アニメ
春アニメ『阿波連さんははかれない』声優・花澤香菜インタビュー

春アニメ『阿波連さんははかれない』桃原先生役・花澤香菜さんインタビュー|テンションの昂りを「あはれ」の読み方の違いで表現!? さまざまなパターンの吐血シーンにも注目

「少年ジャンプ+」にて連載中の水あさと先生による漫画『阿波連さんははかれない』。人との距離をはかるのが少し苦手な女の子・阿波連れいなと、彼女の隣の席の男子・ライドウのふたりが、少しずつ心を通わせていく様子を描いた“密着系ラブコメディ”です。

本作を原作としたTVアニメ『阿波連さんははかれない』が、2022年4月1日(金)より、MBS/TBS/BS-TBS “アニメイズム”枠ほかにて放送中。

TVアニメ放送を記念し、アニメイトタイムズでは、声優陣への連続インタビューを実施しています! 今回は、桃原(とうばる)先生役・花澤香菜さんです。

古文の先生らしく、阿波連さんとライドウくんのやり取りを見て、「あはれ」を感じる桃原先生は、個性的なキャラクターが多い本作の中でも、ひと際“濃い”キャラクター。インパクト大な役どころを演じるにあたって意識したことや、主人公ふたりの魅力などを語っていただきました。

 

 

「あはれ」は読み方によってテンションが違う!?

──本作のシナリオを読んだ際の印象や、桃原先生の印象をお聞かせください。

桃原先生役・花澤香菜さん(以下、花澤):初めて漫画を読んだときは、「なんてあはれなんだろう!」と思いました(笑)。阿波連さんとライドウくんは、平熱が低めというか、テンション感が似たもの同士なんですよね。周りはにぎやかだけど、ふたりの空気感はすごく穏やかなところがクセになるし、疲れないのでずっと見ていられるな、と思いました。

桃原先生はその中で、割とヘンな人として登場します(笑)。キャラが立っていると思いましたし、私なりに、「ふたりのテンションとは違う何かを投入しなければ」と思ってオーディションを受けました。

──確かに、個性的なキャラクターが多い中、桃原先生はひと際濃いですよね。

花澤:登場するたびに吐血するキャラはなかなかいないと思います(笑)。

──オーディション時から役へのアプローチは固まっていたのでしょうか?

花澤:本番もオーディションのときとあまり変わらなかったです。授業中の雰囲気はミステリアスな感じで、生徒からの印象も「何を考えているか分からなくて、ちょっと怖そう」といったイメージです。けれど、内側で彼女が妄想しているところでは、激しいというか、彼女なりのテンションマックスな状態なので、「外面と内面のギャップが付けばいいな」と思いながら演じました。

 

 

──ギャップを付けるほかに意識したことはありますか?

花澤:私も、同年代に先生役をやる人が増えた年齢になったので、「そこまで作りこまないでもいいのかな」と思いました。強いて言うなら、生徒に対して「ちゃんと見守っていますよ」とか、「こういう風に促してあげたらいいのかな」といった、思いやりの部分は意識しました。

──先生の面と妄想が暴走する面のバランスはしっかりと考えて作りこんでいったのでしょうか?

花澤:生徒に話しかけるシーン(先生の面)は少ししかなかったのですが、違いは確かに意識しました。

──スタッフ陣からディレクションなどはありましたか?

花澤:「とにかく思いっきりやってください」という感じでした。最後の「○○あはれ!」という必殺技みたいな台詞がピークで、そこに持っていくまでにどんどんテンションが上がっていくように演じました。

あとはディレクションで大きかったのは、「あはれ」の読み方ですね。“あわれ”ならまだ正気を保っている状態で、“あはれ”になると最上級なんです。録りながら、シーンごとにその判断をスタッフの方が考えていました。

中には、「花澤さんのテンションが上がってしまった場合は“あはれ”でもいいです」と言われることもあったので、自分なりに「ここは“あはれ”にしてみよう」と演じたシーンもあります。

──冒頭にお話しされていた、「ふたりのテンションとは違う何か」の部分は、具体的にどういったところを意識しましたか?

花澤:彼女は、武士とまではいかないですが、「私の中でこのルールは決まっている」といった世界観があるんです。それを人に押し付けるわけではないですが、「“自分の中では決まっている”雰囲気を出せないかな」と思って、自分の妄想の中で喋っている言葉は断定的に喋るようにしました。

そうすることでほのぼのとした日常を送っている人たちとは少し違う、淡々とした感じというか、ひとりだけ戦場にいるようなテンションを出すようにしました。

 

 

──古文の時代感が内面にも表れているんですね。

花澤:言っている内容はめちゃくちゃくだらないんですよ(笑)。そこを大真面目にやることでおかしさが生まれるので、「彼女の中では一大事だ」ということを意識して演じました。

──ある意味、桃原先生の妄想は視聴者の心の代弁でもありますよね。

花澤:先生が実況するという立場はなかなかないですよね。私もラブコメ漫画を読んでいると思わず「あはれ!」と言いたくなるような場面は多々あるので、その意味では、彼女は視聴者に近いのかもしれません。

──学校の先生から見たら、生徒はああいう風に見えているのかもしれないですね。

花澤:どうなんだろう? 集中したほうがいいと思います(笑)。

ただ、私もイベントなどで大勢の人の前に立つといろんなことが気になります。「あ、今、私の発言で引いたわね、あの子」みたいなことも意外と分かるんです(笑)。

──吐血シーンはどういった感じでしょうか?

花澤:もうそのままですね。

──ということは、けっこうリアルに?

花澤:そうですね。けっこう激しく、何かが出そうな感じです(笑)。いろんな吐血パターンをやらせてもらいました。

──なかなか珍しい経験だったんじゃないですか?

花澤:いろんな役柄をやってきましたが、毎回吐血する役はいませんでした。吐血は見どころだと思います。

──生徒側からしたらちょっと怖いですよね(笑)。

花澤:確かに、突然鼻血を出したり倒れたりしますから(笑)。彼女の中で何が起こっているのか分からないので、生徒側からしたら気になる先生だと思います。

──演じていて特に印象的だったシーンなどはありますか?

花澤:授業中にふたりを見ても動揺しないように、家でシミュレーションや妄想をしているシーンは、いい意味で「本当にくだらないな」と思いました(笑)。妄想だけで鼻血を出すなんて、と。やっていて楽しかったです。

──本作は、キャラクターが全員変な方向に真面目ですよね。

花澤:そうですね。傍から見るとおかしいですが、先生なりに「生徒の前で心を乱してはいけない」と思って、ちゃんと耐性を付けるためにやっているわけですから。

 

(C)水あさと/集英社・BILIBILI
おすすめタグ
あわせて読みたい

阿波連さんははかれないの関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング