音楽
夏アニメ『オリエント』第2クールOP・EDアーティスト鼎談インタビュー

夏アニメ『オリエント』第2クール「淡路島激闘編」OP・EDアーティスト鼎談インタビュー|花村想太さん&Lil' Fangさん、梶原岳人さんがお互いの楽曲の良さを語る! 花村さんは梶原さんの内面も分析!?

ため息が出るほどの深みを感じた「Break it down」の歌詞

――続いて楽曲制作についてお聞きします。まずオープニング主題歌の「Break it down」の歌詞は、花村さんとLil’ Fangさんの共作とのことですが、どのように制作されたのですか?

花村:LINEでやりとりしていました(笑)。

まずオープニング映像で使われる1番を作るにあたり、先に僕が歌詞を書いて、それを叩き台にしつつ、リルからヒアリングしてまとめていきました。

逆に2番はリルにメインで歌詞を書いてもらったので、2人のエッセンスがバランスよく混ざったと思いますし、楽曲としてパワフルなものになって満足しています。

――1番の歌詞を花村さんが書いて、それをLil’ Fangさんが受け取って2番に繋げたということですね?

Lil’ Fang:はい。で、それをまた想太さんに戻して、という感じです。

花村:赤ペン先生のようにやらせていただきました(笑)。

――花村さんから届いた「Break it down」1番の歌詞を読んだときはいかがでしたか?

Lil’ Fang:すぐにアニメのオープニング映像が思い浮かぶくらい『オリエント』にマッチしていると思いました。

また制作中に、「ダンスボーカルというポジションで同じように戦っていきたい」というお話を想太さんからいただいて。

その思いをふまえて歌詞を読み返してみたら、ため息が出るほど「深いなあ」と思いました。私自身も(所属グループの)「FAKY」として戦っていくんだ、という熱い気持ちがいっそう燃え上がった制作期間でした。

――具体的にどの部分がグッときましたか?

Lil’ Fang:ありすぎて全然選べないです(笑)!

……うーん。悩みますが、Dメロの「引き返せやしない」から「孤独を塞ぎ込めろ」にすごく震えました。

花村: リルに2番を埋めてもらうときに、そのあとに続くDメロは自分で先に書いていたんです。

Lil’ Fang:この部分を聴いたときに、想太さんの中にある優しさがはっきり見えてぐっと心を掴まれました。

アーティストとしていろんなことを経験されて、いろんなことを乗り越えてきているからこそ、歌詞から温かさが溢れてきたり、“愛”という言葉がこんなにもストレートに胸を打つんだなと感じました。

――花村さんはLil’ Fangさんから受け取った歌詞を見てどう思いましたか?

花村:僕が知っているLil’ Fangは、すごく明るくてどの場面でもムードメイクしてる女の子でした。でも今回の歌詞には力強さの中に脆さが混じっていて、「本当はネガティブ思考なんかな」と思いましたね。

そんなリルの繊細な部分も僕が支えることで、デュオとしての唯一無二の味を出せればと思いました。

ちなみに2番の歌詞を送ってくれたときも、すごく自信なさげだったんですよ。

Lil’ Fang:バレてましたかー。

花村:素敵な歌詞なんだから、もっと自信もって見せればええのに(笑)。

リルの歌詞で手を入れたのは語感を揃えたりしただけで、言葉の中身の意味はまったく変えていないです。それを一緒に力強く歌って紡いでいけたらなと思っていました。

Lil’ Fang:ありがとうございます!

武蔵たちの気持ちを表現した結果、高難度のキー設定に!?

――レコーディングの感想を教えてください。

花村: 僕が先にレコーディングして、その後リルに録ってもらったのですが、リルがスタジオ入りしたときはまだ2番部分の仮歌を録っていなかったんです。

なので、リルにはその場でイメージを伝えて、歌ってもらって、リアクションを返してと、アドリブでやらせてもらいました。正直、申し訳なかったなと思いつつ、こちらのオーダーにすぐ対応してくれて、吸収力がすごくあるなと感じました。

僕はあまりオーダーを出さないほうだと思うのですが、リルがイメージ以上のものを返してくれるので、思わず熱が入っちゃいました。

Lil’ Fang:まず私の音楽人生において、「Break it down」は一番難しい曲だと思いました。けれど想太さんから「リル、いけるやろ」と言われたので、「行くしかない」と思ってとにかく練習しましたし、いろんなことを想定してレコーディングに臨みました。

ふだんグループではディレクションをしている側なので、指導していただく機会が久々だったこともあり、言われれば言われるほど楽しくなって、「もっとくれ」みたいな気持ちになりましたね(笑)。

「自分に足りない物がまだまだこんなにあるんだ」ということにも改めて気づかせていただきました。

花村:いや上手かったですよ。僕途中で「大丈夫です」って言って帰りましたもん(笑)。

Lil’ Fang:本当に帰ったんですよこの人! しかも「最後のサビのところをちょっと上げてみて。できなかったらいいよ。お疲れ」とむちゃくちゃキツイ宿題まで残していって(笑)。

花村:そうすると曲中でそこのキーが1番高くなっちゃうんですよ。そもそもデュオの楽曲制作では女性パートをまず決めて、その5度下とか3度下くらいのキーをメンズが歌うんです。

でも今回はいろんなアーティストに「こいつらのデュオが一番ヤバいな」と思ってほしくて。というのも、武蔵は自分たちより強いヤツを見ながら「俺は負けねえよ」と張り合うじゃないですか。

その気持ちがこの曲では大事だと思ったので、「Break it down」では女性キーを僕が歌って、その3度上をリルに挑戦してもらうことにしました。なので、女性が歌っても(キーが)すごく高いと感じるくらい難しい曲になっていますね(笑)。

――梶原さんは2人の曲を聞いてどんな感想を持ちましたか?

梶原:すごすぎて、もう言葉が出ませんでした……。

爆弾がポンポンポンと爆発するように、歌の衝撃が次々と胸に刺さるんです。声の圧力もそうですし、歌詞を改めて読み直すとそこでも刺さるしで、とにかくエネルギー量がすごいと思いました。

僕自身、歌ったり演じたりと声を意識することが多いだけにいっそう感じるのですが、ここまでのエネルギーを声に乗せるのは本当に大変なことだと思います。“魂を削る”という行いは、演じる中でも感じることはありますが、それを歌で見せつけられて心底感動しました。めちゃくちゃ見習いたいです。

花村:ありがとうございます! ぜひ多くのリスナーの方からも「ヤバいぞ」と言われたいですね。

梶原:聴き込んでほしいですね。本当にヤバいですから。

(C)大高忍・講談社/「オリエント」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

オリエント 淡路島激闘編の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング