映画
アニメ映画『BLUE GIANT』出演声優に山田裕貴・間宮祥太朗・岡山天音、コメ到着!

アニメ映画『BLUE GIANT』出演声優に山田裕貴さん・間宮祥太朗さん・岡山天音さん決定、コメント到着! 本予告と本ビジュアルも解禁

シリーズ累計900万部突破! ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語を描いた、大人気漫画『BLUE GIANT』。同作を原作とするアニメーション映画作品『BLUE GIANT』が、2023年2月17日(金)全国公開となります。

本日、本予告と本ビジュアルが解禁。出演声優には、山田裕貴さん・間宮祥太朗さん・岡山天音さんが決定。公式コメントも到着しました。

▲公開された本ビジュアル

▲公開された本ビジュアル

ビジュアルには、メインキャラの宮本大、沢辺雪祈、玉田俊二によるジャズトリオ“JASS”が演奏する姿が。中心にいる大は、周りの空気を震わせるほどの熱気と激しい演奏をしていることを感じさせます。また、演奏する雪祈と玉田のふたりの表情からも、最高の演奏に没頭してジャズと向き合い楽しんでいる様子が伺えます。正に“画から音が聞こえてくる”迫力のあるビジュアルとなっています。

本予告公開!

解禁された本予告は、サックスで世界一を目指す主人公の宮本大と、のちに大が結成するジャズトリオ“JASS”のメンバーになるピアノの沢辺雪祈と、ドラムの玉田俊二の3人のキャラクターを中心に描かれています。

仙台から「世界一のジャズプレーヤーになる」という夢を追った大が上京するところから始まり、凄腕ピアニストの雪祈との出会いや、大の高校の同級生・玉田がドラムへの情熱に目覚める姿、そして3人でステージに挑む姿も。

様々な挫折や葛藤を抱えながらも、夢に向かって熱く生きる若者たちの情熱が、音楽を担当したピアノの上原ひろみさん、サックスの馬場智章さん、ドラムの石若駿さんの演奏するサウンドに乗せて、こちらにまで響いてくる迫力ある映像に仕上がっています。

出演声優発表!

本作で主人公・宮本大の声優に抜擢されたのは、主演映画『夜、鳥たちが啼く』が公開中、今年は『ONEPIECE FILM RED』での声優としての活躍や、2023年はNHK大河ドラマ「どうする家康」の出演も控え、2022年エランドール新・新人賞を受賞などいま最も忙しい俳優の一人である山田裕貴さん

そして、雪祈を演じたのは、今年『破戒』(22)での主演が話題になったほか、演劇界でも活躍の幅を広げ、日経トレンディ2022年今年の顔に選出された間宮祥太朗さん

最後に、大の高校の同級生でありドラムの玉田を演じたのは、その演技力と個性で様々な役を演じ分け、今年も『キングダム2』『沈黙のパレード』など多数の映像作品への出演が続く岡山天音さん

アフレコ時のカット公開!

キャストコメント公開!

宮本大 役・山田裕貴さんコメント

込めました。魂を、音を込めました。まさかの「BLUE GIANT」、宮本大でした。
2018年、SNSでも原作を読んだ感想を書いていました。
「考えてたコトだった」作品の中で自分が考えていたことが出てきて、引き込まれていました。原作でも映画の台本でもアフレコでも涙するわけです。

音のない音楽の漫画

音楽の作品に、自分の音…声を入れるわけです。ものすごいプレッシャーでした。

大はどんな音で喋るのだろう。大はどんなリズムで話すのだろう。

1音、1音、音を考えていました。

でも、考えていてはジャズじゃないと大が教えてくれているような気がして、他のキャストの皆さんともジャズできたような気がするのです。

自然に心が込もっていった。聴きにきてください、劇場に。

画と楽器やすべての音、キャスト、スタッフの込めた音。

音と呼ぶ、心たちを、この作品を、LIVEを劇場に聴きにきてください。

きっと赤よりも熱い、青い炎がそこに聴こえてくるかと。

■Profile
1990年9月18日生まれ。愛知県出身。2011年、テレビ朝日「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビュー。19年、主演を務めた舞台『終わりのない』で文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を、22年、エランドール新人賞を受賞。主な出演作に『HiGH&LOW』シリーズ(16~19)、『あの頃、君を追いかけた』(18)、『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(21)、『東京リベンジャーズ』(21)、『燃えよ剣』(21)、『余命10年』(22)、『耳をすませば』(22)、『夜、鳥たちが啼く』(22)など。自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「山田裕貴のオールナイトニッポンX」は、明るくオープンな人柄が多くの人を惹きつけ人気を博している。

沢辺雪祈 役・間宮祥太朗さんコメント全文】

映画『BLUE GIANT』で沢辺雪祈の声を演じます、間宮祥太朗です。

このオファーを頂いた時には、俳優が声優として声を吹き込む事の難しさに尻込みする気持ちも有ったのですが、製作陣の俳優に演じて欲しいという思いの意図を聞き、さらに宮本大を山田裕貴くんが演じるという事でお受けしました。

素晴らしい原作の映画化に携われる事、とても嬉しく思います。

ジャズの熱、ジャズに生きる若者達の熱、その熱が人に波状していく様、そういったエネルギーに圧倒される映画になるのではないかと、今から楽しみです。

わからない事だらけで、正解もわからぬままでしたが、監督が丁寧に根気強く演出して下さいました。コンテや仮の映像の時点でも、アングルや映像の力強さを感じました。演奏シーンはきっと圧巻だと思います。映画「BLUE GIANT」是非楽しみにしていて下さい。

■Profile
1993年6月11日生まれ。神奈川県出身。2008年、TVドラマ「スクラップ・ティーチャー~教師再生~」で俳優デビュー。映画、ドラマ、舞台、CMなど多彩なジャンルで活躍し、2017年『全員死刑』で映画初主演、18年にはNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演し全国的な人気を博す。2020年、『殺さない彼と死なない彼女』で第29回映画評論家大賞主演男優賞を受賞。『ライチ☆光クラブ』(16)、『帝一の國』(17)、『不能犯』(18)、『翔んで埼玉』(19)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』(19)、『殺さない彼と死なない彼女』(19)、『Red』(20)、『東京リベンジャーズ』(21)、『破戒』(22)など多数の話題作に出演。日経トレンディの2022年「今年の顔」に選出された。

玉田俊二 役・岡山天音さんコメント

今回、玉田の声を務めさせていただく事になり、改めて原作のシリーズを読み返しましたが、やっぱり「最高」でした。

登場人物達それぞれの前に立ちはだかる壁を、大がサックスの音で打ち壊して行く様は非常に爽快であり、哲学的です。また、大の生き様は作品の受け手である僕自身の既成概念をも破壊してくれます。

それは、大がサックスに向ける視線に魅せられた玉田とも通ずる部分かもしれません。

3人の演奏シーンは漫画とはまた違う、映画でしか魅せられない形として完成されており、そこにも興奮を覚えました。3人の男達の大青春映画です。

皆様には是非、今作を劇場で浴びていただきたいです!

■Profile
1994年6月17日生まれ。東京都出身。2009年、NHK「中学生日記シリーズ」にて俳優デビュー。17年『ポエトリーエンジェル』にて第32回高崎映画祭最優秀新進男優賞、18年『愛の病』にて 15th ASIAN FILM FESTIVAL 2018 最優秀男優賞を受賞。様々な役柄を見事に演じ分けクリエイターからの信頼も厚く今後も公開作を多く控える。近年の映画出演作に『青くて痛くて脆い』(20)、『FUNNY BUNNY』(21)、『キングダム2遥かなる大地へ』(22)、『さかなのこ』(22)、『百花』(22)、『沈黙のパレード』(22)、『あの娘は知らない』(22)がある。

原作者コメント公開!

原作者・石塚真一先生コメント

登場人物達の声は、漫画連載当初から、僕がずっと聞いてみたかった”音”です。

山田裕貴さんの声には芯があり、遠くまで届きそう。そして、どこか可愛さと愛嬌があります。そうか、これが宮本大の声なんだな、と感動しました。間宮祥太朗さんの声はクールな中に深みや優しさ、リーダーシップも感じ、ちょっと大人なピアニストの雪祈のイメージそのままです。玉田俊二役の岡山天音さんの声には若々しい勢いと、若者らしい迷いも表現されていて、劇中の玉田くんとピッタリ!

山田さん、間宮さん、岡山さん、どうもありがとう。ナイス大!!ナイス雪祈!!ナイス玉田!!

■Profile
1971年生まれ、茨城県出身。20代でアメリカ留学、帰国後は会社員を経て、漫画家に転身。2001年「This First Step」で第49回「小学館新人コミック大賞一般部門」に入選。2003年「ビッグコミックオリジナル」増刊号にて「岳 みんなの山」の連載をスタート。同作で第1回「マンガ大賞」(08)、第54回「小学館漫画賞(一般向け部門)」(09)、第16回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」(12)を受賞、2011年には実写映画化もされた。その後2013年より「BLUE GIANT」を「ビッグコミック」(小学館)で連載。同作で第62回「小学館漫画賞(一般向け部門)」(17)、第20回「文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」(17)を受賞。現在は「BLUE GIANT」シリーズのアメリカ編となる「BLUE GIANT EXPLORER」(story director NUMBER 8)を連載中。

監督コメント

監督・立川譲氏コメント

今をときめく豪華なお三方に、主人公たちの声を演じてもらえる事になりました!山田裕貴さんは朴訥で芯の強さを秘めた大の声を、間宮祥太朗さんにはイケボで圧と繊細さを併せ持つ雪祈の声を、岡山天音さんには感情豊かで10代らしい等身大な玉田の声を演じて頂きました。全員違って、全員良いです!

僕自身も音響監督としての演技指導は初めてだったのですが、お三方と何度もやりとりさせて頂き、キャラに命が吹き込まれていく瞬間に立ち会うことが出来ました。演技プランを自分で組み立てられる実写とは異なる声のみの芝居、難しかったと思います。

でも決して妥協せずに何度も聞き直し、何度も修正作業に挑みつづける姿にJASSを感じました。原作を大好きなお三方の芝居、ジャズってます!映画『BLUE GIANT』ぜひご覧ください!

■Profile
1981年生まれ。数々の大ヒット作を送り出したアニメスタジオ、マッドハウス出身。マッドハウス在籍時より早くから演出・監督に従事。『デス・パレード』では原作・脚本・監督を務めた。2018年には劇場版『名探偵コナン』シリーズの監督に抜擢され、劇場版『名探偵コナンゼロの執行人』は、当時の歴代最高興行収入91.8億円を突破した。2020年には完全オリジナルTVアニメ「デカダンス」を監督。現在はTVアニメ「モブサイコ100」シリーズ最新作が放送中、2023年公開の劇場版『名探偵コナン黒鉄の魚影』で監督を務めることでも注目を集めている。

アニメ映画『BLUE GIANT』作品情報

公開情報

2023年2月17日(金)全国公開

イントロダクション

石塚真一×立川譲×上原ひろみ

熱くて 激しい 青春が スクリーンで鳴り響く

2013年に石塚真一が「ビッグコミック」(小学館)で連載を開始した漫画「BLUE GIANT」(シリーズ累計:890万部超)。その圧倒的表現力は多くの読者を魅了し、“漫画から音が聞こえてくる”とも評され、現実のジャズシーンにも影響を与えている。

その「BLUE GIANT」が、「最大の音量、最高の音質で、本物のジャズを届けたい」という想いから、映画化される。監督は、「モブサイコ100」シリーズや劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』(18)で注目の立川譲。脚本は、連載開始前からの担当編集者で、現在はstory directorとして作品に名を連ねるNUMBER 8。アニメーション制作は「幼女戦記」(17)などで注目のスタジオ・NUTが手掛ける。

そして主人公・宮本大の声には、原作を読みひたむきに夢を追う大の姿に自身もシンパシーを感じていたという山田裕貴。大が東京で出会うピアニスト・沢辺雪祈に間宮祥太朗、そして大に感化されドラムを始める玉田俊二を岡山天音と、数々の話題作に出演し、目覚ましい活躍をみせる豪華俳優陣がキャラクターに命を吹き込む。

また、“音”の面でも最高のスタッフが集結。音楽は、世界的ピアニストの上原ひろみが担当。

上原は、主人公たちのオリジナル楽曲の書き下ろしをはじめ、劇中曲含めた作品全体の音楽も制作する。また、主人公たちのバンド・JASSの演奏を支えるアーティスト陣も豪華なメンバーが揃った。サックス(宮本大)は、国内外のトップアーティストが集まるオーディションを経て選ばれた馬場智章。ピアノ(沢辺雪祈)は、音楽の上原ひろみ自身が演奏し、ドラム(玉田俊二)の演奏はmillennium parade等、多数のアーティストから支持を集める石若駿が担当。最高のジャズトリオの演奏が作品を彩る。

ストーリー

「オレは世界一のジャズプレーヤーになる。」

ジャズに魅了され、テナーサックスを始めた仙台の高校生・宮本大(ミヤモトダイ)。

雨の日も風の日も、毎日たったひとりで何年も、河原でテナーサックスを吹き続けてきた。

卒業を機にジャズのため、上京。高校の同級生・玉田俊二(タマダシュンジ)のアパートに転がり込んだ大は、ある日訪れたライブハウスで同世代の凄腕ピアニスト・沢辺雪祈(サワベユキノリ)と出会う。

「組もう。」大は雪祈をバンドに誘う。はじめは本気で取り合わない雪祈だったが、聴く者を圧倒する大のサックスに胸を打たれ、二人はバンドを組むことに。そこへ大の熱さに感化されドラムを始めた玉田が加わり、三人は“JASS”を結成する。

楽譜も読めず、ジャズの知識もなかったが、ひたすらに、全力で吹いてきた大。幼い頃からジャズに全てを捧げてきた雪祈。初心者の玉田。

トリオの目標は、日本最高のジャズクラブ「So Blue」に出演し、日本のジャズシーンを変えること。

無謀と思われる目標に、必死に挑みながら成長していく “JASS”は、次第に注目を集めるようになる。「So Blue」でのライブ出演にも可能性が見え始め、目まぐるしい躍進がこのまま続いていくかに思えたが、ある思いもよらない出来事が起こり……。

情熱の限りを音楽に注いだ青春。その果てに見える景色とはーーー。

スタッフ

原作:石塚真一「BLUE GIANT」(小学館「ビッグコミック」連載)
監督:立川譲 脚本:NUMBER 8
音楽:上原ひろみ
キャラクターデザイン・総作画監督:高橋裕一
メインアニメーター:小丸敏之 牧孝雄
ライブディレクション:シュウ浩嵩 木村智 廣瀬清志 立川譲
プロップデザイン:牧孝雄 横山なつき
美術監督:平栁悟
色彩設計:堀川佳典
撮影監督:東郷香澄
3DCGIディレクター:高橋将人
編集:廣瀬清志
アニメーション制作:NUT
製作:映画「BLUE GIANT」製作委員会
配給:東宝映像事業部

声の出演/演奏

宮本大:山田裕貴/馬場智章(サックス)
沢辺雪祈:間宮祥太朗/上原ひろみ(ピアノ)
玉田俊二:岡山天音/石若駿(ドラム)

公式サイト
公式ツイッター(@bluegiant_movie)

2022年あなたが選ぶ素晴らしかった作品アンケート募集中!

アニメイトタイムズでは、2022年に放送、公開、掲載、発売されたあなたが思う最も素晴らしかった作品のアンケートを募集中です! 募集対象はアニメ、ゲーム、漫画、ラノベ、主題歌、VTuberなどなど!

あなたはどの作品が素晴らしいと思いましたか?アンケート結果は年末に掲載予定! ぜひご応募ください!

↓↓アンケートフォームはこちら↓↓

2022年の人気作品を【 投票する 】
(C)2023 映画「BLUE GIANT」製作委員会 (C)2013 石塚真⼀/小学館
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング