menu
映画

映画『シン・ウルトラマン』感想・レビュー|今一度「“ウルトラマン”とは何か」を考える

2022年5月13日(日)についに公開された、『シン・ウルトラマン』。皆さんはもうご覧になったでしょうか。

説明不要の日本が誇る名作品を企画・庵野秀明さん、監督・樋口真嗣さんという座組で新たに創られた本作。公開後も連日話題を呼び、様々な年代や層を巻き込んで盛り上がりを見せています。

私は『ウルトラマンティガ』~『ウルトラマンマックス』あたりを見ていた世代(20代前半)なので『シン・ウルトラマン』の元となった初代『ウルトラマン』や『ウルトラQ』などにはあまり馴染みの無い世代です。

世代を超えて愛される名作なので、同世代でも『ウルトラマン』を愛してやまないファンが多く存在しているのはもちろん理解していますが、私のように「子供の頃見ていたな」と懐かしむ方もいると思います。

本稿はそんな私のような世代や、シリーズを追い続けてはいないものの「ウルトラマン」に親しみを感じている視点でのレビューとなります。

そして本作は私達のような世代に「“ウルトラマン”とは何か」を提示する作品だと私は思います。

よく考えてみれば、日本・世界中でも愛される存在・作品であるにも関わらず、「ウルトラマンって一体なんだろう?」と正面切って向き合ったことがありませんでした。

「初めてウルトラマンを見た時の衝撃を」というコンセプトが含まれた『シン・ウルトラマン』の魅力、現代に創られた意義について考えていきましょう。

※本レビューに「ネタバレ」はありません。

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

目次

「ウルトラマン」と向き合ってみる

まずは私の鑑賞後の率直な感想です。

私は2回鑑賞したのですが、久しぶりに体感したウルトラマンのかっこよさと『シン・ウルトラマン』で描かれた人間と外星人たちの関係を目の当たりにして「ウルトラマンとは何だったのか」を考え込んでしまいました。

それを考えているうちに、「そもそも“ウルトラマン”って自分の中でどんな存在なのだろうか」、「今、『シン・ウルトラマン』を作った意味はなんだろう」など、様々な事が頭に浮かびました。

実際に鑑賞して、本作に登場したウルトラマンをどのように解釈するかどうかは人それぞれ。その内容よりも「ウルトラマンってなんだろう?」と考えることに意義があると私は感じます。

色々と考えてみて至った結果はシンプルで、「やっぱウルトラマンってすごいや!」ということです。

日本には『ウルトラマン』のような「誇りに思える作品」が沢山あるということを身にしみて感じました。私は『シン・ウルトラマン』を鑑賞して、「ウルトラマン」を誇らしく思えたのです。

私が生まれる遥か前に素晴らしい作品が生まれ、現在までそのシリーズが作られ続けている。最も新しく、よりオリジナルに近い『シン・ウルトラマン』を見ることによって「ウルトラマン」の歴史を実感し、その歴史の中に数々の名作があることを実感し、ワクワクしました。

『シン・ウルトラマン』は注目度の高い作品であり、従来のシリーズよりも多くの人に届く可能性が高い作品です。

本作を鑑賞して、私と同じような「誇り」を感じる人が増えれば増えるほど次の「ウルトラマン」、次の素晴らしい作品を作りたいと思う人もきっと出てくるはずです。

『ウルトラマン』というすごい作品があって、それを生み出した素晴らしい人達がいるんだ。という誇らしい事実を私達のような層に実感させる事が『シン・ウルトラマン』の役割ではないでしょうか。

ここからはそんな愛とリスペクトに溢れた『シン・ウルトラマン』の誇れるポイントを紹介します。

 

誇れるポイントその1「完成されたデザインとアクション」

まず虜になったのは禍威獣やウルトラマンのデザインと、戦闘シーン、アクションでした。

禍威獣のデザインや動きは、公開前に解禁された予告などでも見ることができましたがスクリーンで見ると断然迫力が増しており衝撃的!
 


 
ウルトラマンが私達の前に現れた時には「やべーーー!」と心のなかで叫んでいました。とにかく美しくかっこいい。それでいて不気味な気もする。

この時点で「衝撃の再現」は果たせているかと思います。あの時私は、当時テレビの前で衝撃を受けた子どもたちと確かにシンクロしました。

本作のウルトラマンは産みの親である彫刻家、デザイナーの成田亨(なりたとおる)さんの原案通りに作られています。

いつまで経っても色あせない完璧なデザインと、それを最大限に表現しているのが『シン・ウルトラマン』の誇れるポイントなのです。
 


 

従来のようなきぐるみではなくCGを使って細かく造形されているので、独特な質感で最高でした(もちろん従来のものも最高!)。

登場した禍威獣、外星人もかなりクール。予告等で登場した「ザラブ星人」、山本耕史さん演じる「メフィラス」星人もオリジナルを踏襲しつつ本作でしかできないものになっています。
 

 
またそれらのアクションが素晴らしかったです。戦闘シーンでの効果音やエフェクトもあえて「昔っぽい」表現を使っているのに、心を掴まれてしまいます。動き1つ1つにこだわりがあり「ウルトラマン愛」を存分に感じることができました。

現在でもウルトラマンシリーズは作られ続けていますが、フルCGによるまた違ったアクションのかっこよさや独自の魅力がありました。

 

誇れるポイントその2「音楽がアツい」

本作のBGMは物語前半に、初代『ウルトラマン』などでも使用されていた宮内國郎(みやうちくにお)さん楽曲が使われています。

総監修も務めた庵野さんが、それぞれのシーンに適した宮内楽曲をセレクトして劇中に使用。2回ともウルトラマンファンの友人と鑑賞したのですが、隣でノリノリ状態。きっと観客席全体がそのような雰囲気だったでしょう。

とある戦闘シーンでは私でも聴いたことがある(ウルトラマンの3D格ゲーで聴いていた)有名な曲が使われており、そのシーンのアツさも相まって、私もテンションマックスに。

今の映像とミックスしてもなんの遜色もないし、歴史を感じるBGMもやはり誇れるポイントでしょう!

 
また、後半の楽曲制作を担当したのは作曲家・鷺巣詩郎さん。

鷺巣さんは『シン・ゴジラ』や『シン・エヴァンゲリオン』など多くの作品で楽曲を制作しており、『エヴァ』などで庵野さんが惜しくも使用しなかった曲、新たに製作した楽曲が本作で使われています。(デザインワークスより)

宮内さんの楽曲とはまた違う、重厚で鷺巣さんらしいサウンド。物語後半の展開にピッタリでした。

そして忘れてはいけないのが主題歌「M八七」! 米津玄師さんが作詞作曲を担当した本楽曲は『シン・ウルトラマン』という作品だけでなく、「ウルトラマン」という存在にも焦点があたっています。
 

 
歌詞はウルトラマンの事を歌っているようで、私達観客の心を歌っているようにも感じるという幾通りの解釈ができ、SNSでは歌詞から物語の考察をする声も見受けられました。

「米津さんの解釈やばすぎる……」「そんなにウルトラマンが好きなのか、米津玄師」など楽曲や米津さんを誇る発信も目立っていましたね。

 

我らの誇り「ウルトラマン」を追え!

鑑賞後、『シン・ウルトラマン』の映画パンフレットとデザインワークスを購入し、出演者や制作者インタビュー、デザイン画などしっかり熟読。

この記事を書いている今は、音楽サブスクサイトにて「ウルトラマンシリーズ」の楽曲を聞いています。

こうやって「ウルトラマンワールド」に興味津々なのはミーハーな私だけではないようです。『シン・ウルトラマン』が公開されてからというもの、SNSでは現在も放送されている「ニュージェネレーションヒーローズ」に関する話題で盛り上がりを見せています。

中でも『ウルトラマンZ』がTwitterのトレンド入りを果たしており、「『シン・ウルトラマン』で今の作品が気になったらZがオススメ」というような声が多数上がっています。

もちろん私も見る予定だし、その他自分の思い入れのあるウルトラマンも見返したいと思っています。

日本が生んだ素晴らしい誇りである『ウルトラマン』を想起させ、その世界に新たなファンを導くのが『シン・ウルトラマン』という作品なのです。あなたもぜひ映画館でそれを体感してみてください!

“ウルトラマン”が劇場で君を待っている!

[文・タイラ]

(C)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ
(C)2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C)円谷プロ
おすすめタグ
あわせて読みたい

シン・ウルトラマンの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング