menu
映画

太宰治にとって織田作之助は“生きる意味”|映画『文豪ストレイドッグス BEAST』谷口賢志さん&田淵累生さんインタビュー

文豪の名をいだくキャラクターたちが、架空の都市・ヨコハマで繰り広げる異能アクションバトルを描いた人気コミック『文豪ストレイドッグス』(原作:朝霧カフカ・作画:春河35)。

そのシリーズ初の実写映画化作品『映画「文豪ストレイドッグス BEAST」』が、2022年1月7日(金)に公開となりました。

「中島敦と、その宿敵である芥川龍之介。もし、2人の所属する組織が逆だったら……?」という“if”ストーリーが展開される本作。

今回、アニメイトタイムズでは、織田作之助役の谷口賢志さんと太宰治役の田淵累生さんにインタビューを実施しました。

僕たち流の「文豪ストレイドッグス」をお返しする感覚

ーー舞台化もアニメ化もされていない“if”ストーリーが映画化されるということで、最初にお話を聞いたときの感想をお聞かせください。

太宰治役・田淵累生さん(以下、田淵):映画も舞台同様のキャストを使っていただけるのが本当にありがたくて。僕自身、舞台「黒の時代」のほうで太宰治を演じることができなかったので、今回の「BEAST」で演じることができてすごく嬉しかったです。

織田作之助役・谷口賢志さん(以下、谷口):僕が演じる織田作之助という役自体が重要な役割を担っていて、舞台でも太宰にすべてを託して物語を繋げていく役どころでした。舞台「黒の時代」だけで伝説作って終わります、二度と織田作として出ませんと公言して演じ続けていたので、この映画のお話をいただいたときは少し恥ずかしかったです。あんなにお客様に対して「織田作は永遠にみなさんの心の中にいます」と啖呵を切ってしまったのに、また出てきちゃいましたみたいな(笑)

田淵:(笑)

谷口:それだけ覚悟を持って挑んでいた舞台でしたし、その舞台を観てくださったカフカ先生が「もう1回、谷口賢志の織田作之助をこの世界に引き戻したい」という思いがあってこの「BEAST」に……と言ってくださっていたと聞きまして、なんて光栄なことなんだと思いました。

なおかつ映像化するとキャストが変わることも多い中、舞台キャストでできるのは本当に嬉しかったですしありがたい気持ちが大きかったです。

ーーファンにとっても嬉しい映像化です。この映画に出演するにあたり、気持ちに変化はありましたか?

田淵:僕は舞台の「DEAD APPLE」の次の作品が今回の映画の撮影でした。これまで舞台「文豪ストレイドッグス」の歴史を築き上げてきた俳優陣と一緒に新人として入らせていただくのですごくプレッシャーはありました。

でも、賢志さん然り、ピーちゃんさん(鳥越さん)や祥平さんにも負けたくない気持ちが強かったので、とにかく僕は全力でぶつかっていこう!という気持ちで毎日臨ませていただきました。

谷口:最初、監督やカフカ先生らの前で読み合わせをしたとき、「変えたほうがいいですか?」とカフカ先生に質問しましたら「谷口さんはまったく変えなくていいです」と。「谷口さんが作った織田作之助のまま来てください。それで、この世界にいる芥川や太宰と会ってくれたら全然大丈夫なんで」と言ってくださったんです。なので、映画だからといって何か大きく変えてやろうとは思いませんでした。

実際、僕も「黒の時代」しか出ていないので、他の方とは、この「文スト」の作中ではほとんどお会いしたことがありませんでしたが、初対面ではない感覚が良い感じに映画にも出ていたんです。特に、橋本祥平とは彼のデビューからしょっちゅう共演していたこともあって、すんなりと「BEAST」の世界に入れました。

やっぱり舞台をやっていた役者が映画に出る良いところは、現場に入った時点で役作りが完璧にできていることだなと。なので、祥平とやっている感じではなく、芥川と向き合っている感じになっていて、それはすごく面白い感覚でした。

そして、累生も初めましてだったんですけど、あの太宰の目をみれば俺も織田になるというか。その感覚は映画ならではでしたし、とても面白かったです。

ーー舞台とは違う映像ならではの魅力や違いは感じられましたか?

谷口:舞台は総合芸術というか、その場で僕たちが演じたものに照明や音が入って、僕らの魂が客席に届くその生の瞬間を大事にしていますが、映像は一瞬一瞬を切り取っています。なので、逆にいうと、僕たちは撮影現場で最高のものを一瞬で出して、後は皆さんにお任せしますという感じがありました。

今まではアニメを舞台にしようと2.5次元を意識していましたが、本作では僕たちという材料を使って監督に調理してもらうような感じでしたので、完成した映画を見たときは純粋にお客さんとして観ました。

田淵:僕も同じです。純粋にお客さんとして観ていました。

谷口:うわぁすごい!こうなっているんだ!こうやって避けていたんだ!と思ったよね(笑) 舞台は自分の動きこそが完成形ですが、映画では完成してから自分のやっていた事がわかるんです。お芝居の面では、監督から変える必要がないと言われていたので、僕たちはこれまで培ってきたものを全力で出して、後はプロフェッショナルの方々にカッコよくしてもらいました(笑)

田淵:あと、本物のバー「ルパン」で撮影したときの感動はすごかったです。

谷口:あれはたまらなかったよね~!

田淵:はい。ほかにも、ちゃんと首領の執務室があったりして、撮影セットを見ただけで気持ちが高揚しました。

谷口:確かに。ロケーションが全部あるから、そこは大きいかも。

田淵:そのおかげで結構自分も入り込めた気がします。

谷口:ルパンでの撮影で、もう累生は涙が止まらなくて。

田淵:あはははは(笑)

谷口:泣くな!泣くな!と監督とプロデューサー含め全員が寄り添う中、「(鼻水をすすりながら)はいっ。でも織田作が……」とずっと言っていて、「織田作と呼ぶな!」と(笑)

一同:(笑)

谷口:それも舞台じゃないルパンで撮っているからこその魔力だったんだと思います。

田淵:本当に、涙なしにはできなかったです。

谷口:あはははは(笑)

田淵:でも映像ではちゃんと我慢できていました。

谷口:我慢できてたね。というか、我慢したところを使ったんだよ(笑)

一同:(笑)

谷口:僕らはリスペクトを持って演じていますし、自分の中で織田作之助を作っていますが、いかんせん2.5次元の舞台はすでに完成されている原作や、諏訪部さんらアニメの声優さんが作ってきた織田作之助をお借りしている感覚があります。

でも、今回の映画化で僕たち流の「文豪ストレイドッグス」をお返ししている感覚も強くあって。その辺を映画を見てくださるお客さんがどういう風に受け止めてくれるのか、怖さもありますが楽しみでもあります。

おすすめタグ
あわせて読みたい

文豪ストレイドッグス BEASTの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

ディズニープラス アニメ特集 イッキ見できるアニメ一覧
ディズニープラス見放題夏アニメ一覧
今期アニメ曜日別一覧
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング