menu
アニメ

2022年秋劇場版公開時期決定! あの熱い瞬間をもう一度!『SLAM DUNK』全試合ネタバレ解説!

最後の椅子をかけた戦い ー湘北vs陵南ー

 
持病なのか生活習慣病なのかわかりませんが、桜木とのシュート練習中に突然倒れてしまった安西先生。桜木が昔のトラウマもあってか、迅速に対応し事なきを得ますがインターハイがかかった大一番で安西先生がベンチにいないという状況に。

練習試合の頃と比べると考えられないほどパワーアップした湘北ですが、それは陵南も同じ。彼らの真の力が試される最後の椅子をかけた試合が始まりました。

落とし穴の予感

勝つために、そして湘北のバスケを終わらせないために最高の集中状態を見せるメンバーたち。彼らの殺気に仙道ら陵南も気が引き締まります。まず魚住と赤木のジャンプボールでティップオフしますが、怪我の影響もありボールは仙道の手へ。すかさず福田へ周り福田のミドルシュートで先取点……と思いきや初っ端桜木のブロックが飛び出します。

しかしバスケには放たれたボールが落下し始めてから選手と接触するとリングに入っていなくともブロックは無効になり得点になる、というルールがあるため惜しくも陵南の得点からゲームがスタート。しかしこのルールはNBAやプロリーグ等の高校生よりも体格の大きな選手のプレイでコールされることが多く桜木のジャンプ力が以下に脅威であるかがわかります。

その後も習得したゴール下のジャンプシュートの成功、リバウンドからのパスなど大いに目立つ桜木。会場も彼の成長を目の当たりにし驚きを隠せない様子。桜木軍団はあまりにも出来すぎな立ち上がりに落とし穴の予感を抱きます。

ゴリの異変

元気の有り余る桜木は、ごちゃつきを見せるものの陵南の福田を中心としたアイソレーションオフェンスに対応することに。オフェンスは超一流である福田に抜かれてしまう桜木は、相手に徐々にリズムを作られてしまいます。魚住に福田も加わってインサイドが強化されており一筋縄ではいけません。

そんな中魚住と接触プレイによりバランスを崩す赤木、フリースローを得るものの外してしまいます。この時赤木は前回の試合で負った怪我を思い出してしまったのです。いつもどおりに動けるのか、という心理的な障害によってプレイが散漫になり攻守において魚住に圧倒されてしまいます。

赤木の異変に気づいた陵南はせめてを緩めること無く、センターの真っ向勝負で攻撃を仕掛けるのでした。良いようにやられてしまう赤木、オフェンスもうまくいきません。たまらずタイムアウトを取るも変わる選手も、安西先生もいないのです。苛立つスターティングメンバー達、空中分解寸前の湘北ですが、桜木が赤木に喝(頭突き)をいれなんとか立ち直ることが出来ました。T.O明け反撃なるか!? 

ホメてくれ

 
開き直って前回の赤木はすぐさまポストプレイで魚住とぶつかり合います。強引でマークも厳しいため防がれるものの、桜木がファウルをもらい乱闘寸前になりながらも湘北の流れを作り出します。完全に吹っ切れた赤木のゴリラダンクも炸裂し、攻めに転じる湘北。しかし陵南の新兵器が牙を剥くのでした。

バスケをすること、点を取ること、褒められること、歓声を浴びることに飢えていた福田。陵南は魚住と仙道を引き立て役とし福田中心で攻めるプランを取りました。福田の相手は初心者桜木だからです。ディフェンスに重要なのは相手の動きを予測すること。桜木は相手がどのようにしてオフェンスをしてくるか、という知識や経験がゼロに近い。だから身体能力が高くとも止めることが難しい。それを加味した作戦です。

福田の独壇場は続き、桜木は為す術もありません。しまいにはパワープレイによって弾き飛ばされてしまい出血してしまいます。魚住に叩きつけられ、福田に完膚なきまでにやられた桜木はこれまでで感じたことのないほどの悔しさ、屈辱に体を震わせるほどでした。なんとか三井のスリーで加点し後半に突入するものの、桜木は福田に立ち向かうことができるのでしょうか。

流川と仙道

大暴れした福田と比較して、湘北のスコアラーである流川は前半2得点とおとなしめな数字。仙道とのマッチアップで思うように動けなかったと予想する陵南ですが、自分のスタミナ配分を課題と感じた流川は仙道に勝ち、陵南に勝つために前半は温存し後半にすべてをぶつける作戦を目論んでいいたのです。悔しさにうち震える桜木、そして鳴りを潜めていた流川、湘北の追い上げなるか。

後半開始直後すぐさま仕掛ける流川。仙道も対応できないほどのクイックリリースやステップバックシュートなど強引に得点を重ねていきます。やはり頼りになる湘北エース。しかし知将・田岡監督は湘北の弱点であるファウルトラブルを狙うべく、福田を果敢に攻めさせ三井の体力とファウルを稼ぎます。彼もまた後半にエース仙道に点を取らせに行く作戦です。何ふり構わない、超人的なプレイを見せる流川、しかしエースとしてチームを引っ張るのは仙道も同じ。流川とどうようのプレイをし力を誇示します。お互いに緊迫した無得点の展開が続く中、仙道のスーパープレイが飛び出し離されたのもつかの間、流川のスリーで同点へ。

一歩も引かない2人のエース。そして試合はつぎの局面へと動き出します。

復活の桜木

福田の攻めにより徐々にファウルがかさんでくる三井。それほど強力なプレイヤーであることがわかります。それに負けじとあがく桜木。無謀な攻めを繰り返しますが、ゴール下でボールを持った際、体が勝手に反応し流れるような綺麗なシュートフォームでジャンプシュートに行きます。魚住はそれを察知しブロックに行きますが、桜木の絶妙なタイミングでのシュートによりファウルになってしまうのです。

魚住は痛恨の4ファウル。一時ベンチに退くしかありません。まさかのファインプレイに自信を取り戻した桜木は、リバウンドにシュートに獅子奮迅の活躍をみせ完全に湘北に流れをもたらしました。魚住が不在なため赤木も機能し一気に優位に立ちます。

活躍する桜木、赤木を見つめながらふつふつと闘志を燃やす魚住。頭の中には自分の苦い経験が蘇ります。「ただでかいだけ」と蔑まれた弱い自分、厳しいながらも手を差し伸べてくれた田岡監督。負けたくない、絶対に全国へ行く。決して悔しさからくる怒りだけではない、冷静で真っすぐな勝利への意思が魚住を満たしていくのです。

しかしコートにまだ戻ることが出来ない魚住。その間、桜木のリバウンドからその他4人での小気味の良い攻撃が続き湘北の流れは途切れることがありません。しかし陵南もやわなチームではありません。仙道の言葉によって冷静さを取り戻し、我慢の時を過ごす彼らの目は未だ死んでおりません。仙道を信頼し、今しばらく試合を託す魚住。そしてあの男がさらなる活躍を見せることに。

勝利の雄叫び

最大限まで集中した桜木花道ほど、怖いものはありません。陵南のジャンプシュートを3回の跳躍で止める、リバウンド取りまくりの大活躍。赤木は頼みの綱である仙道を完璧にシャットアウト。勝利を呼ぶ雄叫びをげます。焦る魚住、陵南は我慢の時間が続きます。田岡監督は「湘北の不安要素」を突くために我慢することを選択します。

リードしている湘北は、さらに追い打ちをかけるべく赤木でのオフェンスを続行。Wチームでディフェンスされるものの、物ともせずに蹴散らす赤木。以前も1人で攻める赤木の姿が見られましたが、現在とはまるで状況が違います。1人で行くしかなかった赤木は、強力なチームメイトを得てその才能を開花させ自由にのびのびとバスケをすることが出来ている、県内でもトップクラスのセンターが今その力を存分に奮っているのでした。

安西先生がずっと言い聞かせてきた「君たちは強い」という言葉。凸凹な全員が勝利に向かって各々の全力を注いだその時こそ、この言葉にふさわしいチームになるのです。勝利に近づきつつある湘北、陵南が言う不安要素など無いように感じますが……

勝負の時

我慢の限界を迎えた田岡監督は魚住をコートへ戻すことに。流れを取り戻すためには魚住の力が必要でした。ゴール下とチーム全体の大黒柱が戻った事により仙道も荷を下ろす事ができました。

とはいえ湘北の流れは止まらず、仙道を抜いて宮城がシュートを決めるなど簡単に主導権は渡しません。しかし魚住はこの試合中に1つ成長していたのでした。ライバルである赤木には自分が持っていない才能がある。しかしこのライバル対決に勝つこととチームが勝つこと、どちらが大事なのか魚住は理解したのです。自分が点を取れなくても赤木に負けてしまっても、仙道や福田が伸び伸びとプレイしチームが勝利することができるなら、自分を殺しても良い。そんな境地に魚住はいたのです。

13点差をつけ、勝ちを確信する桜木と三井。宮城もボールを持つ時間を自然と短くしてしまいます。油断が見える湘北の選手たちに開き直った魚住と、点差を返すつもりでいる仙道が襲いかかります。

湘北崩壊

点を取りに行く、と宣言した仙道。流川はさせないと意気込むも、本気を出した仙道と魚住のプレイに翻弄される湘北の面々。流川も桜木も仙道にごぼう抜きされてしまいます。いやでも仙道にあたりが強くなっていく湘北ですが、それこそが田岡監督の狙いだったのです。

田岡監督による湘北の不安要素その1はファウルトラブル。素人桜木、宮城と仙道のミスマッチ、三井へのあたりのきついディフェンス。これらの要素によってどうしてもファウルを強要され兼ねない場面が出てくる湘北。そして不安要素その2は選手層の薄さです。ファウルによって交代を余儀なくされた場合、控えの選手のレベルが落ちてしまうため一気にイージーになりかねないのです。

田岡監督の予想通りの展開になりつつありますが、仙道がいなくてはこの作戦は完成しません。彼の得点力、ファウルを誘う巧さあってこその筋書きでした。流川の奮闘により一時的に点差は離れるものの流れは陵南に傾きつつあります。仙道の積極的な動きに勢いづいてきた陵南の他メンバーたち、ベンチもそして会場をも味方につけます。

思わずタイムを取りますが、リードをしているのに取らされた形になる湘北。しかし明確な対策や助言はできません。なぜなら安西先生がいないから。これこそが湘北の最大の不安要素。湘北は崩壊寸前まで追い詰められます。

疲労で動きが鈍くなる湘北。プレイに精彩を欠いてしまいます。そして桜木によるパスミスが発生。湘北の不安要素その4は初心者の桜木でした。危険な状況になればなるほど彼のミスが取り返しがつかなくなってしまいます。

そして畳み掛けるように、赤木は4つ目のファウル。三井は体力の限界が来てしまう。脱水症状により交代する三井。勝つために勝負をかけてくる仙道たち、どうなる湘北。

勝敗

絶体絶命な湘北は後手後手になってしまいいつもの形を作ることが出来ません。なんとか踏ん張る赤木ですが、仙道の支配力は止まらない。流川も仙道を止めることが出来ず万事休すかと思われましたが、仙道の進軍を止めたのはシロート桜木でした。

誰もが虚を付かれた桜木によるスティール。田岡監督は桜木の行動をボールに集まる素人の習性であり、マグレだと言い聞かせます。仙道がボールを運び、最高の形で魚住へ。退場するわけにはいかない赤木は動けません。魚住がボールを放ったその瞬間、赤木の背後から飛び出しブロックしたのは、桜木でした。

確かに素人であり、マグレかもしれない。しかし、福田を止めて、仙道を止め、魚住をブロックした。桜木の全身の細胞が勝つために直感的に動いた、彼を見たすべての人がそう思った瞬間でした。そして湘北の不安要素である桜木は、予測不可能な陵南の不安要素でもあったのでした。

予測できない桜木の動き。ボールをスティールし湘北の攻撃にする桜木。流川が池上にスティールされるも、またもや桜木がパスカット、ボールを呼ぶ流川。流川に集中する陵南。そこで桜木は流川でなくフリーの小暮にパスをしたのでした。(流川嫌いなだけ)3年間の思い出が描かれる中、最後、勝利を決定づけるシュートを決めたのは3年間ずっと諦めなかった男、小暮公延だったのです。
それでも諦めずに得点を狙う仙道。強引にワンゴール決めて、2点差に。必死に守る陵南。赤木の手に渡ったボール、魚住との直接対決です。赤木は今試合1番の動きで魚住を抜き去ります。しかしそこに立ちはだかったのは福田でした。ディフェンスが苦手ながら必死にフォローにきていた福田。赤木のはなったシュートは福田の存在によりリングに弾かれる、リバウンドといえば桜木花見彼はどこに……?

前回の試合で最後の最後でミスを起こしてしまった桜木。死ぬほど後悔した桜木は絶対勝たなければいけないこの試合のこの局面、赤木がオフェンスをしている間、しっかりと逆サイドで待ち構えていたのです。弾かれたボールを掴んだ桜木はそのままリングに叩きつける。彼の表情は、無我夢中のように見えます。決定的な4点差とした桜木は着地するや否や、「戻れっ! センドーが狙ってくるぞ!」と懸命にディフェンスへ。彼は夢中でやっていたのではなく、最後まで勝つことを考えてあの悔しさを二度と抱かないよう集中していたのでした。

勝利を手にした湘北。動くことの出来ない赤木を導き整列する桜木。昨年一回戦負けだった湘北は、インターハイへの切符を掴んだのでした。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023春アニメ何観る
2023年春アニメ最速放送日
2023春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング