menu
アニメ

【ネタバレあり】TVアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』鑑純夏役 楠木ともりさんインタビュー前編|実際に純夏を演じてみて、ひと言に込めていた思いとは?【連載 vol.06】

06年発売のâge(アージュ)が企画・製作したアドベンチャーゲームを原作としたアニメーション『マブラヴ オルタネイティヴ』がフジテレビ「+Ultra」ほかにて2021年10月6日より放送中。アニメイトタイムズでは、本作の出演声優陣を中心にインタビュー連載を毎週掲載している。

武の記憶の中で、何度か浮かび上がってきたかわいい女の子、鑑純夏を演じるのは楠木ともりさん。これまであまり演じたことがないような、メインヒロイン感のある彼女を演じるときに大事にしていたことは何なのか。ゲームをプレイした感想やオーディションの時の思い出も語ってもらった。

※本編のネタバレを一部含む内容となっているためご注意ください。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

『マブラヴ』の魅力とは? そして、オーディションを振り返る。

――原作ゲームもプレイされていたと思いますが、『マブラヴ』のどんなところに魅力を感じましたか?

楠木ともり(以下、楠木):オーディションのときはゲームをプレイしていなかったんですが、マブラヴシリーズ全体がどういった流れになっているのか、概要が書いてある資料をいただいて、それを理解するのに1時間半くらいかかった気がします(笑)。

ただ、そこで大まかな世界観を理解していても、実際にプレイしてみると想像以上に重く感じました。いろいろなものが入り乱れているのでドキドキハラハラするし、(アドベンチャー)ゲームなので基本的に立ち絵で展開されているんですが、自然と映像が浮かぶような印象があったので、アニメ化が楽しみになりました。

――資料には、EXTRA編、UNLIMITED編があって、今回の『マブラヴ オルタネイティヴ』になるという流れの説明がされていたんですね。

楠木:そうなんです。全部の概要がかなり簡潔にまとめられていたのですが、専門用語がたくさん出てきて「00ユニット」って何だろう? とか、並行世界のことを理解するのも難しかったです。

これはいつもそうなんですが、オーディションを受けるからには人に説明できるくらい叩き込まなければいけないし、特に今回は前任の方がいたので頑張って理解しようと思っていました。

――オーディションでは、どんな思い出がありますか?

楠木:自分が演じたものから、大きく演技を変えるようなディレクションはなかったです。元気さや、快活さはもっと出していいですよという指示はありました。もっと先のシリアスなところは何パターンか演技をさせていただいたと思うのですが、2度あったスタジオオーディションでも、大きくキャラクター感を変更するようなディレクションはなかったです。

――メインヒロイン感がある純夏ですが、あまりやっていないタイプの役柄かなと思いました。

楠木:幼馴染とかは実はやってきていないんです。純夏は本当に天真爛漫で純粋な女の子だったので、そういう感じも意外と初めてな気がします。かつ、オルタネイティヴの世界にはひとまずいないので、記憶の存在のような感じになります。

記憶に残るような演技をしないと辻褄が合わないと思ったので、表情も自分が思っているよりも大きめに、楽しんでいるときはすごく楽しそうに、名前を呼ぶときも、より甘く、振り向きたくなるような感じにしてみました。演技のキャッチーさというか、耳に残る演技ができたらいいなと思いました。

――「タケルちゃん」というセリフも多いですし、ひと言がより大事になりますよね。受かったときは、長く続く作品というプレッシャーも感じていましたか?

楠木:決まったときよりも発表されるときのリアクションはちょっと心配でした。私でごめんなさいという気持ちもありましたが、スタッフさんに選んでいただいたので、そこは自信を持ってお届けしたいと思いましたし、これまでのシリーズのファンの方はもちろん、新しいキャストになったことをきっかけに初めて知る方もたくさんいると思いますので、幅広い視聴者さんにお届けできたらいいなと思いました。

――先程、ゲームが想像以上に重かったと話していましたが、ゲームの面白さはどこに感じていましたか?

楠木:映像が浮かびやすいので没入感があるんです。しかもどのキャラクターも細かく描かれていて、深く掘り下げられていて、ルートもそれほどなく、どの会話を選んでいてもキャラクターのことを知れるので、自然と気持ちが持っていかれるんです。

だからゲームを終えた瞬間に、このシリアスな気持ちは何だったんだろうって我に返る瞬間があるんです。ゲームをしている時間は生死をかけた世界観に没頭して時間がいつの間にか経っている感じがあるので……。声付きの豪華な小説を読んでいるみたいな感じでした(笑)。

――キャラクターのバックボーンを知れるのは大きいですよね。

楠木:しかもこういう世界観だから、みんな芯がしっかりしているんですよね。その中の特異な存在として純夏がいるんですが、本当にいろいろな登場人物に(プレイヤーが)振り回される感じがしました。

――誰が気になりましたか?

楠木:私は美琴推しになりました。アニメでは総戦技演習のところが全体尺の関係であまり描かれていなかったんですが(第3話)、ゲームではそこも描かれていたので、そこでの美琴が好きでした。


最初はたまちゃん(珠瀬壬姫)推しだったんですけどね。あとは社霞も好きです。印象的なキャラクターだし、タケルちゃんに近いところにいて、謎めいた部分があるので好きです。

――ヒロインとしては、冥夜もいますよね。

楠木:キービジュアルを見ても、ダブルヒロインのような描かれ方をしているんですが、純夏と冥夜のどちらに感情移入するかで結構印象も変わってくる気がします。私がプレイしているときは、冥夜がキーとなる存在として見ていたんですが、本当に難しい役どころだなぁと思っていました。

(C)aNCHOR / オルタネイティヴ第三計画
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング