menu
音楽

天性の歌声と実直な活動姿勢で唯一無二な存在に。大人気歌い手・そらるの魅力に迫る【歌い手を知ろう!・連載第2回】

近年、続々とアニメ主題歌のタイアップを果たす“歌い手”について、アニメイトタイムズ編集部が読者のみなさんと学ぶ企画「歌い手を知ろう!」第2回スタート!

第1回目には初歩中の初歩である「歌い手とは何か」を紹介しました。歌い手の基礎知識が身についてきたところで、本稿からは歌い手一人ひとりにスポットを当て、魅力を深堀していきます。

今回は、Twitterのフォロワー数が約160万人、YouTubeのチャンネル登録者数が約117万人と歌い手の中でも圧倒的な人気を誇る「そらる」さんにフィーチャー(※数字は2021年12月時点)。「そらるさんとは何者なのか」を探りながら、多くの人に支持される「そらるさんの魅力」を余すことなくお伝えします。

また、読者のみなさんが感じる「歌い手の魅力」についてのアンケートも記事の最後に募集していますので、ぜひお気持ちをお聞かせください!

アニメイトタイムズからのおすすめ

連載バックナンバー

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|連載:01
「歌い手」の魅力とは?
「歌い手」の魅力とは?

 

歌い手「そらる」とは?

1988年11月3日生まれ、宮城県出身。現在は歌・作曲・作詞・エンジニアと幅広く活動をしているそらるさん。歌い手として活動を開始したのは2008年のこと。ニコニコ動画に初めて投稿した“歌ってみた動画”は残念ながら現在削除されていますが、2008年7月22日にニコニコ動画へ投稿されたそらるさん最古の動画、BUMP OF CHICKENの「睡眠時間」を弾き語ってみた動画は現在も視聴できます。そのため、7月22日が「活動〇年目」の節目となっているそうです。

活動開始後は動画の更新頻度が高く、着実に人気を集めていったそらるさん。さらに、2010年7月にニコニコ動画へ投稿された「モザイクロール」の歌ってみた動画は、配信からわずか2日で殿堂入りを達成。自身初のカテラン(カテゴリー月間ランキング)1位を獲得。これまで以上に注目が集まります。

VOCALOID楽曲の歌ってみた動画を中心に投稿するかたわら、数多くの楽曲のMIXやオリジナル楽曲を手掛けていくようになります。2012年6月には1stアルバム『そらあい』をリリースし、オリコン週間ランキングで7位を記録。活動の幅をネットから広げる中で、歌い手としての人気だけではなくアーティストとしての人気を獲得していくのです。

また、2016年から紅白出場が決まった歌い手の「まふまふ」さんと「After the Rain」というユニットを組み、歌ってみた動画の投稿やオリジナル楽曲の制作、ライブの開催など、ソロと並行して精力的に活動しています。

2017年には日本武道館にてワンマンライブ「After the Rain 日本武道館2017 -Clockwise / Anti-Clockwise -」を開催。活動からわずか1年という異例のスピードでの武道館ライブというだけでなく、歌い手グループとしては初の武道館ライブ公演と歌い手シーンにとって記念すべき出来事となりました。

ほかにも、2019年にはYouTubeチャンネル「そらるの隠れ家」を開設し、ゲーム実況者としての活動をスタート。ソロでのゲーム実況動画のほか、人気の歌い手とのコラボ実況動画も投稿しています。このように音楽以外のフィールドでも幅広く活動しています。

「そらる」の魅力を語ってみた

今回、そらるさんを調べていく中で、筆者なりに感じた「そらるさんの魅力」を3つピックアップしてみました。

①包容力のある歌声

地声(チェストボイス)と裏声(ファルセット)による音域の広さは、一つの楽曲の中で豊かな表現を演出します。また、その表現力の高さでアップテンポな激しい楽曲から切ないミディアムバラードな楽曲まで幅広く歌いこなすのです。

そんなそらるさんの声で特に魅力に感じるのが「包容力」です。ファンからは「ウェットな雰囲気のイケメンボイス」と評されている歌声。柔らかく優しい歌声は耳心地がとても良く、聴いているだけで癒されます。同時に地声は力強い“芯”を感じることができ、全てを受け入れてくれるような気持ちになります。

②音楽におけるマルチな才能

歌唱以外にも楽曲のミックスやマスタリングを行うなど、マルチな才能を持っているのがそらるさんの魅力の一つ。そして、この才能は努力によって培われているのです。そらるさんは独学で音響の勉強をし、シングリンク(曲を作る人、絵を描く人、演奏する人、動画を作る人などが集まり交流するサイト)で、エンジニアを探している人から約200件の依頼を請け負っていたそう。その後は、音響の専門学校に入学し音響アシスタントとしての知識を身につけたと言います。

ただ歌ったデータを投稿するだけでなく音量や音色を調整して楽曲に歌声を馴染ませることで、より魅力的な音源に変化します。このミックス・マスタリング技術は自身の楽曲にとどまらず、After the Rainではミックス・マスタリングを担当、歌い手の楽曲でもアレンジを担当するなど、歌い手シーンでその才能が買われています。

③実直な活動姿勢

2008年に活動を開始してからというもの1〜2ヶ月に1本は歌ってみた動画を投稿し、着実に実力を上げてきました。②で書いた魅力も同様に、自分の力で着実に技術を身につけています。また、ジャンル問わず様々な楽曲に挑戦したり数々の歌い手と積極的にコラボをしたりと、一気に人気階段を駆け上がったのではなくコツコツと積み上げてきた成果として今の人気に繋がっているのだろうと感じました。

歌い手の活動自体は趣味で始めたことかもしれません。しかし、「妥協せずにいいものをつくろう」「自分が楽しめることを突き詰めよう」という真面目かつこだわりの強い活動姿勢は、歌い手の中でも唯一無二。この姿勢が支持されていることも、そらるさんが人気である一つの理由ではないでしょうか。

「そらる」人気楽曲4選

「歌ってみた」やアニメイトタイムズ読者に造詣の深い「アニメ主題歌」を含め、そらるさんがソロ名義で投稿してきた人気の楽曲を4つご紹介します。

シャルル

ボカロPの「バルーン」こと須田景凪さんが2016年にリリースした楽曲「シャルル」をカバー。YouTubeチャンネルに投稿されたソロでの「歌ってみた」では一番の再生回数でした。

原曲はロックに特化した中性的な女声のボーカロイド「v flower」を用いており、力強さとボカロ独特の高音ボイスが印象的です。しかし、そんな楽曲をそらるさんは優しく歌い上げ、歌詞と相まって切なさ倍増。ぜひ原曲と聴き比べをしてほしい楽曲です。

なんでもないや

アニメ映画『君の名は。』の主題歌であるRADWIMPSの「なんでもないや」をカバーしています。ニコニコ動画では総合1位を獲得。100万再生を記録したことから「歌ってみた伝説入り」のタグが付けられています。

映画の壮大さと心にしみわたるような優しさを兼ね備えたサウンドが特徴的な一曲。そらるさんの力強い地声と優しい裏声は驚くほどぴったりとハマります。投稿された動画のコメントには「包み込まれる」「泣ける」などが多く、魅力の一つである包容力を如実に感じられます。

海中の月を掬う

2019年に発売された3rdアルバム『ワンダー』のリード楽曲で、そらるさんが作詞作曲を手掛けています。タイアップ楽曲ではないものの、そらるさんがYouTubeに投稿したオリジナル楽曲の中では一番の再生回数でした。

美しいピアノの音色が印象的なミディアムナンバーと、そらるさんの透き通るような歌声の相乗効果がエモいのなんの……。地声と裏声をミックスしているため、表現力の豊かさを感じられます。歌声だけでなく、そらるさんが培ってきたミックス技術をぜひ堪能してください。

銀の祈誓

アニメイトタイムズ読者のみなさんでご存知の方も多いであろうアニメ『ゴブリンスレイヤー』のエンディングテーマを担当しています。そらるさんのソロ活動としては初となる同楽曲「銀の祈誓」はオリコン週間ランキング2位を記録しました。

タイアップが決まる前から『ゴブリンスレイヤー』のファンで、作品の世界観に合わせて作詞作曲を手掛けたそうです。そらるさんの柔らかく優しい歌声が活かされており、思わず聴き惚れてしまうほどの美しさを感じます。

唯一無二な歌い手

歌い手の中でも特に活動歴が長いそらるさん。今回そらるさんについて学んだことで、数多くの新星たちに埋もれることなく輝き続けている理由が分かった気がします。

生まれ持った歌声におごることなく、真面目に実直に活動を続け、好きを突き詰めていくことは、生半可な気持ちではできませんよね。こういった誠実さと好きを諦めない一途さ、そして天性の優しい歌声を兼ね備えているそらるさんはまさに唯一無二な存在だと思いました。

ファンのみなさんが感じる「そらるさんの魅力」もぜひ教えてください! それでは!

連載バックナンバー

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|連載:01
「歌い手」の魅力とは?
「歌い手」の魅力とは?

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング