アニメ
関東甲信が梅雨入り──「雨」にまつわる名言5選【注目ワード】

関東甲信が梅雨入り──雨の日が続く今こそ聞きたい、悲しみ、優しさ、自由にあふれた人間の「雨」にまつわる名言を5つご紹介【注目ワード】

2022年6月6日(月)、気象庁は関東甲信が梅雨入りしたとみられると発表しました。Twitter上でも「梅雨入り」がトレンドとなり、多くの方が「気が滅入る」と少しナーバスに。

しかし、雨というものはただネガティブなものではありません。恵みの雨と呼ばれるように、時には人の心すらも潤してくれるもの。

とくに、漫画やアニメ作品では、雨は人の心理を描写する一つのキーアイテムとして登場しています。

たとえば人の感情、人間らしさを丁寧に描写している『鋼の錬金術師』。雨(天気)そのものにフォーカスした『天気の子』など、数多くの作品で、雨にちなんだ人の心を揺さぶる名言があります。

今回は、そんな人の心ともリンクしている雨に焦点をあて、雨の日だからこそ心により深く刺さる名言を5つ、ご紹介。

 

雨の日こそ聞きたい名言

いかん、雨が降ってきたな。 |『鋼の錬金術師』ロイ・マスタング

 
亡くなった母を取り戻すため、禁忌である人体錬成を行ったエドワード・エルリック(エド)とアルフォンス・エルリック(アル)。その結果、エドは右腕と左足、アルは肉体すべてを失い、元の体に戻るための旅を始める──。

荒川 弘先生による漫画『鋼の錬金術師』。2回のアニメ化に映画も制作された大人気作品に登場する人気キャラクター、ロイ・マスタング大佐の名言です。

彼の士官学校時代の同期であり親友であるマース・ヒューズ中佐は、作中で誰よりも早く敵の正体に気づきました。しかし、その有能さ故に危険視され、早々に殺されてしまうことに。その早すぎる死に、読者からも哀悼の声が響きました。

そしてヒューズの墓前で、大佐は部下であるリザ・ホークアイ中尉に、自身の涙を言い訳するように語ります。親友の死を悲しみながらも、軍人として気丈に振る舞うその姿。そして、その気持ちを察する中尉の姿も印象的です。

 

関連記事
鋼の錬金術師
エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くした母親を思うあまり、死んだ人間を蘇らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全てを失う。己の右腕と引き換えに、かろうじて弟の魂を錬成し、鎧に定着させることに成功したが、その代償はあまりにも大きすぎるものであった。エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、絶大な力をもつ「賢者の石」を探す旅に出る。右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えた彼を、人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ・・・。作品名鋼の錬金術師放送形態TVアニメスケジュール2003年10月4日(土)~2004年10月2日(土)TBS系列ほか話数全51話キャストエドワード・エルリック:朴璐美アルフォンス・エルリック:釘宮理恵ウィンリィ・ロックベル:豊口めぐみロイ・マスタング:大川透リザ・ホークアイ:根谷美智子マース・ヒューズ:藤原啓治アレックス・ルイ・アームストロング:内海賢二ジャン・ハボック:松本保典ハイマンス・ブレダ:志村知幸ヴァトー・ファルマン:室園丈裕ケイン・フュリー:白鳥哲キング・ブラッドレイ:柴田秀勝バスク・グラン:青森伸スカー:置鮎...
関連記事
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、そして再構築する、この世界で最先端の科学である。この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、エドワード・エルリック。巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく。暗躍する人ならざる者たちの存在。徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。錬金術がもたらす幾多の悲劇。点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き込んでいく。兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む--。作品名鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST放送形態TVアニメシリーズ鋼の錬金術師スケジュール2009年4月5日(日)~2010年7月4日(日)MBS・TBS系列ほか話数全64話キャストエドワード・エルリック:朴璐美アルフォンス・エルリック:釘宮理恵ウィンリィ・ロックベル:高...

 

女の涙に濡れんのは、もうごめんだ。 |『銀魂』坂田銀時

 
空知英秋先生による大人気作品で、2021年にアニメも完結を迎えた『銀魂』。義理人情にあふれたキャラクターたちの人の心に突き刺さる数々のセリフが印象的です。

今回取り上げるのは、主人公である坂田銀時が憧れているお天気お姉さん「結野アナ」を主軸とした「陰陽師篇」から。

天道の力で天気予報をしていた結野アナですが、対立する元夫の巳厘野道満による妨害で予報はことごとく外れ、民衆からは批判を浴び番組降板の危機に。

それでも自分の仕事を全うしようとする彼女の姿を見て、銀時はただのファンの一人として動きます。結野アナを笑顔にするために、そして長く続く雨を止めるために。

「こんな天気だ。血に濡れようが雨に濡れようが、たいして変わりゃしねーだろ。春雨だろーが、秋雨だろーが、血の雨だろーが。濡れて参ってやるよ。だが、女の涙に濡れんのは、もうごめんだ」

人として大切なものを忘れない銀さんだからこその名言です。

 

 

雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいい。自由とはそういうことだ。 |『THEビッグオー』ロジャー・スミス

 
サンライズ制作のロボットアニメ『THEビッグオー』の主人公、ロジャー・スミス。

記憶を失った街「パラダイムシティ」を舞台にネゴシエーター兼巨大ロボット「ビッグオー」のドミュナスとしても活躍する彼は、人を殺すよう命じられたアンドロイドと対峙。

命令に従うだけのアンドロイドは、自身の行動は雨が降れば傘をさすくらい当然のことであると言い放ちます。

その言葉に対する返答がこの名言。自由を愛し、誰かからの束縛や支配を嫌う彼を体現する、思わず傘を放り投げてしまいたくなるような言葉です。

 

関連記事
THE ビッグオー
40年前、何らかの原因で記憶をなくした街、パラダイムシティ。ネゴシエイターのロジャー・スミスは、交渉術に加えて「メガデウス」と呼ばれる巨大ロボットのビッグオーを操り、この街で起こる数々の難事件に挑む。事件の裏には、街の記憶「メモリー」を捜して暗躍する正体不明の女エンジェルや、街を牛耳るパラダイム社の社長アレックス・ローズウォーターの陰謀が見え隠れする。ロジャーは次第に、この世界の謎に直面していく。作品名THEビッグオー放送形態TVアニメスケジュール1999年10月13日(水)~2000年1月19日(水)WOWOWほか話数全13話キャストロジャー・スミス:宮本充R・ドロシー・ウェインライト:矢島晶子ノーマン・バーグ:清川元夢ダン・ダストン:玄田哲章エンジェル:篠原恵美ビッグ・イヤー:辻親八アレックス・ローズウォーター:石塚運昇シュバルツ・バルト:堀勝之祐ゴードン・ローズウォーター:納谷悟朗ベック:大塚芳忠スタッフ企画:サンライズ原作:矢立肇監督:片山一良コンセプトワーク・スーパーバイザー:さとうけいいちシリーズ構成:小中千昭・片山一良キャラクターデザイン・メカニックデザイン:さとうけいいち美術デザイン:佐藤肇美術監督:太田大美術監督補:加...

  

青空よりも俺はひながいい! 天気なんて狂ったままでいいんだ! |『天気の子』森嶋帆高

 
新海誠監督のオリジナルアニメ『天気の子』の主人公である森嶋帆高の名言。

彼は、祈りによって天気を晴れにすることができる少女「天野陽菜」と出会い、徐々に彼女に惹かれていきます。しかし、世界の狂った天気を元に戻すためには、彼女が犠牲にならなければならない……。

世界の青空か、大切な人か。究極の選択に対して帆高が出した答えは、ただ好きな人と一緒にいたいという少年らしい純粋なものでした。

 

関連記事
天気の子
「あの光の中に、行ってみたかった」高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だったーー作品名天気の子放送形態劇場版アニメスケジュール2019年7月19日(金)キャスト森嶋帆高:醍醐虎汰朗天野陽菜:森七菜須賀圭介:小栗旬夏美:本田翼冨美:倍賞千恵子天野凪:吉柳咲良安井:平泉成高井:梶裕貴須賀萌花:香月萌衣間宮夫人:島本須美佐々木巡査:市ノ瀬加那アヤネ:佐倉綾音カナ:花澤香菜スカウトマン木村:木村良平占いおババ:野沢雅子荒木研究官:荒木健太郎神主:柴田秀勝スタッフ原作・脚本・監督:新海誠音楽:RADWIMPSキャラクターデザイン:田中将賀作画監督:田村篤美術監督:滝口比呂志制作:コミックス・ウェーブ・フィルム公...

  

明けてほしくなかった。 |『言の葉の庭』雪野百香里

 
こちらも同じく、新海誠監督によるオリジナルアニメ『言の葉の庭』から。

靴職人を目指している15歳の秋月孝雄。雨の日の午前中は授業をサボり、決まった場所で靴のデザインを考えます。そこで出会ったのがヒロインである雪野百香里。

徐々に親交を深めるものの、雨の日にしか会えない二人──梅雨の日は毎日のように会えていたけれど、梅雨が明けて会えなくなります。

孝雄は授業をサボらずに済むようになったから本来なら喜ぶこと。だけど、会えない寂しさに、彼女から思わず「(梅雨が)明けてほしくなかった」と本音が漏れてしまいます。

雨がずっと続くと気が滅入ってしまうけど、どこかの街でこんな二人がいるのなら、梅雨も悪くないと思えてしまう名言ですね。

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング