menu
音楽
中島 愛、初のキャラソンアルバムインタビュー

何年経ってもキャラクターに命を吹き込む。その責任を感じるし、やりがいも感じます|中島 愛さん、初のキャラソンアルバムインタビュー

キャラクターソング・コレクション『FULL OF LOVE!!』を9月30日にリリースする中島 愛さん。『マクロスF』ランカ・リーの楽曲から、自身のラジオから生まれたオリジナルアイドル“めぐちゃん”の曲まで収録した本アルバム。隠れた名曲だらけの名盤なので、ぜひチェックしてほしい!

今回アニメイトタイムズでは、そんなアルバム制作時のこだわりや楽曲の思い出をたっぷり聞かせていただきました!

アニメイトタイムズからのおすすめ

レコーディング以来、菅野よう子さんのピアノをバックに歌った名曲「ホシキラ」

ーーキャラクターソング・コレクション『FULL OF LOVE!!』ですけど、作品としてすごくいいアルバムだと思いました。

中島 愛さん(以下、中島):ポップスとしてすごくいいですよね。みんなに知ってほしい曲がたくさんあったというのが、このアルバムを作るきっかけになっているんです。

ベストアルバムの『30 pieces of love』を出したとき、「星間飛行」が入っていないんですねと聞かれることが多かったんですけど、私たちのほうでも入れるかどうかの話はしていたんです。でもやはりキャラクターに寄り添って作られた楽曲は、それだけで1枚にまとめるのが理想的だと思ったので、いつかキャラソンアルバムを出したいという気持ちはスタッフに伝え続けていました。そうしたら昨年末くらいに、出そうという話になりまして。

ーーランカ・リー=中島 愛名義の「星間飛行」のほうが、個人名義よりもリリースが早かったですからね。当時、イコールと表記されたのも印象的でしたが、今はランカとはどんな距離感で、どんな思いがありますか?

 
中島:デビューから年数を重ねるごとにイコールということに対しての重みとか理由は考えるようになりましたね。演じてきたキャラクターとか作品ごとに思い入れがあるけど、このイコールの表記の意味は大きいですし、自分のデビュー作で、まだソロデビューできるとも思っていなかった頃の曲なので、ここから始まったという気持ちは大きいんです。

だから、すごく不思議な関係で、これまでも自分から率先して“キャラソン”という言葉は使ってこなかったんですけど、今回は、“キャラクターに寄り添った”アルバムという解釈で受け止めてくれたらうれしいです。そして、やはり曲数が多かったので、ランカの曲は5曲入っています。

ーーこれはどういう選び方で?

中島:『マクロスF』という作品の中で重きを置いて使われていた曲を選んだので「アイモ」や「ホシキラ」が入っているんです。

ーー個人的に「ホシキラ」が、『マクロスF』でも一番好きな曲なんです。

中島:うれしいです! 私の中でも特別な思いがあるので入れたいなと思っていたんです。

ーー『マクロスF』は、結構リアルライブもやっていましたが、最近でも当時でも、思い出に残っているステージはありますか?

中島:これはアニメの企画ではないのですが、一番最近で、今年菅野よう子さんによるオンラインライブ(『YOKO KANNO SEATBELTS オンライン七夕まつり』)が七夕にあったんです。

これは本当に急遽決まったんですよ! だからすごく驚いたんですけど、菅野さんの演奏で「ホシキラ」を歌うというのはレコーディング以来で、ライブでは初めてだったんです。実は、本来であれば『フライングドッグ10周年記念LIVE ‐犬フェス!』で歌う予定でした(※2019年2月2日開催。菅野よう子さんはインフルエンザのため出演見合わせとなった)。

今回は、ORIGAさんへの追悼の気持ちを込めての「ホシキラ」だったので、キャラクターとして表現するところに重きを置いていたわけではないのですが、記憶としては一番鮮やかに残っています。ライブではアンコールで、May'nちゃんと「ライオン」も歌ったので。

ーーあのオンラインライブは、本当に素晴らしかったですね。

中島:私もまさかこんな日が来るとは思っていなかったです。ライブをしていたビクタースタジオって『マクロスF』のときから、菅野さんとMay'nちゃんと私とで、いろいろな曲をレコーディングをした思い出の場所でもあったので、30代になってもこの曲を歌ってほしいと呼んでいただけることに感謝の気持ちがすごくありました。

ーー七夕というと、09年にさいたまスーパーアリーナで開催された伝説のライブ『YOKO KANNO SEATBELTS 超時空七夕ソニック』を思い出しますしね。

中島: 22世紀までやらないと私たちにも言い切っていた菅野よう子さんがオンラインライブに踏み切ってくれたわけですから、ひとつ光は指しましたよね。私もそれがうれしくて、それならいちファンとしては、もう一度SEATBELTS、地球に来てくれるんじゃないかなと思っています(笑)。

でも、スタッフさんも含めて当時のことを知っている方たちでのオンラインライブだったから、かなり初心に返りました。だからいまフレッシュな気持ちでいます(笑)。

ーーそれと、『SANKYO presents MACROSS CROSSOVER LIVE 2019 at 幕張メッセ』で『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』のクライマックスシーンを再現してくれたのも、うれしい記憶です。

中島:あれももう1年前ですよね。『マクロスF』としては、2010年のクリスマスライブ(『カンノヨーコ produce マクロスF 超時空スーパーライブ Merry Christmas without You』)が最後なので、サヨナラノツバサのステージをやりたいという気持ちがMay'nちゃんにも私にもあって。だから、時が経っても遠くなるのではなく、また近くなって関わるタイミングがあることはうれしいですね。

きっとリアルタイムで見ていなかった方もいらっしゃると思うんです。でも何年経っても同じようにキャラクターに命を吹き込むことができる。これはランカだけではなく各キャラクターに対してもですけど、その責任をすごく感じるし、やりがいも感じるし、声優ならではのことなのかなと思います。それをデビューから12年経って、また学び始めている感じがします。

おすすめタグ
あわせて読みたい

中島愛の関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年 秋アニメ一覧 10月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(今期10月)おすすめランキングまとめ! 結果発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング