アニメ
アニメ『佐々木と宮野』助監督・上野壮大 インタビュー

好きと憧れの間にある名前の無いなにか。それを伝えようとする健気な強さが魅力――アニメ『佐々木と宮野』助監督・上野壮大さん インタビュー

「だれかを好きになること」を応援してくれる、爽やか青春男子高校生LIFEを描いた人気漫画『佐々木と宮野』(著者・春園ショウ)。本作のTVアニメ化作品が2022年1月から3月まで放送されました。

アニメイトタイムズでは本作で助監督を務めた上野壮大にメールインタビューを実施! 原作の魅力や全12話を振り返った感想など、原作・アニメをもう一度見返したくなるお話をたっぷり伺いました。

好きと憧れの間にある名前の無いなにか

――『佐々木と宮野』の原作を読んだ感想や魅力を感じた点をお聞かせください。

助監督・上野壮大さん(以下、上野):感情未満のもやもやした何かや感情を越えてしまう衝動、好きと憧れの間にある名前の無い…、そんな言葉にできない部分が丁寧に描かれていて、けれども相手に伝えようと言葉にしていく健気な強さに魅力を感じました。

――今作に関わることになった経緯をお聞かせください。また石平信司監督と、どのような形で制作されたのでしょうか?

上野:アニメーションプロデューサーの齋藤さんから、青い袋に入った原作の漫画を貸してもらって、「助監督やんない?」と誘ってもらったのがきっかけだったと思います。たしか、荒川の堤防で。家に帰って読んで、次の日には「やりたい!」と即答しました。

石平監督とは、出会ったその日に「自分が監督だ、くらい思って、やってごらん」と背中を押してもらって、最初はおっかなびっくり、石平監督から色んなアイデアや参考、ヒント、時には謎々をもらいながら、一つずつ現場のスタッフたちと一緒に考えながら作っていきました。

――アニメ化の際に意識された点や苦戦した点などありましたら教えてください。

上野:アニメでは漫画と違い、観る人への時間の制約があるので、そのテンポには注意しました。どうしてもかけ足にはできないシーンが多いけれど、各話ここまでは進まなきゃいけないという制約とのバランスですね。そのため、この作品のコンテを描くために新しくやったのが、「3つの曲線を描いてからコンテを描き始める」ということでした。それは、時間を横軸にして、縦軸は心拍数、3つに分けたのは、「佐々木の心拍数」、「宮野の心拍数」、そして「物語の心拍数」です。原作を参考にシナリオを分解し直して、それぞれ心拍数を測って、作品が持つテンポの指針にしました。整理してみると、佐々木や宮野がドキドキしていても、物語自体はゆっくり、という反比例が多く、この作品の特徴かもしれません。他にも原作が漫画なのでページを捲る箇所は、その「ページを捲る」という効果を映像で補完できないか……とか色々試しながら、この作品のためのコンテの描き方を模索しながらやらせていただきました。
 

 

――全話通してお気に入りのシーンやエピソード、キャラクターを教えてください。

上野:制作を終えた後は、どのシーンもどのエピソードも、どの人物も、好きで好きで愛おしくてしょうがなくなってしまう性格でして……選べません。今回は物語の性質上、制作の際も出来るだけ力の入れ具合がシーンごとに凸凹にならないように気をつけました。観てくれた方が、「今回が1番面白かった!」と12回思えて、気づいたら終わってしまった…という感じに出来たらと思っていまして。

ただ、そうして気をつけていても、8話のラストシーンと12話の公園のシーンだけは、自分だけでなく関わってくれた人達の強い想いが集まって、特別なシーンになってしまったことは誤算であり、けれど作品にとって幸せなことだと思っています。

 

(C)2022 春園ショウ/KADOKAWA/「佐々木と宮野」製作委員会
佐々木と宮野 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

佐々木と宮野の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング