menu
映画

映画『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』公開記念舞台挨拶より公式レポート到着! 座長・山田涼介さん、約5年間駆け抜けた想いを語る

超人気漫画『鋼の錬金術師』作品生誕20周年の新プロジェクトとして、新たな実写映画の完結編が二部作連続公開! 『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』が大ヒット公開中です。

後編≪最後の錬成≫が遂に公開を迎え、6月25日(土)丸の内ピカデリーでは、主演・山田涼介さんほか豪華出演者による公開記念舞台挨拶が行われました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

公開記念舞台挨拶より公式レポート到着!

遂に『鋼の錬金術師』シリーズのフィナーレを飾る『完結編』の後編となる『最後の錬成』が昨日より公開!

『最後の錬成』を鑑賞し、興奮が冷めやらぬ観客の前に主人公のエドワード・エルリックを演じた山田涼介、ウィンリィ・ロックベル役の本田翼、ロイ・マスタング役のディーン・フジオカ、リザ・ホークアイ役の蓮佛美沙子、エンヴィー役の本郷奏多、リン・ヤオとグリード役の渡邊圭祐、アルフォンス・エルリック役の水石亜飛夢、オリヴィエ・ミラ・アームストロング役の栗山千明、ヴァン・ホーエンハイムと“お父様”役の内野聖陽曽利文彦監督ら豪華キャスト・スタッフ陣が登場!

山田は「皆さんが作品を観た後ということなので楽しい話をできたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします。」、

本田は「観終わったということで、今日はそれを加味してのトークができるので楽しみです!」、

ディーンは「短い時間となりますが、最後まで一緒にこの映画の更なる魅力を掘り下げていけたらと思います。」、

蓮佛は「すごく長く時間がかかりましたが最後まで『鋼の錬金術師』をお届けすることが出来て嬉しいです。」、

本郷は「何年もかけて作り上げてきた『鋼の錬金術師』が完結となりすごく嬉しいです。」、

渡邊は「遂に完結、そして上映後ということで観客の皆様と完結した感動を共有できて嬉しく思います。」、

栗山は「こうやって観て頂けた方の前でお話できるのがすごく楽しみでした。」、

水石は「数年前もこうして舞台挨拶を立たせていただきましたが、その時は鎧の中の人で、今作では(劇中で)身体を取り戻すことが出来て、こうして皆さんの前に立てることに感謝の気持ちでいっぱいです。」、

内野は「実写になるとここまでなるのかと興奮して、漫画から飛び出したようでびっくりしました。作品に参加することが出来て興奮しました。」、

曽利監督は「この作品は三部作に渡り長くやらせていただいていますが、今日この日を迎えることができることと、作品を鑑賞してくださった皆様のお顔を見ることができてホッとしていますし感無量です。」

とそれぞれ無事に公開することができたこと、そして作品を観客に届けることが出来たことへの喜びのコメントを寄せた。

遂に本作が公開となり、作品を鑑賞したファンからは「『最後の錬成』見てきました。原作知識皆無の私には衝撃の展開と息が止まるハラハラの展開ばかりでずっと口半開き状態で体に力入りまくりでガチガチ状態でした。一緒に戦いに出た疲労感と達成感を感じました。」、「流れや結末を知ったうえですごく楽しめたし感動しました。原作とは違った部分も上手く作りこんでいたし、完全にエドやアルにしか見えなくなるくらいにすごく良かった」、「ハガレンを愛する人たちに対してとても誠実だったと思う。本当に最後の最後まで山田涼介はエドだった」といったハラハラする展開や、原作愛に満ちたキャスト・スタッフ陣によって作られた作品に対する大絶賛の声があがっており、

山田は「実写化を作るのはリスクを伴うので、1作目をやっている時からそれを背負って僕は座長として立たせて頂いていますし、監督や皆もそれぞれの立場でそれぞれに背負って立っているので、『鋼の錬金術師』に対して“すごく誠実だった”という言葉は、何よりも嬉しい言葉です。“誠実”と“忠実”は監督と常に話していました。」としみじみと感謝の気持ちを述べ、「現場には漫画が常に置いてあって、ポーズや指の角度をそろえようとそれぞれがやっていました。」と原作愛に満ちた現場であったことを明かす。

山田の話を聞いていた本田は「最後の錬成を見てくださった方々は分かると思うんですが、最後のシーンの山田君のコートさばきが、原作に近すぎてすごかった!」とエドを演じた山田のハマりっぷりを大絶賛!

ディーンは身の回りでマスタング役を演じたことが浸透していると明かし、「『指パッチンで火出せるでしょ』、『雨降っているから無能か』とネタにしていただけて、光栄な機会を頂けました(笑)。」とマスタングならではのいじりを経験したエピソードを明かした。

遂に完結となるシリーズだが、撮影中に絆を感じたことについて問われると、

蓮佛は最後の錬成シーンをパートごとに撮っていたことを明かし、「完成したものを見たら一緒に撮っていたような一体感を感じました。それぞれが原作に対するリスペクトや愛を持っていたからこそ出来たシーンだったと思います。」とコメント。

本郷はチーム全体のアットホームな仲の良さに絆を感じたと言い、「このメンバーで集まることはないと思うので目に焼き付けておきます!」と語り、

水石はアルが身体を取り戻して目を開けるシーンだと言い「目を開けると、漫画から飛び出てきたような皆様の姿が目の前に大集合していて、ハガレンファンとして皆様と役の絆を感じました。個人的には役作りで食べていない時期もあったんですが、兄であるエド役の涼介さんに常に支えていただいたなと感じました。」とキャスト陣が演じたキャラクターの再現度が高すぎることへの驚きや兄・山田との心温まるエピソードを披露した。

ラストに向けてエドたちがリンやオリヴィエたちと共に戦うなど、エモーショナルな部分も多く描かれており、ハガレンの魅力の一つでもあるが、胸が熱くなったシーンについて問われると原作ファンでもある渡邊は「ずっと胸熱だったんですが、ラストシーンでエドとウィンリィが抱擁をするシーン」と答え、

原作ファンの栗山も「同じ…!」と、いちファン同士共感する一幕も。

ホーエンハイムや“お父様”など4役を演じ分け、様々なキャラクターとして山田を始めとする多くのキャスト陣と共演した内野は撮影中に印象に残ったエピソードについて問われると「山田君が空き時間に映画におけるCGの世界についての話を熱く語ってくれてそれが印象的でした。作品にかける熱い思いや曽利監督のビジョンを信じているところにすごく触発されました。」と息子役の山田の俳優魂に影響を受けたと語る。

そして、映画『鋼の錬金術師』の座長として駆け抜けてきた山田がMCを担当することに!

シリーズを通して山田に“最後だから言える”ぶっちゃけ直してほしい部分についてMC山田から問われたメンバーは、完璧すぎる山田に対して「直すべきところはない!」と言われつつも、ディーンからは「僧帽筋を膨らませすぎじゃない?(笑)」と本作の役作りのために肉体改造をして15キロの増量をした山田の筋肉が凄すぎることにダメ出しが。

さらに、本田や本郷からは完璧すぎることに対してダメ出しをされ、蓮佛からは現場で山田に撮ってもらった写真のセンスが無いことについて暴露された。

また、山田が演じたエドの台詞の中で、原作でも人気の台詞「ちょっと行ってくるわ」が印象的なシーンで出てくるが、それにちなんで山田と“ちょっと行ってみたいところ”について山田から質問が!

渡邊は地元仙台に連れていきたいと言い、栗山は「知識がおありだと思うので、むしろ山田君がおススメの場所に連れて行って欲しい。」、内野はコロナ禍の為残念ながら実現が出来なかったイタリアロケについて言及し「イタリアでアイスを食べながらご一緒したかった。」が思い思いに返答。

そして、イベント終盤には山田が演じたエドの母親であるトリシャ・エルリック役を演じた仲間由紀恵から、エドとアルへのサプライズコメント映像が到着!

山田は「素敵なメッセージをありがとうございます」としみじみとコメント。

最後に山田は、1作目から約5年もの間座長として駆け抜けてきたことを振り返り、「一つの役をここまで長い期間演じさせていただいたのは初めての経験で、並々ならぬ思いを込めて演じ切りました。キャストの皆様や監督が思いを込めて完結まで描き切ったので出来る限り沢山の方にこの作品を観て頂きたいと思います。ご覧になった方々は沢山の方に作品の素晴らしさを伝えていっていただけたらと思います。」とメッセージを贈った。

最後に観客に向けて山田からプレゼントがとして、“ちょっと行ってくるわ。鋼の錬金術師、最後の錬成にな”という名台詞と錬成のポーズと共に、会場には感謝の気持ちが込められた紙吹雪が!熱気に包まれた中、イベントは幕を閉じた。

仲間由紀恵コメント映像より全文書き起こし

『鋼の錬金術師 完結編』でトリシャ・エルリックを演じさせていただいたトリシャ・エルリックです。

エド、アル、本当に辛く大変な旅を終え、身体をやっと取り戻すことが出来ましたね。安心しました。

いつも兄弟一緒だからこそ、乗り越えられた困難だったと思います。
今は、世界で一番誇りに思う自慢の息子たちです。

そして会場の皆様、本日はこの場にお伺いできず申し訳ありません。
ですが、私も一緒に『鋼の錬金術師 完結編』に参加出来てとても光栄に思っています。

皆様、どうぞこれからもエドとアルをこれからもずっとずっと応援してあげてください。

エドとアルの母、トリシャ・エルリックより。

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』作品情報

公開情報

「復讐者スカー」大ヒット上映中!
「最後の錬成」大ヒット上映中!
完結編二部作連続公開!

作品紹介

国家錬金術師ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中央(セントラル)を訪れたエドとアル。

犯人は正体不明ながら、額に十字傷を持つことから”傷の男(スカー)”と呼ばれていた。兄弟も命を狙われ応戦するものの、圧倒的な強さの前に機械鎧(オートメイル)を破壊され、絶体絶命となる。

果たして二人はこの危機を乗り越え、元の身体を取り戻すことができるのだろうか。

隠されたこの国の秘密と”約束の日”、そしてエドとアルの父親の過去。

幾重にも重なる謎と真実が解き明かされ、物語は圧巻のフィナーレへ。最後に兄弟が出した答えとは…?

原作の最終話まで描き切った”完結編”―伝説は二部作で完結する。

スタッフ

原作:「鋼の錬金術師」荒川 弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:曽利文彦 脚本:曽利文彦 宮本武史
製作:映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会
企画・制作プロダクション:OXYBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画

出演

山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ
蓮佛美沙子 本郷奏多/黒島結菜 渡邊圭祐
寺田 心 内山信二 大貫勇輔 ロン・モンロウ 水石亜飛夢
奥貫 薫 高橋 努 堀内敬子 丸山智己 遼河はるひ 平岡祐太
山田裕貴 麿 赤兒 大和田伸也
舘 ひろし(特別出演)
藤木直人/山本耕史/筧 利夫
杉本哲太 栗山千明 風吹ジュン
佐藤隆太 仲間由紀恵・新田真剣佑
内野聖陽

公式サイト
公式ツイッター(@hagarenmovie)

(C)2022 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング