menu
映画

仕事や進路、恋に悩む新キャラたちと“どれみ”はどうつながるのか――『おジャ魔女どれみ』20周年記念映画『魔女見習いをさがして』瀬川おんぷ役・宍戸留美さん 声優インタビュー

子供たちが憧れる要素が盛りだくさんの『どれみ』 

――『おジャ魔女どれみ』がたくさんの方に愛されている理由や魅力とは?

宍戸:子供たちが憧れる要素が盛りだくさんなところです。例えばおんぷちゃんならかわいくて、アイドルで、たまに努力している姿を見せたり、あとで帰国子女のももこちゃんが登場したり、赤ちゃんを育てたり。

それにギャグもあるから男の子も見るし、性別や年齢問わず、幅広い層に楽しめる作品になっているところが人気の理由なのかなと思います。

 

 

――また魔法ものでありながらもリアルな悩みや出来事が描かれていたり、すべて魔法に頼るのではなく、自分で何とか解決しようと努力したりするところも共感できると思います。

宍戸:そうですね。思いやりや友情も描かれていて、エンターテイメントだけでなく、教育アニメとしても素晴らしい作品になっていると思います。

――シリーズごとにキャラたちの学年や年齢が上がっているところもリアリティがあって。

宍戸:そこは意識して演じるのではなく、みんなと自然に成長していけた気がします。

――演じているおんぷについて最初に演じた時の印象と、演じていく上で新たに発見した魅力、感じた成長や変化とは?

宍戸:第1シリーズの途中から登場した時は、どれみのライバル的な存在で、私が大好きなポジションで演じていましたが、回が進むにつれて段々、みんなと仲良くなり、人のことを思いやれる、良い子になって。みんながいたから成長できたし、自然にお芝居することができました。

TVシリーズで印象的だったおんぷの2つのエピソードとは?

――TVシリーズやOVA、映画などのエピソードの中で印象に残っている、またはお気に入りのエピソードを教えてください。

宍戸:日常のクラスメイトと過ごすおんぷちゃんもいいけど、お仕事をしているおんぷちゃんは私が過去にアイドルという職業をやっていたので、重なるところがあって。

好きなエピソードは、新人の森野かれんちゃんと最終オーディションに残って、上がり症のかれんちゃんのために自分の魔法玉を全部使い切ったお話です。どれみたちとお友達になる前に初めてできた友達だったので印象深くて。

あとハリウッドのオーディションに合格できなかったおんぷが女優のさくやさんに出会ったエピソードも素敵でした。演じられた唐沢 潤さんも素敵な役者さんで、私もリアルに憧れてお芝居しました。

(C)東映・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

魔女見習いをさがしての関連画像集

関連商品

おすすめ特集

dアニメストア秋アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023秋アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2023秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング