感じになっちゃって……(笑)

山寺:それはまだ未完成の映像がたまたまそうだったというだけで、出来上がりはちゃんとなってますから!(笑) 元・公安9課の素子たちのチームのところへ荒巻さんが現れるシーンがあるんですが、それが面白かったですね。感動シーンですよね?

田中:そうそうそう。

山寺:「お、久しぶり」みたいな。

大塚:でもアフレコリールを見たみんなが言葉を失っちゃって(笑)。

山寺:感動すべきところなのに、まだ未完成の映像だったんですよ。荒巻さんのズラが外れたみたいになって、感動のシーンなのにそれでみんなで大笑いするという……(笑)。

――それは(笑)。

田中:あと、トグサと荒巻だけが日本にいて、私達はアメリカで暮らしている設定には、ちょっと驚きましたね。

――『攻殻機動隊』は様々な収録がこれまでも行われてきましたが、このメンバーが再び集まった感想はいかがですか?

田中:プレッシャーもあったり、ある種の緊張感をもってスタジオに入りましたけど、スタジオでみんなに会った瞬間に、「もう大丈夫、先輩方に付いていけばいいんだ!」って落ち着きました。

監督は、昔のまま、神山(健治)さんだし、荒牧(伸志)監督との2トップに任せて公安9課が一丸となって、今まで通りにやればなんの心配もないんだっていうことを第一話の収録で実感しましたね。

でも、今作で初参戦するツダケン(スタンダード役・津田健次郎さん)はかなり緊張されたでしょうね(笑)。

山寺:あと、今回はフル3DCG、モーションキャプチャーでアクターの方が芝居を付けて、声もその時撮ってるんですよね。なので、それを参考にしつつ所謂ガイド的なやつは口が合ってるんですよ。

それを参考にした方がいいのか、聞かないほうがいいのか迷いましたね。自分の芝居をしたいけど、表情とか口に合わせるためには、その撮影時の音も……聞くも聞かないも自由なんですよね。

田中:そうなんですよね。用意はしていただいていて、聞く人、聞かない人それぞれでした。

山寺:そこが今回大きく違うんだよね。

大塚:そうだね。でも、自由感が少し減った感じはあるよね。

田中:そうね。

山寺:でも、みんなの声を聞いたら前と全然変わらないっていう不思議な感じは僕はしましたけどね。

――今回、フル3DCGになった『攻殻機動隊』のキャラクターをご覧になってどう思いましたか?

田中:今回、トグサね!

大塚:トグサ、イケメンにカッコよくなったよね。

山寺:そう。カッコよくなっていて、前もこうだったかなって見返してみたら、大分違う。僕の印象は俳優の中川大志くんが大人になった感じみたいな。

田中:あぁー。

山寺:違うかな? 大志くんは昔から知っている子なのでそう思ったのかな。それにしてもトグサは、すごくカッコよくなっちゃたなっていう。でも急に声をイケメンっぽくやるのも変なんで、変わらずやりましたけど。そこは変えちゃ駄目だろうって。

田中:そうですよね。そこはイリヤさんのキャラクターデザインになったことでの変化。素子の場合は、すごく可愛らしい印象になりましたから、どうしようって。

山寺:すごく可愛いよね。

田中:声を若くしたら、私たちをキャスティングしていただいたことの意味が無くなっちゃうんだろうなって思って、「S.A.C」と同じように演技しています。

山寺:僕たちじゃなくて別のキャストにする選択肢だってあったのに。

田中:(笑)。そこはオリジナルでいく醍醐味というか、観ていただいた方に私たちが声を入れるっていうことで表現できる世界観みたいなものを感じ取っていただけたら良いなと思いました。

大塚:いずれにしても楽しみにしておいて欲しいよね。

山寺:あれ? バトーはそんなに?

大塚:バトーは髪が短くなったくらい。

山寺:あのゴツさは変わらないですよね。みんなちょっとさらにオシャレになった感じ。

田中:そうですね。

山寺:リアルだね、とにかく。着ているものも、雰囲気も。素子のすごくリアルな……。

田中:太ももの上の辺りがちょこっとだけ出ているという、義体なのにあれはきっとこう……。

大塚:何回も見ても、ちょっと通りすがりにすっと触りたい感じが。

山寺:止めなさい! (笑)

大塚:(笑)。

山寺:でも、今回の3DCGでさらにリアルになって、素子がもしあそこにパンツを履いてなくて、あのハイレグだけだったら……! アニメの時も思ったけど、ずっとそこ見ちゃうよね。下履いていて良かったね。出ているのは腰骨だけでね……(笑)。

田中:大丈夫ですか~(笑)。

山寺:何言ってるんだろう……。なんか、ごめんなさい(笑)。

田中:大丈夫です! きっと。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング