menu
音楽
石原夏織さんが2nd LIVE「MAKE SMILE」を振り返る!/インタビュー

石原夏織さん、2nd LIVE「MAKE SMILE」を振り返る!|今までやっていないことにも挑戦した衣装、さらにメイクも曲の雰囲気に合わせて変化/インタビュー

声優・石原夏織さんの2nd LIVE「MAKE SMILE」(2021年2月20日 パシフィコ横浜 国立大ホールにて開催)の模様を収録したBlu-ray&DVDが、2021年7月7日に発売されます。

歌にダンスに魅力的なパフォーマンスを見せてくれた石原さんですが、彼女のライブの特徴のひとつに衣装の豊富さもあります。1stライブから毎回多数の衣裳を着用しており、それが2ndライブではさらにパワーアップ。趣の違う5種類の衣装だけでなく、同じ衣装でも途中で細部を変化させて雰囲気を変えるなどの工夫も見られました。

そこで今回のインタビューでは、ライブ衣装のことを中心に、ステージ演出や幕間映像のことなどいろいろお話をうかがいました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

5種類+αの衣装では、今までやっていないことにも挑戦

――今回はBlu-ray&DVDだからこそじっくり見てもらいたいポイントとして、衣装や演出などを中心にお聞きしたいと思います。まず、1着目は鮮やかなエメラルドグリーンの衣装でした。

石原夏織さん(以下、石原):最初に登場するときの衣装は、華やかさがあって少し大きめのものをスタイリストさんがいつも作ってくださるんです。前回の1stライブツアーでは長めのスカートだったので、今回は短めにしようとなりました。

スカートの後ろのリボンのような飾りは、もともとはずっとつけたままにするか、逆についていない姿のどちらかにしようと話していたんです。でも、今までとは違うことをしようと思って、途中でダンサーちゃんに外してもらい、マイナーチェンジすることになりました。同じ衣装でちょっとずつ雰囲気が変わっていくのを楽しめるのも、今回のポイントかなと思います。

――衣装をどういう風にするかは、ご自身の意見も結構いれているのですか?

石原:こうして欲しいと明確な考えがあるときは言ったりします。でも、より良いものにしたいので、衣装さん、マネージャーさん、プロデューサーさんなど、いろいろな見方をしてくれる方の意見をもらうことにしています。

――2着目は、ビビッドな黄色のスカートが印象的です。トップスはピンク系のチェック柄でしたが、こちらの衣装はいかがですか?

石原:この衣装はスタイリストさんからいただいたアイデアなんです。ライブではスパンコールやビジューでキラキラさせることが多いんですけど、この衣装はあえてそういうのを付けずに、光沢感のある生地で照明がうまく映えるように作っていただきました。

形も割とカジュアルめで、普通の洋服でもありそうな感じにして。そういった衣装は今までやっていなかったのですし、2ブロック目の曲調とも合いそうだなと思って決めました。

――衣装だけでなく髪型も変えていますよね。ここまで変える人は多くない気がします。

石原:そうなんですよ。意外とほかの方は変えていないから、次のライブではそんなに変えなくてもいいかなって話をよくするんです。でも、結局本番近くになって、やっぱり変えようってなるんですよね(笑)。


 

衣装の細部、メイクも曲の雰囲気に合わせて変化

――3着目からは、そのブロックで披露する楽曲のイメージにさらに合わせた感じでした。ちょっと気になったことがあって、このタイミングでメイクをかなり変えましたよね?

石原:そうです。衣装と髪型だけでなくメイクもちょっとずつ変わっていたんですけど、ここで一気に白いアイラインが入ったりしています。

――その白いアイラインがすごく印象的で。

石原:会場では気づいていなかった人がいたかもしれないですけど、映像だとこう変わっていたんだとわかると思います。

――そういう部分をしっかり確認できるのも映像を見る楽しみのひとつですよね。

石原:私は(メイクをしてもらうため)お人形状態になっていたので詳しく何色を使っていたかまではわからないですけど、アイシャドウもひとつ前でつけていたのを落として変えていたり、アイラインを少しつり目にしていたんです。

――確かに、目からも大人の強い女性のイメージを受けました。

石原:そうなんです。前半パートよりも後半パートの方が大人っぽい印象なので、ここをきっかけにほとんど変えました。前髪も変えていろいろ挑戦しています。

――衣装の方は、どういう名称で呼べばいいのかわからないですが、布をまとった感じが特徴的だなと。

石原:今までもセパレートでお腹が見えている衣装はありましたけど、今回はお腹が見えていることよりも布をまとっている印象が強いですよね。その布がいい動きをして、大人の余裕さや色っぽさを演出してくれました。着るとすごく気持ちが変わるんです。「Taste of Marmalade」や「Diorama-Drama」の世界観に自然と引き込んでくれる素敵な衣装だなと思いました。でも唯一、色で悩んだのがこの衣装なんです。布自体も衣装さんが一から制作した完全なオリジナルで、一番いい色をチョイスできたんじゃないかなって思います。

――髪型も含めてグッと引き込まれました。しかも、途中で腰に止めていた布をスカート状にしますよね。それも面白いなと思って。

石原:一気にバラードに変わっていくので、足をバーンと出していると強すぎるよね、と衣装さんがいろいろ考えて、このような形になりました。

――そして、ここからダンス曲が続くのに合わせて、ヘッドセットを用いた4着目の衣装にチェンジしました。

石原:意外と難しいのがこのブロックなんです。全部ダンス曲なら格好いい方向だけに振ることもできるんですけど、今回なら「SUMMER DROP」、いつもなら「Blooming Flower」「Face to Face」といったポップな曲が(ライブ本編の)最後に来るので、そこにも上手く合わせるのが課題で。この衣装は格好いい形でありつつ、色は白やライトグレーで手首にファーがついていたりして、強さと優しさをミックスしました。ダンスブロックとしてはラブリーな感じの衣装だったのが新鮮でしたし、すごくお気に入りです。

――むしろ3着目がダンスブロックなのかなと思えるような衣装だったので、かわいい感じの衣装でのダンス曲は新鮮でした。

石原:そうですね。ひとつ前がそういう衣装だったので全体を通して良い流れになったというか、偶然が奇跡のようになりました。

――ラストの5着目はアンコールで着用した衣装。独特の形をしたトップスには正式な名称はあるのですか?

石原:世間的に去年ぐらいから流行っている服で、「クロップド」って言うみたいです。衣装さんがせっかくだからちょっと変わったことをしてみようと提案してくださいました。この衣装もいろいろ改良を重ねていて、最初に試したフードはもっと布が多くてライブだと首が詰まっちゃったんです(笑)。それで別のものにしてくれました。パッと見の印象が忘れられない服なので、これもすごく良かったんじゃないかなと思っています。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ結果発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021夏アニメ最速放送日一覧
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング