menu
アニメ
春アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』宮野真守×本渡 楓 対談【連載01】

アニメ『ゾンビランドサガ リベンジ』巽 幸太郎役 宮野真守さん×源 さくら役 本渡 楓さん対談|2期でもおもしろさのために妥協なく全力!新たな壁に挑むフランシュシュの姿を見守って【SAGA_R:01】

 

熱い想いが伝わってきたフランシュシュの新曲「REVENGE」

――作中でフランシュシュの新曲「REVENGE」も流れましたね。「Wow wow wow wow……」の歌い出しから力強い歌詞や歌い方で、オケもブラスやベースが効いたファンキーさもあって。主題歌でもいいような。

宮野:めちゃめちゃカッコいいよね。

本渡:歌詞も「リベンジ」というタイトルそのままで、やらかしてしまったフランシュシュが立ち上がって、再び挑んでいくという想いが伝わりました。サビのところで、「失望を」「屈辱を」「失敗を」「後悔を」と一人ずつ言葉を発してつなげていってから、さくらが「炎にくべて高く狼煙を」と歌い上げるところの熱量がすごくて。

宮野:最後にこぶしを高くつき上げる感じで。たぎるし、フランシュシュを応援しがいがあるよね。

本渡:モーションキャプチャーの方の振付からカッコよくて、駅前不動産スタジアムでのライブにもうちょっとお客さんが入っていれば、お蔵入りせず、披露できていたんだなと残念な気持ちも(笑)。でも「ガイルス」で歌えてよかったです。

宮野:僕も収録前に聞かせてくださいと頼んで、この曲を聞きました。幸太郎が曲を作っている設定だし、作中で「よかよかよかーった~~い♪」と口ずさまないといけなかったので(笑)。

本渡:あんなふうにあの神曲が生まれたんだなって。

宮野:幸太郎は才能にあふれていますね。

本渡:歌詞はフランシュシュの想いであり、幸太郎さんの想いでもあるかなと思いました。

 

クセになる愛のアルバイト先の社歌。実はキャスト全員で歌う予定も!?

――あと愛のアルバイト先の社歌も。ピアノの演奏一本で唱歌や昭和初期の歌のようで、歌詞はよくよく聞くとコミカルで。いただいた音源の仮題には「イカの魂無駄にはしない」と書いてありました(笑)。

本渡:収録後もキャストのみんなが口ずさんでいたくらいハマっていて、しばらく頭から離れませんでした(笑)。

宣伝担当:デスおじ役のかぬか光明さんと佐藤せつじさんも控室で歌ってました。

宮野:僕らも収録前に待合室でがっつり練習をして。

本渡:みんなで練習して、ハモりまでマスターして準備万端だったのに……。

宮野:収録が押してしまって歌うことができなくて。

本渡:歌いたかったです! 

宮野:今の状況だと限られた時間の中で、分散しての収録なのでタイムスケジュールも厳しいからしょうがないよね。

本渡:そう考えると、1期があってよかったなと改めて思います。1期をやっていたおかげで「他の人はこうくるかな?」とか想像できるので。


 

久しぶりの掛け合いは楽しく。幸太郎が叫ぶシーンではノドを壊すくらいのハイテンション!?

――久しぶりにキャラを演じる上で意識した点や難しかった点はありましたか?

本渡:1期の後もゲームやコラボなどでさくらを演じる機会はありましたが、掛け合いをするのは久しぶりだったので嬉しかったです。自宅でリハーサルビデオを見ながら練習する時、皆さんのパートも何となくしゃべってみるんですけど、収録では皆さんが予想を遥かに超えてくるので笑っちゃいました。さくらが怒るところでも自然と憤りを感じたり、掛け合いっていいなと改めて思いました。

宮野:僕も特番やアプリゲームでの収録はあったけど、幸太郎を演じるのは久しぶりで。だから1話の収録は「そうそう! これこれ!」という感じだったよね。ここまで演じてみると、1話が一番テンションが高いんじゃないかと思うくらいだったので、ノドがぶっ壊れました(笑)。

本渡:確かに。今まで一番スタートダッシュがすごかったんじゃないかなって。

宮野:しかもふざけた叫びではなく、心の叫びだったので。ガイルスに駆け付けた幸太郎が1人「アンコール!」を連呼すると、他のお客と乱闘になって。そこにサキが参戦しようとした時、「アイドルなら歌えぇっ! 叫べぇっ! お前らの新たな産声を聞かせんかぁいっ!」と叫んだシーンは振り絞りました。今までとは違う幸太郎の一面を見せるシーンだったので。

本渡:他の作品で掛け合いはしていましたが、自分の声がこんなに他の人の声にかき消される現場はありません(笑)。横にいる宮野さんがすごいテンションで、それも嬉しかったです

宮野:だから2話以降は、いつもの幸太郎を取り戻せたので自由に楽しくやっています。でも全力なのは毎回、変わらなくて、その感覚も懐かしかったです。

あと本渡さんは偉いなと思いましたね。1話ではありませんでしたが、1期同様に本編の前に超絶に長くて、早口な前話回想があって。当日にセリフが変わることもよくあるし。

本渡:変わったり、増えたり、いろいろと(笑)。

宮野:あれができるスキルが素晴らしいなと思います。

本渡:「私は試されているんだろうか?」と毎回思っています。

宮野:早口だけどただ言えばいいだけではなく、感情の起伏も激しいし。非常に難しいことをさらっとやっていらして。さくらというキャラクターも積極的に人と関わろうとするし、他のメンバーの変化にもよく気付くんですよね。

本渡:決して逃げないし、見て見ぬフリはできない子なので、他の子の痛みや苦しみも共有してしまうこともあって。

宮野:「本当にいい子だな」と思いつつ、ドジなところもかわいくて。

――1期の終盤で記憶を取り戻した後のさくらはどん底にいましたが、最終回のアルピノでのライブで完全に復活したんだなと、1話を見て感じました。

宮野:確かにスランプだったもんね。

本渡:そうですね。1期の最終回で気になったあのシーンについて、この1話でさくらが幸太郎さんと話すのかなと思っていたらまったく触れず。そこも『ゾンビランドサガ』らしいなと思いました(笑)

(C)ゾンビランドサガ製作委員会
(C)ゾンビランドサガ リベンジ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ中間発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021春声優・スタッフインタビュー特集
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング