menu
アニメ
春アニメ『フルバ』The Final 草摩杞紗 役 上田麗奈|声優インタビュー第12回

春アニメ『フルーツバスケット』The Final 草摩杞紗役・上田麗奈さん|彼女が「前に進んでいく姿」に勇気付けられた【声優インタビュー第12回】

2021年4月より、テレビ東京・テレビ愛知・テレビ大阪ほかで放送中のTVアニメ『フルーツバスケット』The Final。

本作は2019年4月より新スタッフ&キャストにより全編アニメ化となったTVアニメ『フルーツバスケット』の最終章となっており、ついに“十二支の呪い”を軸に繰り広げられてきた物語が結末を迎えます。

アニメイトタイムズでは最終回に向けて、キャスト21名のメールインタビューを毎日連載でお届け! 第12回目は、十二支の「寅」の物の怪憑きである草摩杞紗役の上田麗奈さんです。

アニメイトタイムズからのおすすめ

バランスが良くなった杞紗と燈路の関係

——The Finalで心を鷲掴みにされたシーンやセリフ、好きなシーンなどがあれば教えてください。

上田麗奈さん(以下、上田):印象深いのは、4話での、燈路と杞紗が二人一緒に涙を流すシーンです。

燈路の想いを知った杞紗から発せられる「もういいよ」というセリフに、心があたたかくなりました。

——これまでのシーズンとは違い収録形式にも変化があったと思いますが、アフレコ現場の様子はいかがでしたか? ディレクションや演技面で気をつけたことがあれば教えてください。

上田:The Finalの序盤は特に、新しい収録形式にまだまだ慣れていない状態で。

人と会ったり話したりすることが減ってしまうと、マイク前での「会話」も、なんだかぎこちなくなってしまって……本当に大変でした。

でも、フルバは「心が動く」シーンがたくさんある作品です。みんな一緒に収録することはできなくても、かけあう相手にちゃんと想いが届くように、精一杯頑張りました。

——杞紗といえば燈路との関係性です。The Finalを迎えて2人の関係性について上田さん自身、どのように感じられますか? また、燈路の1番好きなところを教えてください。

上田:うわべだけじゃなく、より深いところまで支え合える関係になってきたように感じます。

想いが上手く噛み合わなかったこともあったけど、それぞれが色んな経験を積んだことで、今は前よりも、2人のバランスが良くなったのでは!

(C)高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会
フルーツバスケット 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

フルーツバスケットの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021秋アニメ最終
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング