menu
ブルーロック
音楽

鏡夜と環はまるで陰と陽。「ホスト部」の華やかさと新しい魅力を届けたい|歌劇『桜蘭高校ホスト部』小松準弥さん&里中将道さんインタビュー

「扉を開けるとそこは——」

超お金持ちの御令息・御令嬢が通うセレブな高校、私立桜蘭学院。その南校舎最上階、北側廊下つきあたりの第三音楽室で活動している「ホスト部」を描いた大人気漫画『桜蘭高校ホスト部』。

白泉社「月刊LaLa」にて連載され、テレビアニメ、実写ドラマ、実写映画化もされた本作が、ミュージカルとして舞台化! 2022年1月に東京・大阪にて、歌劇『桜蘭高校ホスト部』の幕が上がります。

今回、アニメイトタイムズでは、須王環役の小松準弥さんと鳳鏡夜役の里中将道さんにインタビューを実施。それぞれの役柄との共通点、二人の関係性、ホスト部の魅力など、舞台がさらに楽しみになる内容が盛りだくさんです!

アニメイトタイムズからのおすすめ


楽しく人生のお勉強ができるような作品

——最初に、本作への出演が決まったときのお気持ちをお聞かせください。

須王環役・小松準弥さん(以下、小松):『桜蘭高校ホスト部』はアニメ化、映像化されている大きな作品なので率直にプレッシャーを感じましたが、とても光栄に思えました。

環という明るくてちょっとおバカで何事にも一生懸命で素直、すべてエネルギッシュに行動する役どころに挑戦したいなと思っていたので楽しみです。プレッシャーと楽しみが一気に押し寄せてきたという感じでした。

鳳鏡夜役・里中将道さん(以下、里中):『桜蘭高校ホスト部』は長く愛されてきた作品なので僕もプレッシャーを感じました。鳳鏡夜を演じさせていただくにあたり、責任を持って素敵な舞台にしていきたいと思います。

——お二人とも作品自体はご存じだったのですね。最初、どのような作品だと思われましたか?

小松:とても華やかでコメディー要素もたくさん含まれているので、純粋に肩に力を入れずに見られるような作品というイメージがありました。

漫画を読み進めるうちに、登場人物の一面やそれぞれが抱える心の悩みが見えてきて、この人たちの原動力は一体どこから来ているんだろう?と気になりました。

ストーリーが後半へと向かうにつれて、過去のトラウマやみんなが抱えている悩みに関するエピソードが増えてきたので、人間味をすごく感じましたし、ハートフルな作品だなと。

ただ楽しいだけじゃなく、どこか自分の悩みと重なる部分もあったり自分がこれからどう生きていくのかヒントになる部分もたくさん含まれていたり、楽しく人生のお勉強ができるような作品だと感じました。

里中:確かに! 僕もそういう印象があります。「ホスト部」なのでゴージャスなイメージはありますが、ただ楽しいだけじゃなくて心が満たされるというか。どこかメッセージ的なものがあちこちに散らばっていて、大事なことがたくさん詰まっているんだなと思える素敵な作品です。

——ホスト部の部長でありいつも明るい須王環、クール系で“影のキング”とも呼ばれている鳳鏡夜。それぞれのキャラクターを演じる際に意識しようとしていることがあれば教えてください。

小松:何事にもエネルギッシュに振り切れているところが環の魅力の1つだと感じていますが、なぜそこまで人前で振り切れるのか、その理由は環の心の中に“核”となる部分、いわゆる“過去”にあると思います。

昔の想いや環が大切にしてきているもの、まずはそういう“核”の部分からしっかりと向き合っていきたいです。たぶん、最初の想いを熱くしていくことで舞台上でエネルギッシュな環を表現できると思うので、心の奥にある想いを掬っていくところから始めたいと思っています。

そして、明るく弾けるホスト部を楽しみにしていただけたらと思います。

里中:ドラマでは大東俊介くんが鏡夜を演じているんですけど、連絡して役づくりについて聞いたんです。そうしたら、「アニメを見てかなり研究した」と。

なので、僕もアニメを見ながら鏡夜をもっと研究していきたいですし、自分にできる鏡夜を探りながら、鏡夜の人間味あふれる部分がより伝わるようにできたら良いなと思っています。

 

この舞台で楽しみにしていることは……?

——また、ビジュアルも華やかですごく素敵ですよね。

小松:気持ちとしては、環はすべての方向に全力で振り切っている印象があったので、ビジュアル撮影でもそこは意識しました。どのショットも全力で撮っていただきました。

里中:僕はクールというか冷静沈着みたいなところを見せつつ、クールキャラでもずっと笑わないわけではないので、柔らかい表情やちょっとした笑み、その笑顔の中にある怖さみたいなものを出せるように意識しながら撮影しました。

——ご自身が演じる役との共通点があれば、ぜひ教えてください。

小松:僕は、“楽しくをモットーに”という環の持つ信念が似ているなと思っています。俳優業をやらせていただく中で自分も楽しみたいですし、観てくださるお客様も応援してくださる方々にも楽しい気持ちになってほしい、その人たちの人生が少しでも豊かになってほしいという想いがあります。

なので、人にパワーを贈るときは、まず自分が楽しまないと!と思うんです。そういうところは、環と一番似ているところだなと感じます。

細かく言えば、犬が好きという共通点もありますが(笑)。楽しくをモットーに、という環の信念は「すごくわかる!」と共感しました。

里中:僕も“楽しくをモットーに”という気持ちはすごくわかるので、一緒に環を演じたいと思います。

小松:どっちが本物でしょう!って一緒に出ようか(笑)。

一同:(笑)。

——里中さんは鳳鏡夜との共通点について何かありますか?

里中:なんだろう……僕はそこまで冷血じゃないから(笑)。

小松:あはははは(笑)。

里中:でも彼は実は優しいんです。人前では冷血で冷たいように感じるかもしれませんが、それを踏まえた上での優しさがある。愛が故に冷たくしているだけであり、彼は仲間意識が強いと思うので、そういうところに共通点を感じます。

小松:鏡夜も将道も熱い想いを持っているよね。

里中:そうですね。鏡夜が一番愛に対して強い想いを抱いているんじゃないかな。

小松:ただ表面に出さないだけなんだよね。

里中:うんうん。僕も愛というか、そういう想いを強く持っているので同じ気持ちを大切にしたいです。

——これから稽古に入り本番が始まりますが、楽しみにしていることがあれば教えてください。

小松:個性的なキャラクターたちですけど、出演者の方々も個性的な方々が多いと思います。共演した方もいれば初めて共演する方もいるので、そのメンバーが集まったときにどういう空気感になるのか、どんな雰囲気になるのか楽しみです。僕としては、動物園のようになるんじゃないかなと楽しみでもあり、怖さもあります(笑)。

里中:僕も稽古に入ったら役の意識が強くなると思うので、普段よりもツッコミ側に回ると思うんです。本当に動物園みたいになるような気がするので、すごいことになるんだろうなと(笑)。だから、僕はみんなをまとめて落ち着かせる立ち位置になりそうな気がします。

——中でも、特に楽しみにしているメンバーはいますか?

小松:僕は猫澤先輩を演じる大海将一郎です。彼は古い友人であり役者仲間ですが、最初はすごく人見知りでした。でも、時間が経つにつれて良い意味で壊れていって、喋れば面白いというか、すごく場が和んで盛り上がる存在。もっと喋ってほしい、聞かせてほしいと思えるパワーの持ち主だなと。

彼とはすごく仲が良いので、今回出演が決まったときも連絡して「楽しみだね」と話をしました。久しぶりに会うので、楽しみな気持ちもありつつある意味で要注意人物です(笑)。

里中:すごいといえば、加藤将くんはすごい。

小松:彼は話を振らなくてもどんどん話が出てくるタイプだね(笑)。

一同:(笑)。

里中:加藤将くんもそうですけど、一度共演させてもらった詠斗が楽しみです。弟みたいで本当に可愛いので何でも許しちゃいます。詠斗の可愛さが埴之塚光邦役として十二分に発揮されるのが楽しみです。

おすすめタグ
あわせて読みたい

歌劇『桜蘭高校ホスト部』の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023冬アニメ何観る
2023年冬アニメ最速放送日
2023冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング