menu
アニメ
『結城友奈は勇者である -大満開の章-』上里ひなた役・高野麻里佳インタビュー【連載01】

TVアニメ『結城友奈は勇者である -大満開の章-』上里ひなた役・高野麻里佳さんインタビュー|ひなたは「みんなのお母さんのように、勇者を支える縁の下の力持ち」【連載01】

2021年10月より放送中のTVアニメ『結城友奈は勇者である -大満開の章-』。本作はアニメ『勇者である』シリーズの最新作で、結城友奈たち讃州中学校勇者部の面々に加え、これまで小説として展開されていた『乃木若葉は勇者である』『楠芽吹は勇者である』の物語をも描いています。

アニメイトタイムズでは、そんな本作の出演声優陣総勢17名を対象としたインタビューを実施しました。連載第1回目となる本稿では、西暦勇者編(『乃木若葉は勇者である』)の面々より、上里ひなた役・高野麻里佳さんへのインタビューをお届け!

高野さんがオーディション時のことを思い出したシーンとは!?

シリーズの物語でも一番古い時間軸を描いていることもあり壮絶な戦いが続いた西暦勇者編ですが、そんな物語でキャラクターたちを演じた声優陣の想いにも注目です。


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

視聴者だけには心と裏腹だと伝わるように

――先にドラマCDや『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』に登場していましたが、今回で遂に『乃木若葉は勇者である』アニメ化となりました。実際にご覧になってみていかがでしたか?

上里ひなた役・高野麻里佳さん(以下、高野):鮮やかな映像で動く姿はやはり感動しますね。特に衝撃的だったのは、ドラマCDでは和やかなシーンが多めだったのに対して、アニメではシリアスな部分が多かったことです。繊細な表情や動きが加わり作品がより立体的になって、分かっていたはずの結末も胸が一層苦しくなりました。アニメの力ってすごい。

――アニメで改めてひなたを演じた感想をお願いします。

高野:ひなたの顔を見ながら演じられるってやっぱり嬉しいなって思います。アニメの中でのみんなの空気や距離を感じたことで、今後のゲーム収録の演技にも活かせそうだなと思いました。

――演じる際に気を付けている点、意識している点は?

高野:今回は辛い出来事を受け止める言葉が多かったのですが、あくまでも冷静に努めなければなりませんでした。ひなたとしては気持ちを全部隠したいのですが、視聴者だけには心と裏腹だということが伝わるように意識しました。

――ご自身の演じるキャラクターの印象や魅力的な部分も教えていただけますでしょうか。

高野:みんなのお母さんのように、勇者を支える縁の下の力持ち。一番大変なのは勇者たちだってわかっているから支える身として当事者の前でも気丈に振る舞う姿に、キャラの重みを感じます。若葉ちゃん大好きだけど、ダメなところはしっかりダメと言ってくれるところも魅力です。

(C)2021 Project 2H
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬何観る
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング