menu
アニメ

春アニメ『群青のファンファーレ』宝生迅人役:豊永利行さんインタビュー|競馬学校を舞台にしたヒューマンドラマ。競馬業界のリアルさ、登場人物たちの心の動きに注目!【連載8回目】

4月2日より放送開始したTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群像劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。

少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えていくのか、成長過程が魅力でもあります。

そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第8回目にお届けするのは、宝生迅人役の豊永利行さんです。

豊永さんが演じる宝生迅人は、小学生時代から乗馬大会で入賞してきた実力の持ち主。真面目な性格で、周囲をまとめる委員長的な存在です。

アニメイトタイムズからのおすすめ

インタビューバックナンバーはこちら!

関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』有村優役:矢野奨吾さんインタビュー|アイドルのセンターからジョッキーを目指す少年へ。人生をかけて競馬学校へ入学する彼らの成長物語【連載1回目】
4月2日より放送開始したTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群青劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの大きな壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。記念すべき第1回目にお届けするのは、有村優役の矢野奨吾さんです。矢野さんが演じる有村優は、元有名アイドルグループのセンター。仕事で初めて競馬場を訪れたことをきっかけに、芸能界から競馬界へ転身することになります。インタビューバックナンバーはこちら!人生をかけて騎手を目指す成長物語——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。有村優役・矢野奨吾さん(以下、矢野):オリジナルアニメということで1話1話どういう展開になっていくんだろうという期待がありました。競馬学校について何も知らなかったので、自分で調べてみると、入学資格など大変厳...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』風波駿役:土屋神葉さんインタビュー|競馬学校で葛藤する少年たちの姿から見えてくる大切なもの。土屋さんが自分の道を決めるときに大事にしてきたこととは?【連載2回目】
2022年4月2日より放送開始したTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群青劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの大きな壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第2回目にお届けするのは、風波駿役の土屋神葉さんです。土屋さんが演じる風波駿は、自然に囲まれた島でラジオで競馬中継を聞いて育った天然っ子。競馬学校に入学するまで乗馬経験はなかったものの、天性のセンスを発揮します。インタビューバックナンバーはこちら!土屋さんにとって身近に感じる競馬学校——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。風波駿役・土屋神葉さん(以下、土屋):競馬学校がテーマになっている作品はなかなかありませんが、今は競馬界が盛り上がっていて若い層にも広がっていることもあり、競馬の世界をより深く知ってもらえる作...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』京力秋樹役:糸川耀士郎さんインタビュー|台本を読む手が止まらなかった。キャラクターそれぞれが抱えている問題や悩みに共感できる【連載3回目】
2022年4月より放送中のTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群青劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第4回目にお届けするのは、京力秋樹役の糸川耀士郎さんです。糸川さんが演じる京力秋樹は、地方競馬の騎手を父親に持つ負けん気が強いキャラクター。中央競馬でリーディングジョッキー(※1)になることを目標としています。※1:シーズンの勝利数が最も多い騎手のこと。インタビューバックナンバーはこちら!第1話の収録はとても緊張したーー本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。京力秋樹役:糸川耀士郎さん(以下、糸川):競馬のことをまったく知らなかったので、いろいろ調べて知識を深めておかないといけないと思っていましたが、初めて台本を読んだとき、そうい...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』桜庭惣司朗役:橘龍丸さんインタビュー|豊永利行さんと1対1で収録した印象深いシーンとは? 青春の中にも大人のような葛藤がある競馬学校の世界【連載4回目】
2022年4月より放送中のTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群像劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えていくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第6回目にお届けするのは、桜庭惣司朗役の橘龍丸さんです。橘さんが演じる桜庭惣司朗は、父親が元ジョッキーの調教師、長兄は厩務員、次兄は現役騎手という競馬一家で育ったサラブレッド。そのため、騎手になるのは当然と競馬学校に入学した楽天家で自信家なキャラクターです。インタビューバックナンバーはこちら!バックボーンが似ている役柄——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。桜庭惣司朗役・橘龍丸さん(以下、橘):オーディションの資料を頂いた際に「競馬学校」っていうものがあるんだなと驚いたのが最初の印象です。騎手を一から育てるにあたって学校...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』天音・グレイス役:花江夏樹さんインタビュー|収録で大変だったのはネイティブ英語!?【連載5回目】
2022年4月2日より放送開始したTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群像劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第5回目にお届けするのは、天音・グレイス役の花江夏樹さんです。花江さんが演じる天音・グレイスは、イギリス出身のハーフ。元騎手を父に持ち、日本に来るまでにも海外の競馬学校を転々としてきたエリートです。インタビューバックナンバーはこちら!騎手の見方が変わる作品——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。天音・グレイス役 花江夏樹さん(以下、花江):騎手がどういう訓練を受けてプロになるのか、そこにスポットを当てるというのはすごく珍しいですし、とても面白そうだなと思いました。――ちなみに競馬学校って花江さんはご存知でしたか?花江:...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』霜月えり役:水瀬いのりさんインタビュー|えりは同性から見ても好きになる女の子。アフレコは男子校に入学したかのような気分!?【連載6回目】
2022年4月より放送中のTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群像劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第6回目にお届けするのは、霜月えり役の水瀬いのりさんです。水瀬さんが演じる霜月えりは、騎手として活躍すれば賞金で稼げると考え、競馬学校に入学した唯一の女の子。大人びた性格をしているキャラクターです。インタビューバックナンバーはこちら!競馬の裏側を知ることができる——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。霜月えり役・水瀬いのりさん(以下、水瀬):騎手として活躍されている方の存在はもちろん存じ上げていましたが、その方々が様々な学びを経てプロになるという過程、なかなか知りたくても知ることができない世界の裏側を知ることができる作品だ...
関連記事
春アニメ『群青のファンファーレ』牧皐汰役:小林千晃さんインタビュー|久しぶりに苦戦した役!? 厳しい世界だからこそキャラクターの個性や成長が輝く物語【連載7回目】
2022年4月より放送中のTVアニメ『群青のファンファーレ』。競馬学校で騎手(ジョッキー)を目指す少年たちの青春群像劇を描くオリジナル作品で、入学から卒業までの3年間が描かれます。少年たちの“青春”だけでなく、競馬学校ならではの過酷さも描かれる本作。騎手を目指す道にはたくさんの壁が待ち受けており、彼らがどのように乗り越えてくのか、成長過程が魅力でもあります。そこで、アニメイトタイムズでは、メインキャスト8名にインタビューを実施。第7回目にお届けするのは、牧皐汰役の小林千晃さんです。小林さんが演じる牧皐汰は、幼い頃から祖父に競馬場に連れて行かれ競馬好きに。明るく堅実な努力家で、主要レースの結果を記憶しているデータ型の競馬オタクです。インタビューバックナンバーはこちら!オーディションで一番手応えがなかった役——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。牧皐汰役・小林千晃さん(以下、小林):競馬学校自体、全然知識がなかったので新鮮に感じました。取材も綿密にされているということで、これはすごくリアリティーのある競馬学校の描写があるんじゃないかなと大きな期待があ...

驚きがいっぱいの競馬学校

——本作は競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ作品です。最初に、脚本や設定を読まれたときの印象をお聞かせください。

宝生迅人役・豊永利行さん(以下、豊永):純粋にリアルを描いているというか、実際競馬学校の生徒たちはこういう厳しい訓練をしているんだなと、本当に限られた人しかなれない職業なんだなということがすごくわかる作品だと思いました。

青春群像劇で、10代の子たちが頑張っていく様や葛藤などリアルな様子も描かれています。

あと、主人公の有村優くんが元々アイドルというところからスタートするというのが一つのスパイスになっているなと。

アイドルという存在は、だれでも馴染みがあると思うので、その馴染みやすさというところから普段あまり触れることのない競馬学校について興味を持ってもらう導入部分になっていて、なるほどな〜!と。今の時代の流れに沿って、視聴者の興味に合わせて考え込まれた作品なんだなっていうのを感じました。

オリジナルアニメということで、もちろんいやらしい意味ではなくて、すごく戦略的なところからきっとこの作品は始まったんじゃないかとか想像しました。純粋に競馬のことを伝えたいんだっていう想いが伝わってきます。

——“元アイドルでセンターだった子が騎手になるために競馬学校へ入学する”という導入だけで、どういうお話になるのか気になりますよね。

豊永:そうですね。アイドルコンテンツが好きな方はたくさんいらっしゃると思いますし、そういうところからお話も膨らませやすいと思います。いわゆる導入の引き込みみたいな、吸引力がすごく強い作品なんじゃないかなと思います。

――ちなみに豊永さんは競馬学校のこと、ご存知でしたか?

豊永:もちろん、あることは知っていました。結構前に、競馬学校の生徒たちに密着する特番をたまたま見たことがあったので。とはいえ浅い知識ですけど、そういう学校があるんだということは知っていました。

それこそ僕ら世代だったら武豊さんが一世を風靡していた時代でしたし。ただ今回、この作品を通して、騎手の方々がこういう学校で訓練したり切磋琢磨したりしていたんだなと改めて知ることができて良かったです。

あと僕、ゲームが好きなので『ダビスタ』(『ダービースタリオン』)を結構やっていたことがあって。競馬学校ではないんですけど、ゲームの中でオーナーになって馬を育ててたことはあります(笑)

――おぉ〜!

豊永:ゲームの中では、この馬に誰を乗せるか、騎手を選んだり依頼したりできるんです。騎手の方によって、追い込みが得意とかの特性があったりするので、なんとなく騎手によって馬の乗り方や扱い方は違うんだと把握はしていました。

ただ改めて、実際のレースにも表れているんだなと思うとすごいな〜!と感じます。

――馬を育成するゲームで少し知識を習得されていたのですね。

豊永:はい。ゲームの中でGⅢやGIなどの大舞台のレースに優勝して喜んだりしていました。そういうところで「鼻差」や「馬身差」の用語も学びましたね。

――作中でも専門用語や競馬ならではのシステムみたいなものはたくさん出てきますが、豊永さん自身驚いたことはありましたか?

豊永:自分が練習のために乗る馬のお世話をしているシーンがあるんですけど、お世話まで騎手の方がやるんだなと。プロになったらお世話をする方が別にいらっしゃると思うんですけど、乗るテクニックだけじゃなくて馬の気持ちや寄り添い方を学ぶところはちょっと新鮮というか驚きました。

あとは、「馬主」のことを僕はずっと「ばぬし」だと思っていたんですよ。でもこの作品では「うまぬし」と呼んでいて。ほかにも、飛び越えるって書いて「飛越(ひえつ)」といった漢字の読みを初めて知ることがありました。専門業界用語的に新鮮なことがいっぱいです。

――体重制限があるというところにもびっくりしました。

豊永:騎手の適正体重が44.0〜46.5kgなんですよね。45kg前後じゃないといけなくて、40kg代じゃないとダメなの?ってびっくりしました。僕も結構小柄で細い方なんですけど、僕ですら50kgを超えているので、僕より細くないとダメなのかって。

あとは、脂肪、筋肉とかもつけておかなきゃいけないのに、体重もキープしなくちゃいけな
い厳しさや骨格的な問題、骨密度まで関係してくる繊細な重量の問題が騎手にはのしかかってくるんだなと。

そういった自分の力だけじゃどうしようもないものに直面する瞬間も作中で描かれています。これは辛いな……って思いました。

――頑張って乗り越えられる問題ならまだしも、身体的な問題は自分ではどうしようもないですもんね。

豊永:そうなんですよね。頑張りようがないっていうところが、本当にもどかしい。苦渋の決断をする方も実際いるんだろうなと思うと、なんて厳しい世界なんだと思います。

(C)Fanfare Anime Project
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング