menu
アニメ

TVアニメ『逆転世界ノ電池少女』クライマックス直前!赤城りん役・ファイルーズあいさんインタビュー|ラストにかけて真誅軍側の深堀りも!そして、切なくなるハヤテとりんの掛け合いとは――

2021年10月から放送中のTVアニメ『逆転世界ノ電池少女』がついにクライマックスを迎える!

突如現れた異世界「真国日本」が、ガス兵器“幻霧”と巨大人型兵器“伽藍”を駆使して日本を軍事侵略してから10年後、それまで隆盛を誇っていたマンガ、アニメ、アイドル等のサブカル文化は死に絶えた――。だが、そのサブカルを守るために真国に真っ向から抗う集団があった。その名は「アラハバキ」、そして、彼らが所有する巨大人型兵器“ガランドール”の動力となるのが、電池少女たちとその“トキメキ”だった。

アニメと特撮が大好きで、ヒーローアニメ『海帝ザバーン』を愛する電池少女・赤城りん。ガランドールでの登場形態はシャーク1である。赤城りんを演じるファイルーズあいさんに、アフレコの思い出や印象的なエピソード、そして彼女のサブカル遍歴を語ってもらった。

アニメイトタイムズからのおすすめ

アフレコでりんを演じる前の打ち合わせで監督から受け取った嬉しい言葉とは?

――映像を観て、どんな感想を持ちましたか?

ファイルーズあいさん(以下、ファイルーズ):タイトルに“逆転世界ノ”ってあるじゃないですか。アフレコをしているときはコンテ撮の状態だったので、逆転感を感じられていなかったんです。でもアニメを観たとき、OP映像で世界が逆転しているところが描かれていて、演出が本当に素晴らしいな!と思いました。

それにガランドールに細道と一緒に乗って、トキメキEMPTYから、ガッとトキメキが上がったときの色調がパステル寄りになるんですよね! そういう演出も今から逆転するぞ!って感じが出ていて素敵だなぁと思いました。

――CGでのアクションもすごかったですよね。

ファイルーズ:本当にロボットを動かしているんだ!って感じになりました。細道とりんのカットインが、もうなんだろう……スパロボ(『スーパーロボット大戦』)みたいな感じで、ロボットを本当に好きな人が作っているんだろうなぁというのをひしひしと感じました。

――ファイルーズさんはロボットアニメは、好きなのですか?

ファイルーズ:中学生の頃は『ガンダムSEED』シリーズや『コードギアス 反逆のルルーシュ』は観ていましたね。それに『SEED』にハマっているときに、SDガンダムのゲームとかがあったので、頭身が低いロボットってかわいいなと思っていました。

電池少女が乗っているガランドールって、乗る電池少女によって姿形が変わるところは面白い!って思いました。同じ素体から別の姿になるのって斬新ですよね! 私が乗ったらどんな形になるんだろうって想像したくなっちゃいます。

――どんな形になりそうですか?

ファイルーズ:私、ねずみが大好きで飼っているから、ラット4とかですかね(笑)。しっぽでムチみたいな攻撃をしたいです。カッコいいかどうかはわからないですけど。

――小っちゃいネズミをいっぱい出すとか。

ファイルーズ:いいですね! 両手を出すと使役している小さいロボネズミが出てくる! あと、ねずみは跳躍力がすごいので上から攻撃したりするのもいいですね。そういう想像力を掻き立てられるのが魅力かも。

――では、演じている赤城りんが、どんな子なのかを教えてください。

ファイルーズ:りんはとにかく情熱的で、好きなことに対して真っすぐな女の子です。特に好きなのがヒーローものや特撮で、正義の味方に対して強い憧れを持っていて、自分自身もそうありたいと願っているんです。

それにすごくオタク気質で、大好きな『海帝ザバーン』のセリフを引用したり、ピンチのときに駆けつける状況でも、その状況を楽しんじゃう天然なところもあるんですけど、自分の芯はしっかりとある子です。

――聞いていても、本当にぴったりの声でしたし役柄だと思いましたが、自分に重なるところもあったのですか?

ファイルーズ:そもそも私もオタクで、好きなものの影響をすぐ受けるタイプなんです。ただ、りんと違って、私は敵キャラにハマることが多いんですよね(笑)。そこが似ていないんですけど、好きな作品に対する情熱や、ハマったら視野が狭くなるところは似ていると思います。

――セリフの引用はしちゃうタイプ?

ファイルーズ:ガンガンします! もともとオタクじゃなかった母がとある作品にハマったんですけど、LINEとかでそのセリフを引用して話してきて、血は争えないんだなと思いました(笑)。

――(笑)。でも、引用してしまう気持ちは、オタクならわかると思います。

ファイルーズ:そうやってアウトプットすることで心に刻まれていくんですよね! だからりんも、アウトプットできる友達、それこそ細道が『海帝ザバーン』の歌を着信に設定していることが嬉しかったんじゃないのかなと思うんです。この世界観で同じ趣味の人を見つけるのは大変ですから!

――りんを演じることに大事にしたことはありますか?

ファイルーズ:私、敵キャラが好きなこともあって、あまり正義の味方に感情移入をしたことがないんです。だからそこは一度リセットしました(笑)。私は赤城りんの役! りんは正義の味方が大好き! だから私も敵キャラに推し感情/萌え感情を一切捨てて、まっさらなピュアな気持ちで作品を見るようにしました。

――それこそ逆転させたわけですね。

ファイルーズ:うまいことを言いますね(笑)! そうなんです。逆転させました!

――本来なら、アカツキ(CV.寺島拓篤)みたいな敵が好きだったりするんですね。

ファイルーズ:私はどちらかというと、佐斯神ムサシですね。藤井ゆきよさんがドSなお姉さまをやられているイメージがなくて新鮮でしたし、少しハスキーで力強い声がムサシにハマっていて最高でした! 

――ここまでりんを演じてきて、彼女の変化が見えた部分はありますか?

ファイルーズ:最初のうちは、細道に対してオタク友達や相棒感があったんですけど、後半では嫉妬ではないですけど、ほかの女の子と仲良くしている姿にヤキモキする姿もあったので、そこは少し感情の変化みたいなものを付けました。

でも私にとって、細道とりんって恋愛感情という感じではなくバディなんですよね。だからあまり恋愛恋愛している感じは出さないようにしています。

――でも、そういうところもかわいいんですよね。

ファイルーズ:かわいらしさは出すようにしていたというか、そもそも口調がボーイッシュなので、そういうギャップが見えると素敵な子に見えるのかなぁと思いました。

――ボーイッシュというところで、今回はオリジナル作品ですが、最初にキャラクターを作るときに、そういうキーワードはあったのでしょうか? たとえば細道ならひねくれているなど。

ファイルーズ:最初にメインキャストとスタッフさんで、打ち合わせをする機会があったんですけど、そのときに「ファイルーズあいです。よろしくお願いします」と言ったら、監督が「あっ、もう、りんだ」とおっしゃってくれて、それが嬉しかったんですよね。だから細かいことは考えず、台本を読んだときに感じた素直な感情をお芝居に乗せよう!という意識をしていたくらいです。

あと、その打ち合わせで印象的だったのは、何年もかけて作り上げてきたプロジェクトで、電池少女たちと同じように、好きなものに対する愛と情熱を原動力にして作り上げてきた作品だということを伺ったので、私も思いっきり愛情を込めて演じようと思いました!

(C)伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会
逆転世界ノ電池少女 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022春アニメ募集
2022春アニメ最速放送日
2022春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング