menu
アニメ
夏アニメ『かげきしょうじょ!!』野島聖役・花澤香菜×中山リサ役・小松未可子 対談【連載第3回】

夏アニメ『かげきしょうじょ!!』野島 聖役・花澤香菜さん×中山リサ役・小松未可子さん 対談|先輩になって気づいた「教える」ことの難しさとは?【連載第3回】

斉木久美子先生による漫画『かげきしょうじょ!!』がTVアニメ化! 輝く舞台へ情熱をそそぐ歌劇少女たちの〈青春スポ根ストーリー〉が、2021年7月より開幕となります。

放送を記念して、アニメイトタイムズではリレー連載を実施! 第3回は野島 聖役・花澤香菜さん、中山リサ役・小松未可子さんの対談をお届けします。

アニメイトタイムズからのおすすめ

各キャラクターの印象は? 聖とリサの関係性に共感も?

――最初に、お二人の役どころについて伺えればと思います。花澤さん演じる聖の印象はいかがですか?

花澤:原作やアニメを見ている分には、面白い子だなぁと(笑)。でも、腹黒い部分があって厳しいことをバシバシ言ってくるので、もし自分が後輩だったらちょっと怖がるかもしれないです。リサに教えてもらいたいだろうなって。

小松:確かに作品の外側から見ていると、聖のキツめの発言も何か意図があるんだろうなって思えるけど、言われている本人からしたら怖くてしょうがないよね……。私も絶対に萎縮しちゃうと思う。

花澤:今日もこの先輩と一緒なのかって胃が痛くなりそう! ただ、聖には聖なりの考えや思いがあって。鋭い発言も相手をちゃんと認めているからこその言葉なので、本当は悪い子じゃないんだろうなと思うんです。内面を知れば知るほど魅力的に見えてくる子ですね。

――小松さん演じるリサについてはいかがでしょうか?

小松:何事も基本に忠実な子なんだなと思います。きっと理想の先輩像があって、そうあろうと自分を客観視しながら後輩に接しているイメージですね。その真面目さや責任感の強さは彼女の語気の強さからも感じられます。

花澤:確かに、リサはまっすぐな努力家って感じだよね。歌劇団を目指す学生としても、先輩としても、その頑張り方に筋が通っているというか。

小松:真面目ではあるけど、逆に言えば、聖のように機転が利かないところがあって。自分のことでいっぱいいっぱいになることもあるんだろうなと思います。

――二人はいつも一緒にいるイメージですが、性格は全然違いますよね。

小松:そうですね。でも、やっぱり聖のほうが一枚上手だなと感じさせられるところがあります。過去の回想でも聖にはっとさせられることを言われていましたし。

花澤:何か指摘するにしても、それをわかりやすく言わないのが、「あぁ、聖だなぁ」って。なかなか本心や本音が見えないんです。間違ったことは言っていないんですけど、言われた側からすると、その言葉を受け取る前に反感を持ってしまいますよね。嫌なことを言われたなって気持ちが先に来ちゃうだろうなって。

小松:リサが目指していたものとまわりにどう見られているかの違いも、リサ本人がのちのち気づかないといけないことですし、それにいち早く気づける聖はすごいと思います。でも、それをズバッと言ってしまうのかって。

花澤:いきなり言うのはすごいよね。でも、この仕事をしているとそういうことってあるよねって、アフレコのときに話していたんです。私たちも似たような世界だし、特に子役の頃なんて、そういうこと言われたような気がするって。

小松:声優の仕事でも「オーディション何受けるの? そっち? 絶対こっちのほうがあってるよ」みたいなこと、言われるよねって(笑)。

花澤:的確かもしれないけど、オーディションの直前に言われても……みたいな(笑)。

小松:それでちょっと落ち込んじゃうとか。そういう意味では、リサの気持ちはよくわかりました。

原作のスピンオフを読んでいてよかった

――アフレコの感触はいかがでしたか?

花澤:やっぱり原作のスピンオフを読んでいてよかったなと思いました。

小松:私もそうですね。スピンオフのおかげで役作りのベースができたなと思います。

花澤:第三幕までだと聖は“いびりヒロイン”に見えるかもしれませんが(笑)、決して後輩をいびるのが好きなわけではないんだなって。それをわかって演じるのと知らないで演じるのでは全然違ったと思います。でも、すごく疲れました。心にグサグサ刺さる言葉を言うのって、こんなに体力がいるんだなって。いつもピリピリしていないといけないし、内容も重要なことばかりなので。毎回、神経を張り巡らした感じがありました。

小松:リサはストレートに物言う先輩ではありつつも、厳しすぎるわけでもなく、言葉が尖っているわけでもないので、過剰に体力を使うようなことはなかったです。ただ、後半に全身全霊の言葉を放つ場面があって。そこにはリサの願いや想いが強く込められているので、すごくエネルギーがいりました。

――音響監督から何かディレクションはありましたか?

花澤:シーンによっては「もっと芝居がかっていいですよ」というアドバイスをいただくことがありました。確かに、聖って日常会話の中でも自分自身を演出しているようなところがあるんですよね。意地悪な言葉なのにまろやかな話し方だから逆に怖い……そんなイメージを大事にしました。

小松:最初の頃に「(後輩たちとは)初対面のニュアンスが強く出たらいいですね」と言われました。予科生からの印象もあるので、最初はちょっと厳しそうな空気感が出るようにしてほしいと。大きなディレクションはそれぐらいだったと思います。

――さらさと愛に関わることの多い二人ですが、後輩との接し方についてはどうご覧になりましたか?

花澤:聖は、さらさと愛に対する態度が全然違うのが面白いですね。中盤以降、さらさに厳しく指導するシーンがあって。でも、それはさらさに何かを感じているのと、打たれ強い部分を評価しているからだと思うんです。さっきもお話ししたように、聖はズバッと言うけれど内容自体は間違っていないので。あとはそれを後輩たちがどう受け止めてくれるか、なのかなと。

――聖は愛の所属していたJPX48のファンでもあります。

花澤:推しは違うんですけど、やっぱり愛ちゃんに対しては特別な思いが多少は入っていると思います。アイドルとしてどれだけ頑張ってきたかもわかっていると思いますし、リスペクトもあるんだろうなって。

――リサはいかがでしょうか?

小松:さらさからはいい刺激をもらっているなと感じます。オスカルには絶対なれないとリサが言っても、さらさは「絶対なれない、なんてことはない」ってはっきり否定して。逆にリサがハッとさせられる場面は、いい影響関係だなと思いました。

花澤:リサと一緒にいるときのさらさがかわいい。

小松:これぞ後輩って感じがいいよね。先輩の言葉を真っ正面から受け止めて、落ち込んだり、喜んだりする姿がかわいかった。

花澤:さらさはメンタルも強いなって。何でも前向きに、ひたむきに頑張れるのは一つの才能なので、ただただ羨ましいです。

――さらさのような後輩が実際にいたらどうですか?

小松:全部持っていかれそう。

花澤:わかる~。先輩の前でも萎縮せず、自分の表現を追求できるだけでもすごいのに、天性の無邪気さでどんな逆境もはねのけそうだし、もうすでに大舞台に立てるんじゃないかなって思わされました。

小松:逆に言えば主役にしかなりえない輝きが強いから、今はそれが欠点なのかも。でも、唯一無二のスター性を持っているのはやっぱり羨ましいですね。

花澤:近くにいてくれたらいい刺激がもらえそう。

――愛はどうですか?

花澤:愛ちゃんはさらさとは別の意味で貫禄があります。

小松:経験値が違うもんね。

花澤:うん、経験値の差は大きいよね。いろいろと思い詰めたり、考えすぎたりする場面もありますけど、それをちゃんと背負えるのが愛ちゃんの強みだなって。もし一緒に舞台に立ったらきっと頼もしいんだろうなって思います。

小松:アイドルを辞めたのも、炎上したことがきっかけではありますが、ちゃんと自分自身に向き合って「自分には、これはできない」って冷静な分析ができていたと思うんです。自分にあるもの・ないもの、できるもの・できないものをこの年で冷静に分析しているのはすごい。一方で、さらさのように心のままに生きられないもどかしさも感じていると思うので、これからどういう風に心を剥き出しにしていくのか楽しみです。

(C)斉木久美子・白泉社/「かげきしょうじょ!!」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021夏アニメ結果発表
2021夏アニメも声優で観る!
2021夏アニメ最速放送日一覧
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング